スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コールドケース2 第22話 「トラック」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 02.2006 コールドケース 6 comments 0 trackback
デラウェア川から小型トラックが引き上げられ、中から白骨遺体が発見された。トラックは30年代のもので、持ち主のカーティスは健在だったが。当時届けを出していなかった。
カーティスは遺体を「妹のローズだろう」と言う。当時彼は密造酒の売人をやっており恨まれる相手も多かったのだ。特にうらんでいたと思われるのは密造酒を卸していたクラブのウィンザーというオーナーだったという。
ところが、ウィンザーの孫が提供してくれたアルバムには、ウィンザーとローズと、男装の少女ビリーが並んで写真に写っていた。そして、遺体の検視の結果、ローズと見られていた白骨体は白人女性ではないと判明する。
ローズは生きていたのだ・・・

---------------------------------------------------------------

1932年で、未解決事件の古さ記録更新!
今まではどれが一番古かったかというと、第1シーズン13話「手紙」の1939年。今後これは更新されるんだろうか。

最古とはいっても、出てくる女性陣は最先鋭だ。
少女らしい憧れと突っ張りとはいえ、30年代に男装でレズビアンで、恋人を取り合って切ったはったやってるのだもの。
第1シーズン6話「ドラッグクィーン」では、60年代でさえ男子同士はひっそりと愛情をはぐくんでいたのとはえらい違いだ。まぁ、女の子同士の場合は手をつないで歩いていてもあまり不思議ではないから隠さなくても済むのだろうが。
それでもローズは女子高に通っていて、ビリーは黒人だから、学校の前で待っていたら結構目立つように思うのだが。ローズが夜にまぎれてウィンザーの店に出入りするより、ビリーが昼間学校の前で待ち伏せしていたら、こっちのほうが相当違和感があったんじゃないだろうか・・・
その辺の時代設定はアリなのだろうか?アリだということを前提として見れば、ほんとにすごいおばあちゃんたちだ。
ヴェラが「うちのバアちゃんにも、こんな秘密があったのかな」と腰が引けた物言いをするのもわかるかも。

男装の麗人のビリーが路上でさささっと着替えるところを、当時の乙女が見てしまったら「わーカッコイイ」と思って惚れてしまうのもわからないではないが、でもビリーの女優さんはもうちょっとムードのある感じの人を使って欲しかったかなぁ。
そう思うのは、宝塚で男装に目が慣れてるせいかもしれないが。
自分は女子高出身なので、あんな風に同性でも先端を行く存在に憧れ、振り向いてくれたことで自分まで特別になったかのように思える、そんなあの年頃の感覚はひりひりするほどによくわかる。でもローズとビリーの場合は詩を通して本当に魂を分け合う存在になっていて、その魂の半分があんな形でもぎ取られてしまったことで、まさに永遠になってしまったのが哀しくも美しい。
これは「女の子」同士特有の空気あってのストーリーのように思われる。
さらに悲しいのは・・・カーティスの兄として家族としての思いが、ローズにとっては独占欲にしか受け止められなくて、修復不可能なまでに壊れてしまっているところだろうか。
いつものパターンなら、最後に家族が再会を果たすような流れになるのだが、二人ともひとことも「会いたい」と言わなかった。生きていても70年以上ローズが許してくれなかった事実を確認するはめになった、カーティスの置き去りにされてしまったような孤独が痛い。

ジェフリーズはいくつなんだろうとずっと疑問だったが、還暦だったわけだ。
ハッピーバースデー!ジェフリーズおいたん。
ひとりの誕生日だったようだが、面倒見がいい彼なのにいざという時に誰も傍にいないなんて寂しいような。
ふっと、アメリカの警察は定年っていくつなんだろうと思ってしまった。コロンボだって相当長く勤めてるしなぁ・・・
60歳という年齢を考えると、ジェフリーズとヴェラはいつも年齢関係ない馴れ合い状態を見せてるが、結構年の差があるんだな。

ヴェラは今回、久々に「落としのヴェラ」の健在ぶりを見せてくれていた。結構忘れがちだが、WOWOWのキャストプロフィールのところにヴェラのことはこう書いてあるのだな。
『“落とし(尋問)”を得意とする実力派刑事』
実力派って・・・それって誰のこと?みたいな。
追い詰めて追い詰めて本音を吐かせる、そのプレッシャーのかけ方はヴェラならではの凄みだった。
しかし、ラストのところでは詩を真剣に読んでいて、ボスにニヤニヤされてるし・・・ヴェラって前のエピのロッキーホラーショーのもそうだが、意外とロマンチストな一面を持っているところがカワイイつーか。

NYにスコッティとリリーで出張していたが、ホレイショもNYに行ってるし、リリーたちもついでにクロスオーバーしてよ!とかおねだりするのは高望みなんでしょうか。
ローズを探すのにWATをからめるとかー、NY市警でCSIのマックをからめるとかー。ちょっとはサービスしてほしい。だめですか。
マイアミ-NY-フィラデルフィアの東海岸縦断クロスオーバーの旅なんていかがでしょう。
デルコ&ダニー(メッサーじゃないほうね)&スコッティのスリーアミーゴスが揃うところを見てみたいよ~。
ブラッカイマーに念を送ってみるか・・・

