スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリーmyラブ2@tvk 第6話「忘れられない人」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 19.2006 アリーmyラブ 4 comments 0 trackback
今回アリーが担当したのは、貞潔の誓いを破って恋人と深い仲になってしまったために、破門されたシスター。職場復帰を求める訴訟を起こすのだが、ジョンもアリーも内心それはいかんだろと思っているのが言葉の端々に出てきてしまう。
その裁判の担当判事はウィッパー。二人がまだお互いに未練ありと見たアリーは、ウィッパーを「もうじき手遅れになる」とそそのかしてしまう。
一方レネは高校時代からの付き合いのマットと再会。マットは結婚したものの妻とうまくいっておらず、誘いをかけてこられたレネはいけないと知りつつ心が揺れる・・・・
そんな中、ジョージアのトイレの中から出てきたのはステファン!驚いたジョージアとネルが投げ合ってドアにぶつけたことから、ステファンは意識不明の重態に。ジョンは心配でいてもたってもいられない。


いつもはフラフラしてるアリーに揺らがないバックアップを見せてくれるレネが、マットの登場に心がグラグラ。逆に「自分の経験」からアリーがあれこれアドバイスしたり、デートのお目付け役になったり。まぁなんつーか「妻とはうまくいってないんだ」という、かなり典型的なダメ既婚者なわけで・・・・
今回アリーは、レネを支え、ウィッパーにアドバイスをし、シスタークリスタにも何かえらそうだった。
「私たち欲しいものだけじゃなくて、
  欲しくないものまで欲しがるから。
    女だもの」


・・・・何でしょう、この余裕。

おかげでウィッパーは勘違いしてあの騒動をぶちかましてしまうわけで・・・・
そう、この回からリンに「がるるるる」の効果音がつくようになったのだった。ウィッパーとリンの絶叫合戦、おろおろのリチャードと、思えばアリーの「余計なお世話」のせいでリンが完全にリチャードに対して優位に立ったというような気がする。
つーかリチャードがリンに対して優位に立てるなんてことはありえないけどね。

しかしそのアリーの余裕を打ち砕く、神父の懺悔暴露・・・・結局これってアリーが青ざめましたっていうオチで続きがなくて終わったんだったか、どんどん記憶が曖昧になっていく感じ・・・
あんまり懺悔になってない懺悔だったので、それに神父がバラしてるってのがちょっと考えるとわかるので、アリーはわざとやりにいってわざとあけすけなうち明け話をしてるのだと思ったのに。アリーったらあまりに隙がありすぎ。

ステファン・・・・前の、笑いと涙の追悼式で終わって欲しかったかなぁと思ってしまう、奇跡の復活。どうしてもネルにジョンに対して罪悪感を抱かせることで、愛情へと変化させようというその筋運びがちょっとなぁと思う。そういうのがなくてもネルはジョンを愛したと思うのに。
それにしてもビリーは・・・・ここ2週くらいの存在の耐えられない薄さったら。こんなんだったらビリーいなくてもいいじゃん。
・・・・いてもむかつくし、いなくてもむかつくビリー。でも、今週は・・・・マットのほうがむかつくかも?


レネが昔の写真を見ながら涙ぐむ場面はVonda Shepardの「Looking For Something」。
Vonda Shepard

アリーつきのレネとマットのデート、バーでの軽快な曲はThe Manhattan Transferの「Operator」。このアルバムはほんとにいいアルバムです。
The Very Best of the Manhatan Transfer

レネがバーでマットとチークを踊ってる時のスローな曲は、「Oh, Pretty Woman」で有名なRoy Orbisonの「A Love So Beautiful」。
Essential

レネがマットがいるかどうか部屋を覗き込む場面はVonda Shepardの「Crying」、レネが最後ぐらついてしまう曲はVonda Shepardの「World Without Love」。両方とも2ndサントラに入っている。
Heart & Soul - New Songs From Ally McBeal



【 脇俳優チェック 】

◆アリーが懺悔した牧師(声だけ) .... Shea Farrell
第1シーズン18話「大人のルール」で、グレッグがアリーに見とれていたために追突事故を起こしてしまった相手タイラー氏役で登場していた。今回は声のみの出演だが彼は「アリー」のアソシエイトプロデューサー。次は第3シーズン17話に登場予定。
それ以前には「ER」でADだった。その後「ボストンパブリック」でも同様にチョイ役で4エピソード出演している。他には「ザ・プラクティス」「シカゴホープ」にも出ているらしい。

