スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コールドケース 第19話 「小切手」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 10.2005 コールドケース 8 comments 0 trackback
ある男性の殺人事件が、92年の大統領選挙でのクリントン陣営ボランティア殺害につながり、やがては選挙スタッフから下院議員になった男の疑惑へと・・・・
「時代感覚」がある種このドラマの売りなので、最近のを題材にしてると当時をあらわすのは映像ではなく、台詞ということになる。
だから、選挙事務所の場面でクリントンのことを「女好きを選んで大丈夫?」とか、「ロス・ペローに入れた」とか妙に説明っぽく語らせる。小道具ひとつですまないから大変だ。
でも・・・・それがかえって「92年の選挙でなくても良かったんじゃ」という気持ちになってしまった感じが無きにしも非ず。

入り組んでる割に、それが解けた時のスカッとした感じがない。真犯人を捕まえられなかったせいだけじゃないような。
言いたいことは色々あるんだが・・・・あぁなんだろうこのイライラは。
姉と弟の、っていう気持ち悪さは別にそれはいいんだけど(よくないだろうけど)
ダレン・クリーマンの死が「とりあえずおいといて」って感じで、おまけでちろっと解決しちゃいましたみたいなそんな扱いになってて、実際アビーなのかどうなのかよくわからないまま終わっちゃったのが引っかかってるのかな。
ヴァネッサの母は彼の深入りを「暇つぶしって言ってた」と語っていたが、好奇心で踏み込んだのか、それとも実際はヴァネッサが娘と知って、何もしてやれないまま死んでしまったことへの罪滅ぼしがしたかったのか。
それによって彼の死も意味が違ってくるような気がするのに、なーんかほったらかしで。

ともあれベスのヴァネッサへの想いはエピソードとして余計だったかなー。「建築家の筆跡」を入れたかっただけちゃうんか、みたいな。
今回の話は、結末としても未消化だったせいもあるが、ちょっともやもやがたまった感じ。
リリーが恋バナで意気消沈してて、精彩を欠いたせいかな。

ちなみに、ベスが投票してしまったロス・ペローは92年当時二大政党の対立軸に一石を投じる役目を果たした「第三の男」。この存在があると、現職候補にとっては不利になるのだ。
この辺はここ数週間「ザ・ホワイトハウス」を見ている人はうんうんとうなずくものがあるわけで。
でもってベスが投票要因にしていた「副大統領候補がステキ」と言っていたのはジョン・ストックデール。・・・・ベスって、ベスって、いや、私もそういうおっさんはキライじゃないけど・・・・

カイトは・・・・「キミが決めてくれないから」だぁ?何言ってるんだー!リリーは最初から決めてるって。素直になれないだけだって。気づけー!!
「あなたに決める」って言ったものの・・・・なんだか雰囲気が微妙。
カイトが策略でやったんでなければ、まだまだリリーの恋愛も「未解決」の模様、かな。


【 脇俳優チェック 】

◆被害者ヴァネッサ・プロッサー .... Laura Allen
オフィシャルサイトあり。最近婚約したらしい。
ジュリア・ロバーツ主演の「モナリザ・スマイル」で、ジュリアに教わる生徒の一人スーザン役を演じていた。
その後にキャスティングされた「4400」のリリー・ムーア役は、6ヶ月の娘を残して失踪、4400の一人として生還するというストーリーの柱になる役だったが、今後のブレイクを予感させる演技だった。
でも、オフィシャルの婚約の記事を見るとどうも、この先バンクーバーで暮らすとかあるから、女優業はお休みするのかな?もったいない気も。

◆デヴィッド・レイク92年版 .... Jade Carter
公認ファンサイト?あり。
「犯罪捜査官ネイビーファイル」の第6~8シーズンにロシア軍軍曹のセルゲイ・ズーコフ役としてサブレギュラー。

◆アビー現代版 .... Terri Garber
「ダイナスティ」「General Hospital」などデイタイムソープを渡り歩く女優さんだが、自分は「サンタバーバラ」のスザンヌ・コリアーとして記憶している。ヒロインイーデンの親友だったが多重人格の時に名前を使われ、イーデン失踪後に彼女の夫クルーズにイーデンの代用品にされ、ヒロインにのし上がるほどファンの人気も出ず、失意のうちにドラマから去っていくみたいなかわいそうな存在だった。
「ER ?」17話「適者生存」では、夫の会社の経営悪化のために卵子を売ろうとした妻が排卵促進剤で意識不明になり、しかし約束だからと冷徹に卵子採取のオペを急がせる産婦人科医で登場していた。
他には「南北戦争物語 愛と自由への大地」のアシュトン役など。

◆ヴァネッサの母 .... Lee Garlington
「フレンズ」第1シーズン13話「目には目を、歯には歯を!」ではジョーイの父の愛人ロニー役、「CSI:3」21話「黒衣のジュリエット」では娘ジルの心中を手伝う母親フロマー役。「ダーク・スカイ」のパイロットではUFO目撃夫婦の妻の役、かな。「Everwood」ではブレンダ役でサブレギュラーポジション。
映画「ベビーシッター」ではJ・T・ウォルシュの妻役など、出演作多数。
「ザ・ホワイトハウス4」17話に登場予定。

◆ヴァネッサ元彼アーロン・デュトラ92年版 .... Jon Hershfield
「ダナ&ルー~リッテンハウス女性クリニック~」の第5シーズン以降にサブレギュラー・・・って、LaLaTVは続き放送やめちゃったんでしたっけ?
「CSI:2」2話「偶然の失踪」では大学生役、「ザ・ホワイトハウス2」13話「ファーストレディーの憂うつ」では世論調査員など、細かい登場をしている。

