スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッドワイフ3」 第5話「採用面接」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 08.2012 グッドワイフ 0 comments 0 trackback

(NHKホームページより)
乗客乗員全員死亡の飛行機の墜落事故により訴えられたハメット航空は、飛行機の設計ミスの隠蔽疑惑があり、内部告発者の証言も得られていたが、その人物が自殺。
その後の調査で新たな証人が見つかるが、それは過失致死罪で服役中のスウィーニーだった。
一方、新たなアソシエイトの採用面接を任されるアリシア。最終候補をマーサとケイトリンに絞るが、デヴィッド・リーから姪のケイトリンを採用するよう、言外に圧力をかけられる。


これを書いてる前日の11月7日、オバマ大統領が二期目の再選を果たした。
NHK-BSではABCの開票速報を生中継で放送していたのだが、そこにゲストで今回イーライと話していたドナ・ブラジル女史が出ていたのだった。
彼女は民主党全国委員会の副委員長。アメリカを動かしているひとり、と言ってもいいだろう。
実際に舵を握って動かしているのはホワイトハウスの中の人間たちだが、二大政党の全国委員会というのはそのホワイトハウスに対して海図を見ながら指令を出せる立場にある。
「ザ・ホワイトハウス」でも民主党の全国委員会が再三圧力や指令を出してきているのが描かれていた。
その副委員長に「党大会での基調演説をさせろ」とイーライはねじこみにかかっているわけだが・・・
党大会というのは4年に1度、大統領候補の指名を行う大事な大会である。そこで行われる「基調演説」というのは、全国でテレビで生中継され大注目をされる、選挙の行く末を占う大事な大事な顔なのである。

たとえば2004年の民主党全国党大会・・・ ジョン・ケリーを民主党の候補に指名したその大会で、ある全国的には無名の若き州議会議員がその基調演説に立った。
ところがその演説内容のすばらしさから彼の名は一躍全国区となり、その次の2008年の党大会で彼=バラク・オバマは大統領候補の指名を受けることになったのだ。なるほど、彼も「ドラマ」があったというわけだな。
・・・そういうことを背景に考えると、あのイーライだから「州知事選挙」を最終目標にして基調演説にピーターをねじ込もうとしているわけではなく・・・ピーターをもっと「全国区」で売り出す腹積もり、なのかも。ブラジル女史の言い回しも、そういうつもりで見るとなかなか興味深い。
なのに!ピーターとアリシアは別居中なのである。そしてイーライはそれを知らされてなかったのに、党にもライバルにもすでに漏れ漏れなのである。
イーライはまだ知らないが、おそらくウィルとアリシアの関係もバレバレの漏れ漏れなわけで。そしてカリンダのこともピーターは秘密にしているわけで。
ホワイトハウスどころか前段階の州知事の座も危ういかもしれない。あんなできない約束しちゃって、イーライ大丈夫?
「ピーターには妻という武器がある」どころか、ピーターの最大の弱点は妻なのだ。

そのイーライにも話していない別居とアリシアの離婚の意志について誰よりも深く相談を受け、実際に動いている人物が、家庭法部門のデヴィッド・リーだ。
当然、弁護士の守秘義務というものがあるというのが大前提にあるので、デヴィッドがその秘密を漏らすはずがない、とアリシアは信じて「ポールの離婚」の案件を話してきたわけだが・・・
ピーターは州検事だし、この先州知事(もしくはもっと上)を目指す立場にある。だからアリシアの離婚は高度に政治的なトップシークレットであり、当面は最大の弱点だ。
そしてデヴィッドは事務所内で唯一ダイアンを動かすだけの力を持った人物(@カリンダ談)というわけで・・・ 「ケイトリンは私の姪だ」と言われた時点で、当然アリシアは空気を読むべきだった。
だからこそ絶対にデヴィッドのご機嫌を損ねる真似だけはしてはいけなかったのに、そこがアリシアのアリシアたるゆえんというところか。
ウィルと付き合い始めてから、弁護士らしいアクが身についてきたように見えたが、まだまだスイートな人の良さとかまっすぐさが抜けきらないようだ。
そのために、決して知りたくなかったであろう自分の採用動機を知ることになってしまった。
でも・・・それ知らなかったのアリシアだけだと思うんだよね。

