スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コールドケース2 第6話 「デビルズプール」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 06.2006 コールドケース 12 comments 0 trackback
ケイトリン・ゲイザーという少女が、高級住宅街チェスナット・ヒルの通称「デビルズプール」で殺害されているのが発見された。
ケイトリンの遺体には、90年に同じ場所で殺害された少女リタ・バクスターと同じようにマジックで描かれたバツ印があった。そのマークがつけられていたことはマスコミには伏せられていたため、模倣犯ではなく同一犯の可能性が考えられた。
そんな時、ケイトリンの衣類を車に積んでいた青年をシャーマン刑事が発見、逮捕する。その青年ニールは、妹のブランディがリタと同じチェスナット・コレッジに通っていた。
ニールはケイトリンの殺害は自供するが、リタの殺害は否定。ニールの供述によって、当時リタはブランディたちによっていじめられていたが、ニールは密かにリタに思いを寄せていたことが明らかになる。
当時リタをいじめていた3人、ブランディ、アリエル、ティファニーが重い口を開き、以前は語らなかった話を語り始める。ティファニーの父とリタの母は不倫中だったために、ティファニーは何かとリタにつらく当たっていたこと、そしてブランディは自分の親から激しく虐待されていたが、それをリタに見られていたのだった・・・・

---------------------------------------------------------------

リタに大学時代を経験させてあげたかった。
実際は大学だって、夢見たほどにはそんなにすばらしいものではないかもしれないけど、それでも彼女が信じた未来を見せてあげたかった。
自転車で瞳を輝かせて走っていく少女には、確かに未来があったはずなのに。

自分も女子高だったので、あの年代の少女たちのひとかわ剥いた部分に潜むえげつなさと、それに隠されたそれぞれの心の繊細さみたいなものはよくわかる。いったんイヤと思ってしまうと、そのイヤなものに妥協するのは絶対拒否。「死んだほうがマシ」とか思ってしまうのだ。
しかもそれが集団になった時のおそろしさときたら。殿方は「女子高の先生」というものに夢を持つかもしれないが、あんなに大変なもんはないぞと思う。
4人それぞれの気持ちが少しずつわかるだけに、あの結末は言葉に表しようがない。
アリエルは、どういうつもりで医者になろうと思ったのだろうか。多少なりとも「命」に対して贖罪の気持ちがあっての選択だったのか。ところがそれがブランディに粘着される理由を作り出し、彼女をさらに追い詰める結果になるとは皮肉だ。

結局のところ、ブランディの両親がもっと子供と向き合えるようなマトモな親だったら、起こることはなかった事件なのだろう。
ブランディがただイヤなタカビー娘ではなく、兄のニールとだけは寄り添ってみせる部分があることは、ある意味救いなのだろうか。ただニールに殺害されたケイトリンの家族は、ニールが裁かれないだけにやりきれない思いだろうけれど・・・・・
そういえばラスト、スコッティはニールの病室を出た後・・・あれはやはりエリッサの元を訪ねた、という描写なんだろうなぁ。スコッティにとっては、仕事をしていればどうしてもエリッサを思い出さずにはいられないことと出会うし、元もとのかかわりが深いからつらいだろうな・・・

三人の「取調室の同窓会」は、いい味出してるなぁと思った。
見られてるってわかってても本音が出ちゃって、リリーの仕掛けた餌に一人また一人と釣り上げられていくという、「フィラデルフィアの一本釣り」。
ああいう鬼畜でトリッキーな取調べは、WATのマローンチームがよく得意技にしているが、フィラデルフィアのいけずさもなかなかのものだ。
どんどんああいうのはやっていって欲しいな。

家庭の憂さ晴らしで、テキトーな推理でやっつけ仕事やらかしているヴェラだが、ボスが眉をひそめるようになったので、そろそろわが身を振り返って・・・・マジメになっちゃったらつまらないんだけどね。
いっぺんヴェラがどん底になるのを見てみたい、なんて思うのは、いけないことでしょうか。


【 ト リ ビ ア 】

★ The sleepover
原題は「The sleepover」。これは台詞の中に出てきた「お泊り会」、つまりパジャマパーティのこと。

★ 演出はエミリオ・エステベス
今回の演出は、「ザ・ホワイトハウス」のバートレット大統領役のマーティン・シーンの長男で、チャーリー・シーンの兄、エミリオ・エステベスが演出している。今回以外に「コールドケース」では今シーズン15話を担当。
「CSI:NY」では第1シーズン18話「狙われた委員会」、22話「クローザー」が彼の演出。「堕ちた弁護士 ニック・フォーリン」では第3シーズンで3エピほど演出している。
俳優としては「ヤングガン」「セント・エルモスファイアー」などに主演するなど映画やテレビに出演作も多い。「ザ・ホワイトハウス」では回想シーンの若き日のバートレットをゲストで演じていたりしている。