しかし2ndもとうとうあと1話を残すのみに。
最後はラスボスのジョージ(最近「ジョージ」キャラ多くて混乱)が登場するわけだが、リリーたちは消耗戦を勝利できるのだろうか?
予告ではまったく読めない感じだった。そのくらいがちょうどいい。
リリーが無事に今シーズンを締めくくれますように・・・


【 ト リ ビ ア 】

★禁酒法
1920年1月17日に成立した、酒の醸造・販売・運搬・輸出入を禁止した法律。第一次大戦のために穀物不足防止や、酒造業を牛耳る勢力(=ドイツ系)への牽制、清教徒勢力のカトリック勢力への対抗心とか、複合的な要因が加速して成立してしまった。
一応禁止事項には「飲む」ことは入っていないので、自宅で飲むことは禁止されていなかった。しかし飲みたくても買えない作れないので、酒場でヤミにやりとりされるようになり、その時代のジャズクラブの発達という副産物を生んだ。
結局それがギャングやマフィアに大きな収入源となったことでの治安の悪化が問題とされ、今回の事件ビリーの死の翌年1933年に禁酒法は廃止された。

★ローズの詩
TV.comに詩の原文が載っていたので・・・
 I came up from the dark without you
 And every day has been in shadow
 I have begged the tide to wash away my sin
 And take me to you
 In the dark
 But every day I surface again


【 脇俳優チェック 】

◆ローズの兄カーティス・コリンズ現在版 .... Tom Bower
「ザ・ホワイトハウス2」5話「女たちの闘い」では、退役前に軍の戦闘能力について政権批判しようとして、CJとガチンコ勝負したバリー将軍役で登場していた。CJは将軍を臆病者呼ばわりして呼びつけ、彼がいつもつけている勲章は実はニセモノだと看破して引き下がらせるのだった。
他に「アトランティスのこころ」や「エイセス/大空の誓い」など多くの作品で脇を固めている。

◆ビリーの元彼女リトル・ジョージー現在版 .... Marla Gibbs
75年から11シーズン続いた「The Jeffersons」のレギュラー、98年から4シーズン続いた「The Hughleys」の主演や85年から5シーズン続いた「227」の主演など、日本にはなかなか持ってこられないため未放送の黒人キャストシットコムなどに多数出演しているベテラン女優。
「ER」第11シーズン11話「心を通わせる方法」では、孫が撃たれたというので駆けつけたおばあちゃんのバーンズ夫人役。ニーラがスタッフドクターの状況説明の前にうっかり彼女に「遺体」と言ってしまったので大号泣。その後ニーラは反省し話を聞いてあげてお別れに付き添ったところ、遺体はもうひとりの「ジョン・ドー(身元不明)」の生存患者と取り違えだったというオチ。

◆カーティスの妹ローズ現在版 .... Piper Laurie
50年代から映画やドラマで活躍している超ベテラン女優。「ハスラー」ではポール・ニューマン演じるエディ恋人のサラ役。エディの自堕落さから彼のマネージャーと寝てしまった自分が許せず自殺してしまうという役だった。
「キャリー」ではキャリーのことを厳格な信仰によって追い詰める、狂信的な母親マーガレット役を演じていた。マーリー・マトリンの「愛は静けさの中に」ではマーリー演じるサラを支える母親役。この3作品でアカデミー助演女優賞にノミネートされている。
ドラマでは「ツインピークス」では、パッカード製材所の亡きオーナー(ジョシーの夫)の妹キャサリン・マーテル役を演じていた。常にジョシーを陥れようと画策しており、優しい夫ピートをないがしろにしてオードリーの父ベンジャミンと不倫していた。
「ツインピークス」では一時期謎の日本人ビジネスマン「Mr. Tojamura」に扮装していたので、「Fumio Yamaguchi」とクレジットされていたこともある。
「ER」第2シーズン9話「わが家」と21話「折れた翼をいやす者」に、ロス先生の母サラ・ロス役で登場していた。当時ロスパパが付き合っていた恋人はCSIのキャサリン(Marg Helgenberger)だったっけ。

◆男装の麗人ビリー・デュセット .... Tessa Thompson
日本では未放映だが、アメリカで第3シーズン放映中の「Veronica Mars」に第2シーズンからレギュラー。
「グレイズ・アナトミー」第2シーズンの26、27話に登場予定。

◆ウィンザーの店の店長の孫娘セリア .... Linara Washington
「ER」第10シーズン1話「混乱と悲しみと」でプラットが電車で出会って医者だと聞いて意外そうにしていた女性役。19話「触っただけ」では怪我で運ばれて、プラットを頼りにする。
「プリズンブレイク」第1シーズン3話「セルテスト」と4話「腐食」に、リンカーンの息子LJのソーシャルワーカー役で登場。LJが怒りを抑えることを学ぶようにと、リンカーンとの面会プログラムを命じる。
「FBI~失踪者を追え4」10話に登場予定。

