スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSI:5 第25話「CSI“12時間”の死闘 [後編]」 感想編

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 13.2006 CSI:科学捜査班 16 comments 0 trackback
わーい、タランティーノだぁ、と思っていたら、そういえばこれが終わったら5thは終わるんでしたっけ・・・ということをすっかり忘れていたようなところがあって。そうか・・・終わったんだなと、あまりにいつものシーズンより華々しかったもので、かえって実感が薄い。

前編がぎっちり詰まっていたから、後編は多分間延びして感じた人もいたのでは。
でも、それぞれの特性に合わせた見せ場が設けられていて、まるで45分かけてのカーテンコールを見せられたかのような感じだった。
特に主任の活躍が光っていて、耳が不自由だった主任だからこそできる読唇術、虫マニアだからこそヒアリを分析、そして人との距離感をとるのが苦手なのにいざという時に見せる誰よりも熱いハート・・・
ニックの救出シーンは涙なくては見られなかった。
あの時主任は上司と部下ではなく、ニックの父になっていたのだと思った。

なぜタランティーノはウォリックじゃなくニックに被害者役をやらせたのだろうと思っていたのだが、ウォリックが「俺なら耐えられない」と言っていたように、多分ニックなら最後までキレずに冷静に対処できるからということなのだろう。
それと元々主任とニックは捜査に対する考え方、捜査対象者に対する入れ込み方の志向が正反対だったのをふと連想させられた。冷静で入れ込まない主義の主任が、あそこまでアツくなるのが見られるなんて思ってもみなかった。
「部下たちを私に返してくれ」
エクリーはどう思ったのだろう、そして明けて6thになった時、CSIの組織体制はどうなっているのだろうか・・・

ニックは最後ケリーのところに会いに行ったのは、カウンセラーの勧めかなにかがあったせいなのかもしれないが、何かまだ後遺症を引きずっているような感じだった。ニックは元に戻れるのだろうか。
明るくてムードメーカーなニックにとって、今回のことが性格に大きく影を落とすことになるのではないかと心配。
ある意味、ニックとケリーは「閉じ込められて恐怖体験」という精神状態をシェアできる「同志」ということになるのかもしれない。再びケリーが登場する時、その時彼女が加害者でも被害者でもないことを祈りたい。そうでないとニックがシンクロしてしまってかわいそうなことになってしまいそうだから・・・

極端なタランティーノ色じゃなかったなーと思ってたら、最後に来てタランティーノなモルグでびっくり。ロビンス先生とデヴィッドのシニカルにしてコミカルなところが見られるなんて。こんなのってもう二度とないだろうなぁ。
かなり悪趣味ではあったが、ヒアリの毒によって引き起こされたアナフィラキシーショックが見せたものということで、ただの妄想ワールドじゃないあたり、ちゃんとCSIの世界にぎりぎり踏みとどまりつつ独自色を出していたように思った。
でも、あのシーンは賛否両論だったりするのかなぁ。他の方の感想も見てみたい。

ところで、市長のシーンは前編カットされてたらしいので、後編もつながりの関係からやはり切られてしまったようだ。なんてことだ。
6thになったらおいおい出てくるだろうから、丸くなったエクリーの代わりにCSIをひんやりさせてくれることだろう。
それとケリーの中の人のプロフィールをサム・ブロウンがはべらかしてたお姉ちゃんのだと思ってしまった。訂正しました。
やれやれ、5thはこの間始まったと思ったのにもう終わりかぁ。

そして次週から、侍の冬が来る・・・
主任お疲れ様、そして次回からホレイショに笑わせてもらおう(笑うのかよ!)。
関連記事

▶ Comment

 以前の弟は、たま~に女性に間違われ、ナンパされたり、男友達と2人で歩いていると、男女と思われたりした事があります。さすがに、最近はなかったのですが、今回は身の危険を感じたと申しておりました。
 弟:「だってさー、190cm以上はあるマッチョな、男でもありっぽいタイプで、急に担がれたら、終わりじゃん。CSIが好きっていうのも、ある意味で危ない人だと...いや、自分も好きだし、お姉ちゃんまで巻き込んだから、あんまり言えないけど。大体、アーチーとかいう誰かを語る目が、単なるファンじゃないような」。
 ちなみに場所は、湘南辺りだそうです。我が家よりも、くまぷー様のお近くでは? 自転車に凝っており、何処かのソフトクリームを食べに行きたかったそうです。 
2006.11.09 10:06 | URL | 7 #79D/WHSg [edit]
お疲れ様でした(^_^;)
一気に5の終わりまで、早かったですねー。
被害者が他の人だったらって考えると、やはりニックが一番無難なんですよねー。女性陣だと視聴者があまりの悲惨さに耐えられなくなりそうだし、主任だったらみんなあんなに冷静に仕事できなくなりそうだし、次シーズンまでひきずりそうですもんね。
最後までなんとか持ちこたえられそうなのはやはりニックだけだという気がします。グレッグは・・・ひきがね引きそうですよね(-_-;)
でもってみんなに、つかまったことでバカと言われ、自殺したことでバカと言われ・・・みたいな。

