スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスパレートな妻たち2 第19話「恥と外聞」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 16.2007 デスパレートな妻たち 7 comments 0 trackback
【リネット】
リネットは学校に呼び出され、ペイト先生から「パーカーが女の子のパンツの中身を見せろと言った」と聞かされ、とても恥ずかしい思いをする。パーカーは時々何かにとても夢中になってしまうことがあり、今はそれが性なのだ。
しかし「赤ちゃんはどうやっておなかに入ったの?」と聞かれてリネットは答えに詰まる。そして必死で「タネをうめたのよ」と説明する。ところがその説明のせいでかえってマクラスキーにまで、パンツの中を見せろと言ったと知って愕然とする。
マクラスキーは事実を詳細に話せとアドバイスするが、リネットはもう少しパーカーに事実を伏せておきたかった。そしてごまかしつつ説明しているうちに、他に夢中になるものがあれば興味が失せるのではないかと気づき、パーカーに犬を与えることにする。
その策は見事に当たり、パーカーは犬に熱中して性のことを忘れてしまったのだった。

【ガブリエル】
ガブリエルとカルロスは養子に迎えようとした赤ん坊リリーの誘拐で告発されるが、実の父親はまだ高校生で、親としてはあまりに心もとないため、当面の親権を許されることになる。
大喜びしたのもつかの間、カルロスがなるべく人の手は借りずに子育てするのだと言い出して、ガブリエルは大反発。
必死で頑張るものの夜泣きにギブアップし、シャオメイに押し付けてしまう。それは次第にエスカレートし、ガブリエルは前と変わらない気ままな生活に戻っていた。
そして気が緩んだある日、シャオメイがいると思って出かけたところ、ブリーから今シャオメイにスパで会ったと聞かされ、リリーを置き去りにしてしまったことに気付いて大慌てで戻るという事件を起こしてしまう。
そこでガブリエルは、リリーを抱っこしながら一緒にエクササイズするなどして工夫することに。ソリス家の子育ては、今やっと始まったところだ。

【ブリー】
ブリーとアンドリューの調停の当日、裁判所にブリーの父と継母エレノアが突然来襲して、勝手に審理を延期して二人を仲直りさせると言い出す。
しかし二人を何とか話し合わせようとするけれども、こじれてしまった母子の関係は簡単に修復できるはずもない。
そこで両親がアンドリューを連れてロードアイランドに帰ると言い出したので、ブリーは大反対。しかしエレノアはブリーに「あなたの子育ては失敗だった。それを認めて先に進みなさい」と冷たく言い放つ。
アンドリューはブリーと離れて祖父母と暮らすことに内心ほくほくで、離れたくない懇願するジャスティンとも別れようとしていた。ジャスティンと話したブリーは、二人で協力してアンドリューを引き留めようと考える。
そしてブリーは、アンドリューの引っ越し荷物の中に、わざと見えるようにゲイのビデオや本を置いて、保守的な両親にショックを与える。両親はショックのあまり、アンドリューの信託財産を取り上げることに。
打ちのめされるアンドリューをブリーはやさしく慰め、「私はジャスティンのことを受け入れるから、ここでやっていく努力をして」と説得する。そうしてアンドリューはブリーの策にはまり、元通り家で生活することになった・・・

【スーザン】
カールは、イーディとの結婚をやめるかやめないかはスーザンの気持ち次第だと言いだし、花束を贈ってくる始末。両親がよりを戻すことに大反対のジュリーはそれを見て怒ってしまい、スーザンは一緒に映画を見に行く約束をキャンセルされてしまう。
そこで一人で見に行ったものの、そこにマイクが彼女連れでやってくる。一人だと思われたくなくて、スーザンは近くの席にいたオーソンという男にとっさに彼氏のふりをしてもらう。
その時財布を忘れたのを届けてもらったのが縁で、スーザンはオーソンに相談に乗ってもらうことに。話を聞いたオーソンはカールからは逃げるべきだとアドバイスする。
ところがカールは結婚式の相談をしたいと言ってはスーザンにまとわりつく。つれなく突っぱねていたが、とうとう「結婚はやめた」とカールから聞かされて心が動いたスーザンは、カールトよりを戻してしまう。
でもお互いに気持ちを確かめ合った後に、イーディからカールへの電話がかかってきて、実は結婚は取りやめになっていないことを知り、スーザンは大激怒。浮気されて捨てられた自分を、今度は浮気相手にするなんて許せないと、スーザンはカールを家からたたき出すが、ジュリーはそれを見ても冷ややかだった・・・

