スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSI:NY2 第10話「マンハッタンキングダム」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 13.2007 CSI:NY 1 comments 0 trackback

ローラーダービーの試合中に乱闘が起こり、そのどさくさの中マンハッタン・ミンクスのスター選手シーヘイトミーが死亡し、マックとステラ、リンジーが捜査に当たる。
ライバルチームの選手から恨みを買ったのではないかと考え、シューズに狙って蹴ったとみられる血痕が付着していた選手に容疑がかかるが、死因は薬物DNPの摂取によるものだとわかる。
クリームなどにDNPを混入できる人物の犯行ではないかと考えられたが・・・
ダニーとホークスは、カーペットにくるまれて捨てられた身元不明の遺体の事件を担当。遺体を調べたところ、全身に紫外線を当てると浮かび上がる文字が書き込まれていることがわかった。
被害者は売り出し前の作家の卵で、彼の作品の最終章が全身に書き込まれていたのだとわかる。
彼がくるまれていたカーペットに付着していたDNAから、エディという男が浮上するが、彼は死体遺棄を目撃していたのだった・・・

---------------------------------------------------

グリフィンの(じゃないけど)作品、タイトルが「ワビ・サビ」だった。またジャパネスク?
読み上げていた内容のどの辺がワビサビなんだかは全然わからなかったけれど。

事件の設定としては非常に面白い。動のローラー・ダービーと静のハイパーグラフィアという対比に視覚的に引きつけられた。
だけど、捜査ものとしてはちょっとツメが甘いかなぁ。オーナーじゃなくて奥さん、編集とアシスタントじゃなくて夫、っていういい意味での裏切りがあったのはぞくっと来るんだけど。
なぜ遺体に書かなければいけなかったかとか、なぜオーナーじゃなくて妻だとわかったかとか、すとんと納得できる部分に落ちなかったりして。まぁ、断絶というほどの断絶ではないので、キャラに見とれてるうちに勢いで見て納得してしまうのだけど。

今回はマックが超ぷりちーだった。
NYの脚本&演出チームの人たちは、キャラクターの見せ方というのを非常に心得ているというか、特に2ndに入ってからキャラ萌えのツボ押しが的確になってきた気がする。
ポーカーフェイスのマックが女性陣にいじられいじられ、いじり倒されて目が泳いでキョドってる様子なんて・・・
たまりませんね!
リンジーがエイデンに1ポイントリードした瞬間を見たような気がする。リンジーはマックいじりでSなのだ。ローラーダービーの選手たちにいじられて、さらにステラとリンジーにダメ押しされる様子を見て、「鬼が増えたわ・・・」と思ってしまった。
む、これは私の中でリンジーをすでに受け入れつつあるということか?
 リ「モテますね!」
 マ「刑事だからさ」
そうかな? だったらドンちゃんはもっとモテるはずだ・・・
ドンちゃんたら、女の子の前でえっちな妄想してるようじゃモテませんよ!

マイアミが「全キャララブイベント発生中(ただしトリップ除く)」なのを見てると、NYの恋愛ネタのさりげなさってイイナ・・・としみじみしたりする。
ステラはアート刑事フランキー(だっけ?)と順調なようで、ニヤニヤしながらお電話中。何があって避けてたのかは謎のまま。やはり駆け引きだったのか?
ダニーは彼女からの電話をほったらかしてホークス先生とデート(違)。シンディっていうのかぁ。
曲のタイアップとかPDAとのタイアップとかだったのだろうか、ちょっと唐突な感じがしたけれど、そのうちちゃんと彼女ネタは拾って活かしてもらえるといいんだけどな・・・。だって、タングルウッドボーイネタもまるでなかったことにされている昨今だし。

今回のホークス先生はダニーとペア。
証拠か遺体かで、もちろん!・・・え?証拠?
無理せず好きな遺体のほうを選べばいいのに・・・。検死官の癖が抜けず、ダニーに余計なちょっかいを出してしまうホークス先生の生真面目さが好きさ。
ダニーの「いちいち口出しされたいかっ」の後、余分にもう一回振り返って「えへ」って表情を見せたところが二人の気やすさが感じられてよかった。今回はダニーに持っていかれちゃったな。

DNPの説明のところで化学式をマックとステラ二人ともすらすら書いていたが、CSIってほんといろんなこと知ってないといけないんですね・・・
アレだけ見ても「自分はCSIになれないわ」とか思ってしまった。
しかし、マックは繊細にちんまりと丁寧に描いていたのに、ステラのは大雑把で大胆にでっかくボードを使っていた。
ああいうところでも性格が出るのだな。


【 ト リ ビ ア 】

★ ハイパーグラフィア
今回の耳なし芳一遺体の犯人の病気は、書かずにはいられない衝動を抑えられないハイパーグラフィア(Hypergraphia)。書くことに意味があり、別に出版しなくても評価されなくても書けばそれで満足するらしい。非常に身につまされるというか。
出版するつもりがなかったから、遺体に最終章を書いてしまったの・・・かな?
ハイパーグラフィアについて詳しい本がこれ↓
書きたがる脳 言語と創造性の科学
書きたがる脳 言語と創造性の科学


