スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FBI~失踪者を追え!3 第6話「母と子の明日(前篇)」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 10.2007 FBI~失踪者を追え 3 comments 0 trackback
【 失踪者 : コリーン・マクグラス 】
FBI着手:失踪23時間後

シングルマザーのコリーンがベビーシッターに、普段はシッターは休みの日なのに「会社の研修がある」と息子のジェイクを預けたまま姿を消した。
コリーンは貧しいながらもジェイクを身ぎれいにしており、きちんとした子育てをしていたようだった。ただ、シッター代も遅れがちだったのに、なぜか5日前に臨時収入があったようで、ジェイクの靴を買ったりしていたことがわかる。
しかしエブリマートの店長によると、会社の研修はなく嘘だったことがわかる。住んでいたモーテルには荷物がそのまま残されており、貧しい彼女は電話も公衆電話を使っており、手がかりは少なかった。モーテルの管理人は、彼女の元に男性が出入りしていたことでクレームがあったので、文句を言ったら反発されたと語る。
サマンサは彼女の境遇に肩入れしたのか、次第に感情移入を深めていく。そんな中、彼女には別の仕事があったことがわかるが・・・

----------------------------------------------------

前後篇というから楽しみにしてたんだけど、うーん、サマンサ特集かぁ(とかいきなり危険球)。
それでサマンサの暴走にジャックがひきずられて、焼けぼっくいでマーティンハートブレイクスペシャルなら・・・
それは楽しみかも~?(暴投)

荒れ球ついでに・・・あの予告はどっちが作ってるのだろうか。アチラ?それともこちら?
なんというか、やたら露出過剰な予告編ありがとうつーか。
1stの腹出しジャックの時も(「911の爪跡」だというに!)サムの血みどろ見せられて、「あ、足ね、だいじょぶなのね」みたいなネタバレかまされてしまったわけで。
またですか?前後篇の時は控えめにお願いしたいものなのだけど、まぁアチラ製作だったらしゃーないし。。

もしこちらだったら?・・・だったら・・・いや、予告より・・・
 萬田さんを!
(そっちかよ!!しかも別ドラマだし!!大暴投だよ!!)

サマンサが必要以上にコリーンに肩入れするのは、過去に何かあったからなのだろうか。少しくらいそれをちら見させてくれればいいのにと思ったが、後篇にお預けかな?
全く出し惜しみなことだ。
「コリーンみたいな人に何かあっても誰も気づかないし、
  だれも責任を問われない」
それが「許せない」とサマンサは熱く語っていたが、もちろんそれは「コリーン」もだけど「みたいな人」に目がいってるからこそアツくなっているのだろう。
サマンサがコリーンを通して見ているのは誰なのか。かつての自分なのか、それとも・・・
それが種明かしされないうちは、サマンサの飛ばしっぷりがウザく感じる気が。特に上の発言を語ってた前後、ヴィヴへのつっかかりとか、マーティンに「仕事しろ(意訳)」といなされるあたりとか。
俗にそれは「空回り」というわけですが。来週そのが空回りが飛んで飛んで回って回って、どこまていっちゃうのやら。別にサムが一人で空回ってるうちはいいんだけど・・・

・・・ジャックがなぁ。ハジけて腹見せるしな~・・・
おやじが血迷わなければ、私はサムがどこに飛んでってもかまわんのですけどねー。
多分、確実に、絶対血迷うわな・・・

そんな突っ走ってるサムを目の当たりにして、マーティンが終始「ボクの知らない君がいる・・・」っていうジェラシー含んだ視線を投げかけてたようで。
マーティンたら全然手綱扱えてないし。どうどうどう、と暴れ馬の首筋叩いて見せたとき(違)くらいじゃないかな、おとなしくさせられたのは。

そうそうその暴れ馬のシーン(どこやねん)で、とうとう!やっと!ダニーが気付いた!
あの「ハハァ~ン」という表情が何ともかわいかった。
気づくの遅いけどね!
多分ヴィヴはとっくに気付いてるような気がしないでもない。
そしてジャックは・・・気付いてないけどサムに打ち明けられて「知ってたよ」とか知ってたふりしてショックを押し隠すとか・・・そういう場面がありありと見えるようだ。
あああ、そんな無残なジャックは・・・・・見てみたいかも(退場)。


【 脇俳優チェック 】

◆失踪者コリーン・マクグラス .... Audrey Marie Anderson
WOWOWで7月から放送が始まる新番組「ザ・ユニット 米軍極秘部隊」にレギュラー出演するようだ。役名やこの写真から察するに、Scott Foley(「フェリシティの青春」のノエル役。声も置鮎龍太郎さんだ~)の妻の役のようだ。
「ポイントプレザントの悪夢」ではクレイマー家の娘(Richard Burgi演じるベンの娘)イザベル役を演じていた。