【ポール、フェリシア】
ポールは階段のポーチに塗ってあったショートニングで滑って転んでしまう。そこにわざとらしくお菓子を作りながらフェリシアがやってきた。ショートニングを塗ったのはフェリシアの仕業なのだ。
それからバーベキューのライターオイルがガソリンになったりとどんどんエスカレートし、しまいには寝てる間にシロアリ業者が駆除を始めそうになって危うく命を落としそうになる。
さすがにポールも挑発とわかっていてもくってかかってしまうが、フェリシアは町の人に逆上するポールの姿を見せて、復讐を楽しむばかりだ・・・

------------------------------------------------------------

ブリーの継母といえば、今までに出てきた情報としてはこれだ。
「あなたには美貌と機転とずるさと洞察力がある」
いくら継母だからといっても、どんなひとならこんなぶっちゃけトークするんだろうと思ったら。
・・・こんなひと、だったわけだ。
そりゃー・・・このひとだったら言うわな。たぶん他にもいろんなことを言ってきたのだろう。そしてその言葉が現在のブリーを形成する要因として、かなりの影響を与えたことは想像に難くない。
ブリーもなかなかシビアな思春期を過ごしたのだろう。まぁ・・・逆にブリーみたいな継子がいるというのもキツイとは思うが。
あの父、あの継母、あの夫、あの息子に娘・・・考えるとブリーは家庭的に逃げ場がなかったんじゃなかろうか。そんな状況で完璧妻として完全武装して尽くし続けたなんて、もろさの半面恐ろしいくらいに強くないとできないことだ。
アンドリューに対して歩み寄るというのは、彼女にとっては相当に妥協したということなんだろう。これで落ち着けばいいけれど。それにしてもジャスティンっていい子だなぁ・・・
ブリーの焼いてたお菓子がまたおいしそうで。アンドリューの幸せ者め。

そういえば。ブリーにピーターが普通に付き添っていたが・・・
・・・えーと、「依存症」のほうは?

スカヴォ家の子供たちの中で、双子たちはブリー言うところの「パワフル」だから、愛らしい感じが残るパーカーを見ると「かわゆいのぅ」と思ってしまう。「なんで?」「なんで?」って、いやーもうかわいいかわいい。おばちゃんが説明してあげようか?(おいおいおいおい)
「赤ちゃんはどこからくるの?」みたいなことって、みんなひととおり聞いて親を困らせたりするものなんだろうか??二週連続で不在のトムならどう説明しただろうか。
メアリーアリスの先を見通したようなナレーションが微妙に気になったものの、他のことに気をそらせてよかったよかった。
・・・わんこの股間ひっくり返して見てたけどね・・・

高校生の父親・・・子供のことをきかされても「マジ?チョーヘコム」ってメールかえすだけって、そんな親よりは確かにソリス家で育ったほうが幸せかもしれないけど・・・
ガブリエルの、ペット育成未満な育児生活は見ていてハラハラしてしまう。大丈夫か?小学生がポスペやたまごっちやるんでも、もうちょっと面倒見るんじゃないかと。
絶対やると思ってたんだよなぁ、シャオメイに丸投げ。
シャオメイはブリーと組んでお店でも出したほうが幸せになれるんじゃなかろうか・・・
それはともあれ、カルロスのホワニータを持ち出しての子育ての持論を聞いた時には「マザコンめ・・・」と思ったが、そのくらい縛りを入れたほうがガブリエルにとってはちょうどいいのかもしれない。最初から「人の手を借りよう」と思ってしまうと、ガブリエルはどんどん楽なほうに流れて行ってしまうから。
リリーちゃんのためにもいいママになってほしいものだ。・・・つーか、カルロスパパって、今何か仕事してるんだっけ??

