スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスパレートな妻たち 第5話「招かれざる客」 

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 27.2005 デスパレートな妻たち 12 comments 0 trackback
【ガブリエル】
ガブリエルの浮気を疑ったカルロスが、母のホワニータを呼び寄せる。急な姑の来襲と監視に、ジョンとの逢瀬がままならずいらつくガブリエル。
一緒に買い物しながらホワニータに万引きの疑いを着せて脱出、その隙にジョンと会うのに成功。しかし、ホワニータはカルロスの家出したはずの父についての秘密をちらつかせ、ガブリエルにひそかに脅しをかける。

【ブリー】
モーテルでの別居が続き、レックスは普段からブリーの料理に慣らされた舌と胃袋が降伏寸前だった。ついに音を上げたレックスは、ブリーを外食に誘う。
ブリーはザックとの約束をドタキャンしてレックスの元に向かう。

【スーザン】
近所のフロム夫人の不在に猫を預かるが、世話をしに入ったフロム家で不法侵入を発見、町中大騒ぎに。防犯集会の説明にやってきたトンプソン巡査が親切にしてくれ、不法侵入の証拠のドライバーを預けた縁でデートに誘われる。
スーザンはマイクにトンプソンとのデートのことをどう思うか聞くが、マイクはドライバーのせいで自分の身元が割れることを恐れるため「色々複雑な事情が」と煮え切らない態度しかとれない。スーザンは怒ってトンプソンと会うことに。
しかしトンプソンが自分の気をひくために、嘘をついて結局ドライバーを鑑識に回さなかったことを知り、スーザンはデートの途中で帰ってしまう。ジュリーに頼まれて迎えに来たマイクに、スーザンは「私の事をどう思う?」と問い詰め、マイクはキスで応える。

【リネット】
リネットは、結局学校を追い出された双子達のため、ブリーに彼女の子供達の通っていた名門校バークリフ学園への推薦を頼む。面接の前に、双子達を徹底的に動かして疲れさせ、おとなしくして乗り切るが、名門だけに寄付金が破格。
トムは無責任に自宅学習を提案するが、それはリネットの負担だけが増える。どうしてもバークリフに入れたいリネットは、トムに「リネットの社会復帰&トムが自宅学習の面倒を見る」のと「ヨットを売ってバークリフの寄付金にする」との究極の選択をトムに迫り、結局寄付金ゲットに成功する。

【メアリー・アリス】
ヤング家では、メアリー・アリスの生前にはなかった親子喧嘩の声が連日響き渡るようになった。
不法侵入事件を受けて、ウィステリア通りでは当番制の巡回がはじまった。ブリーがポールを誘いに行ったところザックひとりさびしそうだったので夕食に誘った。そこでブリーのクリスマスにまつわる母の死の過去を聞いたザックは、メアリー・アリスの自殺の原因の「自分の過ち」を打ち明けそうになる。
ブリーはそれをさらに聞き出すためにザックを夕飯に誘うが、そこにレックスからの誘いが入ったためにザックのほうをドタキャンする。するとザックは留守のヴァンデカンプ家に侵入し、樅ノ木を切り倒してツリーにし、家をクリスマスの電飾でいっぱいにするという行動に出る。
ザックは再び心を閉ざし、ひそかにポールに手を上げるように。そしてヤング家の父子はウィステリア通りから去っていった・・・・

--------------------------------------------------------

ガブリエルにはキョーレツなお姑さん登場。カルロスはマザコンだし、母親に監視させるしで、後ろ暗いところがガブリエルになかったら100%同情してるところだ。
それにしてもホワニータのカミングアウト、超コワイ。一度捨て身になったことのある人間は怖いものなしだ。
編み棒のカチカチカチカチカチカチ、・・・・きゃーーーー!!
でも、先週のカルロスの脅しにも動じないガブリエルだから、多分あんな脅しでも全然効かないと思う。
「ならずものに落とされる堅物の令嬢」だっけ、ハーレクインちっくなソープオペラだなぁ。しかもあっさり落とされてるし。あの真剣さ。わが身に省みるとちょっと笑えない。