◆ジェイクの耳を診察したエバンズ先生 .... Ben Bode
「CSI:NY」第1シーズン23話「この目に映るもの」では、偽札に使われていたインクが特殊なものであったことから、その研究をしている第一人者の教授役として登場。ステラたちが情報をもらいに行っていた。
「コールドケース4」7話に登場予定。

◆テッド・フォートマン .... Christopher Cousins
コリーンがヘルパーとして掃除に行っていた家の主人。浮気がばれたのをコリーンのせいに。
「CSI:NY2」6話「青い血」では、ビルオーナーのオスカー・バウワーズ役。被害者の不動産王キンジーとライバル関係でもめていたためにちょっとだけ疑われる。
「ER ?」12話「新生児ICU」でアビーの担当していた新生児の父コルバー役で登場。コーデイが腸管壊死になった赤ん坊を手術するので急がせるが、アビーはちょっとだけ時間を取らせて、かけつけたコルバー夫妻に手を握らせたのだった。
「CSI:マイアミ3」16話「エバーグレイズ炎上」では、自分の息子が受けた性的虐待の復讐を、殺人鬼の死刑囚トッドに依頼した警備会社の社長サイラス役を演じていた。
「OC」では第1シーズン4話「デビュタント」で、マリッサの同級生ホリーの父フィッシャー役で登場。ジミーを信用して投資を依頼していたが、預けた金を横領されたと知り、娘のデビュタントパーティにもかかわらず殴りかかって場を台無しにした上、クーパー一家を苦境に陥れるのだった。
「コールドケース3」8話に登場予定。

◆ジャネット・マリス .... Cathryn de Prume
コリーンからドラッグをかすめ取ったシッターの女性。
「ER」第11シーズン13話「弱い者」では、塀から落ちたといって運び込まれた少年トーマスの義母役。トーマスは本当はいじめられていたのだが、仕返しを恐れて真相を言えず、それをプラット、ウェンデル、義母ら大人たちが自分の都合に追われるまま見逃し、トーマスは再び襲われて命を落としてしまうことになる。
彼女の兄は90年代のロックバンドWhite Zombie(すでに解散)のドラマーIvan de Prumeで、共同のプロジェクトサイトを立ち上げている。

◆レイ・ウィーバー .... Mike Dooly
コリーンの元彼でジェイクの父親。工事現場で働いているが、養育費は滞りがち。
「Sex and the City」第2シーズン7話「ひと目ぼれで電撃結婚」で、シャーロットが結婚式で出会った花婿の付添人マーティン役で登場。二人の関係は盛り上がったものの、その後マーティンの父とダンスしたシャーロットはお尻をつかまれてしまい、それをマーティンに言ったら信じてもらえず逆切れされ、あっけなく破局してしまう。

◆ベビーシッターのロリー .... Faline England
コリーンの失踪を通報したベビーシッター。
「ミディアム」第1シーズン12話「蘇った死刑囚」では、アリエルが学校で一緒に科学の課題をやることになった少年ショーンの母メリッサ役で登場していた。アリソンはショーンがアリエルを泣かせる夢を見て不安になるが、実はメリッサには秘密があるのだった・・・。
「CSI:2」7話「愛しすぎた男」で、踏切事故の被害者メーガンがドッグフードを買うために立ち寄ったダイナーの赤毛のウェイトレス。メーガンがダブルラテの男クロフトと言い争う様子を目撃、ブラスらに詳細を証言している。

◆モーテルの住民 .... Matthew Frauman
情報を聞かれてもいま一つ反応が鈍かった男。電話がかかってきて聴取が中断された。
「CSI:NY2」10話「マンハッタンキングダム」では、カーペット(死体入り)を運んでいる男を目撃したが、カーペットに触ったためにDNAが付着していて疑われたエディ役で登場していた。
クリスティーナ・リッチとつきあっていたことがあるらしい。彼女は「ジョーイ」のジミー(「フレンズ」ではチャンドラーのルームメイトのエディ)役のAdam Goldbergともつきあってたらしいので、「変な人」が好きなのだろうか?