弟さんはもう芸の域に達してきましたね(^O^)
街で見かけたら、きっと後をつけてしまいそうです。
2006.11.08 23:18 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
 いや~、5は何かと疲れましたね。ラストは、もうニックが可哀想で、なぜCSIから、彼が被害者に選ばれたのかと思いました。でも、消去法でいくと、ニックしかいないかなあと。ウォリックは自分を過小評価しているのかもしれませんが、例えばグレッグだったら、死にそう...。しかも、エクリーやブラス警部には、最低限の同情しかしてもらえないかもです。
 切羽詰まった状況では、本音が出ます。ニックの主任は、今でもグリッソムなのですね。しかし、ソフィアが存在するのならば、改善を望みます。
 いつも弟ネタですみませんけれど、お読み下さいませ。彼はニックをミック、バルタン刑事をバルタン星人と申しておりました。その罰でしょうか。連休中に、突然見知らぬ男性に、「CSIのアーチーに似ていますね~!」と声掛けされたそうです。弟:「『髪がもう少し長かったらなあ』とか、いろいろ言われた。ラボの人だっけ? 銃の専門の人?」...それは、マイアミでは!? とにかく、もっとキャラを憶えなさいよ。
2006.11.07 23:45 | URL | 7 #79D/WHSg [edit]
あの小ささはあんまりでしたね(^_^;)
絶賛放送中のマイアミとこれから放送するNYに力が入るのは仕方ないにしても・・・
あの特派員、心底うらやましかったです(T_T)
ああいうツアーあったらいいのに。(無理)

あのカリーは怖いっすね!しわが(^_^;)
本人見たら怒りそうだ。
2006.10.25 20:00 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
新しいWOWOWのカタログがきましたね。それで納得がいかないのは、侍ホレイショのインタビューが大きいのは、今放映中だから仕方ないとして、主任はホレイショの1/3くらいの大きさでした!!! なぜだ! わたしがあの特派員に選ばれていたら、ずっと主任のそばについて回ったと思います(個人的趣味か)。

あと今回はカリーが特集されてましたね。リリーと違って、絵がちょっと怖かった。
2006.10.24 08:38 | URL | Anne #79D/WHSg [edit]
度々失礼しまーす。

IMDbではもうこのエピソードのクレジット、なくなってました!キャッシュでは残ってましたけど、DVD版に合わせて記録が抹消されちゃったんでしょうか~。別にカットしなくてもいいのになぁ。残念ですね。IMDbにそういうクレジットがあったのなら市長役だと思われたのは当然ですね。

エクリーは、そのシーン、確かに「mayor」と言っています。そこで、「市長と直接話したが…」と説明。その「後」に、カットされたシーンが来ますので、必ずしも彼が市長ではなくても話は通じますし、流れやセリフからは市長ではないと考える方が自然かもしれないです。

TV.comのquotes欄ではundersheriffになってます(TV.comも100%正確なサイトではないですが)。(セリフも、「保安官に伝えてくれ」「保安官が認めないだろう」とか言っています。)なので、この問題は、ほぼ「IMDbの間違い」って事で、設定を変えたとかではないんでは。でも、どちらにしてもカットされちゃったし、問題ないですね(笑)。くまぷーさん、彼の事お好きかな、と思って一応追求してみました(笑)。

6thでも、あのどことなくイヤらしい雰囲気は健在でしたが、なかなか良かったですよ。
2006.10.15 01:38 | URL | Mimi #79D/WHSg [edit]
>ERIさん
ニックはあの設定はオイシイですからね・・・役者としてやらないわけにはいかないでしょう。
そう考えるとウォリックが拉致された場合、サラが、グレッグが、っていうのも見てみたいですね。
いや~侍カムバックですね!
・・・え、笑えないエピ・・・聞かなかったことにしよぉぉ~っと(^_^;)
今シーズンはデルコの扱いがもうちょっとよくなって、侍がはじけてればそれでいいです。ささやかな願いです。

