スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ホワイトハウス4 第8話「迫られる決断」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 28.2005 ザ・ホワイトハウス 2 comments 0 trackback
【ベネズエラでクーデター】
ホワイトハウスは当選のお祭り騒ぎで沸き立っていた。レオもジョードンとお祝いしていいムードだったのだが、そこにベネズエラでクーデターの恐れ、という報告が入る。
レオはジョードンを待たせて対処に向かう。新しくマクナリーの部下になったリース少佐は報告書の作成を命じられるが、仕事の見通しの甘さで恥をかいてしまう。クーデターはイグナシオ大統領の拘束によって収束する。

【ドナとリース少佐】
ドナは投票の時に票の交換をしたジャック・リース少佐と再会。彼に関心があるドナは話のきっかけをつかもうと、リッチーに投票した理由をしつこく聞くが、リースは仕事の失敗もあってうまく話がかみ合わない。
バートレットの軍縮政策は現場の人間にとって的外れな部分があるらしい。しかし二人は気を取り直して当選祝いのパーティに行くことにする。

【世論調査員問題】
勝利を分析するテレビ番組で、選挙の戦い方の方針全部が自分の手柄のようにふかしている、見知らぬ男がいることにCJは驚く。他のスタッフに聞くと、ブルーノが雇っていた一介の世論調査員だという。
本当のことを発表すべきだとCJはブルーノに詰め寄るが、ブルーノは自分の仕事の契約は終わり、勝利を収めたのだからいいのだと言う。
しかしCJは、ブルーノがよくてもレオたちに恥をかかせることになる彼の存在が許せず、パーティで見かけた世論調査員クリス・ウィティカーをつかまえてやりこめる。

【アンディの妊娠問題】
アンディは無事下院で当選を果たす。これで妊娠のことが有権者に知れたら、訴訟問題にもなりかねないとトビーは心配するが、アンディは再婚どころか発表すら頑なに拒む。
当選の夜を、夫婦でいいムードで過ごそうとしていたバートレットだったが、次々に訪ねてくる部下たちにムードをぶち壊されてしまう。そしてトビーのおめでた報告にアビーが食いついてしまい、いいムードは完全に台無し。
バートレットはトビーの報告が送れたことを不審がるが、トビーは「あなたがカトリックだから怖かった」と言う。

【サムの出馬問題】
サムの心配をよそに、カリフォルニア47区はワイルドが奇跡的逆転勝利をおさめた。マスコミに特別選挙の候補として名前が流され、サムはパニックに陥りなんとかウィルに断ろうと奔走する。
一方ジョシュのもとにやってきたエイミーは、「サムは出るべきだ」と進言する。懐疑的だったジョシュだが、ウィルからデータを聞いて出るべきではないかと考え始め、CJも賛成する。
トビーは反対だが、サムの揺れる心に「選挙は勝たなければ意味がない」と釘をさす。
サムはまだ心を決めかねているが、やっと連絡がとれたワイルド未亡人やウィルと、今後のことを話し合うことにする。

------------------------------------------------------

お祝いムードでだらーっとしたホワイトハウス。
でもそんな中でもベネズエラでクーデターは起こるし、世界は動いている。実際は補佐官はダンスを踊り、大統領は妻を口説いているわけだが。
当選を決めた夜くらい、すんなり美酒に酔いたいところだろうが、そうもいかない。ジョードンは待たされてしまうし、アビーは世話焼きパワー炸裂だ。

しかしアビーはかわいいな。あの年になっても、美脚をあらわにして「コンバンハ、大統領」なんてお色気たっぷりにかわいく迫れるんだもんなー。
昼メロソープ「サンタバーバラ」では、70近いじいちゃんばあちゃんたちが、現役で恋愛しまくってるのを見てドン引きしたことがあるが、まだまだアビーくらいならあと3回は結婚できそうだ(しないだろ)。
レオもバートレットも、なぜ女性を口説くのに薀蓄とか数字とかで何とかなると思うのだろうか。アビーはそういうのに惚れてる節がなきにしもあらずだが、レオの場合それで失敗してるだろうに。適当なところで受け流すだけの女傑のセオリーが、ああいう殿方を操縦するコツなのかもしれないが。

CJは何を考えて部屋をラブホ状態にしちゃったのだろうか。
今回でTWWとはお別れになるブルーノの、見事とも言える引き際の美学だったが、ブルーノは当選請負人として渡り歩く稼業で、CJ自身はこれからもホワイトハウスにとどまり続ける稼業、その価値観の違いが出た感じだろうか。
CJは結局自分なりの落とし前をつけたのだが、ブルーノの仕事っぷりにご褒美として最後にあげたのが、ラブホ執務室というのもいかがなものかと。その後しばらくしてからサムの対策会議を同じ部屋で開いていたが、ブルーノは無事にナンパに成功したのだろうか?

