スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FBI~失踪者を追え!2 第7話「夢の国 アメリカ」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 18.2006 FBI~失踪者を追え 9 comments 0 trackback
【 失踪者 : ネルソン・ロドリゲス 】
FBI着手:失踪2時間後

路上で空き缶や瓶を集めていた少年が、車に無理やり乗せられて連れ去られたという通報があり、ジャックたちが出動することに。しかし目撃情報はどれも曖昧な上に両親が名乗り出ないので、そもそも身元が誰だかわからない。
不法滞在者の多い地域でもあり、両親は強制送還を恐れて通報しないのではないかと考えられたため、不法滞在がらみのギャングの犯罪から性犯罪者とあらゆる角度から捜査を開始。ジャックはウォーカー神父(第2シーズン2話「聖職への道」)の教会に協力を仰ぐ。
地域の学校の生徒だったことからやっと身元が移民の子弟ネルソン・ロドリゲスと判明する。教師やヤミ私書箱の男の証言から、ネルソンは最近不穏な行動をとっていたことがわかる。

母親の仕事先を見つけるが、母親も怯えて逃げる有様。やっとのところで説得に成功するが、最近出所のわからない金を持っていたりと、母親のアナもネルソンは違法行為にかかわっていたのではないかという疑問を持っていた。
一家と同じ階に性犯罪者が越してきていたことがわかるが、彼はネルソンとネルソンの兄テオが男に脅されていたことを証言し、事件への関与を否定する。しかしテオは事実を隠して言い逃れをするばかり。

そんな中、ネルソンと特徴が似た少年の遺体が発見される・・・・

----------------------------------------------------

「CSI:マイアミ2」4話「餌食」で、白人の富裕な一家の少女が失踪したらマスコミも警察も大騒ぎなのに、ヒスパニック移民の家の娘が行方不明になっても、警察はまったく動いてくれない、という話があった。今回はちゃんとFBIが動いていることに感心したり。
でもアルベルトについては警察が動かなかったものだから、マーティンがアルベルトの両親に、警察もFBIも一緒くたにしてなじられていたわけだ。
それでも不法滞在者では子供が拉致されても警察に届けることもできず、耳をそがれても泣き寝入りをしなければいけない人々がたくさんいるのだろう。被害者の子供たちは満足な教育も受けられず、しかもギャングに体を傷つけられたゆえにまっとうな職にも就けず・・・・
そこにさらにギャングがつけいり、はびこる温床を生むという悪循環になるわけだ。

もはや、アメリカはその病巣が相当進行していて、かなり深刻なことになっている。マンデルの店やスモールズの店で売られていたのは、正規の流通に乗らない中古品なわけで、しかも盗品くずれだったりするし。経済の敵、法律の敵であったりもするのだ。移民の子供たちがカワイソーというセンチメンタルな話では片付かないものがある。
「いい子」のネルソンでさえ、大金を作ろうとあっさり人の金に手を出してしまう。少年売春も簡単にありそうな環境だし、先生に売りつけた帽子だって母親の工場から持ち出した盗品だろう。犯罪が日常なのだ。
それでも、テオの心に届いたであろう「自分の力で人生を変えよう」というダニーのメッセージは、救いであり光明となっていたように思う。テオやネルソンがまっとに「人生をリセット」できますように。

ダニーはテオやネルソンに、かつての自分を見る思いだったわけで・・・・手に取るように、移民の町の少年たちとそれを取り巻く環境、ギャングのやり口を身をもって知っていた。
でも、一方マーティンは・・・・
「甘いね、君は」
とダニーに鼻で笑われるようなスィートさ。お坊ちゃまゆえか。そしてそんなマーティンに容赦なく突きつけられるディープな現実。
そして、発砲。

