スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスパレートな妻たち2 第15話「善意と下心」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 19.2007 デスパレートな妻たち 5 comments 0 trackback
【ガブリエル】
ガブリエルのところに突然母のルシアが訪ねてくる。大金持ちと付き合っていたはずが、別れて行くところがなくなったのだ。豊胸手術自慢など、女として現役ぶりをふりまくルシアにガブリエルは辟易。
そんな時産婦人科の検査で、流産の時の傷が思ったより悪く、ガブリエルはもう子供は望めないかもしれないという検査結果が出てしまう。しかしカルロスは養子は嫌だという。
そこにルシアが「自分が代理母になる」と申し出る。ルシアの善意には必ず裏があると知っているガブリエルは、カルロスに擦り寄るルシアに激怒、ホテルに置き去りにして帰れと言い渡してしまう。
カルロスはルシアの申し出をありがたいと思う気持ちもあり、しかしガブリエルは幼い頃に継父から受けた性的虐待を許せないという気持ちが強かった。しかしルシアは「あれはガブリエルが誘惑したのだ」と冷たく言い放つ。
ガブリエルが言うように、ルシアは代理母になることで居座るつもりだという冷たい本心を察したカルロスは、養子をとることをガブリエルに提案する・・・

【スーザン】
偽装結婚を目前にし、カールに「本当っぽく見せるために家に伝わる結婚指輪を出してくれ」と言われるが、スーザンはカールの不倫が発覚した時に指輪を投げ捨ててしまっていたのだった。なんとか探し出したスーザンだったが、ロン先生との仲は進展しており、結婚のことをバレないようにしようと必死だった。
ところが、カールのブリーフケースから指輪と婚前契約書の書類をイーディが見つけてしまう。ちょうどバレンタインだったので、イーディはカールがプロポーズしてくれるものと思い込んで舞い上がってしまう。ところがプロポーズがなかったのですっかりおかんむりに。
スーザンからそのわけを聞いたカールは、偽装結婚を解消したらイーディにプロポーズしようと考える。それを聞いたスーザンは、なんだか複雑な気持ちに・・・

【ブリー、リネット】
ブリーはレックスとの思い出のレストランでついワインを飲みすぎ、庭の芝生の上で眠り込んでしまう。それをマクラスキーに発見され、アンドリューにスプリンクラーで起こされるという大失態。それでもブリーは自分が飲みすぎたのだということを認めようとしない。
一方、リネットとトムは急な会議が入って、トムが勝手にマクラスキーに子守を頼むが、彼女では不安だと思ったリネットはブリーに頼むことに。ところがブリーは二日酔いで双子の大騒ぎに耐えられない。そこでさらに迎え酒し太挙句に眠ってしまう。
その隙に双子はペニーを連れて脱走、5キロ離れた美容院で保護されて、リネットとトムは呼び出されて愕然としてしまう。子供たちはブリーが寝ていたと主張、しかしそれでもブリーに落ち度があるとは思えなかったリネットは、ブリーの嘘のほうを信用する。
ところがリネットは、マクラスキーから「子供を探し回っていた時ブリーが酒くさかった」と聞き、しかも芝生で寝ていた話まで聞いて、やっと事態がおかしいことに気づく。ブリーに問いただしに行ったところ、ブリーが大量の酒瓶をゴミに出しているのを見て、彼女がアルコールのトラブルを抱えていることを知るが、ブリー自身は絶対に認めようとしない。
リネットはそこで、ブリーの家の前に酒瓶をずらっと並べて、トラブルへの自覚を促す。わざと憎まれ役を買って出たリネットだったが、ブリーにはその真意が伝わらない・・・

【マイク、ポール、ザック】
ザックはポールに「本当の親について知りたい」と言うが、ポールは何も知らないと口を閉ざす。しかし、その頃ノアはサリバン刑事にポールの殺害を命じていた。
ノアの粘着な性格を承知しているマイクは、ポールに「ノアが亡くなるまでどこかに身を隠せ」と進言する。それは二度とザックに会えなくなるかもしれないのを覚悟の忠告だった。
しかし、その二人の会話をザックがこっそり聞いていたのだった・・・

------------------------------------------------------------

ガブリエルママ・ルシア登場!
しかし、次から次へと強力キャラを繰り出すものだ。しかも1回で使い捨てって、どれだけ贅沢なんだ!
ルシアとスーザンママ・ソフィアは、元々そういうキャラの人を持ってきて、さらに演技で近づけるというアプローチをしてるのか、それとも思い切り物真似風にしてもらってるのか・・・。
それぞれガブリエルとスーザンが20年位たったらこうなるだろうなぁという、使用前/使用後感覚が非常にリアルだ。ガブリエルも一歩間違うとそのまんまルシアの再生産という感じに老いていく可能性大。
でも、15年前も今もルシアは「女」だけど、15年前のガブリエルは母親の保護と愛と信用が必要な「子供」だった。結局自分がこの女を守っていかなきゃという決意が、カルロスの不器用な性格なりにしみじみ感じられたと言うか・・・なんだかいい夫婦になっちゃって。よかったねガブリエル。
カルロスがもし「ルシアのDNAを残すのは怖い」と、ちょっとでも思って養子を承知したのだとしても・・・それは、誰も責められないと思うの。ガブリエルがあぁはならないように祈りたいものだ。
それにしても、ソリス家の食事事情がむちゃくちゃ向上してるの、皆様お気づきでした?満漢全席のようだったし!あちこちに花が咲き乱れてるし!
シャオメイ・・・恐るべし。
いまやソリス家はヴァンデカンプ家を追い越して、完璧ハウスキープ選手権ナンバーワンになりそうな勢いだ。