◆レイク姉弟の義父マービン・ドービー .... James Mathers
「アリーmyラブ」第1シーズン6話「婚約」で、元弁護士コールガールを買ってしまったことで裁判に呼ばれていた精神科医ドクター・カーペンターで登場していた。ちょうどそれを月曜日に見たところだった・・・
「メルローズ・プレイス」では第3~4シーズンでは保安官だが第5シーズンでは弁護士だったりしている。

◆デヴィッド・レイク現在版 .... Blake Robbins
「Oz/オズ」では「バスケのうまい看守」ブラスとして4~6シーズンに登場するが、賭けがからんだためにアキレス腱を切られて、バスケができない体にされてしまう役だった。

◆ヴァネッサの友人ベス92年版 .... Hilary Salvatore
「ザ・ホワイトハウス4」4話「闘いの序章」で大統領秘書の一人エミリーで登場していた。チャーリーの仕事が終わるのをアンソニーが待っていて、そこにメガネをかけたエミリーがあれこれテキパキと話していったのを見て、「いっぱしのつもりなんだろ」とアンソニーがキレる。
「おまかせアレックス」ではちょっとイジワルな子ケリー役でサブレギュラー。

◆アビー92年版 .... Lauren Stamile
チャーリーズ・エンジェルの内幕もの「チャーリーズエンジェルストーリー」でエンジェルのひとりケイト・ジャクソン役。
「FBI~失踪者を追え」15話「さらわれた花嫁」で花嫁の友人ジェシカ役、「CSI:マイアミ」第1シーズン21話「毒牙の餌食」で被害者の姉役。また「トゥルーコーリング」20話ではハリソンが親切にしたために悲劇が起こるDV離婚のシングルマザー、エマ役で登場していた。「ザ・ホワイトハウス」の第5シーズンにも登場予定。

◆アーロン・デュトラ現在版 .... Joel Stoffer
「CSI:2」10話「いとしきエリー」で、ブラス警部の放蕩娘エリーとBFキースの車に乗っていた自称ヒッチハイカーのマーティ・ギルモア役。ブラス警部が娘かわいさに頭に血が上って、重要参考人なのに逃がしてしまったという。
他には「スピーシーズ3」など。
関連記事

▶ Comment

カイトよりヴェラ・・・・確かに!
でもそれはとってもお笑い度が高いストーリーになってしまうような気が。
彼は私生活掘り下げて、陰のあるキャラとかにはせず、ずっとワンポイントの笑いを提供してくれる伽羅でいてほしいです。
2005.11.14 23:51 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
今回はスコッティが熱血青年でしたね。それとも、リリーが冷めていたのか・・・。なんか、最近カイトの出番が多くなってきた気がします。カイトよりヴェラを出してほしいです。
2005.11.14 20:15 | URL | こぶ #79D/WHSg [edit]
リリーは多分、今までそうやってつぶされたヤマがいくつもあったのでしょう。
でも、いつも最後に登場してくる死者のイメージで、今回初めてじゃないでしょうか、リリーが目をあわせられずにそらしたのは。あっさり引き下がったものの、心には悔いが残ったのだと思います。

なまじレッツダンスで幸せな二人を見ちゃったら、あんな気まずいキスじゃあかんだろって感じが・・・。
あれじゃ売り言葉に買い言葉つーか、勢いなだけですもんねぇ。
2005.11.12 20:03 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
スコッティが食いついていたのに、リリーは結構あっさりしてましたね。
冒頭の事件にしても「姉が自供してるんだからつっつくな」ってことでしょうか。
カイトのことはこれでとりあえず良かったのかな、くらいにしか思いませんでしだが、みなさんお怒りのようで…。
2005.11.12 13:10 | URL | yasishi #79D/WHSg [edit]
俳優の顔で犯人がわかるのもねぇ(^_^;)。
見る前に俳優の名前だけあらかじめみておいたのですが、当初はアビーかなーと予想してたんですよね。
アビーのほうはオイシイ役ではあったけど犯人ではなかったわけですね。
でもブラスのひとはあんまり役的にはおいしくなかったというか、ポジション的につまんなかったですね。

姉が側からいなくなったら、きっと押さえがなくなって女癖の悪さを発揮したりして、今回の事件をうまくごまかしたとしてもどの道失脚するでしょう・・・
2005.11.10 22:28 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
どうも今回の話は消化不良でした。
この先、リリーがなぜカイトとの恋愛に素直に踏み切れないのか、その理由や事情が明かされることが来れば、リリーの態度にも納得することがあるかもしれませんが、今の時点ではカイトの不実を心からは責められないような。
押しても押しても手ごたえないですからね、リリーって・・・駆け引き下手ってだけではすまないほどに。
2005.11.10 22:12 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
レイクが現在バージョンになったとたん
あのリバドーの宝くじをネコババしたとんでもないブラスだ!と思ったとたん
犯人がわかった気がしました。
ブラスも結局OZの犠牲者だったんですけどね。
今回はこのまま知らん振り?
でも隠蔽工作してなかったら、不慮の事故ってことにならなかったのかなぁ?
それでも政治生命はお終いか…

リリーとカイトがこうしてめでたく…とはどうも思えません。
2005.11.10 20:52 | URL | がろと #79D/WHSg [edit]
 ちょっと分かりづらいし、話が煮詰まってないかんじ。なぜスコッティがあんなに喰らいついているのに、リリーはあっさり覚めてすぐ引き下がるのか?
 それに、カイトの態度が怪しくてたまらない。リリーは未解決ばかり捜査してて、生血が久々だと語っていたが、生血が通っている生きた人間(カイト)の心を読み違えているのではないかと、今回のエピを見て思い、彼女の悲しい恋の結末が見えるような気がした。
2005.11.10 11:32 | URL | nyan-routine #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/167-97dff91f

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。