前からフェリシアの真意をはかりかねていた。別に姉妹仲良かったわけでもないっていってたのに、何をポールに粘着しているのだろうと。
多分・・・仲がいいわけじゃなかった姉妹でも、身内が殺されて黙っているのはプライドの問題、みたいな、マフィアちっくな発想なのだろうか?
シロアリ駆除で殺される、っていうのはCSIでもあったっけなぁ。中を確認しないで駆除開始ってのがありえないけど。
ザックも一緒に殺されそうになったのだから、フェリシアとノアに利害の対立が出てきたわけで、そのうちフェリシアはノアによって消されちゃったり・・・しないか?

スーザン・・・については・・・語りたくねぇぇぇぇ。
ロン先生がいなくなったと思ったら、次なる被害者は私のクーパー捜査官?
それだけは許さん。
カールは常に、オーダーした瞬間に自分の食べるメニューへの熱意を使い果たすタイプなのかな。目の前に運ばれてきた自分の皿より、他の人が頼んだ別のメニューが食べたくて仕方がなくなるという。
カールがバカなのは言うまでもないが、別れたって聞いたとたんよりを戻すスーザンもバカだ。
イーディとジュリーが心からかわいそうでならない。
両親がよりをもどしてる最中、ひとりでキッチンで、巻き込まれまいと無言でシリアル食べてるなんて、どこまで大人なんだジュリー。
スーザンに必要なのはあれだ、「オランダ人のセラピスト」・・・要するにそれは「打つ手なし」ってことかもしれないが。


【 脇俳優チェック 】

◆誘拐事件裁判の担当検事 ....  Sally Ann Brooks
「グレイズアナトミー2」5話「痛みの処方箋」では、麻酔薬のアレルギーのため痛みを紛らわそうとしてポルノを見ていたのに、病院が停電になってしまったためにクリスティーナが代わりにポルノを語ってあげた患者、ラモント氏の奥さん役で登場していた。からみはなかったが、アディソン役のKate Walshの親友だそうだ。
他に「ER」「名探偵Mr.モンク」など出演作多数。

◆ブリーの継母エレノア .... Carol Burnett
歌って踊っての古き良きミュージカルコメディエンヌで、自前の「キャロル・バーネット・ショウ」で人気を博し、多くの映画に出演している。親友のジュリー・アンドリュース(子供の名付け親になる仲)と一緒のショウ番組を制作している。
映画「アニー」では弟をアニーの実の両親にしたてようとした、孤児院のミス・ハニガン役。他に「おかしな結婚」「四季」など。
テレビでは「あなたにムチュー」で、ヘレン・ハント演じるジェイミーの母テレサ役(第1シーズンではNancy Dussaultが演じていたが第5シーズンからの登場)を演じている。
私生活では三回結婚し、二番目の結婚で三人の子供をもうけたが、長女で女優のCarrie Hamiltonを2002年にがんで亡くしている。

◆ブリーの実父ヘンリー・メイソン .... Ronny Cox
オフィシャルサイトあり
「ビバリーヒルズコップ」シリーズではビバリーヒルズ警察のボゴミル刑事部長役を演じている。1ではアクセルの越権行為に怒っていたが事件を通して友情を結び、2ではボゴミルが撃たれた事件でアクセルが駆け付けるのだった。(3には出演していない)
「トータル・リコール」では火星の支配者コーヘイゲン役、「ロボコップ」では強盗一味と手を組んでいた上司のジョーンズ役、「ホワイトハウスの陰謀」では大統領役と、「やっぱり悪いやつだった」みたいな映画のキーマンを演じていることが多い。
ドラマでは「スターゲイト SG-1」でキンゼイ上院議員(後に副大統領)役でシリーズン全般に登場し、政治的な裏工作によりSG-1を危機に陥れるイヤーな存在。
「CIA:ザ・エージェンシー」では第1シーズン途中までCIA長官アレックス・ピアス役を演じている。ピアスは失脚して途中退場。

