スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ホワイトハウス 20話「「大いなるジレンマ」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 14.2005 ザ・ホワイトハウス 6 comments 0 trackback
【ドナの出張】
ジョシュから頼まれて、ドナはホワイトハウスからのメッセージを携えて、ノースダコタ州の州都ビスマークの集会へ出席する。
ノースダコタは、イメージが悪いからと「ノース」を州名から削除したいという希望を持っており、政府の見解を求めようとするが、ドナはうまくかわす。

【サムの失敗その後】
サムはアシスタントたちから、「リッチー知事の有力スポンサーである砂糖業界が自然破壊をしていることを突くべき」と進言をもらうが、失敗のことで気落ちしていて積極的になれない。
気持ちを切り替えて仕事に向かおうとするが、チャーリーがことあるごとに励まそうとしたり、ドナが出張先で会ったサムの友人から心配する言葉を言付かったり、みんなから傷口を掘り返されてしまう。
みんながサムを気遣う中、トビーは、サムを突き放すことで怒りを力に変えて欲しいと願う。
サムは次第に立ち直り、砂糖業界のことは攻めの戦略で臨むべきだとトビーに言う。

【チャーリーの秘書探し】
バートレットはチャーリーを連れてランディンハムさんの墓参りに。
彼女の事故死から一年がたとうとしており、バートレットはやっと代わりの秘書を探す気になる。
チャーリーはバートレットがそういう気持ちになってくれたことを喜び、熱を入れて候補を選定。
やがて「ある人」こそがふさわしいと思い至ったようなのだが・・・・

【今度はジョシュの失敗】
ジョシュは休日をエイミーと一日一緒に過ごす予定だったが、ピンテロ議員に会う予定を度忘れ。
ピンテロ議員は福祉法案の見返りとして、結婚奨励制度に3億ドルの予算を割り当てるように言ってきたのだった。
ジョシュは帰宅後そのことを漏らしたところ、エイミーは結婚奨励制度を大批判、法案成立阻止のために女性団体に根回しを開始。そのためにジョシュの携帯をシチューに投げ込むなどして、ジョシュの出鼻をくじく。
楽勝で通るはずの法案がエイミー一派の反対により暗雲が立ち込めてしまい、焦ったジョシュは法案の投票日を早めてエイミーの工作を封じようとと画策する。
ちょうどバートレットが観劇を予定していた「薔薇戦争」を、リッチー知事も見に来ることがわかり、かち合うことを避けるために観劇を中止させようということに。ジョシュは中止の言い訳に、投票日をその日にぶつけることを思いつく。
しかし「薔薇戦争」を見るのを心から楽しみにしていたバートレットは、ジョシュがエミリーに情報漏えいしたことが原因だと知り、激しい怒りをジョシュにぶつける。
ジョシュはエイミーに対して後手に回っていたことを反省し、政府の一員として強い態度に出る。

【CJの恋】
サイモンは外部のジムは危険だと、SS用のジムにCJを連れて行く。
CJは射撃に興味を持ち、サイモンの腕前に驚嘆する。二人の距離は次第に縮まっていくが、脅迫者はいまだにその姿をあらわそうとはしていなかった。


【シャリーフのテロ】
クマーの国防大臣シャリーフ首謀によるテロ、との情報を受け、国防会議においてシャリーフをどうするべきかが話し合われる。
最大の問題はシャリーフに結びつく確証がないということで、しかもシャリーフにつながる情報はロシア軍の拷問によって引き出されたものであった。
バートレットはシャリーフを訪米させない方針でいこうとするが、フィッツウォレスはレオに「シャリーフをアメリカに来させて手を打つべきだ」と主張する。



ノースダコタサウスダコタの微妙な対抗意識みたいなのは、なんとなくわかる。
日本でも・・・・今自分の住んでるあたりで合併プランが持ち上がった時、市の名前の問題が最大の争点になったしなぁ。
でも、「ノース」をはずしたからって、マウントラッシュモアを超える観光資源がホイホイ歩いてきてくれるわけじゃないだろうに。
ノースを言い訳にしてるだけって感じが。・・・・ドナが「それとマウントラッシュモアもね」って、いつもの調子でつっこみたいけど、場をわきまえておさえてるようなとこがおかしかった。
ドナの派遣は、選挙の時期に権限のある人間を派遣すると一時的な人気取りと場のムードで言質をとられかねないので、軽んじてはいないが明言もしないよという意思表示で、実にバランスの取れたやり方だと思う。
適当にやってるようで、実は細かく配慮されていたりするんだな。

サムの失敗、そんなにいつまでも言われるほどのことでもないだろうと思っていたのだが、本人の気持ちよりも周囲が「気にするなよ」っていつまでも言ってくるということで余計に落ち込む、というのに笑ってしまった。
よってたかって励ますつもりが、そのたびガーゼをはがして傷口を見せてあげないといけないサムの立場になったら、つらいよなぁ。
ジョシュとドナは割とポンポン言い合ってる関係だけど、サムのアシスタントの二人は比較的サムに優しいような感じ。今回のことも元気付けようと一生懸命考えたのだろうか。

エイミーとジョシュは、付き合うまでの過程がけっこういい話だったが、付き合ってからは「この二人、長くないんだろうなー」と思うようなことが多くて。
携帯とコード切りは・・・・やりすぎだよなぁ、あれは。
で、ジョシュとエイミーのの痴話げんかのあおりで、先週からずーっと楽しみにしてた「薔薇戦争」の観劇を中止にされようとしてるバートレット。
あれだけ楽しみにしてたのだから、そりゃ怒るよなー。
バートレットのイヤミではないが、エイミーはあれだけ力があるのだからそれを選挙に利用しない手はないと思うのだが、やはりジョシュの立場上まずいのだろうか。
それとエイミーを選挙参謀に入れると、リベラルに軸がふれすぎてしまう恐れがあるので、それを避けたということなのかな。

