スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリーmyラブ@tvk 第5話「涙の数だけ」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 01.2005 アリーmyラブ 0 comments 0 trackback
アリーがスーパーでふと手に取ったプリングルスが運のつき。
それは自分のだとおばさんにいちゃもんつけられ、むかついて足引っ掛けて転ばせたら怪我させてしまう。しかも避妊ゼリー万引きの疑いもかけられる。
刑事事件にはならなかったものの、弁護士監視委員会に報告がいって、査問委員会を開かれ、弁護士資格停止の憂き目に?

NHKだと「ポテトチップス」に翻訳されてたプリングルス。
夜中に食べたくなるんだよプリングルス。プリングルスプリングルス・・・・久しく食べていないから、あんな争奪戦見ると余計に食べたくなるじゃないかプリングルス。

しかし、アリーはあらすじまとめようとすると5行くらいで終わるからすごい。それでいて中身が薄いわけじゃないからもっとスゴイ。
でも今回のように、アリーがただひたすら始まりから終わりまでイライラとしてることがテーマになってるのは、かなり見ていてしんどい気がする。
合間合間にエレインが軽く裏切って笑わせたりするけれども。

「(地に足が)ついてる人、いるんですか?」って、とりあえずしっかり両足踏ん張ってる人はそうそういないかもしれないが、でも両足ともふらふら~ふらふら~としてるアリーみたいなのはそうそうない。
不安定なのはわかってるのに、カウンセリング受けろとか精神鑑定受けろとか、そんなんでどうして簡単にキレるかな。それで自分の潔白が証明されるなら、何回か適当に折り合いつけるってことだってありだと思うのに。
それができないのが・・・・マクビール主義?なんだかなぁ。

でもって、ビリーが「キミには幸せでいて欲しいのに」って。
うそつけーーー!!
ビリーはアリーの「幸せ」を願っているとしたら、ジョージアとの間に波風が立つからそこそこ幸せでいてもらわないと都合が悪いからって事に他ならない。
そうしてビリーはまだアリーをガス抜きの持ち駒として引き止めておくことに成功したのだ。
アリーは相変わらずまたイライラするという繰り返し。
あぁぁぁ、早くジョン・ケイジ出てこないかなー・・・・

アリーが避妊ゼリーを買う気になった原因のオマー・シャリフはこんなひと。「アラビアのロレンス」でアラブ人の族長役など。
アリーが言っていたバーバラ・ストライサンドとの共演作は「ファニー・レディ」(1975)。なるほど、ステキなオジサマだが・・・・
しかしそれだけで避妊ゼリー、買うか?


【 脇俳優チェック 】

◆ジョンソン・ホーク判事 .... Keene Curtis
弁護士監視委員会の三人のうち向かって左のおとなしい方。
60年代から舞台俳優として活躍し、「ロスチャイルド」でトニー賞最優秀助演賞を獲得。
映画ではシャロン・ストーンの「ガラスの塔」など出演作多数。ドラマでは「フルハウス」第7シーズン24話「我が家は渡さない」で、大金持ちのルー・ボンドの役で登場。生まれ育った家を市価の二倍で買い取ると申し出たというエピソード。
「ビバリーヒルズ高校白書」第2シーズン18話「ハッピー・クリスマス!」では、ブレンダが連れ帰ってきたサンタの姿をしたホームレスの役。

◆マーシャル・ピンク判事 .... Zeljko Ivanek
弁護士監視委員会の三人のうち中央のもっぱら喋っていた男性。
「24」第1シーズンでドレーゼン家のファザコン長男アンドレ役、「OZ」の州知事ジェームズ・デブリン役など、「小さい頃に愛情が足りなかったのか?」みたいな感情欠陥なおっさん役をやらせると非常にうまい人。
「ホミサイド」では、婚約者を殺される地方検事エド・ダンバース。なんとなく役の傾向が。
「CSI:5」と「ザ・ホワイトハウス5」に登場予定。

◆プリングルスをアリーと争った女性メアリー・クラークソン .... Audrie J. Neenan
「ロー&オーダー」シリーズで通して判事役で出演。しかし、途中で役名が変わっている。
「フレンズ2」16話「ジョーイの家出」で、ゲラー父の誕生パーティーで、相手がモニカとは知らずに「リチャードったらハタチのぴちぴちギャルと付き合ってるんだって」と台所でゲラー母にご注進、二人で「きっと胸が垂れてないのだけがとりえよ」と悪口を言いまくってた女性で登場していた。
「サード・ウォッチ5」の第1~2話に登場。第1話「希望の街」ではルース・ジョンソン役で、夫を失ったやり場のない怒りを、長台詞で吐き出すようにぶつけた演技がとても印象的だった。

◆アリーを連行した巡査 .... Randy Thompson
「CSI:2」17話「六番目のチャクラ」でグリッソムは、当時の現場の状況を調べるために空軍から航空写真を入手するという荒業をかますのだが、その時空軍ではからってくれたアイザック・フィリップス大佐の役。このフィリップス大佐になぜお願いできたかというと、このひとは検死官助手のデヴィッドのお父さんという設定なのだ。
そういえばなんとなく優しげな顔が親子っぽく見える、かな?
他には「バフィ」「シカゴホープ」「ザ・ホワイトハウス」などにゲスト出演あり。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/158-1b9dd8d8

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。