◆ソリス家の養女リリー .... Hope & Faith Dever
乳幼児子役のスタンダードで、双子でのダブルキャスト。オフィシャルサイトあり
「インベイジョン」8話「母性」では、管理棟に捨てられていた赤ん坊役。母親が「生存者」のために出産の記憶が消滅、母性を示さなくなってしまって捨てられてしまった。そのためDNA検査をしても親子だという証明ができなかったのだった。

◆白アリ駆除業者 .... Jack Guzman
ラテン系の顔で書類を持ってるほうの駆除業者
「FBI~失踪者を追え2」14話「ジェシカの真実」では、「Bライン」というキーワードを預かってきたルカ・ヴェレス役で、「コールドケース」第1シーズン7話「ドラッグクィーン」ではティンカーベルの店のバーテンダー役で、それぞれちょっとずつ出ている。
「CSI:マイアミ」第1シーズン19話「プールサイドの処刑」では、プールサイドで日光浴をしている状態の遺体を発見する、ホテルの従業員役で冒頭に登場。

◆パーカーの学校のペイト先生 .... Amy Hill
「フレンズ」第7シーズン9話「フィービー 夢の自転車」では、モニカのキャンディを「遠くからお客様が来るからどうしても」と時間外にもらいにきた女性役。ジョーイの下の部屋に住んでいて、えっちの声がすごいらしい。
「Japanese-Finnish-American」だそうなので、日本&フィンランド系アメリカ人?
「FBI~失踪者を追え3」4話に登場予定。

◆歯科医のオーソン .... Kyle MacLachlan
デヴィッド・リンチ監督作品「砂の惑星」でデビュー、「ヒドゥン」「ブルーベルベット」などの作品を経て、「ツインピークス」のクーパー捜査官役で大ブレイク。日本でインプレッサのCMに出演するなど大人気だった。
その後「フリントストーン/モダン石器時代」の上司役などコケた時代もあったが、「Sex and the City」でシャーロットの夫になったトレイ役などで、役の幅が広がったような。
第3シーズンまでずっと出演継続中なので、当分彼を見ることができそうなのがうれしい。

◆バンドのヴォーカル .... Ken Weiler
あんまり顔は見えていないが、カールがスーザンを呼んで良しあしを決めさせようとしたバンドのヴォーカルのひとのこと。
「フレンズ」第4シーズン2話「迷い猫に母の魂!?」で、チャンドラーとジョーイはジョーイが日曜大工で作ったバカでかい棚が邪魔になって売ろうとするが、それをカヌーと交換しようと言ってきた二人組の男の片割れを演じていた。二人のうち、カヌーを作ってルームメイトを困らせていたほうの男。
「FBI~失踪者を追え2」16話「22歳の笑顔」では、かつてセックス依存症で売春を繰り返していたが、立ち直って足を洗いコーヒーショップで働いていたジェシカに、昔の「客」として声をかけた男の役で登場。
関連記事

▶ Comment

>あこさん
>ブリーのクッキーがまずいわけないのにっ!
まったくです(^_^;)いっぱい食べたくて行ってたのに違いありません。そういう意味では、ブリーの操縦法を誰よりもわかってる存在かもしれないので、恐るべしなのですが。
クーパー捜査官は本当に素敵だったんです(過去形)(T_T)
モルダーの女装もなんのその、って感じの美しさでした(そんなわかりにくいたとえ)。
だからスーザンとは絶対絡んで欲しくないんですけどねー。むしろブリーと何かあるなら楽しみなんですが、スーザンはいったん近づいてきた男は手放さないからなぁ・・・

