スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FBI~失踪者を追え!3 第3話「光の記憶」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 20.2007 FBI~失踪者を追え 3 comments 0 trackback
【 失踪者 : テディ・コータ 】
FBI着手:失踪35時間後

聖アンデレ病院のX線技師テディが、何かにおびえるような行動を見せた後姿を消した。彼の不審な行動を見た同じアパートのコールガールが、病院に出勤していないと知って通報したのだ。彼女はテディの部屋に男が怒鳴り込んできていたのを目撃していた。
テディの部屋にはUFO関係のものがたくさん置かれ、頭部のX線写真が貼られていた。
テディには同じ病院に勤めているソーニャ・トラメルという恋人がいたが、4か月前にテディの子を妊娠したことを打ち明けた時に別れていた。テディは幼いころエイリアンに誘拐されたことがあると思い込んでおり、ソーニャはそのことを打ち明けられてついていけないと感じたのだった。
部屋の壁に貼られていたX線写真はテディ本人のもので、勤め先の病院のドクターに「頭の中にあるものを取り除くための手術を、危険でもいいからしてほしい」と頼んでいたという・・・

----------------------------------------------------

サムとマーティンがスカリーとモルダーなら・・・それじゃダニーはドゲット?(おでこのあたりとか)ジャックはスキナー?(おなかのあたりとか)
そういえばモルダーの妹は「サマンサ」だったっけ。

マーティンがマニアっていうのはなんとなく納得しないでもないが、サマンサまでちょっぴりオタクだったのか。でもあくまでもちょっぴりで、マーティンのマニアックぶりにはとても追いつかない。
「ちょっと勉強したから」って・・・嘘だ!
みんな騙されちゃダメだ―!
本当はマーティン自身がエイリアンなんだから~!

↓エイリアンのマーティン
TAKEN DVDコレクターズBOX

・・・とは言っても、「ダークスカイ」ではモルダーっぽいこともしてたか。

ジャックがまるで「CSI:マイアミ」のホレイショばりのキメぜりふを二連発。
「私がいいと言うまで一言もしゃべるな!」
「誰かを殴りたかったら、俺んところへ来い!!」
きゃーカッコイイわー・・・じゃないんだなぁ、これが。

マリアにぱこーんと召喚状をかまされ、エドに「これは戦争だ!」とズバーンと尻をたたかれ、ヴィヴに段ボール攻撃(思い込みだけどね)をドドーンと見せつけられ、仕方なく行き場のない怒りを容疑者にぶつけただけというか。
おっさん、それはカッチョ悪い・・・。
そしてヴィヴにたまってたことを全部ぶちまけられてしまうし。しかも全部正論だし。
ジャックに「黒ひげ危機一髪」のように、ざくっざくっとナイフを突き刺していくヴィヴの言葉攻めがストレートすぎて、ゲラゲラ笑ってしまったのは私だけではあるまい。「子供じゃないんだから」でぴょこ~んとジャックの首が飛ぶのが見えたような気がした。
「ゴミのように」とはひどいもんだ。一体サムをどんな捨て方したんだジャック。
NY市指定のゴミ袋にはちゃんと入れたのだろうか。

それにしても、今回は非常にパロディ的な要素が・・・
テディとダンカンがたむろっていたUFO仲間の名前が「クリアスカイ・ソサエティ」だけれど、これはマーティン役のエリック・クロースが「ダークスカイ」に出演していたことのパロディ・・・なのかな?
嫌いじゃないです、そういうの。いや、むしろ好き。
WATでは何回目かの「少年虐待趣味の鬼畜オヤジネタ」なので・・・
このくらいの遊びや軽さがないとスポルディングの呪いでどんよりするもんなぁ。

ダニーは・・・相変わらず託児所状態。ひとりだけストーリーから離れて「了解っす!」を確認させてくれるだけの存在になってる、というのもちょっとさびしい。ジャックの暴走を控え目に止めてるだけじゃ物足りない。
華々しく活躍してくれるダニーっていうのを今シーズンまだ見てないので、そろそろ出番なんじゃない?


【 脇俳優チェック 】

◆ベドフォード医師 .... Ivar Brogger
テディにペンダントを売り付け、メンインブラックを雇ってつかわした疑惑をもたれた医師。
「BONES」第1シーズン12話「ヒーローの死」では、マンガオタクでコスプレ姿で殺害されていたウォーレンの継父、ケルトン氏役で登場。
「Invasion -インベイジョン-」では、地球外生物に精神を支配される神父のスキャンロン役で第1話から登場している。
「CIA:ザ・エージェンシー」では、スパイ対策室のホランド役でサブレギュラー。

◆失踪者テディ・コータ .... David Eigenberg
http://david-eigenberg.com/
「Sex and the City」では、条件の差を乗り越える彼の人の良さからミランダが同棲、妊娠、結婚までした年下のバーテンダースティーブ役。第2シーズン以降にサブレギュラー。
「4400」第1シーズン3話「ホームタウンの英雄」では、4400としての力を使って、自分がさらわれる前の平和な街を取り戻すために自警団の活動に没頭していくスーパーの鮮魚売り場店員カール役。
「サード・ウォッチ」第3シーズン14~15話「失われた光」前後篇では、ボスコと組んで銃撃戦を調査していたお調子者の警官ロス役で登場。後篇で彼には悲劇が・・・

