スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クローザー7」 第2話「悪い癖」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 04.2012 クローザー 0 comments 0 trackback

ハワイ旅行に行っていたディクソン一家が帰宅したところ、留守番を頼んでいた女子大生アシュリーの遺体が発見される。
死亡時刻である5日前には、アシュリーは別の家で子守りをしていた。その子守のバンクス家の夫アレックスはアシュリーの大学の教授で、女癖が悪く過去にも生徒に手を出して中絶させていた・・・

一方、デルク本部長の突然の死で、ポープが本部長代理に任命され、テイラーは副本部長ですらなくなってしまった。
これでレイダーの監査も終了するかと思われたが、ポープはレイダーに監査の継続を指示、チーム全員への聴取を命じる・・・


留守番の女子大生殺害は、不倫相手の教授との愛憎のもつれかとギリギリまで見せかけて、脇で固めていた物証であっさりひっくり返すという、クローザーらしい決め技。
教授は無罪放免になったものの、捜査によってすべて暴かれ、人生をぶち壊されてしまった。まぁぶち壊したのは教授本人の行状だから自業自得だが。
真犯人は、犯人としてのレベルがそんなに高度ではなかったので、ブレンダとガブちゃん二人がかりで脅せばチョロい感じだった。むしろ尋問ではなく騙して証拠を固めていく段階の方が面白かったというか。
それと尋問ではないのだけど、教授が追い詰められて妻に偽証をうながすのをみんなで盗撮して見てるシーンがあったが、あれは裁判になったとして使えるものなのだろうか。
まだ新シーズン入ってからほとんどしゃべっていないバズだが、ああいうシーンを見ると、彼の技術あってのブレンダチーム、になってると思う。

そして法王(ポープ)再臨! なんというちゃぶ台返し・・・
かわいそうなテイラー。彼のことを初めてかわいそうだと思った(酷)。せめて副本部長には残してあげればよかったのに。無理か。
デルクの~お墓の~前で 泣かないでください~♪
短い夢だったね・・・ 彼も自分に芽があると見ると簡単に上に媚びるし、その分下にはふんぞり返るからなぁ。
なんといっても1話目から彼のスーツにご注目。副本部長キター!となってからの彼のスーツが無駄に頑張ってるのだ。頑張り過ぎてもう、コーディネートがとんでもないことになってるのだが、それが夢から覚めた途端にしおしお。
それでもやっぱり趣味が悪いのが物悲しすぎる。
プロベンザが彼を無理に持ち上げて名探偵とほめてた時、字幕には出てなかったけど「ナンシー・ドリュー」とか言われとったテイラー。・・・おっさん美少女探偵とか、かわいそうすぎる。

逆に交通課から一気に返り咲きのポープはツヤッツヤ。頭の照りもいつもより多めにつや出ししております的な。
ブレンダに体重増加についてぐさっと突かれていたが・・・キーラのインタビューの内容の確認のために1stの1話目を引っ張り出して見てみたら、これはひどい!
ポープおっさん、あなた七年で一回りお育ちじゃない?何そのあご回り!
それはともかく。・・・レイダー自身が終わらせるつもりでいた監査が、なぜかポープの指示で継続になってしまったというのはどういうことだろうか。
今シーズン1話目にこの訴訟の話を書いたが、そもそもそのタレルが帰宅するようになった根本的な原因は、実際ポープがブレンダに「彼と司法取引しろ」と強く圧力をかけていたからなのだ。
当時のポープはブレンダに本部長選挙の候補選抜最終段階前で敗れ、副本部長の仕事を投げ出して不安定になっていた時期だった。でもおそらくポープはその圧力の責任を問われることはないのだろう。
交通課に追い払われようとしていた時には、ブレンダをかばうようなふりを見せていたポープだが、権力に返り咲いた今となっては、ブレンダは自分を追い落とすかもしれない存在ということになるのか・・・
そりゃフリッツが「彼は抜け目ないゴキブリだ」って言うわけだ。
ポープ自身が「つらい結末になるぞ」と予想した(第6シーズン12話)通り、ブレンダのポープへの優しさが仇になってしまう予感。