>はなさん
皆様トレイでの印象が強いですか・・・クーパー捜査官は素敵なんですよぉぉぉ!!(まだ言うか)
ロン先生は結構好きでしたけど、スーザンから解放されたことを祝福するべきでしょうかね(^_^;)
2007.02.24 04:56 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
クーパー捜査官っていうか、私にとってはトレイ・マクドゥーガルです。吹き替えの方が違うから、ちょっと辛くて英語音声で見てみたり・・。
トレイ、3シリーズまで出るんだぁ・・。私はロン先生のほうが好みなんですけどねぇ。笑
2007.02.21 05:16 | URL | はな #79D/WHSg [edit]
こんにちは!エレノアならあのセリフ言っちゃいそうですね。ほんとに腹の立つ人でした。ブリーのクッキーがまずいわけないのにっ!
私も、カイルはトレイの印象が強いのですが、ツインピークスもチラッと見たことあって!クーパー捜査官ステキですよね。なので、スーザンとお近づきにならないことを祈るばかりです。シーズン3にも登場とは!これからどう絡んでくるか楽しみです。
2007.02.19 14:21 | URL | あこ #79D/WHSg [edit]
>Anneさん
他にも継母の情報があったような気がするんですが、結構忘れてるもんですね。どんなにいじめられても、ブリーはきっと負けないと思います。
そういえばトレイはダメ度高かったのでした。カイル・マクラクランは、役の上でも実生活でも、非常に女難の相があると思います・・・。なんでほんと、みんながみんなスーザンに(T_T)
ピーターの出番は・・・ん~(^_^;)

>スーさん
ジュリーはほんと、とびとびに出てくるので、久々にみるとはっとするほど大人びてますよね。
今回のジュリーはほんとにかわいそうでした。あれだけやめろやめろって忠告したのに、ママは何も聞いてくれなくて、それでまた自分にぐちぐち言ってくるんだって言う・・・悟ってますよね。
クーパーは「魅入られる」のが常なのです(T_T)

>柳田キャサ子さん
フェリシアはほんとに「読む」のが難しいです。存在感だけでおなかいっぱいにさせてくれるのはいいのですが(^_^;)
「弁護士」→「配管工」→「外科医」→「歯科医」
・・・こう並べると確かにムカつきますね(^_^;)
しかも外科医以外はキープしてるしなぁ。
マイクだってあれはキープに入りますよね(^_^;)
どこがいいんですかねー(ああミも蓋もない)
2007.02.19 00:29 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
一番気になるのが「フェリシアの思惑」なんですが、今回ザックも殺そうとした訳で…話が違う方に動くと面白いですね。
ジャスティンはもっと「悪いヤツ」だと思ったのに、あれはあれでうまく行きそうになっちゃって…(でも行かないんだろうな)
それにしてもスーザンの「弁護士」→「配管工」→「外科医」→「歯科医」という軌跡が許せん!
2007.02.17 16:40 | URL | 柳田キャサ子 #79D/WHSg [edit]
なんだかジュリーが大人びてきて、きれいになっていましたねぇ。
あんな両親に振り回されるのは、本当に可哀想・・・。 けなげだ。
クーパー捜査官、スーザンには近寄らないで!キケンですよー。
もう、ほんと、最悪ですな、あの人たち

ガブリエルとリリーちゃん、うまく行くといいけど、不安材料が多すぎて 安心できませんねぇ。
一緒にエクササイズしてたときはすごく微笑ましかったけど(笑)
2007.02.17 14:20 | URL | スー #79D/WHSg [edit]
そうだ、ブリーにあのコメントを残したのって継母でしたね。なんだ、この失礼なおばちゃんは…って思いながら見てました。なるほど、つながりました。正直、ブリーをいじめないでという気持ちでいっぱいです。
カイルはわたしの中ではトレイなんですが、スーザンに興味を示して、さらにダメ男度がわたしの中で急上昇中です。なぜみなスーザン???
ピーターは今回ちょっとのご出演でしたが、まだしばらく出るんでしょうか。気になっています。
2007.02.17 07:36 | URL | Anne #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/444-ff3dd15f

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。