スーザンの結婚観が「フレンズ」のモニカとかぶった。(というか、ビング兄妹両方とかも)初めてのデートでプロポーズを想像して、キスをしたらドレスのデザインを考えて、身体の関係になったら家付き一戸建てと子供の数まで計画しちゃうような。
モニカはそれでも根がしっかりもののおっかさんタイプだからいいが、スラム地域からティーンの娘にヘルプの電話をかけるようなツメの甘いスーザンがそれだと、元夫カールがなめきってたのがよくわかる。
マイクがどこまで本気なのかは知らないけど、強気で出てるつもりが弱み見せまくり。スーザンもいっぺん、ホワニータに「本気の捨て身とはこういうもんだ」っていうのを教わったほうがいいと思う。(違うだろ)
しかしマイクは・・・・「悪い人探し」って何をしてるんだろう。メアリー・アリスの自殺とは関係あるのだろうか。謎は深まるばかりだ。

ブリーに紹介を頼む時のリネットの強気はさすがだ。そうでなくては一流のキャリアウーマンとして成功できないのだろう。私立の上流校だからあっという間に放り出されるか、体面を重んじてなかなか追い出せないか、どちらになるだろうか。
しかし、面接前にあぁやって疲れさせる戦法があるのなら、いつもそれを使えばいいじゃんとか思ったり。サッカーチームと野球チームを掛け持ちさせるとか、とにかく発散させればおとなしくなるなら、それをプラスに転じさせる手がありそうな気がするんだけど・・・・それはもうすでに試した手なのかもしれないけどね。
リネットが二人をおやつを使って誘導する方法、この間自分が犬の散歩に使ったのとまったく同じだ。友達のところの3歳児がちょうどわんこと同じ言動をするのでよく笑ったものだが、キャパを超える「多頭飼い」は笑えないだけだもんなぁ。

ブリーは、料理が愛を取り戻す秘法、ということで自信を取り戻したようだ。来週はさらにすごいことになってるし。ストレートに「欲」に訴えるのが何より一番効くって事で。スーザンはブリーにも「男を捕まえておける料理」を習ったほうがいいと思う。
しかし、わが身かわいさでザックとの信頼関係が崩れてしまった。仕方のないことだけど。
ザックの「過ち」はなんだろう。とても気になる。ザックとブリーがせっかく相通じる心の痛みを共有して、もうちょっとだったのに。ブリーの「血を洗い流す」というのが今の潔癖の原点のように思えるが、だとしたら結婚後何がトリガーになってそれが過剰に発動するようになったんだろう。
ザックもブリーも、抱えている秘密がかなり重そうだ。


【 脇俳優チェック 】

◆シャワーを覗かれたというおばあさんアイダ・グリーンバーグ .... Pat Crawford Brown
デアデビル」(コリン・ファレルかな、この表情がたまらん)など、ワンポイントでざっくり笑いを取っていくようなポジションの配役が多いおばあちゃん女優さんだ。シャワーの話が好評だったのか、今回以降ずっと2ndでもゲストで出演することになる。
「名探偵モンク2」第4話「おばあちゃんの身代金」に、椅子ごと誘拐されて犯人が珍妙な条件を出してくる、そのさらわれたパルローおばあちゃんで登場していた。
「ダークスカイ」の3話ではホテルの従業員クラリス・ブラウン役など、存在感を示すゲスト出演多数。

◆マイクの依頼主(ノア・テイラー) .... Bob Gunton
「CSI:3」第22話「傷だらけのCSI」でキャサリンがラボを爆破した時に、主任に責任問題とか、調査しているキャサリンの資質とかをねちねち問い詰めていたCSIの部長ロバート・カバロ役で登場していた。
「名探偵モンク2」第15話「ファイナルアンサー」ではトゥルーディーの父でクイズショウのプロデューサーのドワイト役で出ていた。
映画でも「ショーシャンクの空に」「ロズウェル」「パッチ・アダムス」など脇でしっかりと支えている。
(2006/03/07追加)「アリーmyラブ」第1シーズン23話に、心臓病の会社社長ブライアン・マイケルソン役で登場。知り合ったホームレスのバーニー(Richard Schiff)を自分の会社に雇い入れて友情を育み、お互いの心臓を交換しようという話になる。