一方ブリーは・・・なんであんなことに。
1stのブリーは、レックスが亡くなったことを知るまで、髪の毛ひと筋も乱したことが無かったというのに。崩れっぱなしじゃないですか。
むしろその崩れすぎをおかしいと思って、子供でもアンドリューかダニエルが手を差し伸べられればいいのに・・・あぁそれは無理な相談だった。
こんな時ゴールドファイン先生が・・・もう出て来ないし(涙)
プライドの高いブリーが、人の意見をまともに聞くことができるような時は来るのだろうか。誰かに甘えて「突っ張るのはもう疲れた」ってすべてさらけ出すことができればいいのに。
・・・ただ、そうなった時は「ブリー」というキャラが一度リセットがかかる時、だろう。
スーザンは投げ捨てた結婚指輪、ブリーは胸に下げていた。レックス自身が忘れられないというより、自分が賭けてきた生活そのものへの哀悼という感じなのかな。
ブリーファンにとって、ほんとに早く立ち直って欲しいものだ。
「おふざけはヤメテーッ!!」
に、昔のブリーの片鱗が垣間見えて、ちょっとさびしくなってしまった。

リネットとマクラスキーさんはほとんど家族のような距離感。おちびちゃんたちにとってほんとのおばあちゃんのような存在になってるんだな。
なんだかんだいって、二人で共働きしてなんとかなってる(・・・かな?)んだから、もっと早くそうしておけばよかったのにね、って無理か?
そうそう、ペニーがおしゃべりしてた!(しかもちゃんと吹き替えされてたような?)すぐに大きくなっちゃうんだろうね・・・

スーザンとカールのバカップルに振り回されているイーディがかわいそうだ。
本気でわくわくしていたんだろうに・・・何かにつけてカールが横柄で偉そうな物言いをするたびに、「イーディ、もっといい男はいるぞ!」って言ってあげたくなる。つーか、マイク今フリーだし!(・・・だめか)
これでイーディがマイクに行ったり、何かの拍子にロン先生に行ったりしたら、スーザンすごくもの欲しそうにするんだろうなー。
イーディってほんとかわいいとこある。「ホワイトゴールドでダイヤ10個くらいついてて・・よく見てないから」って、あの一瞬でどんだけしっかりみてるんだよ!

しかしスーザンてやつぁ。カールは確かに横柄なヤツではあるが。
「上からもの言うのやめて!
 今、目指してる同じ目標に集中しましょ!」
・・・・同じ目標って。誰が同じ目標めざしてるんだよっ!カールが好き好んでスーザンと必死に結婚したくてやってるとでもいうのかい?
スーザンには、前シーズン最終話のザックの台詞をもう一度掘り起こして捧げたい。
「どこまで馬鹿なんだ!」
あの夫婦にジュリーができたことは奇蹟でしかないなー。


【 脇俳優チェック 】

◆ガブリエルの母 .... Maria Conchita Alonso
オフィシャルサイトあり(開くと音楽がなるので注意)。75年のミスワールドベネズエラ代表で、本選では6位入賞し、そこから女優に。
「CSI:マイアミ2」13話「満月の惨劇」では「自由キューバ協会」の活動家として、キューバから亡命してきている難民の救済活動をしているマルセラ・ゴンザレス・コート役で登場していた。
映画「カラーズ 天使の消えた街」ではショーン・ペンの恋人ルイーザ役を演じている他、「プレデター2」「ラストデイズ」など多くの作品に出演している。
(ちなみに、今回の役は「サバ読んで51歳」の役だが、公称1957年生まれの49歳だ)
また女優の傍ら音楽活動もさかんに行っている。昔はガブリエル張りのセクシー美女だったので、ガブリエルも20年くらいすると・・・
Grandes Exitos

◆レストランの女性 .... Dawn Ashley Cook
スーザンのプロポーズ警告のせいで振られた女性。
今回が初めてではなく、第1シーズン16話「スキャンダル」でメイシー・ギボンズ逮捕の伝言ゲームの発端になっていた女性で登場していた。そこから結婚願望の強いシングルレディになった過程は・・・
っていうか、別人の設定なんだろうけど。