◆量販店の店長デュエイン・バーティック .... Tim Kelleher
「CSI:マイアミ3」4話「汚染の輪」では、「フラッシュモブ」が流行していた学生と生徒の殺害事件で、舞台となった学校の警備員のバーンズ役で登場していた。
「CSI:4」第14話「標的の死角」でフロマンスキーを取り調べていた内務調査局の担当官で登場していた。
マーティン役のEric Closeとは「ダークスカイ」のジム・スティール役で共演している。「マッチスティックメン」「インディペンデンス・デイ」など、さまざまな映画の脇役でちょこちょこ登場しているひとだ。

◆コリーンの隣人の女性 .... Carol Locatell
「アリーmyラブ」第1シーズン5話「涙の数だけ」で、アリーはプリングルス欲しさに女性に足をひっかけて転ばせるとか万引き疑惑とかを起こしたために、弁護士監視委員会の査問委員会を開かれてしまうがその委員会のメンバーの一人フレム判事役を演じていた。

◆コリーンの失踪のカギを握る謎の男 ....  Geoff Meed
オフィシャルサイトあり。(開くとおどろおどろしい音楽がなるので注意)
「CSI:マイアミ」第1シーズン24話「死刑台への脱走」では、脱走した囚人の一人ハンク・カーナー役で登場していた。前科三犯の悪党で、カリーに立件されたことを恨みに思って脱獄、復讐のために襲いかかるのだった。
「CSI:科学捜査班」第1シーズン16話「氏名不詳の女」ではバイクの貸し借りで争いになって殺害を起こした男ロイ役で、正当防衛を主張して証言が食い違う。キャサリンたちは昼番から突然回された仕事で苦心する。
おっ、珍しく順調に犯人役でマイアミとベガスに出演してる俳優さんだ!これはぜひともNYでも犯人役で出演してほしいものだ。そしてさらに「コールドケース」でも犯人役で、「ブラッカイマーものでオール犯人」の金字塔を打ち立ててほしい。しかしコールドケースは犯人役にとってはかなりハードルが高いドラマだからなぁ。
正統派な悪役顔でワルの役がほとんどの彼だが、「ER」第8シーズン12話「不安と後悔と」では死刑囚の看守役を演じている。カウンティに運ばれた死刑囚についてきて、スーザンに対して「彼が悪化しても治療しないでくれ」と依頼する。しかしその意思に反してケリーが治療を行ってしまうのだった。

◆モーテルの管理人クリアリー .... Jim Ortlieb
「CSI:マイアミ4」24話「止まった時間 前篇」では、被害に遭って病院に運ばれたマリソルの担当医として登場。
「BONES」第1シーズン9話「過去からのプレゼント」では、ラボ内部が生物汚染されて閉じ込められたテンペランスたちに、サンタさんの扮装で事後の指示を行った担当官役で登場。
「CSI:NY」第1シーズン15話「死が二人を分かつまで」では、死者の棺からブランド物の衣装を盗んで古着屋に転売した葬儀屋役で登場していた。彼が転売した衣装にしみこんでいたホルマリンのせいで、その衣装を着た花嫁が結婚式の最中に中毒死した。
「CSI:科学捜査班」4話「不倫の果て DNAの証言」では、被害者ウェンディの不倫の事実に感情的に肩入れしてしまったキャサリンが被害者夫にその事実を告げてしまったため、不倫相手を殺して死体を増やしてしまうことになった、ウェンディの夫のウィンストン役を演じていた。
「ロズウェル 星の恋人たち」第1シーズンでは、テスの父親ということにして表向き生活しているナセドの、エド・ハーディング役を演じていた。
「フェリシティの青春」第4シーズンでは、医学コースのホッジス教授役を演じていた。想定外の問題を出題してベンを落第させたりしていた。「FBI~失踪者を追え3」では前後編7~8話に登場予定。

◆コリーンの息子ジェイク .... Connor & Garret Sullivan
アメリカの子役ちゃんにありがちな「双子で一役」パターン。
日本では未放映だが、ABCのコメディ「According to Jim」では、ジェームズ・ベルーシとコートニー・ソーン・スミスが演じる夫婦の子供の赤ちゃん時代役を2年間つとめていたらしい。現在は別の子役ちゃんに交代したようだが、写真を見るとかなりかわいい。
関連記事

▶ Comment

>まめさん
日本独自なんですかー。見せすぎですよね・・・
これは後篇見た後に書いてるコメントですが、ジャックは腹が出せないくらい色々耐えてたんですね。
マーティンは耐えなさすぎですよね。

>PINGEさん
サム女王様?そしてマーティンは真性M??
やばいっす、それはやばい・・・(爆)
2007.05.19 00:25 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
詰め寄って注射器ひらひらさせて
吐かせて、
やっぱあ~げない、って、
意地悪しているサムに、
調子を合わせながらもマーティン君が
『ゾクッ』としているように思えて、
今回そこがお気に入りです。(ヘンな私…)
2007.05.13 23:06 | URL | PINGE #79D/WHSg [edit]
あははははは(乾笑)
まさにサムスペシャル。しかも前後編かよ!
ですよね(^^;
そして、あの予告はあかんです。
シーズン3の予告はみたことがないけれど
CBSのものは短いので、日本独自だと思われます。
(つーか、CBSはもっとみせてもいいと思うぞ!(笑))
あとは後編のジャックの腹に期待しましょう
(あるのか?(爆))
2007.05.10 23:52 | URL | まめ #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/504-41a5c9c1

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。