スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FBI~失踪者を追え!2 第12話「心の中の世界」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 22.2006 FBI~失踪者を追え 8 comments 0 trackback
【 失踪者 : ジョー・ギブソン 】
FBI着手:失踪10時間後

ボランティア弁護士のジョー・ギブソンが失踪したと届けられた。
車が乗り捨てられていた近くの駐車場の管理人が、青ざめて逃げる彼を目撃しており、すぐ近くから銃弾も発見された。仕事柄危険だったり恨みを買ったりしていたのではないかと考えられた。
大家によると3週間くらい前から神経質にセキュリティを気にするようになり、鍵を増やしたりしていた。窓には害虫駆除のためか目ばりがされてあり、バットまで置いてあった。電話で大声で言い争う声があり、「ピーターソンに言ってくれ」「こんなはずじゃなかった」などと言い、何か様子がおかしかったのだという。
ジョーの上司ホルツマンによると、ジョーは仕事熱心ではあったが、何か断りたい仕事があり悩んでいる様子ではあったらしい。

ところが、ジョーは家の電話も携帯も解約しており、家では電話ができないことがわかった。
それに現場の銃弾から割り出された銃の持ち主ポール・ニューマンにあたったところ、彼はジョーの依頼人で、ジョーが銃を借りていったことがわかる。そして、街中のATMから20ドルずつお金を下ろすなど、ジョーの行動には常軌を逸した不審な点が見られるようになった。
家の電話が使えない事から、事務所への電話は近くの公衆電話からしていた。そこから割り出した電話の相手先からジョーは精神科にかかっており、統合失調症だったことが判明する。
ジョーの姉によると、父からの遺伝で、父はそのために自殺したのだという・・・

----------------------------------------------------

私と同じように「コールドケース」と「CSI:NY」でブラッカイマーコレクションしているひとは、多分先週の予告を見て日本語タイトル「心の中の世界」を見た時点で「あぁ、このひとは幻覚が見えてるアレですね」と察せたのではないかと思ったり。
「コールドケース」では11話「オフィーリア」とスコッティのプライベートで、「CSI:NY」では8話「三世代で終わりに」で、今回のように統合失調症を素材にしている。

だから、今回も「ピーターソン」が出てきたときに「多分いないのよそんな人」と読めてしまったが、失調症だと判明する段階が時間的に比較的早かったので、これはストーリーにまだひねりがあるだろうかと期待した。そしたらソフィー誘拐事件が追加されて、最後にちゃんとジャックがジョーに感謝するという救いのある場面が用意されていて、ほっとした。
何しろ「コールドケース」と「CSI:NY」では病気が原因で救いようのない結末になだれこんでいたので、正義感のせいで発症したものの最後にはその思いがやっと報われたという感じだ。三部作がやっとハッピーエンドで締めくくられたような。
ジョーが「親元につれて帰りたかった」のは、本当は幼かった自分自身なんだろう。親を失い、気持ちを切り捨てられるようにして故郷から引き離された幼い自分自身に、どこかアリスを重ねていたように思う。
今回の犯人は、ぜひともマイアミに連れて行ってホレイショの裁きを受けさせたい。
(いつからホレイショは少女被害犯罪専門仕事人に)

ジャックは、ジョーの姉から「父親が自殺」という話が出てきたとき、すっと顔が曇った。自分の中で整理できたとはいえ、親の自殺という話に心が傷まずにはいられなかったのだろう。
今回はジャックの憑依捜査テクに、ライトな脅しに、サムにからかわれてちょっとテレたような表情に、万感迫るものをおさえた様子に・・・ジャックがジミに色んな表情を見せていて、ジャックファンにはじわっと嬉しかった。
ほんと、この回はキャラクターはとりあえず置いといてな感じはあったのだが、行間でそれぞれの近況が見えてくるような感じがして、なかなか興味深かった感じだ。

気になったのはジャックとヴィヴで、ATMの写真を発見してきたところ。「さすがだな」「どうも」と、何かヴィヴィアンがそっけなさ過ぎるお返事。
まだ二人の間のわだかまりはとけきってないのだろうか。一応他の人のいる前では何事もなかったように捜査に集中しているのだが、二人きりになった時のあの冷え冷えとした感じのヴィヴの返しが気になった。
今後二人がちゃんと話す場面を見るまでは、ちょっと気にしておこう。

サムは、完全に元気はつらつ。浮いてるくらいに。
そこまで元気にしてなくても、と思うくらいに。
もうちょっと抑えて空気読め、と思うくらいに。(そこまでダメを出さんでも)
彼女のツッコミで、ジャックが心理学の学士をとっていることがわかったけど、「私あなたのこと詳しいから」みたいな雰囲気振りまきすぎっていうかなぁ。なんだかジャックに絡みすぎなんですよ。(えぇ、じぇらすぃです)