★ ダニーの着メロ
ダニーが彼女のシンディから携帯(PDA)に着信した時の曲はCOLDPLAY「X&Y」の「Talk」
X&Y
X&Y



【 脇俳優チェック 】

◆補欠選手バーディ .... Emma Bates
ひとりだけDNPが検出されなかった選手。みんなにドーナツを差し入れて怒られた。
「コールドケース2」6話「デビルズプール」の三人の少女のうち、もともとはリタト友達のさえない子だったが、「さえない組」でいることに焦りを感じリタを殺害してしまったアリエルの現在版を演じている。アリエルは成長してドクターになっていた。

◆チームコーチのチザム .... Shawn Christian
「CSI:科学捜査班」第1シーズン15話「歪んだ愛」で、トップダンサーの家の留守を預かって、そこでセレブパーティを開いていた謎のカップルの片割れパトリック・ヘインズ(実は偽名)役を演じていた。
「フレンズ」第8シーズン11話「クリスマスカードはまだ早い?!」では、担当医の代わりにレイチェルを診察したドクターシフ役。レイチェルは妊娠4か月でホルモンに理性を支配されており、シフの診察にもフェロモンを感じまくって、顎の割れ目に指を突っ込んでしまったらしい。
「ビバリーヒルズ青春白書」第9シーズンでは、ドナがノアと二股をかけたウェイン役。
「CSI:マイアミ5」1話に登場予定。

◆被害者の作家の卵グリフィン .... Joshua Dov
「CSI:マイアミ3」11話「妻たちの危険な情事」の冒頭で、部屋で見てはいけない金を見てしまったために殺害されたホテルのボーイ役で登場していた。

◆チームオーナーボナーの妻 .... Jenna Gering
オフィシャルサイトあり。「ジョーイ」第1シーズン21話「スパイなんてヤダ!」では、サラに見せつけるために呼び出したジョーイのデート相手ヘザー役。出演した時の様子の写真が公開されてたけど、手の位置が微妙。
「CSI:2」第5話「破壊捜査 壁の向こう側」で、鼻血を自由自在に壁に撒き散らす男(我ながらすごい説明)の元恋人で、死んだと疑われていたアリソン役で登場していた。

◆担当編集カーラのハイパーグラフィアの夫 .... Eric Lange
「CSI:5」7話「狼少女」では防犯ビデオの係の男性役で登場していた。父の気を引きたいカジノオーナーの娘ジャネルに頼まれて、ビデオを工作していたのだった。
「コールドケース3」18話、「FBI~失踪者を追え3」18話、「ザ・ホワイトハウス6」5話、「ER 12」2話にそれぞれ登場予定。

◆マンハッタンミンクスのオーナーのボナー .... Robert Mailhouse
「CSI:マイアミ3」18話「配達された悪意」では、スケボーゲーム会社の社長デイブ・ストロング役で登場。
「CSI:3」11話「殺しのレシピ」で、精肉工場のグラインダーに腕が詰まってるというかなりグロな事件で、被害者の働いていた五ツ星レストラン「ド・ブレフ」のオーナー役で登場していた。
「メルローズ・プレイス」第5シーズン18話「苦悩する女達 私を抱いて」で、ピーターの新しい上司外科部長として就任、対立したゴールドバーグ医師役。
俳優業よりは、「キアヌ・リーヴスとバンドをやってる人」として知られているのではないだろうか。キアヌがベースを担当して来日公演までやったバンド「Dogstar」とその後別ユニット「Becky」まで、ドラマーとして参加していた。現在はどうなってるのかな?
「FBI~失踪者を追え4」13話に登場予定。

◆被害者グリフィンの担当編集で不倫相手カーラ .... Mia Sara
「レジェンド 光と闇の伝説」でトム・クルーズが魔王の手から救い出した王女様リリーや、「フェリスはある朝突然に」でフェリスのガールフレンドスローアンを演じていた、キュートだった彼女ももうこんな・・・とほほ。
夫はショーン・コネリーの息子ジェイソン・コネリー。

◆被害者グリフィンの兄 .... David Starzyk
「CSI:3」12話「捨てられた目」では、検死官助手デヴィッドが検死を行おうとしたら実は生きていたとわかって蘇生をした(けど後でやっぱり亡くなって二度目の検死解剖を行った)被害者で車のディーラーのフレッド・スターンズ役で登場していた。
「フェリシティの青春」第2シーズンでは、ベンが付き合っていた年上の人妻マギーの夫シャーウッド氏役で登場していた。
「CSI:マイアミ4」24話に登場予定。

◆婦警でローラーダービーの選手ポリー ....  Noa Tishby
オフィシャルサイトあり。
「CSI:マイアミ」第1シーズン19話「プールサイドの処刑」で、冒頭プールサイドで殺害されて発見された被害者グロリア役で登場。実は証人保護プログラムによって別の顔を持ちながら、セレブ生活を送っていた謎の多い女性だった。
「4400」第2シーズン4話「奇跡を売る男」では、4400センターから表彰された有名歌手クロエ役。有名人の推薦を得ることでセンターの知名度を上げようとするコリアーは彼女と関係を持ったため、デヴォンの自殺の引き金となってしまう。
関連記事

▶ Comment

見終わったあと
「あれ?ミア・サーラはどこにいたっけ」と思ってました。
編集者だったんですね。
あー(何もいうまい)
旦那はいい男ですね。
コールド・プレイの音楽をきくと最近はケロヨンの顔が思い浮かぶのであんまり…。
マック可愛いですね。
もててるし。
NYはホークス先生のアップが多くて眼福です。
ドンちゃんもいいキャラだし、NYも家族的でいい感じになってきましたね。


2007.03.14 11:21 | URL | エレイン #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/460-c8ad9051

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。