それと、レイダーとチームとの確執を醸成するというのは・・・これを言ってしまうとアレだが、シーズン終了後の「チーフレイダー」によるスピンオフのための下地作りになっているのだと思う。
・・・オトナの事情っていやーねぇ。

--------------------------

【 脇俳優チェック 】

◆大学教授アレックス .... James D'Arcy
「名探偵ポワロ 青列車の秘密」では、富豪の娘ルースの夫デレック役。ギャンブル好きのためにルースの父から離婚を画策されているが、その矢先にルースが殺害される。
「ヤングシャーロック・ホームズ 対決 モリアーティ教授」では、若き日のシャーロック・ホームズ役。(スピルバーグの映画とは別物)女性に手が早いナンパなシャーロック像を演じている。
「ミス・マープル2 動く指」では、原作でストーリーテラーの位置にいる傷痍軍人のジェリー・バートン役。戦争のトラウマで酒に走り自暴自棄になっていたが、静養で訪れた田舎町で事件に遭遇する。
映画「エクソシスト ビギニング」では、バチカンから遺跡発掘場に派遣されていた若い神父フランシス役。
「マスター・アンド・コマンダー」では、サプライズ号の副長トーマス・プリングス役。
マドンナ監督作品「ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋」(11月日本公開)では、王冠を捨ててシンプソン夫人との恋を成就させたエドワード8世役。

◆アレックスの妻サラ .... Amy Sloan
「マッドメン」第4シーズン5話「菊と刀」では、サリーがお泊りに行った友人宅の母親ジーン役。サリーがソファで自慰行為をしていたのを見つけてベティを咎める。
「NCIS:LA」第2シーズン20話「相棒」では、オークション会社勤務のパトリシア・ダン役。基地侵入の主犯である美術品泥棒キングに、色仕掛けで落とされて犯罪に手を染めていた。
「グレイズ・アナトミー」第5シーズン13話「別れの使者」では、夫が脳死状態になった妻役。時間のないドナー待ちの少年ジャクソンに提供を求められるが、突然のことに承諾できない。
「THE EVENT/イベント」2話「荒野」では、砂漠で発見されたショーンを病院で介抱した、聖フランシス病院のナース役。ショーンの訴えを熱射病患者の妄想として相手にしないが、必死の説得で代わりに誘拐を通報する。
「しあわせの処方箋」第2シーズン3話「ある日突然に」では、トムの同僚医師ポールの妻ダナ役。ポールはトムと一緒に突っ込んできた車に轢かれてしまう。
「CSI:6」6話「神の子」では、被害者クリスティーナ・アダリアン役。奥手で男性に縁がなかったが、「プロジェクト・サンフラワー」という団体の活動によって処女のまま代理母として出産し、生まれた子を「神の子」として育てていた。
「コールドケース」第2シーズン15話「ミスター・ウィルソン」では、知的障害者の少年コリンが思いを寄せていたリアの現在版役。
「FBI~失踪者を追え」第2シーズン16話「22歳の笑顔」で、失踪者ジェシカと一緒にカルト教団に入っていたが、後から一人抜け出してジェシカが教祖のセクハラに失望させられたことを証言したクリスティン役。
映画「アビエイター」の冒頭で、ディカプリオ演じるハワード・ヒューズの幼少期の回想で、幼いハワードを洗う美しい母親役。彼女がハワードに「外の世界は汚れている」と教えこんだことが、ハワードの潔癖症の元になっている。