マーティンは相変わらずサマンサにマイペースで押しているっつーか。
「雑用でも君といればパラダイス」みたいな。
時々マーティンには聞きたくなる。「あんなのどこがイイの?」と。合わなさすぎだろう・・・・
今回は売春の元締めジミーをサマンサの前でねじ上げたりして、ちょっとポイント稼いだかな。

ダニーは・・・・だんだん頭の先端が尖ってきてる気がする。
微妙に猫ひろし
ソフィーはダニーが救出して欲しかったなぁ。
「大丈夫ダヨ、もう安心やからね」とか。
そろそろダニーメインの話が見てみたいなと思うくらい、ダニーがメインから遠ざかっている気がする。そろそろあってもいい頃、かな?


【 ト リ ビ ア 】

★ 原題「Hawks and Handsaws」
ハムレットの台詞からの引用。
「I am but mad north-north-west: when the wind is southerly, I know a hawk from a handsaw.」
この部分、福田恆存訳では「ハムレットの狂気は北々西のときにかぎるのだ。南になれば、けっこう物のけじめはつく、鷹と鷲との違いくらいはな」と訳されている。
転じて「know a hawk from a hernshaw (or a handsaw)」という慣用句が、「ものの違いがわかる」という意味で使われているらしい。

★ 今回の演出 Kevin Hooks
第1シーズン22話「911の爪跡(前編)」、「ER ?」20話「ほつれたロープ」(グリーン先生の父死去エピ)、「コールドケース」第1シーズン21話「列車」などの演出を担当。
他に「24」「Lost」「エイリアス」などで演出を担当している。


【 脇俳優チェック 】

◆ジョーの上司ホルツマンの娘ソフィー .... Saige Ryan Campbell
「堕ちた弁護士 ニック・フォーリン」第2シーズン8話「疑惑の隣人」で、姉ジェニファーの死に虐待の疑いがあったため、児童福祉局に保護されてしまった少女ミシェル役を演じていた。養母は彼女を取り返すため夫の虐待疑惑を申告まですることに。

◆ジョーの上司ナンシー・ホルツマン .... Annie Corley
「ザ・ホワイトハウス」では第1シーズン1話と第2シーズン8話に過激なキリスト教右派団体代表のメアリー・マーシュ役で登場している。ジョシュは彼女に「あなたの崇める神様は脱税でお忙しい」と言って怒らせたために問題になるが、マーシュはバートレットに逆にやり込められる。
映画「マディソン郡の橋」の冒頭、フランチェスカが息子と娘に遺品を託したことから秘められた過去の恋が明らかになるが、日記を読むことで次第に母に共感を抱くようになる娘のキャロリン役を演じている。「シービスケット」ではトビー・マグワイヤ演じるレッドの幼少時代に母親役。
他に「モンスター」「フルー・ウィリー3」など。「CSI:5」21話に登場予定。

◆売春の元締めジミー .... Andrew Fiscella
「Sex and the City」第1シーズン3話「シングルでなぜ悪い」に、シャーロットのアパートのドアマン役で登場。サマンサに誘われてついフラフラと関係を持ってしまうが、サマンサがその後連絡をくれるわけもなく、傷ついてしまう。
「CSI:NY2」3話に登場予定。

◆少女誘拐容疑のフレッド・ワトキンス .... David Hewlett
「スターゲイト」シリーズで、エリア51の研究をしている科学者ロドニー・マッケイ博士役。「スターゲイト SG-1」ではサブレギュラーだったが、「スターゲイト アトランティス」からはレギュラー。
「ER ?」4話「決して言わないで」で、経済的に行き詰った家族のために事故に見せかけて木の枝で腹部を貫き、延命拒否で死亡した患者役で登場していた。

◆娼婦アリス .... Jenna Lamia
「OZ」の第4シーズンに、シリンガーの息子ハンクの妻を名乗るキャリー役で登場。ハンクの死を知って産気づき出産。シリンガーは孫に喜ぶが・・・・

◆ジョーの精神科の主治医 .... Robert Lipton
60年代からテレビの脇役で活躍し、「ベン・ケイシー」「アイアンサイド」などに出演。
「ツイン・ピークス」でダイナーのオーナーノーマ役を演じていたPeggy Liptonの兄。Peggy LiptonはQuincy Jonesと結婚しており、Peggyの娘Rashida Jones(「ボストン・パブリック」の校長秘書ルイーザ役)はじめ芸能一族だ。

