スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FBI~失踪者を追え!2 第14話「ジェシカの真実」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 07.2006 FBI~失踪者を追え 5 comments 0 trackback
【 失踪者 : ジェシカ・プリンス 】
FBI着手:失踪33時間後

元警官で、現在は保釈保証人のジェシカ(ジェシー)・プリンスが失踪し、最後に彼女が向かったはずの場所=逃亡保釈犯ボブの家は銃撃の痕があった。そして彼女の車は襲撃され大量の血痕を残した状態で発見された。
ジャックはジェシーとかつて一緒に仕事をしたことがあり、FBIにスカウトしようとしたほどの優秀な警官だったが、彼女は母の病気を理由に警察を辞めていた。
ボブの家に一緒に行くはずだった保釈保証人の同僚ベアーは「警察に戻りたがっていて、彼氏にも未練がある様子で、このところ心ここにあらずだった」と語る。ベアーを連れて行かなかったことは、何か油断があったのだろうと・・・・
ジェシーにはマーク・ケイシーという同僚の恋人がいたが、警察をやめる前別れていた。二週間前に同僚デイルが殉職したので葬儀で会ったきりで、自分とも別れ職場も辞めたことでみんなと付き合いにくそうだったという。

ところが失踪当夜、彼女が情報を得て会いに行ったボブについては嘘の情報だったことが判明。
また、ジェシーは証拠の捏造で不当逮捕を行った疑いで内部調査局に告発されていたり、逮捕した容疑者に恨まれて脅迫状をもらっていたりと、恨みを買うことが色々あったことが次第に明らかになる。
そこで脅迫状を送ったデュエイン・ミッチェルに事情を聞くために家を訪ねると、デュエインの部屋にいたのはなぜかベアーだった。少し前にジェシーの母にジェシー本人から連絡があり、ベアーが様子を見に来たのだという。
デュエインの部屋には大量の血痕と、傷を治療したような状態が残されていた・・・・

----------------------------------------------------

普段、「映像で見せずに台詞で説明する」ドラマや映画はイマイチ、とか思ってるが、台詞より行間で説明されるエピソードというのもなかなかしんどい。
今回のエピソード、かなりわかりにくかった。人物が多くて錯綜してるのが一番の難だったかも。

ジャックの暴走以外にはキャラクターポイントが少なかったので(あ、ボブを追い詰めた時の女子二人のキタナイものを見るような視線の逸らし方は秀逸でした)、多分こういう話なんだよね?という「行間埋め」の作業をしてみようっと。

・以前から分署内部には汚職がはびこっていて、マルケニー、ブレット、ケイシーの三人
 がそれにかかわっていた。
・ジェシーの性格上知られたら騒がれるのはわかっていたので、あらかじめジェシーの立
 場をつぶすことを計画。
・ジェシーと一緒に出動したキーナン逮捕の時に、三人の誰かがダミーの銃を仕込んだ。
 それによってジェシーはキーナンに告発され、ジェシーは内部調査から目をつけられた。
 つまり今後ジェシーが何を言おうと警察内部では信用度ゼロになり、汚職暴露も不可に。
・しかし本気で内部調査に掘り下げられるとまずいので、全員でジェシーの無実を主張。
 キーナン(本人じゃなく弁護士とか)にも何がしかつかませて訴えを取り下げさせた。
・一方デイルは、もしかしたら関わっていたが抜けようとした、もしくは関わっていなか
 ったが汚職を知った。ジェシーが辞めなければ次は命が危ないと悟り、休職を勧める。
・三人はデイルが邪魔な存在になったことを知り、ショーン・パーセルの摘発を使ってデイ
 ルを殺害。パーセルも殺すつもりが逃亡される。
・デイルの死の状況(犯人確保時に背後から撃たれていること)から、ジェシーは不審に感
 じて調べ始め、仲間の一味とは知らずにケイシーに相談。
・ケイシーは仲間に報告。それまでも「ジェシーは殺さなくてもいいだろう」と庇ってきた
 けれども、さすがに「かばったがかばいきれなかった」わけで、ジェシーの殺害が決定。
・三人はジェシーの担当を調べ、ジェシーが警戒しないでやってくるような保釈中の容疑者
 ボブを選び、ボブの動向を調べて、ボブ不在の時を選んでジェシー母に嘘の情報を流し、
 ジェシーを呼び出す。