そしてそのアリシアの人の良さ、弱さにつけこんで、セレステはアリシアに暗示をかけた。滅びの呪文だ。
「忘れないで ウィルも私と一緒よ、
 あなたをがっかりさせる」

まだ実体の見えない、ウィルの過去の4万5千ドルの謎・・・ それを今ストレートに聞かされたら、多分アリシアはショックは受けたもののウィルに対して幻滅まではしないことだろう。
でもそれを直接伝えずに暗示をかけたのだ。「ウィルも私と一緒」と。
そうすると、アリシアはこれからウィルのネガティブな面を見るたびにその言葉を思い出す。そして少しずつ疑い始め、否定したいのに「がっかりさせる」という言葉が次第に確信に変わり・・・
やがて4万5千ドルのことを知った時には、「あぁやっぱり」と思うようになるだろう。
セレステの策略を跳ね返すには、アリシアは余りにアリシアすぎる。そしてウィルはウィルだから、暗示の通りにアリシアをがっかりさせるだろう、いつかどこかの時点で。
なぜセレステはそこまでアリシアをいじめるのか・・・ アリシアがアリシアだから、なんだろうな。
カリンダがいれば、ここまでセレステに付け込まれることもなかったろうに。
・・・あ、じゃやっぱり悪いのはピーターか!

あのコリン・スウィーニーはまた自由の身になってしまった。
でもそれで終わるとは思えないので・・・ また彼のあの白眼の少なそうなみっちり詰まった瞳が登場するのかと思うと、なかなかストレスだ。
また彼はアリシアにかまってほしさに人殺すんじゃないかな・・・

--------------------------

【 脇俳優チェック 】

◆服役囚コリン・スウィーニー .... Dylan Baker
初登場は第1シーズン13話「悪夢の弁護」。妻殺しで刑事裁判では無罪になったものの、民事で訴えられアリシアが弁護を担当。22話「よみがえる悪夢」では、殺害された女性と手錠でつながれているという異常な事件の被告となる。
「SMASH」第1シーズン1話「私をスターにして」では、カレンの父ロジャー・カートライト役。女優として芽の出ない娘を心配し、妻ともどもさっさと見切りをつけさせて結婚してほしいと思っている。
「バーン・ノーティス」第4シーズン18話、第5シーズン1話では、CIAのレインズ役。マイケルの解雇に関わった組織を壊滅させるため、マイケルを再びCIAに迎え入れた。
「LAW&ORDER」ではやり手の弁護士サンフォード・レムス役など。第16シーズン20話「政界を操る者」では、政敵に復讐するため娘の潜入捜査中の刑事の情報をマスコミに流して間接的に殺害したエリック・ランドの弁護を担当。第2シーズン11話「舞台を降りる時」では、ブロードウェイ作曲家のハイランド役。
「アグリーベティ」第4シーズンでは、自己啓発セミナー「不死鳥の会」会長のベネット・ウォリス役。モリーを失ったダニエルの傷心につけこんで、ミード家やモードから金を巻き上げようと怪しげな水を売りつけたりしてくる。
「名探偵モンク7」6話(NHK放送順による。実際は第8シーズン6話)「ブチ切れナタリー」では、自分のアリバイ工作のためにナタリーの娘ジュリーを酷評した著名演劇評論家のハニガン役。
「FBI~失踪者を追え」第3シーズン16話「マイクとブライアン」では、少年マイクを連れて失踪した元教師ブライアン・ストーン役。息子アランを厳しく育てていたが、湖の事故でアランを亡くして以来それを悔いて子供たちを甘やかすようになり学校をクビに。そんな時マイクに出会い息子を投影させて誘拐騒ぎを起こしてしまう。
「CSI:2」6話「冤罪 兄弟のレクイエム」で、兄弟の容疑者のうち弟のベンについて「熱心に教会に通ういい子」と証言したカトリックの神父役で登場。彼の話でグリッソムの宗教観が垣間見られる。
「サードウォッチ」第6シーズン8話「青天の霹靂」では強盗にレイプされた市会議員ダニエルズ役で登場していた。犯罪の撲滅を掲げて政治活動をしてきた彼だったが、世間にことが明らかになったときの政治生命を考えて届けを出そうとせず、犯人は釈放されてしまうのだった。そして悩んだ末犯人との直接対決を選ぶ。
映画「ロード・トゥ・パーディション」ではマフィアの会計士アレクサンダー・ランス役。
「ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ」では、挙動不審な保安官ハファティ役を演じていた。彼はエミリーの絵によって「予言」され、チャーリーに・・・
「スパイダーマン」シリーズでは、ピーターの血液と自分のDNAで擬似生命体カーネイジを創りだしてしまう、カート・コナーズ博士役。他にも「ザ・セル」「13デイズ」など、存在感のある脇役として多数の作品に登場している。