◆スーザン目当ての警官トンプソン .... Steven Eckholdt
「フレンズ 3」でレイチェルにブルーミングデールズの仕事を紹介したために、レイチェルはキャリアウーマンの道をスタートさせるがロスからの嫉妬を買い、そのせいでロスとレイチェルが「あれは別れた後だ」「いや前よ」の抗争を延々繰り広げることになる・・・・そのきっかけになったあの!マーク役だったのがこのひと。
「フレンズファイナル」でも出てきてレイチェルにパリ行きの仕事を紹介するという、今度はある意味遠まわしなキューピッド役で出てきた時にも思ったが、ずいぶん7~8年でおっさんになったというか劣化しましたね。
「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」の後日談ドラマ「マイ・ビッグ・ファット・ライフ」でミア(映画版ではトゥーラ)の夫トーマス・ミラー(映画版ではイアンでJohn Corbettが演じてハマり役だっただけにやりにくかっただろう)でレギュラー。
他には「メルローズ・プレイス2」でもジェーンがマイケルとの離婚のために雇った弁護士ロバート・ウィルソンとして登場、仕事の一線を踏み越えてジェーンとデキてしまうが、マイケルの術中にはまって娼婦と浮気してしまうという役だった。「LAロー」では問題弁護士パトリック・フラナガン役。
「ザ・ホワイトハウス」では第5~6シーズンに議員役で、「CSI:マイアミ4」にもゲスト出演の予定。「フレンズファイナル」とTWWとこのデスパでのゲストが本国では大体同時期なのに、日本での登場はズレまくりだ。

◆名門バークリフ学園の校長先生 .... 
「ザ・ホワイトハウス」21話「平和の陰に」でシークレットサービスに事情説明をしている目撃者役で登場していた。
「フレンズ8」第2話「探せ!赤いセーターの男」では、結婚式を撮影したフィルムをなくしたロスとチャンドラーがよその結婚式に紛れ込み、ロスがスピーチの真似だけをしようとしたらほんとにしなくてはいけなくなり、急遽嘘の車のレッカー移動のアナウンスをしたらほんとにその車種のオーナーがいた、という場面で、そのだまされた男で登場していた。
他にも「あなたにムチュー」「ダーマ&グレッグ」などゲスト出演多数。

◆カルロス母ホワニータ .... Lupe Ontiveros
IMDBのトリビアによると、彼女は今まで150本以上もの「メイド役」をこなしてきたらしい。アメリカの市原悦子といってもいいだろう。つまりアメリカの移民の地を這うような苦労を体現することができる女優として重宝されているのだ。
アカデミー賞脚本賞にノミネートされた「エル・ノルテ 約束の地」などをはじめとして多数の作品で「アメリカのおっかさん」を演じ続けている。今シーズン中まだまだ出てくるので、ガブリエルはなかなか気が抜けないことだ。
関連記事

▶ Comment

毎日がクリスマスのご馳走レベルってのもありがたみがないですよね(^_^;)。
Snowdrops-Fairyさんもアンシリーズの読者なんですね。だとしたら、トムやレックスなど夫たちの発言を見るとこれを思い出しませんか?

「男の言いそうなことじゃありませんか!」

いやー・・・あのシリーズには、大人になってから役立つ人生訓が満ちてましたね。少女向けのはずなのに。
2005.10.29 16:10 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
>昔、赤毛のアンで(「アンの夢の家」だったかな)男は1につかまえて、2に食べさせて、3に目を離すな、という教訓があったのですが、今回それがしみじみと思い出されました。
ハイ!覚えてます、覚えてます。
よく聞くフレーズですよね。
でもブリーの場合それで出てくるのがターキーの丸焼きだったりバジルのスープだったりするわけで、確かに凄いけどちょっとホッとできないな、とも思っちゃいます。

あとリネットの不安。
最初に誰が気づくでしょうか?
なんとなく男性のアンテナって、精度はいいけど、向ける方向がちょっとずれてることが多い気がしています。
2005.10.29 10:50 | URL | Snowdrops-Fairy #79D/WHSg [edit]
ブリー株高騰中ですが、来週のせくすぃ~路線がその評価に水を差すか油を注ぐか、楽しみですね。
ブリーはほんと、何をやるんでも限界を知らない全力投球をするので楽しませてくれます。

リネットはほんとに心配ですねー。
子供に引きずられてるうちに、自分のほうが問題ありになってることにいつ気づくかな。
よその夫婦の不和には敏感だったトムだけど、妻の壊れっぷりには気づきますかねぇ・・・
2005.10.29 06:09 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
今回、「実は見たことのある俳優」がけっこういましたね。でも、見てても1~2分だったりするので、顔は無理ですよね(^_^;)
トゥルーディのパパとCSIの部長さんが実は同じだったのに全然気づいてなかったことにショックでした。
あのおばあちゃんは「どこかでみた!」って思いましたが、なかなか作品までは覚えてないもんだなーと・・・・。