>Mimiさん
色々解説ありがとうございました!映像も嬉しかったです!
ある意味すごく楽しみにしてた出演だったので、ありゃーと思いました(T_T)そこだけすっぱりって、ひどいっす。
彼の肩書きが「市長」になっているのは、IMDbで5thのこの前後篇は「Mayer」でクレジットされてて、それがなぜか6thから「Undersheriff」になってるんですよね。だからずっとそれを不思議に思ってました。
多分、この前後篇の段階では市長の設定になってて、でも6thに入る段階で変更になったのかなと想像してました。
吹き替えではそのクレジットに忠実に訳したせいか、エクリーがラボのみんなを集めて「 市長 は身代金を出さない」と発表してました。だから私も「台詞だけかよ!」と突っ込んでしまったわけで。
原語のほうでは全部名前で言ってるので変更可能だったとか、そういうのでしょうかね?(^_^;)
実際CSIに6thでからませるためには、市長じゃなくて保安官捕になる必要があったとか、そういう事情なのだろうかなぁと・・・。
情報を総合するとそんな感じがします、あくまでも推測の域は出ないですけども。
2006.10.14 21:56 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
>miyakoさん
ホッジスは最後までおいしいところをもっていきましたね(^_^;)5thで一番成長したのは、グレッグじゃなくてホッジスだったんですねぇ。最初は「大将」とか言ってる変なイヤミおやじだと思ってたんですが・・・変われば変わるもんです。
しかし、なんとかエクリーがウンと言ってくれればチームは元に戻せるかもしれませんが、キャサリンの気持ちとソフィアの処遇ですよね、問題は。どうなるやら。
ニックの台詞、Mimiさんが説明してくださったのでご参照ください~。

>PINGEさん
タランティーノじゃなかったら、「CSIがあんなことやるなんて!」って思ってドン引きになってしまいそうですよね(^_^;)彼だから許される悪趣味だったという感じで・・・
あの「立て膝!」は狙ってますよね!(^_^;)
前のジョーイと対戦させた「いい男」といい、WOWOWの内部には絶対、ホレイショいじりに命かけてる人がいるに違いない・・・

>パンダ子さん
私もあの爆破は、「土入れた意味ないじゃん!」とかつっこんでしまいました(^_^;)
でも、土だと満遍なく圧力がかかるから、身体の部分が乗ってるのとは違ったのかも、とか、無理やりに納得しようと・・・うーん。演出上必要な爆破だったのかもしれないですけどね。

>はなぽこさん
WOWOW、明らかに狙ってますよねぇ・・・
そういえば「ホレイショのキメ台詞」は1位が何になるんでしょうね。もうすぐだ・・・楽しみです。
そうなんですよね、「科捜研」っていうといきなり火曜サスペンスな沢口靖子になっちゃうんですよね(^_^;)「科総研の女、柳田キャサ子」・・・ダメだ。

>Azusaさん
キルビルのセルフパロディみたいな感じでしたかね。
あのモルグが出てきたシーンは、その前にアリがかじって心臓バクバクってなったので、アナフィラキシーが起こったんだなというのが一応描かれてましたからね、その後も「あ、多分これは幻覚」って引っかからずに見てられました。
パパ・グリッソムのシーンはほんとにかっこよかったですね。主任ラブにはこたえられませんでした。
このおなかいっぱいの気持ちがあると、安心して侍ワールドに突入できますね(^_^;)
2006.10.14 21:35 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
今朝ニュースをみていたら、殺人事件の現場を捜査している場面が写り、C.S.Iの文字が入った帽子をかぶっている捜査官が数名いました。日本では科総研のこというのかな?沢口靖子を思い出しちゃった
2006.10.14 09:06 | URL | はなぽこ #79D/WHSg [edit]
こんにちは、お久しぶりです。

Conor O\'Farrellですが、まさかカットされちゃうとは~。ここを拝見するまでカットされていた事すら気付きませんでした。ご存知かと思いますが、本国放送時のCBSヴァージョンは一日で1.5時間(実質)きちんと一本で放送されており(US版DVDは分割収録)、そちらの方も手元にあるので今見てみたら、彼しっかり出ていました。

出てきたのは、ちょうどキャスがサムに会うためにドアから出た後でした。セリフは
http://www.kilohoku.com/transcripts/csi/csi-5X24-5X25-grave%20danger.txt" target=_blank>http://www.kilohoku.com/transcripts/csi/csi-5X24-5X25-grave%20danger.txt
でどうぞ。エックリーが頑張るなかなかいいシーンなんですけど。

肩書きは、このエピソードを見た時は私は分からなかったけど、6では(上のページではこのエピでも)「保安官代理」(Undersheriff)ですが、翻訳では市長にしているって事なのかな??