◆ディクソンの息子ジェシー .... Spencer Treat Clark
「グッドワイフ」第1シーズン3話「過去との決別」では、スキャンダル発覚前にフロリック家が住んでいた郊外で付き合いのあったチャタム家の息子ケニー役。アリシアに弁護を依頼してくるが、その後殺人容疑で逮捕されてしまう。
「LAW&ORDER 性犯罪特捜班」第5シーズン15話「忌まわしい運命」では、殺害された女子高生スーザン・コイルの弟ブライアン役。スーザンが近親相姦の子を妊娠していたことからブライアンが疑われるが、事実は当初の推理を遥かに超えたものだった・・・
映画「アンブレイカブル」では、ブルース・ウィリス演じるデヴィッド・ダンの息子ジョセフ役。父が不死身のヒーローではないかと思ったジョセフは、次第にその疑惑を確認したいと思うようになる。
「グラディエイター」ではルッシラ(コニー・ニールセン)の息子ルシウス役。ルシウスが幼さ故に漏らした一言から、コモドゥス(ホアキン・フェニックス)は姉の裏切りを知り、ルシウスを人質にとる。
「ミスティック・リバー」では、被害者ケイティの恋人ブレンダンの弟で、言葉が不自由なレイ・ハリス役。

◆ディクソンの妻エミリー .... Mary Page Keller
「NCIS:LA」第3シーズン10話「駆引」では、ギャングのフィスクのスパイ容疑をかけられている検事のアンジェラ・タリー役。姿を隠しているところをケンジーに発見され、ベイツとの恋愛のいざこざのほとぼりを冷ましてるのだと説明。
「CASTLE」第3シーズン7話「ストリッパーの秘密」では、殺害された男性ストリッパーデレクが金目当てで付き合っていた未亡人のレベッカ・ダルトン役。金を貸すのを断ってから別れ話になり疎遠になっていたという。
「クリミナルマインド」第2シーズン2話「闇のネットオークション」では、児童売買闇オークションの件でBAUに協力を依頼してきた、児童犯罪捜査班CACUのケイティ・コール役。
「NIP/TUCK」第2~3シーズンではTVレポーターのアンドレア・ホール役。クリスチャンたちのトラブル対処のメディア対策として協力する。もちろん見返りはアリで。

◆ディクソン家の父 .... James Shanklin
「NCIS」第7シーズン3話「隠ぺい疑惑」では、海軍将校の死が隠ぺいされたとされる件についてギブスに事情を聞かれる海軍大佐役。
「グレイズアナトミー」第6シーズン19話「人生の適齢期」では、3人の犯人と無理な応戦で被弾した女性警官ジーナの、上司ムーア役。警察をやめて養子をもらって、とジーナが人生を考え直していたタイミングで、ムーアが警察をクビにならなくて済んだと告げる。
「コールドケース」第6シーズン6話「クラシックカー」では、被害者の働いていたカーディーラーの先輩フランク現在版役。フランクは以前はきついノルマのため不正な販売に手を染めていたが、現在は棺のセールスをしている。
「デスパレートな妻たち」第2シーズンでは、アップルワイト家がウィステリア通りに越してくるきっかけとなった、メラニー殺人事件の担当刑事役。
映画「ミッション・インポッシブル3」では、病院で最後の祈りをささげるために呼ばれた牧師役。

◆PCの持ち主ワイン .... Lou Richards
「FBI~失踪者を追え」第1シーズン6話「二重生活」では、サンディエゴの訴訟原告アーリン・トンプキンズ役。パトリック(失踪者)と話をしようとして追っているうちにカーチェイスになって事故で転落させてしまったと言うが・・・

◆LA市長 .... Eric Garcetti
第6シーズン10話「直接対決」で、本部長決定の際に登場。
現在のLA市議会議長。実際には現在のLA市長はAntonio Villaraigosaだが、在任中にアンカーウーマンとの不倫&離婚スキャンダルなどを抱えて支持率が低下。Garcetti氏が2013年の市長選挙に同じ民主党から出馬を宣言し、活発に選挙活動を行なっている。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1542-0692ba60

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。