ぜひ、エインズリーとエイミーの、ジェンダーガチンコ勝負を見てみたいもんだと思うのは、私だけだろうか。
そのエインズリーはマイアミにいるからたまにしかワシントンには顔を出さないわけだが。
ただエイミーはセクシーなドレスでドレスアップしたり、彼氏のためにお料理を作ったりするのだから、ジェンダーフリー論者ではないのだろうけど。意外とこの二人、気が合うか?
しかしエイミーって、どういうポジションにある人なのかなぁ。いまいちよくわからない。

今回の原題“WE KILLED YAMAMOTO”だが、山本五十六のことだったのだな。
つまり、「アメリカの民間人の被害を最小限に抑えるためには、相手側の首謀者をいかに早く摘み取るかだ」ということなのだろうが。
フィッツウォレスのような立場・・・・本人言うところの「戦争のエキスパート」の立場の人間は、実際に現米軍においても、「太平洋戦争においては山本五十六の殺害が効果的だった」という認識でいるのだろうか。
できることなら、それは脚本家の思い込みであって欲しいものだ。
山本五十六が米軍によって殺害されたことで、早期終戦派がかえっていなくなった日本軍は、引きどころを見失ってしまったわけだから。

それにしても、フィッツとレオのシャンプー談義。
 フ「シャンプーを変えただろう。いつものようにふんわりとしていない」
 レ「・・・君のために変えたんだよ」
 フ「それは嬉しいな」
思わず、その時飲んでいたコーヒーを、ほんとに文字通り漫画のようにブッと吹いてしまった。
フィッツは、レオの髪型をいつもチェックしてるのだろうか。それで「今日はふんわりしてるな」と思ってるとか・・・・何かこう、愛を感じるような。
ジョークなのだろうが、なんでこんなにおっさんたちの会話が女子高生みたいにかわいいの?いいのか、それで!

CJは・・・・なんかもう、見てるほうが照れる。
次回の予告の「が」が気になる。見たいような見たくないような。・・・・って、最終回か!!
関連記事

▶ Comment

ほんと、アメリカ的にはこんな風に思ってるんだなぁというのがわかったりして、たびたび目からうろこです。
学んだり、笑ったり、感動したり、考えさせられたりと、TWWには「お世話になりました」という気持ちです。
もっと早くに見始めておくんだった~~~。
2005.03.20 20:49 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
こんにちは。

>フィッツウォレスのような立場・・・・本人言うところの「戦争のエキスパート」の立場の人間は、実際に現米軍においても、「太平洋戦争においては山本五十六の殺害が効果的だった」という認識でいるのだろうか。

基本的にはそう思っているんですよね。きっと。
太平洋戦争のことなど、自国に関することを立場を変えた見方ができるのもTWWの魅力かな、なんて思っています。
それにしても、レオとフィッツの会話、大爆笑でしたよね。
真面目な顔をして表情ひとつ変えずにさらっとジョークを言い合う二人って...すごいです。
2005.03.18 18:28 | URL | porcorosso #79D/WHSg [edit]
ひめかさん、コメントありがとうございます。
エインズリー、CSIマイアミではファザコンだし子猫ちゃんキャラだしで、あんまり私は好きではない役です(^_^;)。
エインズリーのほうが男前(というのも変ですが)で好感が持てる感じですね。
私も最初全然気づかなくて、「どっかで見たなぁ」と思いながら、マイアミ1シーズン見たという間抜けな話です。

最終回、ちょうど見終わりましたが・・・・
寂しいのもありますが、内容が切なくてもう・・・・(T_T)(T_T)(T_T)

2005.03.16 00:08 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
Reiko KatoさんのBlogのトラックバックから来ました!
そして「エインズリーはマイアミにいる」というクダリに驚いてこちらに参上したのですが、なるほど、そういう事だったのですね。(笑)
それにしても、写真があまりに違っていて更に驚いてしまいました。ヘイズ役、と書いてなかったら私はきっと気付かなかったと思います。(^^;;;
今日は最終回ですね。寂しいです…;;
2005.03.15 16:46 | URL | ひめか #79D/WHSg [edit]
あと1回になっちゃいましたね・・・寂しいですねー。

>ほら、ほらって見せて回ってるサム
サムは・・・・ありそうです(^_^;)
ジョージ・ステファノプロス(クリントンの報道官)みたいに、ちょっと頼りなさげで小さくちょこちょこしてるイメージがどうしてもついてまわりますね。

TWWは、見た後に色々わからないこと調べたりして、興味が広がるドラマでした。
色んなことをこのドラマを通して知ったような気がします。
この後のシリーズも絶対やって欲しいですねー!!
2005.03.15 00:03 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
こんにちは。TBありがとうございました。

> そのたびガーゼをはがして傷口を見せてあげないといけないサム

キャハハ♪ ほら、ほらって見せて回ってるサムを想像しちゃいました。

エインズリーはマイアミにいる。なるほど(笑)

> 山本五十六が米軍によって殺害されたことで、早期終戦派がかえっていなくなった日本軍は、引きどころを見失ってしまったわけだから

そうかぁ こういう効果も生んでしまってたんですね。勉強になります。
2005.03.14 21:21 | URL | grace #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/45-a86ce975

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。