で、それらを踏まえた上で・・・「お泊り会」の時に少女四人がテレビで見ていたのはエミリオ・エステベス主演の「ブレックファスト・クラブ」。85年の作品なので、90年当時にはリアルタイムにエステベスはアイドルだったと。シャレがきいてるわけですね。
ブレックファスト・クラブ


【 脇俳優チェック 】

◆アリエル少女時代版 .... Daveigh Chase
オフィシャルサイトあり。
ハリウッド版「ザ・リング」でサマラ役(つまり「貞子」役)を演じて有名になった子役ちゃん。
またディズニーアニメ「リロ&スティッチ」のリロの声をやっているのは彼女。他に声では「千と千尋の神隠し」アメリカ上映時の英語吹き替え版で千尋の声を担当している。
テレビでは、「CSI:4」21話「残酷なスリル」では、学校ではシングルマザー家庭で貧しいからといじめられた上に、母の恋人を誘惑したと母に疑われて殺されてしまう不遇な少女テッサ役を演じていた。
「ER ?」第9話「最高の贈り物」では、白血病の姉に血をあげ続ける生活を強いられ、イヤだからと隠れていたところをベントンに発見された少女テイラーを演じていた。あれがまた主治医がロマノ先生だったからなぁ・・・・。ちなみにER出演当時は10歳、CSIとコールドケースでは14歳。
現在は16歳だが、すっかりアブナイ色気を漂わせるオトナの女になりつつある。
他に「チャームド 魔女三姉妹」「ザ・プラクティス」「サブリナ」などのゲスト出演がある。

◆ニールとブランディの父ボードリー .... Nicholas Guest
70年代後半から俳優として活躍してきたが、90年代に入ってゲームやアニメの吹き替えという声の仕事が多くなっている。
兄は映画「スパイナル・タップ」で架空のバンドのドキュメンタリーもどきを作り上げたChristopher Guest。Christopherの妻は「トゥルーライズ」でシュワちゃんの奥さん役だったJamie Lee Curtisなので、この辺を基点にする芸能界一族絵巻が出来上がりまくり。

◆アリエルの兄ニール現在版 .... Frederick Koehler
「CSI:NY」第1シーズン2話「夜の獣たち」では、セントラルパークの庭師ビリー役で登場していた。先週放送になったばかりの「ER」第11シーズン18話「治療拒否」では、息子のためにハンガーストライキを行う母親に付き添うとっちゃんボウヤな弁護士役だった。
「CSI:科学捜査班」12話「逆転無罪 逆転有罪」で賭け屋のランナー(使い走り)のダニー役。客の金を使い込んで逃げたために弟が被害者になったのだった。
「OZ」ではシリンガーの息子アンドリュー役。「コールドケース2」6話に登場予定。「TAKEN」ではエイリアンとのハーフで双子の片割れレスター役。
ダメ人間の役が多い彼だが、アメリカでは任天堂ゲームボーイのCMに出てたりもするらしい。

◆ギル・シャーマン刑事 .... Kevin McCorkle
第1シーズン4話「靴下」にギル・シャーマン刑事役で登場。事件発生当時飲んだくれて荒れていたため捜査が粗くなり未解決打ち切りを発生させてしまったのだった。
その後6話「ハレー彗星」、18話「カクテル」で事件を持ち込んだり当時を語ったりする立場で出てきている。第2シーズン中は10話、後は第3シーズン5話に登場が予定されている。
「CSI:マイアミ3」2話「極悪弁護人」では密漁船の船長パイン役で登場していた。

◆4人の少女の学校の先生 .... Katie Mitchell
「アリーmyラブ」第1シーズン11話「銀の鐘」で、妻妾同居の3人の結婚を認めてほしいと訴えた弁護士のホートン夫妻の、第二夫人で弁護士のパティ・ホートン役。
「ER」では第11シーズン19話「10年前の悪夢」(8月7日放送予定)、21話「愛の決意」にシェリー役(2006/08/09追記:ホームレスばあちゃんシスターズの姪っ子。シスターズに何度も同居を持ちかけている)で登場予定。「CSI:5」23話、「BOENS」第1シーズン20話、「FBI~失踪者を追え4」7話と、今後続々と出演を見ることができる。
夫は「CSI:マイアミ」でカリーにちょっかいを出して、第3シーズン後半少しいい雰囲気になったFBI捜査官エリオット役のMichael B. Silver。(私は密かに「でかっ鼻」と呼んでいる)