サマンサの「心の傷」は、実はさほど心配していなかった。なぜなら元となった事件が、サマンサの過失で起こったわけではないから。それに隠していることもなかったし。
しかし今回のマーティンの場合はちょっと深刻だと思う。
よほど前回の資格審査室のねっとりした責めがこたえていたのか、あのヴィヴがことの隠蔽を図ってしまった。ジャックに報告したことに嘘はついていない。でも本当のことを報告したわけではない。マーティンが発砲した肝心の部分、感情の発露がトリガーとなったことを伏せて報告してしまったので、マーティンはかえってそれを誰かに相談することが出来なくなってしまったわけだ。
もし正直に報告していたら、それはもう大問題にされてチームからはずされることは間違いないわけだが、今回の隠蔽がマーティンの心に及ぼした影響はかなり心配だとおもう。
ジャックがまったくマーティンの心の傷に気づいていない・・・・自分のことで精一杯だったから。
これで、ジャックが神父に話しをした後で、ある程度自分に余裕が出来てからだったら、多少は違ったのかもしれないが・・・・色んな意味でタイミングが悪かったように思う。

がんばれマーティン・・・サマンサの誘いなんてずっと断ってもいいから、でもほかの誰かにちゃんと話して立ち直ってほしい。

今回、あんまり笑い&ツッコミポイントがなかったが、ベンツのウィンドウがぴーっと下がったらダニー、っていうのはかっこよかったですね・・・
ダニーファンにとっては、最後の少年のようにロリポップ買って買えるダニーのあたりまで、結構こたえられない場面が多かったのでは?マーティンファンにはちょっとつらいエピだったかな。
ジャックファンにとっては・・・・なんか、髪型が微妙


【 使 用 楽 曲 】

☆ ネルソン誘拐場面
冒頭の雑踏に流れるラテンの曲は、Kinkyの「ATLAS」から2曲目の「The Headphonist」
Atlas

☆ ネルソン帰還場面
終盤ネルソンが家族と抱き合い、ダニーとテオが握手するところの曲は、Mojave 3の「Spoon and Rafter」から1曲目の「Bluebird of Happiness」。
Spoon and Rafter


【 脇俳優チェック 】


◆アルベルトの母 .... Karina Arroyave
耳を削がれて遺体となって発見されたアルベルト少年の母。
「24」第1シーズンで、CTUのLA支局の情報分析技術官ジェイミー・ファレル役を演じていた。ウォルシュ長官の推薦でCTUに派遣されたキレもののプログラマーでシングルマザーだが、実は・・・。
他に「シカゴホープ」「ザ・プラクティス」などにゲスト出演あり。

◆ネルソンの父 .... David Barrera
「CSI:NY」6話「外れた男」では、カフェの店員が全員殺された事件で、カフェの女性店長オクタビアの弟ホセ役で登場していた。
「ER ?」4話「男らしく歩こう」で、マラリアの予防薬のせいで目に異常が起こっている軍人フェリックス役。ガラントに対してお気楽だと当てこすりを言うが、ガラントは医者として毅然と対処する。
「NYPDブルー」では第5シーズンから散発的にカレーラス医師役で登場している。また「ザ・ホワイトハウス6」からレギュラーで登場するらしいマシュー・サントス上院議員の兄弟の役で、第7シーズン10話に登場する。
「ザッツ・ライフ~リディアの人生ゲーム」ではサンチェス役で5エピソード登場。他には「24」5話など。

◆ニット工場の工場長 .... Michael Bunin
「CSI:3」1話「ギャンブラーの切り札」で、カジノのバーテンダーの役で登場していた。これは、カジノのバーにおいてオーダーがコンピューター管理されているという場面の説明になっており、グリッソムがためしに酒を一杯オーダーしてみて、バーテンにそのまま奢ってあげるのだった。

◆性犯罪の前科持ちの男 .... William Francis McGuire
ネルソン一家と同じフロアに越してきたが、ミーガン法を遵守していなかったため咎められる。
オフィシャルサイトあり。「NYPDブルー」や「デイ・アフター・トゥモロー」に出演している場面が動画で確認できる。
「ER ?」19話「緊急事態」では、木から落下して人工呼吸器をつける状態になった男の子の父親役を演じていた。すでに脳死状態なので、両親は呼吸器をはずすという苦渋の選択をする。
その他「ザ・プラクティス」「チャームド 魔女三姉妹」など。