>miyakoさん

横レスですが…
くまぷーさんもご存知かもしれませんが、ニックのグリッソムへのセリフは

\"I never meant to disappoint you.\"

というのが定説です(公式な発表とかは無かったと思うんで、あくまでも「定説」という事で)。本国放送時にやはり話題になりました。\"disappoint\"の部分はそう言われて見てみると、口の動きで結構はっきり分かる感じですね~。
2006.10.13 23:02 | URL | Mimi #79D/WHSg [edit]
シーズンファイナルにふさわしいかどうか不明ですが、ラストのエピには本当にドキドキハラハラでした。

エピには欠かせないとはいえ、アリだらけのところに閉じ込められるシーンの撮影にジョージ・イーズはよくOK出しましたよね。
タランティーノだったからかなぁ・・・。

前半、エクリーがえらくいい人に見えたので、次のシーズンではみんな主任の下に戻ってるように思えました。

さて、明日、侍が帰ってきます!
一年は長かった(T_T)
WOWOWさんは絶対にホレイショをネタにしてるに決まってますよ。鬼捜査官て一体何?って感じです。
今シーズンも、笑えないエピもあるんですが、思う存分笑わせてもらいましょう!
2006.10.13 22:26 | URL | ERI #79D/WHSg [edit]
ニックが保管庫から出て来た時,「えっ!うそ,うそーっ!?」(・ω・;)(;・ω・)とテレビの前でうろたえておりました。
でもモノクロ・モグルシーンで笑いながらロビンス先生が検死し始めたのを見て,ほっと胸をなでおろしたのですが…。
正直「タランティーノ,遊んだな。」と。
モノクロシーンはキルビルを思い出しました。ロビンス先生やニックパパの会話のアングルが,ザ・ブライドをビルたちが見下ろすっていう構\図に似てましたし。個人的にはあのシーンはOKです。

今回は主任かっこよかったですね!パニクってるニックに「パンチョっ!」って言うところで,私も「あぁ,今主任はニックパパなんだなぁ」と思いました。
6thでみんな主任のところに帰って来るのでしょうか…。


明日はついに侍見参ですね!「立てひざ!」のTVスポットは笑いました。個人的には「サングラス!」「侍!」(または「ちょい不良!」)「決めゼリフ!」がいいんですが…。(と,いうよりホレイショのかたひざって頻繁に出てませんよね?)
あと「鬼捜査官」にも吹き出しました(笑)
2006.10.13 20:54 | URL | Azusa #79D/WHSg [edit]
CSIマイアミのCM,確かに
 「サングラス!」「立てひざ!」「決めゼリフ!」って、面白いですよね。何回見ても笑えます
明日から始まりますね。CSI:ベガスは来年までオアズケなので、ホレイショにがんばってもらいましょう。
2006.10.13 15:23 | URL | はなぽこ #79D/WHSg [edit]
いつものCSIとは、雰囲気が違って面白くはあったけど、タランティーノもの、として別枠扱いかな~っといった感じでした。もう、お腹いっぱいです。スプラッタは、タランティーノものとしては必要でも、CSIとしてはいらなかったかなぁ。

救出シーンでニックと同じ重さの土を入れることで、爆発を防ぐはずだったのに、結局爆発しましたよね。一緒に見ていた夫が「これって、土入れたけど失敗ってことだよね。爆発したんだから。同じ質量の土入れても爆発は防げないってことじゃないの?」と。「爆発の衝撃を土で少し和らげるってことでいいんじゃないの」と自分でもよくわからない答えをいったんですけど、やっぱり無駄な作戦だったのかなぁ。
2006.10.13 14:57 | URL | パンダ子 #79D/WHSg [edit]
良かったです。
ぎりぎりブラックコメディなモルグシーンは、「悪趣味~!」と叫びつつも、タランティーノだからな、と許してしまいました。

WOWOWのマイアミCMで「立て膝!」という所に笑ってしまいました。WOWOWスタッフもぎりぎりの所でからかっているように思え…(笑)。
2006.10.13 09:58 | URL | PINGE #79D/WHSg [edit]
あの切迫した状況の中にも関わらず、主任のアリの観察、ニックの遺言に「そんな事はない。。」(ニック何て言ったんだろ?)、極めつけ発見直後の爆発から、ニックを救うべく取ったスピーディな救出劇!!土を入れて、ニックを引っ張るなんて、思いつかない~。すごい~。
でも、最終的にニックの命を救ったのは、ホッジスの爆弾発見だと思うんだけど。。みんなでホッジスを褒めよう。

やっぱりCSIは、チームワークが素晴らしいですよね! 
ニックの後遺症が早く良くなって、活躍してくれるシーズン6を楽しみにしてま~す。 チームは戻ってるかなぁ。。。 

エクリー、主任に皆を返して下さいプリーズ。

PS:市長さん見たかった。あの解剖は、いただけませんでした。。。私は。(ゲホッ)

さて、次回からは濃~いマイアミですね。熱いホレイショ楽しみだわん。






2006.10.13 09:35 | URL | miyako #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/364-00a6f217

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。