◆ティファニー少女時代版 .... Ashley Rose Orr
オフィシャルサイトあり。「デスパレートな妻たち」第1シーズン11話に、ジュリーの誕生パーティに一緒にいた友達の少女。
6歳からブロードウェイの舞台に立っていたという経歴の持ち主。英語版「風の谷のナウシカ」の吹き替えで「ペジテの農民の少女」とあるので、服を脱いでナウシカの身代わりになった少女の役か。
「FBI~失踪者を追え3」20話に登場予定。

◆ブランディ少女時代版 .... Carly Schroeder
オフィシャルサイトあり。
3歳の頃から芸能活動を始め、7歳の時からABCのソープオペラ「Port Charles」のレギュラーを6年間つとめた。「ドーソンズ・クリーク」第4シーズンではジャックがコーチをしているジュニアサッカーチームの少女モリー役。モリーの姉が父兄にジャックがゲイだと言いふらし、ジャックの立場が悪くなるのだった。

◆ニールとブランディの母 .... Mary Chris Wall
「アリーmyラブ3」19話「出会いの予感」で、アリーがネット恋愛にはまったところ、実は相手は未成年で訴えられてしまうのだが、その少年クリスの母役で登場していた。
「FBI~失踪者を追え4」16話に登場予定。
関連記事

▶ Comment

応援ありがとうございます!
4の途中で録画失敗したりして停まってしまったのですが、なんとかコールドケースに関してはどこかで追いつきたいとは思っています・・・心の中では。
AXNペースでコメントも歓迎です~。よろしくお願いします。
2009.03.08 10:30 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
わざわざ訂正ありがとうございます。お手間おかけしました。
これからもブログ見ているので頑張ってください!!
まあ私が見ているのはAXNなので見た頃には今更になっていてコメントできないのですが…(笑)
2009.03.05 03:30 | URL | ひーす #79D/WHSg [edit]
お返事遅れてもうしわけございません。
情報ありがとうございます。
訂正しておきます!
2009.03.04 21:09 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
とても今更なのですが、気付いたのでコメントさせていただきます。
ブランディ少女時代版を演じたCarly Schroederはリジーの親友Miranda Sanchez役ではなくMelina Bianco役で12エピソードに出演しているそうです。
Miranda Sanchez役のLalaineもHilary Duffも好きなので・・・
2009.03.01 03:51 | URL | ひーす #79D/WHSg [edit]
>紫熊さんへ
ほんとリタが小さくて、「大学」を語るのにはまだうんと先に思えるのが、より悲しさを深めますね。あんなに小さくて・・・周囲の少女たちはすっかり大人びて、ムダに色気発散してるのに、彼女だけが子供のようなのに。
各自の思春期のトラウマをくすぐるエピになっていますが・・・そんなトラウマをほじるのがまさかエミリオとは(^_^;)。謎ですね。

>エレインさんへ
そのエミリオの説明あんまりだ(^_^;)
うちのシニーズの説明よりひどい。(うちでは「アポロ13に風疹で乗れなかった人」と言うと、相方にシニーズと通じるのです)

あぁ!パリスに似てる!そうか誰に似てるんだろうと思ってたんですが。あの系統のメイクって、なーんかムカツクんですよね。パリスのせいか。
そう、あのタオルの演出。細かいところで語りますよね。「CSI:NY」の空中狙撃はスベったなと思ってたのですが、こういう細かい心理を描く方向にエミリオの本領があるのかもしれませんね。
2006.08.15 10:15 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
「エミリオ・エステベスが好きだといってもわかってもらえなくて、「ミッション・インポッシブル」の最初エレベーターで死ぬ人っていってるの」と言ってる知人がいました(笑)

「ブレックファストクラブ」を見てたのは気がついてたんですが90年代ってもうジョン・ヒューズは「ホーム・アローンの人」になってた記憶があったので「?」になってましたが、あれはエミリオつながりだったんですね。

ブランディはパリス・ヒルトンに似てるような気がしてなんかムカムカしながら見てたんですが
水につけられてむせてるのに母親がタオルをとって娘をふかないで床をふいたときは
「あんた! それ違う!」とブランディに同情してしまったです。
あのときの母親の表情とブランディの表情…
エミリオ、うまいですね。