しかし、元マークもメルプレつながりですね。
このドラマメルプレ卒業生多い気がしません?
2005.10.29 06:05 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
 今回で、お気に入りキャラはブリーに決定です(^^)あのエキセントリックで徹底的な行動にひかれてましたが、彼女の心がちょっとのぞけた気がして……。
 あと、心配なのはリネット。おっしゃるとおり、『緩慢に壊れていってる』気がします。
 こちらからもTBさせていただきましたm(_ _)m
2005.10.28 21:27 | URL | ふみさと #79D/WHSg [edit]
こんにちは。TBさせていただきました。

モンクで誘拐されたおばあちゃん、トゥルーディーのパパ、フレンズのマーク、TWWの目撃者、フレンズの車のオーナー、私見てたんだ~
顔だけでも覚えてたのはフレンズのマークぐらいでした。いつもながら情報ありがとうございます。

ガブの義母、なるほど、アメリカの市原悦子ですか(笑) こっそり浮気調査してるあたり、ほんとに家政婦は見たっ て感じですよね。 
2005.10.28 12:46 | URL | grace #79D/WHSg [edit]
マークのときは、吹き替えの声ももうちょっと高くてソフトな感じの人をあててましたからね。イメージが180度違う粗野でマッチョな感じの役だし、気づかないですよねぇ。
自分はWOWOWで不人気だった(^_^;)「マイビッグファットライフ」もマニアックに見ていましたから、「途中経過」を知ってるはずなんですが、やっぱしフレンズファイナルの時に変わり様にびっくりしましたもん。なんていうか、変なおっさんくさい貫禄がつきましたよね。
自分はオヤジ好きですが、この変化はちょっとイタダケナイと思います。ここからいい感じに枯れてくれるといいんですが、なんとなく、ヘタすると「コールドケース」のヴェラへの道を一歩歩みだしているのではないかという、ひそかな危惧が。
2005.10.28 08:54 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
こんばんは。
スーザン目当ての警官トンプソン、あのマークだったんですね。
全く気が付きませんでした。
フレンズのときもファイルシーズンで出てきても同一人物とはどうしても思えず、この数年の間に彼に一体何が起こったんだぁと思ったものです。
なかなかトリヴィアな情報、ありがとうございます。(o^^o)
2005.10.27 23:02 | URL | porcorosso #79D/WHSg [edit]
昔、赤毛のアンで(「アンの夢の家」だったかな)男は1につかまえて、2に食べさせて、3に目を離すな、という教訓があったのですが、今回それがしみじみと思い出されました。
ブリーはそれで捕まえてたんですものね。そしてスーザンは食べさせられず目を離しっぱなしだったと。

でも、ブリーの場合・・・・ちょっとやりすぎちゃったんでしょうね。レックスものどもと過ぎるとブリーの料理が恋しくなるあたり、まだまだ甘いな、って感じですかね。

リネットは、今回出した提案「自分が社会復帰」っていうのは、本気で考えてもよかったんじゃないですかねぇ。彼女は緩慢に壊れていってる感じですね。
2005.10.27 19:41 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
くまぷーさん、自サイトでのご指摘ありがとうございます。
早速訂正しておきました。

私のお気に入りのキャラは当分ブリーとリネットになりそうです。
ブリーがザック陥落作戦に迷わず「料理!」となっていたのがなんだか笑えました。
リネットのほうはブリー同様、幸せな筈なのにどこか不安の要素があって、(お酒とかお薬とか)これまた今後が気になります。
2005.10.27 19:18 | URL | Snowdrops-Fairy #79D/WHSg [edit]
あれ~?なんででしょう・・・
うむむ、また後で試してみます。

ヨット1台分の寄付金が、いつものおイタですぐさまパーになったら痛いですよね。
ちょっとはもつといいのですが。
2005.10.27 18:56 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
もしかしたら、またTBされてないかもです。
楽天はTBがはり辛いのでしょうか?

そうそうリネットの息子たち!
1万5千ドルが無駄にならなきゃいいけど。。
2005.10.27 18:44 | URL | junjunprimon #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/154-8602a8f7

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。