・・・・そして冒頭の銃撃のシーンに至る、と。こんな感じっすか?
あくまでも推測だけど。

キーナンの訴えが簡単に取り下げられたこととか、デイルが「政治的なからみも」「他の分署に転属願いを出せ」と言ってるところを見ると、かなり汚職は分署全体に広がる構造的なものだったのではないか。三人だけの力でここまではできないようにも思う。
もともとジェシーは一本気な正義漢溢れるタイプの警官だったので、汚職蔓延の分署内では扱いづらい存在だったために生贄にされた、みたいな経緯なのかも。

つーか、ここまで埋めないと通らない話って、面白い通り越してちとつらい。
次回が評価の高いエピソードなのは、この実験的なエピのせいでかえって評判が上がったとか?

暴走してるジャックのケダモノのような目が怖かったなぁ・・・
あともうひとつ言えることは・・・・裸のボブにピンクのローブを貸すはめになった上の階のおばさんは災難だったなぁと。二人ともコートを貸すのはよほどイヤだったんだね。


【 脇俳優チェック 】

◆元警官の失踪者ジェシー・プリンス .... Susan Misner
「CSI:2」23話「哀しい宿命」で、モデルのアシュリー・ジェームスが美を保つために追い詰められて死亡するが、彼女の前にモデルをやっていた姉のキャシー役を演じていた。モデルであり続けるために精神的に追い詰められ、次第にドラッグでぼろぼろになりやがてホームレスに身を落とす役柄。
「CSI:マイアミ2」21話「不倫の方程式」被害者と犬猿の仲だったジェフの妻へディ
今後捜査官としての活躍があるのかと思ったら、第3シーズン22話に再び登場するようだ。
映画「シカゴ」では、独房のタンゴの女囚の一人リズ役。つぶやきは「pop」で一番最初に歌う。彼氏のバーニーがチューインガムを膨らませてパチンとやるのが気に障って、次にやったら殺すと言ったのにやったので、頭をぶち抜いた、と。

◆元カージャック犯デュウェイン .... Laz Alonso
ジェシーに脅迫状を出したが改悛し、協力して銃弾の摘出をした男。
「CSI:マイアミ3」2話「極悪弁護人」で起業家デニス・ドゥ・ラベク、通称デューデュー役を演じていた。セレブなビーチの豪邸でパーティをしている最中にボートから機銃掃射されて、息子が犯人を目撃したために不幸の連鎖に巻き込まれる。
映画「コンスタンティン」などに出演他、ドラマでは「ザ・プラクティス」「プロビデンス」などにゲスト。
「BONES」の6話に登場予定。

◆ジェシーの元彼マーク・ケイシー .... Michael Cudlitz
オフィシャルサイトあり。「CSI:2」9話「裏切りの逃亡者」で、タミー・フェルトンの二度目の事件でタミーに篭絡されてしまった保安官ウィリアム・スペンサーを演じていた。
「CSI:マイアミ3」16話「エバーグレーズ炎上」でも保安官役でホレイショに事件について報告している場面で登場していた。
「バンド・オブ・ブラザース」ではくわえたばこのデンバー・”ブル”・ランドルマン役。
「ビバリーヒルズ青春白書」では第3シーズン終盤にアメフト部男子トニー・ミラーで登場。ブレンダをお別れパーティに誘うがふられてしまったり。「24 ?」ではCTUエージェントのリック・フィリップス。
「CSI:NY2」19話に登場予定。今回のジェシーのSusan Misnerと同じ第3シーズンの22話に再登場するようだ。お互い今回と名前が違うが、別の役なのか、今回の続きなのか・・・

◆殉職警官デイル .... Chuma Hunter-Gault
「CSI:マイアミ」第1シーズン19話「プールサイドの処刑」で、ホテルのプールサイドで女性の射殺体を発見したために、手の発射残渣を確認されるなどライトに容疑をかけられてしまったホテルマン役で登場していた。
「コールドケース」7話「ドラッグクィーン」でもバーのバーテンダー役など、ちょこちょこ色んなドラマでの出演がある。「デスパレートな妻たち2」19話に登場予定。

