スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSI:3 第10話「翼の折れたイカロス」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 17.2005 CSI:科学捜査班 0 comments 0 trackback
【CASE ジミー・マウラー】
 現 場 :市内の6階建てのビル
 被害者 :スポーツ用品店員ジミー・マウラー
 死 因 :窒息死
 関連人物:精神分析医兼タトゥー師、パラグライダートレーナーのリック・レストン
      ジミーの同僚フレッド・ダックス、カメラマンの女性
 担 当 :ギル・グリッソム、ウォリック・ブラウン、ニック・ストークス、ジム・ブラス警部
 背 景 :突然ビルの上から男が落ちてきて死亡。飛び降り自殺かと思われたが足跡なし。
      頭部が激しく損傷し、屋上に血痕。現場に鈍器も発砲した形跡もない。
      検死により死因は窒息死で、超高度から落とされたものと推察されたが、事件当時に
      現場近くには飛行機は飛んでいなかった。
      服に黄色い粒、腕に特徴的タトゥー。

タトゥーに掘り師のサインが入っていたので、掘り師の記録から遺体の身分が割り出された。
タトゥーのデザインはイカロスで、それを掘った被害者はジミー・マウラーとわかった。
しかしジミーは私書箱をいくつか持っているものの、定住しておらず各地を渡り歩いてシーズンスポーツを楽しむ男だったので、そこから先の手がかりが途絶えた。
ジミーの服についていた黄色い粒はピニョンパインの花粉だった。ピニョンパインの生息地と「空を飛ぶもの」の共通点を探したところ、パラグライダーに行き着いた。ジミーはパラグライダーもやっていたのだ。
パラグライダークラブのトレーナーのリックによると、ジミーはスタンドプレーが過ぎるはみ出し者であったという。
ジミーの車と荷物は置き去りになっていたが、彼のキャノピーはボロボロになっており、飛べる状態にはなかった。
パラグライダーを撮影している写真家の女性によると、ジミーは自信家で、それゆえにいつもフレッド・ダックスと張り合っていたと。
フレッドはジミーと同じ掘り師にタトゥーを掘らせ、同じスポーツ用品店に勤めて、何かといがみ合っていた。死んだ当日も一緒に飛んでいた。

キャノピーに残っていた上皮組織から、ジミーのキャノピーをずたずたにしたのはフレッドとわかった。
ジミーはクラブのキャノピーを借りていたのに、リックは貸していないと嘘をついた。
リックもフレッドも、「ヤツがあまりに傲慢なので鼻柱を折ってやりたかっただけ」と口をそろえ、ジミーが自分でコントロールを失っただけの事故だという。
しかし、急激な上昇で窒息したなら、なぜ携帯していた酸素ボンベを使わなかったのかという疑問から分析してみたところ、高度計が狂わされていたことがわかった。
高度計の計器の中には、フレッドの指紋が発見された。わざと600メートル低く表示されるようにしてあったのだ。
ウォリックは、フレッドのタトゥーに潜むジミーへの憎しみと復讐を指摘し、事件を解決に導く・・・


【CASE ロジャー・エドモンズ】
 現 場 :バーの駐車場
 被害者 :ロジャー・エドモンズ
 死 因 :至近距離からの銃殺
 関連人物:バーのウェイトレス、ロジャーの近所の住民ネッド・ブルックマン、
      ロジャーの近所の住民フランク・クラフト
 担 当 :キャサリン・ウィロウズ、オライリー刑事
 背 景 :ウェイトレスが現場を目撃したが、犯人の顔は見ていない。
      犯人はピックアップトラックで逃亡。
      ロジャーは常連だったが、普段はビールなのにバーボンをあおり、喧嘩を待つような
      飲み方をしていたという。凶器はロジャーの銃だったが、通常大きすぎるもの。
      現場に血液と毛髪があったが、動物のものだった。

発見された逃走車両は、荷台に桑の実がいっぱい落ちていて甘い香りを発していた。
その車の持ち主は、ロジャーの近隣住人のネッドだったが、ネッドは車は盗まれたのだと言う。彼の向かいに住むフランク・クラフトがいつも勝手に乗っていってしまうのだと。
ロジャーの家には桑の木が生えていて、あちこち枝が切られていて、高枝切り鋏が落ちていた。
フランク・クラフトに事情を聞きにいくと、あごに痣が。キャサリンはその痣を扱いなれない大き目の銃の反動でできたのでは?と疑う。
クラフトの家には犬小屋があったが、犬がいる様子はなく、CATVの線が切られていた。

キャサリンは桑の枝を採取して断面を照合したところ、クラフトの高枝切り鋏で切断されたものと判明。
ロジャーとクラフトは普段からいがみ合っており、ロジャーがクラフトのCATVの線を切断したのが引き金になった。
クラフトは仕返しにロジャーの桑の枝を切り落とし、枝を運ぶのにネッドの車を拝借。ロジャーはその仕返しに、クラフトの犬をひき殺したのだ。
そしてロジャーはクラフトのさらなる報復に対抗するために、銃を購入して煽るように酒を飲んでクラフトの来訪をバーで待っていた。
案の定逆上してやってきたクラフトとロジャーの間でケンカが始まり、泥酔していたロジャーは簡単に銃を奪われクラフトに撃たれたのだった。
隣人同士の些細なことの積み重ねが、命を奪うまでの争いに発展してしまった・・・・



この回はサラが「残業枠いっぱいのため」捜査に参加できず。このひとたちのシフト形態ってどうなってるんだろう、気になる。
それと、主任が耳の治療のために途中から捜査をいち抜けしていた。悪化しているようで、いつかは決断を迫られるようになるだろう。

トレーナーのリック・レストン役のひとは、どこかで顔を・・・・と思ったら、「24」のジャネットのパパで出てたひとかー!
いわゆる「テリー・バウアーを口説いていい雰囲気に持ち込んだ命知らずの男その1」ってやつだな。

ウォリックがタトゥーについてアドバイスを聞いた女性技師はアヤシイ魅力の女性。
「あっちのバラ(のタトゥー)のほうが魅力的だ」って・・・・
どこのバラですかウォリック!!
いつ見せてもらったんだおいおい。
この間DVD売り場にCSIのDVD発売記念で販促パンフが置いてあったのだが、キャラ紹介の部分でニックについて「女癖の悪いのが玉に瑕」って書いてあった。
しかし、自分が見る限り・・・・ニックって軽いけど実は堅いと思う。女性関連はむしろウォリックのほうが・・・・
女性陣は・・・・キャサリンもサラも、ありそうでなさそうなのだが。
そうそう、サラは「ハンクは彼氏じゃないわー」と言っていた。
ほんとか?
そして、ブラス警部は・・・・ホンジュラスで何をしていたのか?

関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/47-d508ff98

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。