◆デヴィッドの姪ケイトリン .... Anna Camp
「マッドメン」第4シーズンでは、ドンの離婚後の若い恋人べサニー役。8話「夏の匂い」では、ベティが二人のデートを見掛けて楽しそうな様子にイライラ。しかしドンは彼女だけではなく他の女性の存在も・・・
「トゥルー・ブラッド」第2シーズンでは、太陽教団の教祖スティーブの妻サラ・ニューリン役。ジェイソンが教団に入信して心酔するが、サラの誘惑に乗って不倫関係に。
「コヴァート・アフェア」第1シーズン6話「裏切りの代償」では、上院議員ジャービスの補佐役で不倫相手のアシュリー役。ジャービスの妻マデリンによって情報漏洩の罪をなすりつけられそうになる。
「Glee」第1シーズン13話「あなたなしでは…」では、地方大会の審査員になった元ミス・オハイオのキャンダス役。「なぜろう学校がいたのかしら?」などとぶっちゃける。
夫は「パンナム」で副機長テッド役などの俳優Michael Mosley。

◆航空会社の代理人 .... Aaron Staton
初登場は第2シーズン21話「肝臓移植」。赤ん坊をアイテムに使う曲者弁護士パティ・ナイホルムとアリシアが対峙した移植訴訟で、パティが突然解雇されて後任として出てきたのが彼だった。
「マッドメン」ではスターリング&クーパー社の営業担当のケン・コスグローブ役でレギュラー。当初は小説家志望などのキャラ付けがされていたが、最近はあまり脚光があたっていない。第3シーズンの終わりでドンたちが会社を辞めて新しい会社を立ち上げるのに伴って一緒についてきた。

◆飛行機事故裁判の担当判事 .... David Conrad
「ゴースト」では、メリンダの夫ジム役でレギュラー。消防士で、メリンダとは超のつくラブラブぶりだったが、途中夫婦を悲劇が襲うが・・・
「CSI:マイアミ9」8話「天使が生まれた日」では、被害者の妊婦ヘザーの夫、ゲイリー・チャップマン役。ヘザー襲撃犯に仇を討とうと襲いかかるなどよき夫ぶりを見せていたが、事件の動機が判明するとゲイリーの裏の顔が明らかに・・・
「Dr.HOUSE」第1シーズン9話「生きる希望」では、トランペット奏者ジョンの主治医のマーティ・ハミルトン役。ハミルトンはフォアマンの元上司で、ハウスは彼の診断にわざと対抗するようなことをする。
「ロズウェル~星の恋人たち」では、FBI捜査官ダニエル・ピアス役。ウィテカー議員と通じ、マックスを拉致、拷問する。
他に「ボストンパブリック」など。