◆ヤミ私書箱兼電器屋主人マンデル .... Peter Michael Goetz
「ザ・ホワイトハウス2」21話「突然の悲劇」にテレビ局の重役ポール・ハケット役で登場。大統領の「健康問題」について発表しなければいけなくなったため、CJはハケットに頼んで発表の時間を放送に組み込んでもらおうとするのだった。
「ツインピークス」では、劇中にパロディ的ソープオペラとして存在していた「愛の招待状」の中で、ジャレッド役で登場していた。
「ザ・プラクティス5」では精神分析医のマーフィー医師として4話ほど出演など、出演作多数。
映画では「花嫁のパパ」の1と2、「キングコング2」などに出演。

◆人質の少女 .... Annie Gonzalez
マーティンに発見された、耳を削がれレイズによって閉じ込められていた少女。
JammXKidsという子供たちのダンスグループ番組の一員に出演し、ドラマ出演はこれが初めて。「JammXKids」では、「ジョーイ2」でジョーイが撮影しているブラッカイマー映画のわがまま子役ケニーのBobbe' J. Thompsonも一緒のメンバーだ。
HPを見てみるとわかるが、ピチピチと健康そうなおじょうちゃんだ。

◆遺体の少年アルベルト .... Eddy Martin
オフィシャルサイトあり。少年趣味な感じの写真を集めたサイトを発見。うーむ、なかなかかわいい。42番と48番がイイですね。でも今はこれより育っちゃって顔が長くなってるのが残念。
上の写真は「The Maldonado Miracle」出演時の写真。「The Maldonado Miracle」は、映画「フリーダ」の女優サルマ・ハエックが初演出したTV映画で、デイタイムエミー賞演出賞を獲得している。血の涙を流すキリスト像に揺れる小さな町の話で、主演はコロンボのピーター・フォーク。
DVDはリージョン1しか出ていないが、洋書で出ている原作(ノベライズかな)には、Eddyの写真が表紙になっている。
The Maldonado Miracle

◆修理工場のスモールズ .... Michael Olifiers
元NY市警の警察官だったが、勤務中に重傷を負って早期退職、スカウトされて俳優の道に。
そのため「NYPDブルー」「堕ちた弁護士 ニック・フォーリン」などで警官の役でそれぞれ数話ずつ出演している。映画にも「ブルース・オールマイティ」に出演。

◆ネルソンの兄テオ .... Jeremy Ray Valdez
「CSI:NY」18話「狙われた委員会」では、乗せた女性客が車を降ろした直後に襲われて、それを助けようとして命を落とした白タク運転手フェルナンドの息子アントニオ役を演じていた。アントニオに父親の死を知らせに行って、白タクにいい思い出のないダニーが冷たい感情をアントニオにぶつけてしまい、エイデンに怒られた。最後に事件の真相が明らかになってダニーとアントニオは和解する。
「CSI:マイアミ2」13話「満月の惨劇」では、キューバから難民としてやってきて、援助団体のかいなく移民局に拘束されていた青年カルロス役。「ザ・シールド3」2話「チームの結束」では襲撃された車に同乗していて、一人だけ生き残った少年エステヴァン役を演じていた。
現在NHKBSで放送中の「ER XI」の16話と19話にロベルト・ロザレス役で登場する予定。

◆誘拐された少年ネルソン .... J.R. Villarreal
「コールドケース」第1シーズン22話「プラン」で、親がもてあました子供を送り込むウィルクス兵学校の生徒の一人で出演していた。冒頭回想シーンで水泳のしごき訓練シーンで少年が溺れそうになる場面で出てきている。
順番としては「コールドケース」のほうが一年後。