◆ウィンザーの店のマスター .... Tom Wright
「CSI:2」3話「疑惑の転落死」で、転落事件の現場となった刑務所の工事現場の監督ハリス役を演じていた。捜査によって工事が遅れると都合が悪いからと保安官を抱きこんで自殺を主張するが、グリッソムは納得せず捜査を続行する。
「LA大捜査線マーシャル・ロー」ではサモハン・キンポー演じるロウ刑事の上司ウィンシップ警部役。
彼のまゆに見覚えがあるなぁと思っていたのだが、かつてWOWOWで放送していた「サンタバーバラ」で番組の最末期に4人目のボズウェル刑事役で登場した俳優さんだ。ボズウェル刑事役は彼の前のひとがかっこよかったのに、いきなり交替して彼になってレベルダウンし、出番も激減してしまったのだった。

◆クラブ歌手リナ .... Shelley Robertson
ラストシーン近く、クラブで飲んでいるジェフリーズが歌っている歌手を見て微笑む場面があるが、あれはビリー・ホリデイかと思っていたらそうではなく、誕生日の話のところで元カノのリナが云々言って冷やかされていた、そのひとが歌っているらしい。
しっかりクレジットがあったのでどこに出演してるのか、カットされてるのかと思ってひととおり見直したら、一番最後だったという。
第3シーズン19話に再登場なので、ジェフリーズファンの方は乞うご期待。
「CSI:マイアミ3」12話「ER襲撃」ではナース役で、「CSI:2」19話「覗き穴の殺人者」ではニックが犯人の家に踏み込んで突き落とされて、大怪我をしたのを診察したドクター役で登場している。
関連記事

▶ Comment

あ、1stの10話「ヒッチハイカー」の方でしたか。
2ndかなーと思ってしまいました(^_^;)
すみません、お役に立てなくてー。

コールドケースのほうも、3rdからはグレイズアナトミーと同じように、WOWOW公式からiTuneリンクつきにしてくれるといいんですけどね。
無理かな(^_^;)
2006.12.06 21:42 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
 どうもご親切にありがとうございます!上記のURLに行って聞いてみましたところ、残念ながら違っていました(^_^;)
 すごくなやんでいたところで、親しい友人がサラッと教えてくれました。どうやら、私のさがしていた曲はBlessid Union of Soulsの「I Believe」でした。灯台元暗しってやつですね笑
 どうもご迷惑をかけて申し訳ありませんでしたm(__)m   ブログがんばってくださいね!!では☆
2006.12.04 23:50 | URL | もっちぃ #79D/WHSg [edit]
エンディングでその歌詞で男声だと、8話の「リスト」のクロージングで流れてたFrankie Laineの
「I Believe(For Every Drop Of Rain That Falls) 」ではないかと思うのですが、どうでしょう。
http://www.wowow.co.jp/drama/cold/episo.html" target=_blank>http://www.wowow.co.jp/drama/cold/episo.html

古い曲なのですが・・・
↓こちらで部分だけ試聴出来ますが、ドラマで流れたのと雰囲気が違うかなぁ(^_^;)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000000D5H/" target=_blank>http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000000D5H/
もしピンと来ないようでしたら、すみません。
2006.12.03 19:58 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
ヴェラはオチ、ゲイは殺されるがお約束です(爆)。
ロザリオ・ドーソン、確かに似てるっすね。
でも今回の人は華が(華だけかというツッコミを入れつつ以下自粛)

ヴェラは、ナリはでかいのですが、きのちっちゃいロマンチストなあたりがかわいいですよね~。
近くにいるとうっとおしいでしょうが(爆)
2006.12.03 19:42 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
 はじめまして、もっちぃと申します。多忙とは思われますが、ぜひ教えていただきたいことがあるのです。
 それは、何話のコールドケースかは覚えていないのですが、エンディングあたりに流れていた曲で「I believe・・・・」と、男性のかなり高いクリアな音程で歌われていた曲なのですが、私は無知で不器用なため、曲の名前が分かりません。
 もしご存知であれば教えていただきたいのですがm(__)m 
2006.12.03 18:33 | URL | もっちぃ #79D/WHSg [edit]
定期的に出るゲイネタですね。
アメリカではゲイは殺される運命なのか…(^_^;
黒人の男装の麗人は見てる間ロザリオ・ドーソンだと思い込んでました。違かった…(当たり前)

今回ヴェラ可愛かったすねー。
詩を読み込んでたりねー。
ジェフリーズが一人だと知ると「俺付き合うよ!」って(笑)。
ああ、いいなぁ、ヴェラさん♪
2006.12.03 00:37 | URL | それいゆ #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/414-507d4e79

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。