◆女性検事 .... Renee Goldsberry
初登場は第1シーズン12話「突然死の謎」で、高校生突然死事件の担当検事としてアリシアと対峙するが、「ピーターは大丈夫?」と声をかけてゆさぶり?をかけていた。今回はコリンの二度目の裁判で有罪を勝ち取ったため、取引に難色。
「救命医ハンク」第2シーズン11話「波乱の足音」では、咳に悩まされるフィリップス医師の息子テッドの妻役。テッドはスポーツドリンクの会社で成功して一家で世界旅行をしていた。
「ニューヨーク1973/LIFE ON MARS」5話「未来から来た男」では、クラムスが後に結婚することになる女性弁護士デニース役。
「アリーmyラブ」では、バーでヴォンダやレネたちが歌う時に、バックでコーラスを入れる三人娘の一人。ティナ・ターナーのコーラスをやっていたアイケッツになぞらえて、アイケッツと呼ばれていた。
ドラマでの活動は、「One Life to Live」というソープオペラのレギュラーなど。
ブロードウェイで「ライオンキング」のナラ役を演じたりと、舞台でも活躍しており、「RENT」の最終公演を収録した「Rent: Filmed Live on Broadway」にミミ役で出演している。

◆民主党委員会幹部 .... Mike Pniewski
「LAW & ORDER: 性犯罪特捜班」第10シーズン19話「Selfish」では、乳児シエラが行方不明になった事件で祖父のラルフ・ウォーカー役。孫可愛さに酒を絶つほど孫が人生のすべてで、死因を引き起こしたモニカを許せず、悲劇的な事件の幕引きを図る。
「私はラブ・リーガル」では弁護士のハンソン役で、ジェーンたちと対決する立場で時々登場する。初登場は第1シーズン1話「地上に落ちた天使」で、デビーがジェーンになって初めて担当したニューサム裁判(睡眠薬による幻覚で妻が自殺、夫が製薬会社を訴えた件)で製薬会社の代理人。第1シーズン11話「もしもあの時・・・」では、赤ん坊取替え事件の病院側代理人。第2シーズン5話「センチメンタルジャーニー」では、投資詐欺犯アダムズの弁護人としてグレイソンと対決する。
「LAW & ORDER」第15シーズン17話「英雄か偽善者か」では、猟場での大量殺人を目撃して犯人を追跡したものの、カーチェイスの果てに犯人と人質の少年が死亡する衝突事故を引き起こし、殺人罪に問われたストーラー役。彼の行為は英雄かそれとも無責任な危険行為かが裁判で争われる。第17シーズン21話「虐げられた英雄」では、ホームレス殺害の原点が軍病院の劣悪な環境にあると知ったマッコイが、それを証明するために無理やり法廷で証言させた軍医のペトラビアン役。
「LAW&ORDER クリミナル・インテント」第5シーズン12話「Watch」では、連続女性殺人事件で容疑者に浮上したFAAの職員デュエインの叔父デル役。共犯者としてデルの息子アートの名前があがり自宅が捜索されると、高校校長の自分の体面のためにアートを警察に売る。父→息子→従弟といういじめの連鎖がやがて凄惨な事件につながっていった犯罪の原点。第7シーズン以降は刑事部長役で時々登場予定。
「CSI:NY」第1シーズン5話「1マイルに1人」では、エレベータ係の作業員トム・ジート役。
「CSI:マイアミ」第7シーズン22話「花嫁は誰だ」では、リアリティ番組「花嫁は誰だ」の出演者宿舎を覗いていたラッセル・キーナン役。単なる覗き男かと見られていたが、花嫁候補者の過去にからむ人物だったことが判明する・・・。第2シーズン15話「偶然のゴースト」では、事件の第一発見者&通報者のバローン巡査役。不審な現場を通報した気の利いた警官と見せかけて、実はくわせもの、という役だった。

◆ドナ・ブラジル本人 .... Donna Brazile
アメリカの政治ストラテジスト(アナリストとか戦略家)。2000年の大統領選挙で現職のアル・ゴア副大統領の選挙対策本部長をつとめた(結果はブッシュ勝利でゴアは敗北)。それは黒人女性初の大統領選参謀であった。
現在は民主党全国委員会副委員長でありジョージタウン大学客員教授。

◆自殺した内部告発者リッター .... Ted Koch
「LAW & ORDER」第15シーズン11話「守るべきもの」では、出所したばかりでひき逃げされた被害者が、出所後会いに行ったフットボールのコーチ役。第18シーズン18話「権力の壁」では、被害者のヴィクター・マディソン役。妻の実家ビーズリー家の事業と合併してマディソン&ビーズリーという会社を経営していた。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1547-6a369acc

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。