◆マーティンに撃たれた金貸しフランコ・レイズ .... Jose Yenque
「ザ・ディヴィジョン~5人の女刑事たち」にガブリエル・ヘレーラ役でサブレギュラー。「ER」「Xファイル」「刑事ナッシュ・ブリッジス」など、ラテン系の役での需要に幅広くこたえる俳優として出演作が多い。
ショートフィルムの「BROKEN」という映画で主役を務めているようで、そこのHPにプロフィールなどが詳しく載っている。
「CSI:マイアミ4」15話に登場予定。

◆ネルソンの母 .... Lourdes Colon
今回出てきたような移民家庭の出身で、苦しい生活を乗り越え女優に。ベネズエラのドラマなどに出演していたが、ステップアップして今回のチャンスをつかんだ。
エージェントのプロモーションページにそのあたりの苦労の軌跡が。
ラテングラミーのときの写真などを見ると、なかなか美人。
関連記事

▶ Comment

>yasishiさんへ
あそこで正確に報告すると、ヴィヴィアンの責任問題も問われかねないわけですよね。サマンサの時は、不安定なサマンサを現場に出すことについて厳格だったヴィヴが、マーティンをあの状態で勤務させ続けることの不安より、面倒の回避を選んでしまったことにちょっとびっくりしました。

>まめさんへ
もうちょっと顔が細いと田村正和風でカッチョイイのですが、ほっぺが・・・まぁあれもあれで(オヤジに甘いワタシ)
車のフロントガラスは、日本の法規でいうと、あそこに真っ黒なフィルム(透過率に規制があるんだった気が)を貼るのはもちろん禁止ですが、貼る人はいます(^_^;)。特に、「やばい車」に多い・・・中からは見えるらしいですが。もちろんそれだと車検は通りませんので、車検の時にはなんとかするんでしょうが。
車検ががっちり厳しい日本ですら、やっちゃう人がいるくらいなので、まして車検がないアメリカならアリでしょう。

>がろとさんへ
コールドケース以外、全部のブラッカイマードラマで内務調査局が動いてる気がします(^_^;)
刑事や捜査官がはみ出し捜査をしたり、人の子としての心の揺らぎがあったりするところにドラマが発生するっていうパターンなんでしょうが、あまりに多すぎると警察不信を生まないのかなぁ・・・
まぁ、そんな段階はとうに通り過ぎてるのがアメリカの現状なんでしょうが(^_^;)
きっとマーティンの行動が問題になったら、パパは「ジャックが悪いんじゃー!」と騒いで、マーティンの問題は握りつぶしにかかるんでしょうねー。

>ふみさとさんへ
ダニーファンは、キラキラと輝くダニーの瞳にやられっぱなしのエピでしたね。ジャックファンの自分はオヤジがしょぼくれていたので、ちょっと物足りないですが(^_^;)

お・・・おでん!(爆)
私は「いちご飴?チュッパチャプス?」とか思ってたのでまだ近い~(張り合ってどうする)。
マーティンの精神的不安定が今後どう物語に作用していくのか気になりますね~。
2006.05.21 15:41 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
 ダニーファンとしてはとてもおいしいエピでしたが(アメを買ったシーン。なぜこんなところでおでんを売っているんだと思ってしまったのはナイショです)、マーティン……。あんなにかっとする性格だったのかなあとちょっと意外な気が(^_^;今後どうなるんでしょう。

 シーズン2になって、ますますおもしろいですよね(^^)

 こちらからもTBさせていただきましたm(_ _)m
2006.05.20 01:13 | URL | ふみさと #79D/WHSg [edit]
お坊ちゃまにはまだまだ乗り越えるべき壁は高いのかなと思いつつ
やっぱりキレちゃまずいよねとか
キレるのはともかく殺しちゃうのは論外!
なんてつい厳しく観てしまいました。
銃の脅威も改めて感じたし。

そして曖昧な報告が上に入り
審査委員会とか内務監査とかが動くけれど
これまた信用ならないし
うーん。
(どうして最近各種ドラマ
この手のネタが多いんでしょう?)

