スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSI:2 第22話「ベガス-マイアミ合同捜査」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 02.2005 CSI:科学捜査班 0 comments 0 trackback
【CASE リトル夫妻】
 現 場 :リトル家
 被害者 :元刑事部長で現在は警備会社を興したデューク・リトル
 死 因 :後頭部に銃撃
 関連人物:デュークの妻ミーナ、娘のサーシャ、リムジンドライバーのゴードン・デイムラー、
      ショーガールのティファニー、マイアミの富豪コーウィン夫妻
 担 当 :キャサリン・ウィロウズ、ウォリック・ブラウン、CSIマイアミスタッフ
 背 景 :成功者のリトル家では、各界の大物を呼んだプライベートパーティーを開催。
      その夜にデュークが殺害され、ミーナとサーシャと愛車キャデラックが行方不明。
      野球帽をかぶった男が妻子を連れて出て行くのをガードマンが目撃。
      デュークを撃った銃は警察に勤続25周年でもらった記念品で9mm弾。
      キャデラックは近くで発見されるが、トランクに男の遺体と野球帽。
      マイアミでサーシャの目撃情報があり、ウォリックとキャサリンがマイアミへ。

ウォリックとキャサリンがマイアミにかけつけると、マイアミのCSIのホレイショがサーシャを保護していた。
合同調査をすることになるが、お互いのやり方の違いで軽く火花を散らしあう。
サーシャは拘束中の車から母親によって逃がされたのだった。その時犯人が銃撃、サーシャは銃弾を拾って持っていた。
その弾はリトルを撃った弾とは異なり、マイアミでよく使われる銃のものだったので、犯人の拠点はヴェガスではなくマイアミであると判明。
サーシャは犯人が用を足している隙に逃走したので、逃走場所付近から尿のサンプルを採取。
一方ヴェガスの現場から指紋が採取されたのはティファニーというショーガールとわかる。彼女は一緒にパーティーに来ていたのはアダム・ヴァンダーベルクという男で、体臭が甘かったと証言する。
グリッソムはロビンス医師と、甘い体臭の病気は糖尿病であるとつきとめる。

この事件はFBIが追跡中の連続殺人犯と手口が一致していた。金持ちの夫婦を狙って夫を殺し妻を連れ去り、飽きたら妻も殺し次のターゲットを見つける。
しかしFBIが秘密にしていたために、ヴェガスでは事件を防げなかった。FBIとの捜査の対立が激化する。
犯人が逃走に使っていた車が川から発見される。車はキャデラックのトランクから発見された男ジェイソン・ドイルのもので、車内からミーナの遺体が。
マイアミの検視官がミーナを検死。胸と腰にラップが巻かれ、体穴のすべてが水溶性の物質で接着されているという異常な状況だった。
その水溶性の物質はハチミツで、マイアミのショーパブでは女体盛のショーにラップを巻いた女性にハチミツをかけ、それを果物につけて食べるというのが売りになっていた。
ミーナの遺体に使われていたのとショーパブのは成分が同じヌマミズキのハチミツだったが、それをリムジンドライバーのゴードン・ダイムラーが購入していた。
ゴードンは糖尿病のインスリンも購入していることがわかる。彼はリムジンのドライバーをしながら金持ちを物色していたのだ。
ホレイショは、ゴードン=アダムの次のターゲットと目されているコーウィン夫妻を救出に向かうが、すでにコーウィン夫人は殺害された後だった。
アダムはコーウィン夫妻の自家用飛行機で逃亡寸前のところを捕獲されるが、自分と富豪たちとの境界がわからなくなっている異常者だった。

キャサリンとウォリックは、マイアミの仕事を終え、主任の待つヴェガスに戻る・・・・




スピンオフのマイアミスタッフと、ヴェガスの合同捜査というクロスオーバー企画。
このクロスオーバー企画はよくあるようで、「アリー」と「プラクティス」という毛色の違ったものがクロスされたり、先週NHKでやっていたERでは無理やりスーザンをNYに飛ばして「サードウォッチ」とクロスさせていた。
マイアミの後続版CSI:NYは、マイアミとのクロスが製作されていて、今月WOWOWでその回が放送される。
ホレイショとグリッソムという比較において、断然主任好き&ゲイリー・シニーズびいきな私としては、NYとヴェガスをクロスさせて欲しかったなぁ。

主任好きなのもあるが、私はホレイショの持つ独特のぬめりがちょっと苦手。それと、女性スタッフとホレイショの距離感もちょっと。
カリーは「ザ・ホワイトハウス」のエインズリーだが、エインズリーのほうがいいなぁ。
どうもエインズリーがホレイショの足元にごろにゃんとまとわりつく子猫風に見えて、サラやキャサリンを見慣れていると「ちがくない?」って思ってしまって。

キャサリンの「証拠がすべて」とカリーの「私たちは想像するの大好き」っていう台詞で、二つのCSIの違いをアピールした格好のこの企画。
マイアミも面白そう、という風にとってもらえたら成功なのだろう。
んー、マイアミも見てみるかなぁという気には・・・・ちょっとなりましたが。

でも、やっぱり検死はロビンス先生のほうがいいっす。あの女性ドクターはちょっとこわいよー。

関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/32-71cb1083

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。