スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外ドラマ勝手にベストランキング2012

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 31.2012 その他 0 comments 0 trackback
去年、キネマ旬報さんのベスト10企画に参加して以来、年末に総括しないと気が済まなくて。
でものめり込み過ぎて1週間ほどかかってしまいました。とうとう大みそかまでもつれこみ。
最初は全部まとめてベスト10のつもりが、コメディ部門に分けないと!とかわけのわからないことをやってしまいました。
まったくの独断と偏見ですので「エーあれが入らないの?」とかそういう異論反論はご容赦を。皆さまの今後の視聴計画の一助になれば幸いです。

・・・今年結局何本見たんだろう。


【 ドラマ部門 】

1.HOMELAND(対象シーズン:1)
全編に流れるキーンという緊張感、シーズンの終わりの叫び出したくなるような展開・・・今年の一本はやはりこれだと思います。
これが何年も続いていくドラマになったら、3年過ぎたあたりで「もう勘弁して下さい」って言いたくなるのではないかという・・・

2.Sherlock(対象シーズン:2)
3話しかないのに、もっと見てるようなインパクト。世界中の女子の心をわしづかみにしたコンビはこれからどうなっていくのでしょう。
どうにかなるんでしょうか。とにかくもう続きが、続きが、続きが見たい~~~~~!!

3.Breaking Bad(対象シーズン:4)
DVDはシーズン2までしか出ていない上に、放送しているのがフジテレビのCSチャンネルというマイナーさから、あまり浸透していませんが・・・
こんなに面白いドラマそうそうないです。そして、シーズン1は一発目でフレッシュだけど、段々その勢いが落ちていくものがほとんどですが、これはどんどん凄味を増してきます。
すごく好き嫌いの分かれる特異なジャンルだと思うので、なかなかお勧めしにくいのですが、ぜひ多くの人に見てハマって欲しいです。絶対に。

4.SUITS/スーツ(対象シーズン:1)
今年の新作の中で、人に安心して勧められる「面白いドラマ」といったらこれでしょう。もう弁護士ドラマは結構やりつくした感があるのに、こういう切り口があったかととても新鮮でした。
ビジネス成功術ドラマみたいな側面もあり、二人の会話の軽妙さといい、周囲のキャラの力の抜き加減といい、シンプルに楽しいと思えるドラマは昨今貴重ですね。

5.THE WALKING DEAD(対象シーズン:3)
まさかゾンビドラマがこんなに深くてワクワクする人間ドラマになろうとは、始まった時に誰が想像したでしょう。
シーズン3になってどんどん生き残りが増えてきてるのに、まだまだ裏切り方がハンパないです。

6.ダウントン・アビー(対象シーズン:1、2)
貴族と平民というヒエラルキーが崩れかかった時代の、それでも家や地位という縛りの中で生きる人々の日常の麗しさよ・・・
現代からみると不自由な生き方をしてるようであり、かえって燃焼度が高く見えるようでもあり。ひとりひとりの持つドラマが、ソープオペラ的なのにそれでも美しいです。

7.グッドワイフ(対象シーズン:3)
法廷ものだけでなく政治ものとしても深彫りがされていて、私の好みです。でも恋愛モードはほどほどにお願いします。
脇の俳優さんたちの小憎らしいばかりの味の出し方が独特。

8.THE KILLING(オリジナル)(対象シーズン:1)
リメイクの方じゃなくて、オリジナルの方で。最初はリメイクの方が断然イイと思っていましたが、後から放送された本家に完全に持っていかれました。
そしてリメイクの方のシーズン2の沈没ぶりを目の当たりに・・・ やはり本家の持つ力というのは特別なのだと思います。

9.デクスター(対象シーズン:6)
シーズン5が4のリハビリだったので、6では立ち直ったデクスターが本来の路線に戻ってくれたことが評価ポイント。
何がって、あの最後が気になって!どうするのあれ!2月から放送スタートですってよ!!

10.LAW & ORDER
安定して素晴らしい。安定しすぎてて毎日見続けるのがだんだん追い詰められてくるわけですが・・・
でもほんと、最後まで全然クォリティが落ちないってすごいことですよね。

次点1 SMASH(対象シーズン:1)
手間のかかるミュージカルシーンの手抜きのなさを見ると、日本のドラマが何十年何百年かかってもおいつけない蓄積と姿勢の差を感じます。
でもランク外なのは、余分なところが多いと感じるのとひとえに主人公二人のキャラのバランスの悪さかな。ヒールのはずのアイビーに先に感情移入させるのは、この先の演出意図があるのか、それによって評価がまた変わってきそう。

次点2 Glee(対象シーズン:3)
2でちょっと沈んだかなという感じがあったのですが、3で結構持ち直したかな・・・。でも卒業生を出してしまったので、今後はどーんと上がるか下がるかのどっちかのような。
1の輝きを取り戻してほしい、その期待を込めて。


【 コメディ部門 】

1.モダンファミリー(対象シーズン:2)
今、一番勢いがある上に安定して面白いコメディ。はずれエピがないのがすごい。ここまでは安定して走ってきたけど、子役が大きくなってくるとどうなるかなぁ。
全員のキャラが絶妙なバランスで成り立っているので、このまま続いてほしいものです。

2.ビッグバンセオリー(対象シーズン:4)
抜群の安定感、そして常に成長し続けてるんですよね。シーズン4になって女子組が活躍するようになって、今までとはまた違った切り口の面白さが生まれてきました。
シーズン4ラストが今までのパターンを崩しかねないクリフハンガーだったので、次がどうなるか楽しみでなりません。

3.アイカーリー(対象シーズン:4、5)
お子様向けシットコムとか思ってなめちゃいけない、不思議な中毒性のあるコメディ。キャストの子役ちゃんたちが全員20歳超えになった現在、存続も難しくなっていくのでしょうが、クオリティが落ちないのはさすがです。
NHKはさっさと続きをお願いします、ほんとに。

4.マット・ルブランの元気か~い?ハリウッド!(対象シーズン:2)
「マット・ルブランの自虐芸」と「ハリウッドの内幕ネタ」としてのリアルさが秀逸過ぎて、どこまでがネタなのかドキドキしてしまいます。
マットのこれが素ならば、フレンズの他のキャストってホントに大人だったのね・・・いや絶対ネタだよね?だよね?
フレンズを期待して見た人は多分シーズン1でほぼ脱落しそうな質の違う笑いですが、私は最後までマットを見守って骨は拾ってやりたいと思います・・・

5.サイク/名探偵はサイキック(対象シーズン:3) 
モダンファミリーとこれは吹き替え版を出すべきだと強く訴えたい。吹き替えが出ればもっと人気の出るコメディだと思うんですよね。
色んなパロディがエピソードごとに盛りだくさんで、きっと製作スタッフの人と気が合うだろうなと思うドラマです。
 
次点 メル&ジョー 好きなのはあなたでしょ?(対象シーズン:1、2)
Dlifeがスタートしての収穫のひとつ。反発しながら内心惹かれあう男女、運命のいたずらで集まったイリーガルな同居人、ボケ女とツッコミ男・・・となかなか古典的すぎるシットコムで、正直足りないところも多いです。
しかし主人公の二人の魅力が強力で、うまいことひっぱられます。というか、こういうタイプのシットコムが最近なかったので、やはりたまに見たくなるんでしょうね。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/1549-0593c3ab

プロフィール

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。