◆レオナルドの店のウェイタートニー .... Dominic Pace
ブリーが話しかけていたスキンヘッドのトニー。
myspaceに彼自身のページを発見。

◆美容院の店員 .... JoMarie Payton
双子とペニーを保護して、リネットに説教した黒人女性店員。
日本では未放映だが、アメリカでは9年間続いた黒人キャストメインのシットコム「Family Matters」で、一家のおっかさんハリエット役。
「ウィル&グレイス」の第2シーズンではミス・フリーマン役で5エピに登場していた。

◆シェ・ナオミのウェイター .... David Pevsner
チョコスフレをカールに頼まれたウェイター。スーザンがメモを渡したのも彼。
彼もまた初めてではなく、第1シーズン19話「孤独な旅人」で、ガブリエルがカルロスからクレジットを停止されて兵糧攻めにあったため、ジョンのカードを借りたらまた停止され、にっちもさっちもいかなくなった時のレストランのウェイター役で登場している。

◆ガブリエルの産婦人科担当医 .... Maura Soden
「ミディアム」第1シーズン9話「秘密の少女」で、アリソンの娘アリエルの学校の先生役で登場していた。
関連記事

▶ Comment

>たくさん
ああー、やっぱり録画失敗される方いらっしゃいましたか。まだ先ですが、2月7日の放送も5分ズレますのでご注意なさってください。
NHKもコロコロかわるので、公式HPはこまめにチェックしないと失敗しますよね(-_-;)
声は・・・悪い意味で慣れつつある自分が嫌です(T_T)

>スーさん
カルロス、すっかりいい人になっちゃいましたね。
ピル工作してたときのことを忘れてしまう(^_^;)
まぁガブリエルが幸せならそれでいいかー。でもきっとこのままハッピーエンドってことにはならないんでしょうね。次は何でかき回されるのやら。

>エレインさん
このドラマは、男女の業の深さみたいなのをさらっと描きながら考えさせられる部分がありますよね(^_^;)
リネットは段階踏んでるっていうか、まずはおぼれてることを自覚させようとしたんでしょうけど、沼の深さをなめてる部分があるような・・・
ブリーを立ち直らせるのは何なのか、気になりますね。

>Anneさん
ブリーは本当に痛々しいです・・・
よーく見ると、家の中も微妙に荒んでいたり。
あんなに完璧主義すぎるブリーは大丈夫か?と思っていましたが、いざ崩れてしまうとそっちのほうが心配だった・・・
イーディはほんとにキュートですよね。本来女同士の中にいたら、あんなに受け入れられなさそうなタイプもないと思うのに、すっごくかわいく見える・・・
不思議なドラマですよね(^_^;)
2007.01.22 21:14 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
この回は観ててもつらい(スーザンのひどさがマシに見えてしまうほど)エピソードばっかりで、特にブリーの凋落ぶりには、ブリーファンとしてかばいきれないもどかしさを感じてしまいました。あのリネットからのきつい指摘が、ブリーにとって救いの手になればいいけど、彼女の性格が変わらない限りは無理ですよね…。つらい。
唯一気分楽しく笑えたのは、スフレを漁るイーディでした。本当に彼女はこのドラマの一服の清涼剤です。来週はもっと楽しく笑えるといいんですが。
2007.01.21 09:28 | URL | Anne #79D/WHSg [edit]
「男と女はケ●の毛まで見せあってやっと理解しあえる」と漫画家の澤井健さんが書いてましたけど、ガブリエルとカルロスみてたら、納得してしまいました。
いろいろあったけど、絆がしっかりしてますね。
理想の夫にカルロスを選んでもいいと思ったくらいです。

ジュリーについては全く同感です。
あんな親からなんであんないい子が生まれるんだろうと。
スーザンの両親に似たわけでもないのに。

ブリーがお酒におぼれるようになるなんて想像できませんでした。
嘘も良くないですよね。
後からばれるとよけい悪いのに…。

マクラスキーさんは子どもたちにとってはいいおばあちゃんですよね。
もっとやさしくしてほしいなといつも思います。
リネットにとってはあれがいっぱいいっぱいなのかなとも思いますけど。

2007.01.21 02:44 | URL | エレイン #79D/WHSg [edit]
ますますカルロスがいい男に見えてきました(笑) 他の男性陣がガンガン落ちていっているせいでしょうか・・・?
今週、ガビーを気遣っている様子がすごくいい夫婦になっていて、良かったなぁ。
2007.01.20 17:35 | URL | スー #79D/WHSg [edit]
今回録画したものをみたら、
御尻の部分が切れてました。。。
ブリーとリネットのやり取りの途中で。。
なんで時間変えるねん!!

ってなわけで、今回はスーザンのシーンが多くて、萬田さん全開でしたね。ザックの声優が変わったように、スーザンも。。と今更ながら期待を。

くまぷーさんの最後のザックのセリフが
最高でした(笑)
2007.01.20 10:20 | URL | たく #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/426-84536c8d

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。