この仕事、本当にストレス溜まりますね。
ご苦労様です。
2006.05.20 00:57 | URL | Garoto #79D/WHSg [edit]
確かに気になりました。
額がかゆそう。
いつも自分でいっぱいいっぱいのボス。
相談しにくいボス。
それでいいのか?(^^;

ひとつ突っ込み忘れてました。
ベンツあそこまで近づいて、
ダニーが運転してることに気づかないもんなのでしょうか?
まさか、フロントガラスまで黒張りしてるわけじゃないだろうに(^^;

まったく、「甘いね、キミは」に何も言い返せなくなっちゃったエピでした
早く強い捜査官になっておくれ!
2006.05.19 19:06 | URL | まめ #79D/WHSg [edit]
そうか、マーティンがどんな感情でヤツを撃ったかに触れていないのがヴィヴィアンらしくないのですね。
ただ馬鹿息子をかばってるお母ちゃんではないですね。

このチームは大丈夫なのでしょうか。
ジャックもマーティンも現場で嘔吐するタイプみたいだし。
2006.05.19 11:52 | URL | yasishi #79D/WHSg [edit]
HP見ると「おっ、なんかクソナマイキなガ・・・いやお子様だな」とか思ったり。
シットコムとかの方が似合いそうな子ですが、立派に人質の少女をやりとげてましたね。

ダニーとサマンサが工場に入っていった時の、女工さんたちの微妙な緊張感とか、細かいところで雰囲気が出てましたね。多分ネルソンのママはあの後工場じゃ働けなくなったかもしれないし、永住権とれても決して全部解決したわけじゃないとは思いますが、ああいう心優しい一家がちゃんとした生活が送れるようであってほしいですね。

うっ、助さん・・・・
そこはつっこまないでおきたかった(^_^;)
一応、ジャックの時はちょっとだけトーン落としてる感じですよね~。
2006.05.19 10:49 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
はじめまして!いつも読んでいただいてありがとうございます(^O^)
ジャックの髪型、1stでは「襟足が長い」だけだったのですが、なぜか2ndでは前髪もほつれて変な感じになってますよね(^_^;)
あの髪型、誰かに似てるような気がするのですが、あぁ誰だっけ・・・
もっとぺったり撫で付けるか、短く切ったほうが似合う気がするんですが。なぜほつれさす?といつも思ってしまいます。

ディープな話だとどうしてもツッコミポイントを探してしまいます。笑って泣いて色んなお話ができるといいですね。これからもよろしくお願いします。
2006.05.19 10:42 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
発見されるまでの間どんなにつらかっただろうと思うとつらかったです。
(HPの元気な姿をみてほっとしました)
マーティンがあそこで吐いてしまったのも無理ないというか。

子どもたちの耳を…なんてことをする人はもっとひどいこともやるだろうし、そういう目にあっても訴えるところがないなんて。。。。
子どもがいなくなっても警察にも言えないネルソンのお母さんや、言っても相手にしてもらえなかったアルベルトのお母さんの泣き顔が目に焼きついてます。

実はこの番組、最近見始めたのでまだジャックの声に違和感があります。
どうしても水戸黄門の助さんが浮かんでくるんです><
2006.05.19 02:34 | URL | エレイン #79D/WHSg [edit]
くまぷーさん、初めまして。いつも感心することしきり、
凄いブログですね。面白くて&資料的価値があって。
そう!ジャックの髪型すっごく気になりました。最初
寝起きのざんばら髪みたいで「おいおーい床屋行ったら?」次は床屋行く時間ないからポマード(ってあるのか
しら?今でも)で固めてみました、みたいな。
と、阿呆なことはおいといて、シビアなエピでしたね。
2006.05.18 23:13 | URL | atsumi #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/277-f2ea94e1

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。