スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クローザー」 第10話「尽くしすぎた男」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 12.2007 クローザー 4 comments 0 trackback
フリッツがいない!ポープもいない!
何か番外編を見ているような気分・・・

道がわからなくて、ナビが使いこなせなくて、縦列駐車ができないブレンダが、どうやってロスで生活してるのだろう。
ぶつけたのは、あれはパトカーだったかな?大丈夫だったんだろうか。

検事のイェーツが、いきなり家に押しかけてきて上着脱いだりしてるから「こ、ここにフリッツがきたら!」とかドキドキしてしまったのに。
あまりに接近戦が多くてハラハラしたが、イェーツがあまりに無能で天然ボケ入ってるので、「まぁこれは恋愛発展はないな」と最後には安心してみていられた気もする。
多分、仕事離れて付き合えばいい人なんだろうけどね・・・。うーん、フリッツも職場サイドでは似たようなことを言われてそうな気も。
ブレンダはフリッツには皿をためてるとことか見せないようにしてるし、イェーツとのイビツな友情がそのまま続いていったら、フリッツにとってはかなりの脅威だったかもしれないけど・・・次がないみたいだからひとまずフリッツひと安心、かな?

いやほんと、イェーツはブレンダの敵ではない。
アルバートの遺体がガチャーンと飛び込んできたとき、イェーツはただぽかーんとしてるだけで、その場でブレンダに場を乗っ取られて仕事をすっかり横取りされてしまうというお粗末さ。
逆にブレンダの事件乗っ取りの鮮やかさったら。
ぱぱぱぱっと指示を出して、センキュ~センキュ~でお手手ひらひら振って去っていくブレンダ、あっけにとられて残される人々、笑いをこらえるガブちゃん・・・
勝てないわー。

ところで、今回部下たちがちょっと新たな一面をのぞかせていた。
ダニエルズはオシャレするとキレイっすねぇ。最初誰だかわからなくて、新しいキャラが登場したのかと思ってしまったほどだ。(でも彼女、中の人は今年で41歳。見た目もっと若いのに)
まだダニエルズとブレンダの直接的なふれあいは見えないのだが、黙々と仕事をこなしてるのが好感度高い。今後どういうキャラに育っていくのだろうか。
サンチェスは・・・(マジな顔してると、「グレイズアナトミー」のアレックスかと)いやーモテモテですな(違)
普段ダニエルズにセクハラジョークを飛ばしまくるマッチョな彼が、ゲイにせまられてみんなから笑われるという。いつものバチが当たったのだな。
そしてプロペンザ。今まで一度も誤りを認めて謝罪したことがなかったのだろうか。刑事のプライドより真相を、という、彼もブレンダにいい方向で影響されてきたような気がする。

いいチームになってきた・・・って思ってると、そこにポープの逆ねじが来るから油断できない。
ところで、第1シーズンって全部で13話なんですね。ありゃ、もうすぐ終わりか!早っ!
面白いドラマは終わるのもあっという間だなぁ。


(今週の脇チェックは、チェックのポイントが多すぎた&写真の見つからない俳優さんがいたので、↓この形式で。どっちが楽だったかなー。とほほ)

【 脇俳優チェック 】

◆検事のイェーツ .... Thomas Ian Griffith
今のところ今後の出演の予定はナシ。
ジョン・カーペンター監督の「ヴァンパイア・最期の聖戦」でヴァンパイアの役を演じているのが代表作らしく、その画像が非常に多い。
「ベスト・キッド3/最後の挑戦」では、ミヤギとダニエルに復讐をたくらむシルヴァー役を演じている。
「コールドケース4」11話に登場予定。

◆ダットン家お抱え弁護士のブルーム .... Stephen Tobolowsky
「CSI:マイアミ」の第1シーズンと第3シーズンに登場している州の検事補ハフマン。事件がこじれたり複雑化したりしてデイド郡からフロリダ州の扱いになると登場していた。
「デスパレートな妻たち2」22話「気がつけば独り」では、スーザンの家が(イーディによる)放火だと判明したので、保険金がすぐには下りないと言いにきた保険屋バド・ペンロッド役。
「シカゴホープ」「ザ・プラクティス」「あなたにムチュー」などなど多数のドラマのゲストで、しかもドクターや弁護士など頭脳労働者タイプの役で登場することが多い。
「メメント」ではレナードの手に彫られた「サミー・ジャンキスを忘れるな」のジャンキス役。前向性健忘症になったと訴えたがレナードが嘘と見破って保険金が下りなかった男だ。
「恋はデジャヴ」ではビル・マーレイの同級生ネッド役。繰り返される同じ日の中で必ず会う相手だ。「カントリー・ベアーズ」では、ハーレイ・ジョエル・オスメント演じる(声)ベアリーが実子(のつもりで)暮らしている人間の一家バリントン家のパパ役。その他多くの作品に出演している。

◆ダットン家のゲイの息子デブリン .... Rick Ravanello
「デスパレートな妻たち」第1シーズン17話「届かない言葉」では、イーディの家の再建築現場で働いていた、イーディが目をつけていたセクシーガイ?ビル役で登場していた。しかしタイヤを直してもらった関係でスーザンとデート。ところがスーザンはマイクの話を連発だし、怒ったイーディからビルは首にされるし、タイヤがまたパンクするしで、スーザンの負のパワーに巻き込まれて呆れるという役柄だった。
「FBI~失踪者を追え」3話「目撃証言」では、失踪者エミリーの不倫相手ブラッド。ブラッドと対峙したエミリーの夫は、実は浮気ではなく本気の不倫だったと知りショックを受けるのだった。「CSI:4」4話「灼かれて眠れ」では溺死した女子大生が借りたボートの管理人。
他は「どこかでなにかがミステリー」#34「人魚のロマンス」で男性人魚ラル役など。