◆テディの同じアパートのコールガール ....  Navi Rawat
「NUMBERS」ではチャーリーの教え子の数学専攻の学生アミタ役でレギュラー。チャーリーに思いを寄せており、学生と教授という立場のタブーを乗り越えるために第2シーズンからは専攻を変更することに。
「OC」ではライアンの昔の彼女テレサ役でサブレギュラー。ライアンがコーエン家に移り姿を消したため付き合いは自然消滅し、エディーと婚約していたが、ライアンと再会したことでマリッジブルーが加速。マリッサとうまくいかないライアンと焼けぼっくいに火がついてしまう。
「24」第1シーズンでは16話以降に登場するリックの恋人メラニー役。ドラッグの取引があるというのに、キムがリックを頼ってやってきたため、面白くないやら邪魔やら。おとり捜査のせいで逮捕され、キムと同じ房に入れられさらにトラブルと、トラブルメイカーキムの負のオーラに振り回される一人。

◆テディのいとこレオ .... Raphael Sbarge
「NIP/TUCK」第3シーズン6話「フランケンローラ」では、葬儀屋の従業員で顧客の遺体からパーツを切り取って自分の妹の遺体をリニューアルしていた男、サイラス・プライン役で登場。
「ER」第11シーズンの16~17話
「堕ちた弁護士 ニック・フォーリン」ではニックの同僚弁護士ジェイク・ストラカ役でレギュラー出演。
「CSI:5」8話「第三の性」では、被害者ウェンディの婚約者ラナー役で登場していた。ウェンディが性転換者だとは知らずに婚約し、つつましい愛を育てていたかわいそうな男だった。
「Six Feet Under」第1シーズン7話「兄弟」ではゲイ疑惑がかかった神父クラーク役を演じていた。ほかに「プロファイラー/犯罪心理分析官」「チャームド~魔女3姉妹」「スタートレック・ボイジャー」など、ゲスト出演多数。

◆エイリアン仲間ダンカン .... T.J. Thyne
「BONES」では、テンペランスの所属するジェファソン法医学研究所の同僚のジャック・ホッジンス役でレギュラー。昆虫と鉱石が専門で、大富豪のボンボンであり、実家は研究所の隠れたスポンサー。同じチームのザックとの掛け合い漫才がドラマの持ち味になっている。
「CSI:NY」第1シーズン11話「3つの偶然」では、被害者の向かいに住む古本屋レイサム役。古本をダメにされたことを怒って殺人に手を染めてしまうという役柄。
「HUFF」ではハフの患者で、幼いころからのトラウマから排便を拒むニール役。
「コールドケース」20話「取引」では、株屋の「坊や」というかママの天使ちゃんキップ・クロウリー役。面倒見てくれた80年代男ランディ・プライスに憧れ、彼を想う気持ちに付け込まれ、母親共々騙されてしまった。
「フレンズ5」3話「フィービー、ついに出産!」で、フィービーの出産を担当する医者が「ファンジー」おタクだったのでフィービーがキレ、ロスが連れて来たドクターオーバーマンを演じていた。オーバーマンは飛び級で卒業したボクちゃん風だったので、フィービーは「こんなガキ」とさらにブチギレ。
「CSI:4」第14話「標的の死角」ではフロマンスキーが強盗と撃ち合いになったスーパーの店員で、恐怖のあまり店内で失禁してしまう情けない役をやっていた。
「NIP/TUCK」第2シーズン14話「トゥルーディ・ナイ」には、クリスチャンが盲目のナターシャと見る(?)ためのビデオを借りに行ったビデオ店の店員役で登場していた。
関連記事

▶ Comment

と、私も思っていました。
ヴィヴの言葉にはもう、全くもって「その通り!」割を食ったのは彼女ですからねー。
挙句の果てに「俺へのあてつけか?」はないだろー!と。ダンボール置いといたくらいで何さ。と思ってしまいました・・・
いつまでも『妻はそんな女じゃない』とか言ってるし、なにを甘っちょろい(笑)

あーあ、ダニーにもう少し活躍して欲しいですね、恋愛ゴッコをしている二人にも、あんまり興味ないし・・・
2007.04.21 21:45 | URL | スー #79D/WHSg [edit]
容疑者の頭を後ろからいきなりバコッて、
おいおい、でしたね。
ヴィヴにも手厳しくやりこめられるし
立つ瀬がない~カワイソ

なるほどキャストでなにげに遊んでいるのですね…(笑)
2007.04.20 23:46 | URL | PINGE #79D/WHSg [edit]
くまぷーさんにまでかっこ悪いと言われてしまうボス
不憫だ(爆)
しかし、そういわれてみると、侍化。
でも器が違います
侍だと、有無も言わさず返り討ちに遭いそうだけど
ジャックだと、あまり脅しになっていないのが怖い(笑)
と、今日は散々なジャック、ダメ押しは、
ヴィヴ&失踪者にまで八つ当たり。
堕ちるところまで堕ちたし次回は浮上してくれるでしょうか~(^^;

ああ!テディは、カールでしたか
あの話は印象的だったのに、ピンときてませんでした
そうか。あっちでは本当に誘拐されてたんだ
こりゃ、制作側、相当遊んだかな?(笑)
2007.04.20 23:29 | URL | まめ #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/487-aaee2b65

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。