◆調査員仲間ベア .... Larry Joshua
「CSI:5」4話「鏡よ鏡」で、シロアリ駆除の最中に泥棒を目撃したせいで殺された被害者ベックマンを助けようとして、助けきれずに倒れて病院に担ぎ込まれた隣人ザック役で登場していた。
「コールドケース」23話「湖畔」で、父親に逆らえずに周囲の女の子を差し出していたウェイン・ラーキンの現在版を演じていた。この話あまりに気持ち悪かったので自分の脳内から消去されていた感じ。
「NYPDブルー」に第2シーズンから着任したバース警部役。「CSI:NY2」20話に登場予定。

◆ジェシーの母 .... Robin Pearson Rose
「グレイズアナトミー」でドクター?パトリシア役で第1シーズンの9話「彼の秘密」や、第2シーズンでは7エピソードに出演している。第1シーズン9話で性病の院内感染についての講習会を開いてバナナを使って説明していた。ほかに「ボストンパブリック3」「ER」「サンフランシスコの空の下」などにゲスト出演している。

◆不当逮捕を訴えていたキーナン .... Craig Allen Wolf
「CSI:科学捜査班」4話「不倫の果て DNAの証言」で、学生サークル入会の試練を命じたら、新入生が局部にもらってきたサインが自分の彼女のものだったからとブチ切れ、拷問に近いイジメをやって殺してしまった上級生カイル役を演じていた。
殺害を指摘されたのに「親が弁護士だから」とヘラヘラしてサラとニックを怒らせる。
関連記事

▶ Comment

>まめさんへ
一応説明はされてないわけじゃないけど、普通に見ただけじゃなかなか頭の中ですっきりこないですよねー。なんという構成なんでしょう。
WATって、エピによってかなり味も色も違ってることがありますよね。
次週は、他の方に「このシーズンでナンバーワン」と伺ったことがあって、またTV.comの評価でも一番高い点数がついてるんですよ。だから楽しみにしています。
そういえばタイトルは「ジェシカ」でしたね。
なんでだ??(^_^;)

>赤ジャージさんへ
ジャックはボスだから、一応部下の前ではぎりぎりのところで踏みとどまりますが、人目がないとあそこまで行ってしまうのですよね(^_^;)
シーズンに2回くらい違法捜査してる気が・・・
それがまたジャックの持ち味・・・かな?(^_^;)

>がろとさんへ
「CSI:NY」あたりで前哨戦やってから、続編をWATで完結させるとか。それで2時間かけてやっと内容の整理がつくくらいですよね!失踪の前の事情をあまりに膨らませて、語りつくせてなさすぎです。
しかし、職場恋愛と内部汚職はNYPDの華ですか(^_^;)
デキる女性警官を引き抜いてFBI・・・ってありなんですかねぇ。後から元同僚と仕事しにくくなりそうな気もするんですけど。
2006.07.10 02:38 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
この行間だけであと1,2話作れるのでは
というかNYODバージョンスピンオフでもやってくれないと
納得できない!と思いました。
それにしてもどうしてこんなにNYPDは非難の的になるのでしょう。
NYPDファンとして悲しいです。
TBさせていただきます。
2006.07.09 12:34 | URL | Garoto #79D/WHSg [edit]
自エピガイで突っ込もうと思ってすっかり忘れてましたが、
こちらのタイトルで思い出しました!
吹替えでジェシカをジェシーにした意図って何だったんでしょうね~
意味ない気がするんですが(^^;
2006.07.08 21:36 | URL | まめ #79D/WHSg [edit]
今回はジャックの暴走!?が強すぎて、他のメンバーが薄かったです。
捜査に私情をはさんではならないのに。
ボスだからこそ、冷静でいてほしかった。
だけど、1シーズンごとに1~2回くらいは暴走してもいいかな?
捜査官としてあるまじき行為ですが・・・。
2006.07.08 13:21 | URL | 赤ジャージ #79D/WHSg [edit]
途中からは、なぜここまで埋めなきゃならんのだ~
と思いながらエピガイ書いてしまいました(^^;
私も、わかった気にさせていただけました(^○^)
ありがとうございます♪

次週は、評判高いんですか~
皆で、このモヤモヤを吹き飛ばせますね!(笑)
2006.07.07 22:49 | URL | まめ #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/301-2005f91b

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。