◆ジョーの姉 .... Kathryn Meisle
「CSI:マイアミ3」12話「ER襲撃」で、ウルフがERにいた赤ちゃんから証拠採取をした時、児童虐待の恐れがあると判断した件で、赤ちゃんの本当の母親シーボーン夫人役で登場していた。彼女が育児をシッター任せでネグレクト状態だったため危機感を抱いたシッターが暴走したのだった。
ドラマでは「Oz」でロックウェル役など。トニー賞にノミネートされるなど舞台でも活躍している。

◆失踪弁護士ジョー・ギブソン .... Jerry O'Connell
11歳の時に「スタンド・バイ・ミー」の太ってとろい少年バーン役でデビュー。大学卒業後に演技活動を本格化させ、「ザ・エージェント」「スクリーム2」「ミッション・トゥ・マーズ」などに出演。
現在は、日本だとFOXlifeHDで放送の「女検死医ジョーダン」にウッディー・ホイト刑事役でレギュラー出演。ブラッカイマー作品としては「カンガルー・ジャック」に主演している。
マライア・キャリーの「Heartbreaker」のMVに出演していて、ポップコーンやジュースをぶっ掛けられる浮気男、という役まわりらしい。
弟の俳優Charlie O'Connellとは、非常に仲がいいようで、何かというと二人で肩を組んだりしてる写真がいっぱいある。また、お互いのレギュラー作品には必ずゲスト出演したり。
今回弟のCharlieはクレジットなしでゲスト出演しているらしい。TV.comの情報では「病院で二人の弁護士がいる場面」とあるが、それはカットされてるのか、それともジョーがパペットマペット状態になってる場面にCGではなく弟を使ってるのかのどちらかだろう。

◆ジョーが逃げているのを目撃した駐車場係 .... Nicolas Roye
「CSI:4」10話「歪んだ果実」で、新婚妻のもとに元夫が訪ねてきて今夫とモメてる最中に急死した事件(結局いわれのない流れ弾に当たって死亡したのだが)で、訪ねてきた元夫トッド役で登場。
その他「マルコム in the Middle」 「シカゴホープ」など。

◆情報屋デイヴ・サントラム .... David Warshofsky
「フレンズ 6」18話「ロスと教え子の禁じられた恋」で、レイチェルの不始末でフィービーと同居の部屋を火事にしてしまったとき、かけつけてきた消防士の一人で登場。レイチェルにヘアアイロンのことを問い詰める方、かな。
「GI・ジェーン」ではしごき教官役を演じている。

◆精神科医 .... Debra Wilson
ジョーが収容された方の病院で、ジャックの尋問を悪い間でぶった切ってしまった女医。
「MadTV」で95~03年の間レギュラーで、日本のFOXチャンネルでリピート放送されてる範囲ではほぼ全回彼女を見ることができる。ホイットニー・ヒューストンやティナ・ターナーなどの物真似もうまく、特定の持ちネタキャラがあるわけではないがなんでも器用にこなすオールマイティコメディエンヌ。コーナーでは「最後の手段」の司会役でキツーくかましている。
「CSI:4」16話「向こうの世界を見た女」で、ストリートで聞き込みをしているウォリックに絡んできた娼婦ディヴァイン役で登場。第5シーズン19話にもディヴァイン役で再登場予定。
関連記事

▶ Comment

>Suzy12さんへ
あの娼婦のアリスがからんできたことで、かなりわかりにくくなった感じがしますね(^_^;)あそこはなくてもよかったかなぁ。
ダニー猫ひろしはちょっと波紋を呼んでしまった気が・・・(^_^;)来週は頭のてっぺんがとがってないことを祈ります。
後からもう一度見てみましたが、両方牛くんに見えますよねー。

>れのさんへ
ツインピークスのダイナーのオーナーは、ちょっとゴツめのおばちゃ・・・いやお姉さんで、保安官といい仲だったのだけど、夫が出所してきたっていう役だったですね。
「デンジャラスビューティ2」、録画はしたもののまだ見てないんですよね~~。違った顔のエンリケが楽しみなんですが・・・

>josetangelさんへ
David Hewlettうまかったですね!
フレッド・ワトキンスについてはジョーの口から前もって色々語られてたわけですが、ほんとに警察に尋問されても顔色一つ変えずにしれっと嘘をつく少女マニアの犯人を淡々とうまく演じてたと思います。ああいう地味なことをやらせてもきちんとできる俳優が脇を固めてるという安心感が、このドラマの味になってる感じです。
私の個人的なチェックはMadTVレギュラーのDebra Wilsonでした。彼女の場合は、まじめにやってても妙におかしいのでマイナス(^_^;)
2006.06.27 03:38 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
>まめさんへ
ハムレットの狂気とかぶせてあるんでしょうね。
色々細かく引用されると難しいです。
マーティンの髪型とジャックの髪型に慣れてきたと思ったら、ダニーの髪型が(^_^;)
なんでしょう、どことなく変ですよね!