◆シスターヘレン .... Jessica Harper
オフィシャルサイトあり。最近は子供のための本や音楽などの活動がメインになってきているらしい。
しかしかつてはホラー映画の名作「決して一人では見ないでください、キャー!」の煽り文句で子供たちの心を恐怖のどん底に陥れた「サスペリア」のヒロイン役を演じていたのが彼女だ。最近では「マイノリティ・リポート」では予知能力を持つプリゴグの一人アガサの母親で、かつて殺害されたことで犯罪予知システム存続のキーとなるアン・ライブリー役を演じていた。
夫は20thFOXの共同経営者Tom Rothman。

◆レネの高校時代の恋人マット・グリフィン .... Richard T. Jones
「ブルックリン74分署」でクレメント・ジョンソン巡査役でレギュラー。日本では未放映だが「Judging Amy」でもブルース・ヴァンエクセル役でレギュラー出演している。
「CSI:マイアミ4」17話に登場予定。

◆貞潔を破ったシスタークリスタ .... Kellie Waymire
オフィシャルサイトあり。
「エバーウッド」第2シーズン11話「切れかかった絆」では、不妊に悩んで体外受精をブラウンに依頼してきたマクギンズ夫妻の妻ヘレン役で登場。結局夫が拒絶反応を示したために、体外受精をあきらめることになる。
「CSI:科学捜査班」21話「悪魔に魅入られた女」では、移動遊園地の乗り物に娘と一緒に乗っているとき、娘が亡くなったシングルマザーカーラ役を演じていた。一見事故に見えたが、調べるうちに再婚の邪魔となった娘を彼女自身の手で・・・。
「フレンズ 10」2話「ダブルデートは楽しい?」では、フィービーの友達のコリーン役。モニカとチャンドラーはフィービーにコリーンとビルの夫妻を養子の参考になればと紹介してもらう。コリーンのきっちりとした性格にモニカは惚れこむが、チャンドラーが彼らの子供にうっかり「君は養子だ」と口を滑らせてしまう。
「Six Feet Under」では指圧師ブレンダの客で、コールガールのメリッサ役で第2シーズンからサブレギュラー。ほかに「Xファイル」「スタートレック・エンタープライズ」など、多数に出演していた。
2003年12月6日に心臓疾患のため36歳の若さで死去。「エバーウッド」の出演(本国の放送は2004年1月)が遺作となり、エンドクレジットに追悼メッセージが出された。(2008/10/04追加)
関連記事

▶ Comment

確かに、ジャクソンのほうがずっといいですよね。
それにしてもみんな男運女運が悪いメンツばっかりのような。みんなの分の運をかっさらったアリーが、一人勝ちして最後に去っていくわけですね(^_^;)

あーNewビリー・・・マッチョマン♪の時のあまりイケてない裸が網膜に焼き付いて即思い浮かんでしまいます。
レネといいジョージアといい、普通の人ほど幸せになれないドラマなのかも(^_^;)

リンちゃんこれから優しくなりますよね。
でも反面もっとキョーレツにもなるのが楽しみで。
2006.04.21 17:59 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
レネのカレとしては、Season4で出てくるジャクソンの方がずっとかっこいい!(でもあのヒト結局リンだからレネはかなりかわいそうだけど、本当はレネの方が合ってたな~って気がする)
確かにビリーはそろそろ...って頃ですね。あとはブリーチしたNew Billyになるだけだ!
リンちゃん、あんな風だから時々みせるちょっとしたやさしさがとーってもいいですよね
2006.04.21 10:44 | URL | モエ #79D/WHSg [edit]
リンは「アニマルな感じで」とか演技の注文つけられてるんでしょうかね(^_^;)
アリーはまた、まさにケロロなんですよね~。スタッフもよくわかって遊んでるなって感じで。

>レネと違って何でも自分の話にしちゃうし。
確かに(^_^;)
初期の頃、ジョージアかエレインにそういわれて嫌われてましたっけね。
あそこからよく友情が芽生えたもんだと。

>そいつビリー以下だよぉ!!
まったくです!!
2006.04.20 19:17 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
リンちゃんの初ガルル!で、皆がビクっと後ずさりするシーンが素敵です☆
って、オンエア見て効果音付いてたらビックリだけど、ルーシーさん本人はどう思っているのかしら?
その後のアリーのにらみにはケロロ♪が、つくけど、それの方が本人にはショックだろうな…(^∀^;

この回は「レネなのに!何でそんなわかりきった失敗をまたしようとするの!?レネなのに!」って思ったんですよねぇ…。
そっか、アリーのせいか(違)。
アリー偉そう?そいえば偉そうだけど…。うぅ~ん…でもまあ何があっても「アタシだから」の人で、基本的に馬鹿だからなあ(笑)、真面目に話聞いちゃあイケナイ。レネと違って何でも自分の話にしちゃうし。
っつーか、あぁ…レネ…。「アタシにとってのビリー」って、そいつビリー以下だよぉ!!
2006.04.19 23:56 | URL | それいゆ #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/250-1023b00f

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。