◆ダットン家の息子デニス ....  Douglas Sills
第2シーズンで再度登場するようなので、新たな事件によって元彼女殺害が再浮上とかかな?
ブロードウェイミュージカルで多く活動しており、「The Scarlet Pimpernel」でトニー賞にノミネートされたりしている。
ドラマでは「NUMBERS」第1シーズン5話「危険な高層ビル」で、違法建築の疑いのあるビルの設計者ヘイブリッジ役を演じていた。

◆ダットン家の娘ディアナ .... Katy Selverstone
「CSI:5」8話「第三の性」では、トランスジェンダーゲイカップルなラヴァル夫妻のために代理母で子供を産み、さらにナースとして育児にも参加していたアンバー役。
「CSI:マイアミ3」22話「闘いの火蓋」では、同窓会で再会したフットボールのヒーローと浮気してキスマークをつけたミシェル役で登場していた。あの時はもっとお色気ムンムンだったが。
「ドーソンズクリーク2」18話「最愛の人」で、ジョーイの家でケータリングをした結婚式の花嫁パムで登場していた。せっかくの結婚式なのに、アビーの事故が起こってしまったのだった。
他に「NYPDブルー」「NIP/TUCK」「となりのサインフェルド」などにゲスト出演、舞台やCMなど幅広く活動している。映画も「ヤァヤァ・シスターズの聖なる秘密」など。
「FBI~失踪者を追え4」18話に登場予定。

◆アジア系の巡査 .... Samantha Quan
サンチェスと一緒にバーに潜入、おとり捜査をしかけて買春容疑でデブリンを逮捕した私服警官。
「CSI:NY」第1シーズン7話「雨のチャイナタウン」では、チャイナタウンの銀行の女性支配人ジョアン役で登場。彼女はわが子を人質にとられて強盗に協力させられていたのだった。
「ミディアム」第1シーズン14話「無罪と有罪」では、冤罪事件を再捜査させる活動をしている「正義の番人」の一員デボラ役で登場していた。
「名探偵モンク2」9話「容疑者はチンパンジー」でチンパンジーの調教師役。映画「10日間で男を上手にフル方法」ではケイト・ハドソンの友達ローリー役。
「コールドケース3」20話に登場予定。

◆ダットン家の殺害された後妻アンジェリーナ .... Mary Castro
実際の登場はないが、写真や絵などで描かれていた。
「CSI:NY」第1シーズン13話「タングルウッドボーイ」では、アジア系風俗店のマッサージ嬢で、ダニーが入っていった時目配せをする美女として登場していた。オフィシャルサイトあり。モデル出身のナイスバディを活かしてダンサーやストリッパーの役でのドラマ出演多数。「フレンズ 10」2話「ダブルデートは楽しい?」ではフランクの3つ子にバッグをいじられたセントラルパークの客で登場していた。
「CSI:マイアミ3」15話「猛獣の正体」では、再登場したホレイショの天敵で在米大使のバカ息子クラーヴォ・クルーズがランボルギーニにはべらせていたお色気美女として画面に華を添えていた。
関連記事

▶ Comment

はじめまして!おおーDouglas Sillsのファンでいらっしゃるのですか。
もしや検索の途中で見つけた羊なブログの方でしょうか?
このエピでは悪役ではありますが、けっこうオイシイ役どころですよね。もう先をご覧になってるとはうらやましいです。この話がどう続いて決着するのか、はやく見たくてたまりません。

それと紛らわしい表現をしてすみません、ご指摘ありがとうございました。
2007.07.06 02:37 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
初めまして。Douglasの検索からやってきました。自称日本一のDouglasファンです(笑)。「The Closer」が日本で放送されていたなんて知りませんでした。ありがとうございます。アメリカで放送されたものは見たのですが(Douglasの出た2回とも)英語のため内容があやふやなので、是非次回の放送は見たいと思っています。

ところでDouglasの紹介ですが、トニー賞にノミネートされたのは「SP」だけですので、残念ながら等は不要です。

2007.07.05 21:41 | URL | Sachiko #79D/WHSg [edit]
ドクターハウスが戻ってくるのはうれしいですが、LaLaTVの同じ枠が何になるのかは気になります~。
なんかWOWOWでやってたThe Officeがもうすぐ始まるとか書いてあるのですが、まさかそれじゃ・・・

フリオの仏頂面と周囲のニヤニヤは面白かったですね。罰が当たったんですよね。
ダニエルズって、全然ブレンダとからまないんですよねぇ。ほかのオヤジどもとはいっぱいしゃべってるのに。
2007.06.13 23:52 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
そういえば、大体そんなもんですよね。
せっかくなじんで来たのに寂しいですなぁ~。
でも、その後はまたDr.HOUSEが戻ってくるという・・・。(それはそれで、また嬉ちい♪)

迫られるフリオ、面白かったですね(笑) いつもセクハラまがいのことをしているからですね、これは。
相棒の彼女(ダニエルズ)そんな年には全然見えませんねぇ!ちょっとビックリです。
2007.06.12 23:24 | URL | スー #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/529-d47256a4

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。