>Snowdrops-Fairyさんへ
腹筋大丈夫ですか(^_^;)
ダニーには正統派関西系漫才師への道を歩んで欲しいと思っていたのですが(え?)、髪型でつい別路線にいってしまったようです。
でも、ダニーに「にゃー!」とかやってみてほしいとおもってしまいました。だめでしょうか。

>がろとさんへ
「Sliders」では二人ともレギュラーですね~。
これも、兄ちゃんが先にレギュラーとってたところに弟が呼ばれてますね。
兄弟とも俳優、ってのはあまり珍しくないですが、ここまで仲がいいのはそんなにいないような気がするんですよねぇ。プレミア試写会とか、恋人や妻じゃなくて兄弟で写真に写ってるの多すぎですよ(^_^;)
2006.06.27 03:27 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
「違いの分かるボス」ジャック、という感じでしたね。証拠や証言から物事の真相をくみ取っていく能力が彼でなければできなかった。悲劇をモチーフにしていても、救いがあったのが良かったですね。
ところで、今回の個人的チェックところはゲストのDavid Hewlettです。スターゲイトファンにはおなじみの人なのですが、いつもの科学オタクぶりとはちがう空恐ろしさが感じられて、やはり上手い人だなと思いました。
2006.06.25 18:48 | URL | josetangel #79D/WHSg [edit]
脇役俳優知識、すごいっす・・・。
Jerry O\'Connellだけかろうじてわかりました。「スタンド・バイ・ミー」のDVDに現在の姿でのインタビューが入っていたから顔を覚えてたけど、そうじゃなかったら全くわからんかったです。
「ツインピークス」見てたけどなあ。ダイナーって、メッチェン・アミックがウェイトレスのバイトしてた店ですよね。オーナー、どんな人だっけか・・・。

ジャックも素敵だし、マーティンも(ウィリアム・カット似で←まだ言ってます)かっこいいけど、ダニーメインのエピソードはまだー?
猫ひろし頭だってかまわないから早く見たいっ!(笑)
WOWOWで放送していた「デンジャラス・ビューティー2」、サンドラ・ブロックの顔が苦手なんですが、エンリケ君が出演してるのでガマンして見ました。
FBIラスベガス支部のダメダメ捜査官役だったエンリケ君。WATの勇敢で要領よくて駆け引き上手なダニーとは真逆のキャラで大笑いしました。
2006.06.25 15:10 | URL | れの #79D/WHSg [edit]
今回ちょっと眠気と闘いながら見ていたら、
娼婦のおねーちゃんなんで出てきたの?とか
登場人物の名前がごっちゃになってしまい
もう一度見ました。いつも以上に過去がわかるに
つれ混乱してしまいました。

何よりしばらくダニーが猫ひろしにしか見えなく
なりそうです(笑)
Jerry O\'Connellと弟君どっちがウシ君でかえる君
なのかチェックしてみます。
2006.06.24 23:49 | URL | suzy12 #79D/WHSg [edit]
すっかりジョーに混乱させられてましたが
随所に奥深いものがあったんですね。
そしてハムレットでしたか・・・
また私の頭ではついていけない世界です(泣)

ジェリーのよく似ている弟
どこかで観た覚えがあります。
Slidersでセットでいたのかなぁ?
今回も弟つきで出演してたとは
ビックリしました。

TBありがとうございます。
こちらからもTBさせていただきます。
2006.06.24 20:07 | URL | Garoto #79D/WHSg [edit]
くまぷーさん、こんにちは。

あのサブタイトル、気になって「調べよう・・・。」と思っている矢先のトリビア、ありがとうございます!
ハムレット・・・、全く忘れておりました。

>「物の違いが分かる」

なるほど・・・。
でも、主人公が精神を病む(病んだ振りをする)、親の死、などと言う共通点もあったりして、興味深いです。

そんな含蓄あるお言葉と同じくらい嬉しいくまぷーさんのとどめの一言に、撃沈しました。
猫ひろし・・・。
「グフッ!」って変な音がしましたよ。
笑いをこらえすぎました・・・。

TBさせていただきます。
2006.06.23 23:23 | URL | Snowdrops-Fairy #79D/WHSg [edit]
くまぷーさん、さすが!と何度もうなってしまいました。
タイトルは、さっぱりわからなかったのですが、ハムレットでしたか。
ものの違いがわかる・・・奥が深いですね~
そして、ジャックの心理まで考えてなかったです(^^;
そうですよねぇ、ジャックも自殺した親を持つ気持ちがわかるんですね。
だからこそ、簡単に憑依できちゃったわけですね
そして、ジャックとヴィヴの会話も。
私も頭にメモっておこう

・・・猫ひろしって・・・・( ̄▽ ̄メ)
2006.06.23 21:05 | URL | まめ #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/286-6330078b

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。