リタは大学生にさせてあげたかったですね。
本当に。
お母さんの受け売りとはいえ、賢くてやさしい子だったのに。。。。
時間を戻して助けてあげたかったです。

2006.08.13 02:03 | URL | エレイン #79D/WHSg [edit]
リタ役の子が、同級生の意地悪子ちゃんたちに比べて小さくて幼くて、それだけでもいじらしく感じられるのに、将来への夢を思い切り素直に描いてるあの表情
見ただけでキュンとなりました

私も子供の頃はダサダサで、早く大人になりたい!と思っていたので妙に感情移入してしまったエピソードです。

スコッティは最初に比べて、うんと深みがでましたね~
ニールへの応対とか見てたら、「このエピはスコティ抜きでは語れないな~」と思ったり

でもエミリオ、なんで男なのにこんなに思春期少女の心理に詳しいんだろ(苦笑)
2006.08.11 21:19 | URL | 紫熊 #79D/WHSg [edit]
>miyakoさんへ
みんなが持ってるものを持っていないとか、スカート丈が何センチ長いとか短いとか、誰と口を利くとか・・・後から考えるとどーでもいいことなんですけど、そのどーでもいいことに本気で命かけてしまうのがあの年代なんでしょうね。端から見てるとほんとにくだらないことなんですけどね。
リタは母親から言って貰えたからこそ、気持ちを切り替えて生きていくことが出来たけど、アリエルがリタから同じことを言われても、死刑宣告にしか響かなかったのでしょう。
色んな意味で不幸なズレでしたね・・・

>cilverさんへ
あの年代ってほんとにえげつないですからね。
リタはいくらニールとキスさせられても、いじめられてるという感覚はなかったのでしょうが、その分アリエルの気持ちに跳ね返っていたような。
リタの表情が明るければ明るいほど、悲しく切なくなりますね・・・

>k-mmths03さんへ
自分の手を汚さず、子供同士を痛めつける虐待という形もあるんですね。あまりに残酷で、それでブランディは被害者なんだけど、一面加害者として裁かれることがないという不条理も悲しいです。

>PINGEさんへ
CCとWATは、同じ素材を違った調理法で作るとどうなるかの実験を見ているような感じのところが(^_^;)
CCも1のときは最初なかなかエンジンがかからなかったので、これからリリーの心情が見えてくる時期かなーと思っています。もうすぐ妹が出てくるので、そこからがこのシーズンの本番かな、と。
2006.08.10 01:19 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
痛々しいばかりでいまひとつリリーに感情移入ができないです。
シーズン1の方が1話1話胸にしみてた気がします。
その満たされない気分を最近は「失踪者を追え」で解消している感じ…。
くまぷーさんはどうですか?
2006.08.09 17:19 | URL | PINGE #79D/WHSg [edit]
今回のストーリーは、本当に胸が痛くなってしまいました。
ブランディは自分の親から激しく虐待。何かにつけて、息子に頼み、お風呂の中に顔を入れて苦しくさせていた。
自分は手を上げていないっていうことになる。

そして、それぞれに、隠されたコンプレックス。

それが、ぶちまけられて、犯罪につながってしまった。

本当に本当に悲しい事件でした。
2006.08.09 00:33 | URL | k-mmths03 #79D/WHSg [edit]
エンディングで「ダニエラ」の回ぐらい泣きそうになりました。自転車に乗って未来への希望を見ていたようなあの屈託のない笑顔があんなしょうもない理由のせいで奪われたなんて…。自分に差し延べられた優しさを突き飛ばしたアリエルって…。自分の経験に近いものがあったので余計腹がたって,同時に悲しくなって…。

このエピって男性には理解しにくい話だったかもしれませんね。あの時期のドロドロした女の弱肉強食の世界って実際にあの状況に身をおいたことがある女性には痛いほど分かる話ですよね…。

CCには最近泣かされっぱなしで,涙腺ゆるゆるです。

TBさせていただきました。
2006.08.07 23:19 | URL | cilver #79D/WHSg [edit]
あそこで、突き飛ばす12歳の感情って。。理解出来ない。仲良しグループから外された、おまけにいじめられっ子に仲良くしようと言われて、12歳のプライドズタズタ?なのでしょうか。つるまなきゃ生きていけないなんてナンセンス。 
身内に暴力を振るう事件が多い中、心の体の傷を言えない沢山の弱い子供達。。近くの人は早く気付いてあげてほしい、と切に願うエピでした。
2006.08.07 11:37 | URL | miyako #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/315-904516b9

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。