ドナは今回、恋する乙女光線をビシバシ発していて、でも相変わらず不器用でかわいかった。
今度は日記には気をつけようね。

アンディのこだわりと、ウィルとエルシーの関係が今週も謎だ。わからん、いまだに。

キャビア談義がなんのこっちゃと思ったので検索してみたら、チョウザメについて詳しいページがあった。元々の産地であるロシアやシベリアのほうのチョウザメは、乱獲のために絶滅危機に瀕しており、バートレットが提案したとふかしていた「シロチョウザメ」がカリフォルニアやアリゾナで養殖されているのだ。
今はその代用キャビアがけっこう幅を利かせているらしい。味はちょっと本物より落ちるようだ。
大統領にしてみたら、カリフォルニアシロチョウザメのキャビアは、ある意味実績の象徴なのだが、アビーにしてみたら「薀蓄飽きた、本物が食べたいわよね」といったところなのだろう。大統領夫人になっても、本物のキャビアは、庶民とは違った意味で縁遠くなってしまうものらしい。


【 脇俳優チェック 】

◆ウィットコム太佐 .... Tobin Bell
「24 ?」での悪の親玉ピーター・キングスレー役が印象強烈なので、そんな彼がシチュエーションルームにいるなんて・・・・。他には「エイリアス」のドレイヤー役。
話題の映画「Saw」の1と2にも出演している。

◆開票速報の番組司会者 .... Gina Hecht
「CSI:2」3話「疑惑の転落死」で、反抗的な息子を案じて、怪しげなセラピーをやる精神科医に診せてしまったために息子を亡くしてしまった母、バックリー夫人を演じていた。
また「フレンズ 3」13話「モニカの恋、再び・・・」では、リチャードが妹から紹介されたデート相手の女性役。部屋を見せてもらっていたが、寝室にモニカがいたので追い返されてしまった、リチャードファンの私にはうらやましいようなかわいそうな役だった。
映画「ラブINニューヨーク」ではマイケル・キートンのナーバスな婚約者役で出ていた。

◆世論調査員クリス・ウィティカー .... Marc Lynn
「CSI:3」12話「捨てられた目」で、検死中に生き返った車のディーラーの同僚で、売り上げ競争のためちまちまと嫌がらせをしていたクライド役で出ていた。電話に接着剤とかインク入りガムとか。
悪人になりきれないセコイ役がはまるひとなのだろうか。「CSI:NY」12話に登場予定なので、今度はいい役がもらえるといいですね。

◆選挙速報番組コメンテーター .... Victor Raider-Wexler
画面左端にいるメガネの男性で、一人だけ妙にテンションの高い人。
「フレンズ 2」6話「忘れ物にご用心」で、モニカがロスのアレルギーを忘れてキウィを食べさせてしまい、かけこんで注射をしてもらった時の医者カール役。ロスの手を握ってあげていたモニカは注射の痛みで手を握りつぶされそうになり、カールはモニカも見る羽目に。
細かく出演作が数多く、「ER」「となりのサインフェルド」「サブリナ」など。「FBI~失踪者を追え3」19話に登場予定。

◆ブルーノがナンパしてるブルネットのアネット .... Symba Smith
「フレンズ 2」11話「レズビアン・ウェディング」にキャロルとスーザンの結婚式を執り行った司祭役で登場。この役のときはショートカットで吹き替えも低い声なので、なかなか同一人物には見えない。
「CSI:NY」4話に登場予定。
関連記事

▶ Comment

お祝いムードで毒気を抜かれたんでしょうかね。
「サムならそういうムチャやりそう」「何て言ってからかってやろう」とか各自考えてるうちに、冷静になってみたら、意外といい話かも?ってことで・・・
各自、相当に策士ですからね。
気をもまされた分、ドナとサムの秘書たちがかわいそうだったかも。
特にサムの秘書たち。みんながお祝いしてるのに、彼女たちだけ大わらわでしたもんね。
2005.11.30 23:29 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
サムの出馬について皆の反応が意外と好意的なので不思議に思います。何の相談もなしに決めてしまったことへのお咎めはないのでしょうか。民主党が勢力を伸ばすチャンスのほうが重要なのかしら。
2005.11.29 22:52 | URL | yasishi #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/182-d01c45eb

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。