スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSI:3 第15話「永遠の別れ」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 23.2005 CSI:科学捜査班 0 comments 0 trackback
【CASE エディ・ウィロウズ】
 現 場 :川べり
 被害者 :キャサリンの元夫のエディ・ウィロウズ
 死 因 :腹部に受けた銃弾による失血死
 関連人物:キャサリンの娘リンゼイ、エディの担当歌手キャンディース、カイナー
 担 当 :サラ・サイドル、サム・ヴェガ刑事
 背 景 :リンゼイの学芸会で元夫婦喧嘩、場を台無しにしてしまったキャサリンとエディ。
      怒ったリンゼイはエディと帰ると言い出す。
      その後キャサリンが事件の捜査中、リンゼイから助けてくれと電話が。
      キャサリンが駆けつけると車が川に沈みかかり、エディの姿はなかった。
      リンゼイによるとピンクの髪の女が運転しており、エディは腹痛に苦しんでいた。
      車内に麻薬と「キャンディース」のチラシ。

サラがリンゼイの事情聴取を担当するが、保護者として同席したキャサリンが感情的に介入してくるのでサラが怒って追い出す。
捜索の結果エディの遺体が川下で発見。エディはキャンディースという女性ボーカルのマネージャーをやっていたことがわかる。
キャンディースはシラを切るが、エアバッグでのものと見られる腕の骨折があり、「エディは突然腹を撃たれて現れた」と供述する。キャサリンは尋問の最中に乱入、サラから手を出すなと釘を刺される。
キャンディースがレコーディングしていたスタジオは防音設備ではなかったので、その日のレコーディングの音声を解析。すると録音に銃声とハーレイらしき発進音が。
当日キャンディースはエディがスタジオに来なかったため、何回も電話をしていた。そのうちの1回がカイナーという男にかけられたものであることがわかる。カイナーはヤクの売人でハーレイに乗っていた。
エディはキャンディースにまともに入れ込み、本気で売り出そうとして薬もやめさせようとしていたが、前妻と娘のためにスタジオに来ないエディにいらついたキャンディースは、カイナーを呼び出し薬に手を出そうとしていたのだ。
しかし、カイナーとキャンディースの供述は食い違い、物証ではどちらが撃ったかはわからない。それぞれを別件で立件することに。
キャサリンは行き場をなくした思いに泣き崩れる。


【CASE トレイ・バックマン】
 現 場 :ホテルのクラブの泡パーティー
 被害者 :トレイ・バックマン21歳
 死 因 :インスリンによるショック死
 関連人物:買春の客レベッカ・マコーミック
 担 当 :ギル・グリッソム、、ウォリック・ブラウン、ジム・ブラス警部
      ニック・ストークス、キャサリン・ウィロウズ
 背 景 :クラブの泡パーティの最中に遺体が発見される。
      首に丸い穴の傷と、虫さされのような痕跡。
      パーティーの床は精液だらけ、泡には苺の匂い。
      トレイがとっていたホテルの部屋には3000ドルが。室内に長い茶髪とピンクの口紅の
      ついたグラス。現場の遺留品のヒールからルミノール反応。

押収したVIPリストの中の女性が、ハイヒールの持ち主であったが、泡の中で何か踏んだがわからなかったという。トレイと彼女は交際歴があったが、それ以上のつながりはなかった。
死因は高圧の皮下注射でインシュリンを投与されたものと判明。虫さされのような痕はそれだった。
クレジットカードから、別のホテルにも部屋をとっていたことがわかり、急行すると、レベッカ・マコーミックという女性がトレイを待っていた。
彼女はチラシにつられてトレイを「買った」女性で、そういうことは初めてだと言う。

【CASE クロイ・リチャーズ】
 現 場 :クロイの部屋
 被害者 :プロのジゴロクロイ・リチャーズ
 死 因 :インスリンによるショック死
 関連人物:レベッカの夫スティーブン、レディ・ヘザー、クロエ・サムス
 背 景 :階下の住民から液体が落ちてくると通報、半月の間日光にさらされた腐乱死体発見。
      コカイン中毒の爪、多額の現金とスタンプだらけのパスポートから薬の売人と推測。
      太ももに折れた針。部屋にブロンドの毛髪。
      パソコンに管理されていたデータから職業はジゴロと判明。
      職歴からトレイ・バックマンとクロイ・リチャーズは両名ともレディ・ヘザーのスタ
      ッフであることが判明。二件は連続事件としてつながる。

レディ・ヘザーの館はネットで会員制のヴァーチャル体験を募るようになっていた。
その顧客を調べると、クロイの客の中にレベッカ・マコーミックが。初めてと言うのは嘘だった。
しかしレベッカの夫スティーブンは、「自分がクロイを雇って妻の未熟さを矯正した」と言い、3人でも「セッション」を楽しんでいたという。
だがやがてレベッカは夫に物足りなくなり、自分ひとりで楽しむようになったため、クロイの部屋の毛髪やDNAはレベッカと一致。
グリッソムはレディ・ヘザーに耳のことを見破られ、心深く踏み込まれて一線を越えてしまう。しかしレディ・ヘザーが糖尿病療養中で高圧注射でインスリンを投与中と知って疑いを持ったため、二人の間にはひびが。
レディ・ヘザーのインスリンは鍵をかけてしまっておいたわけではないので、誰でも盗って扱うことが可能だった。
レベッカは元製薬会社で合成インスリンを打っていたこととがわかるが、直後レベッカは絞殺体で発見される。発見は夫だったが夫の手に痕跡はなかった。
レベッカの首についていたダチョウの羽から、レディ・ヘザーの館で働くダチョウの羽飾りのM女クロエ・サムスが浮上。彼女はスティーブンと「セッション」したことから本気になったのだった。
スティーブンが支配したつもりの妻は暴走し、次々と他の相手と関係。スティーブンの怒りを知ったクロエが、レディヘザーのインスリンを使ってその相手を殺害、さらには妻も。
クロエはスティーブンを喜ばせるためにと暴走したのだ。スティーブンは自分が支配したつもりが支配しきれず、逆に自分が暴走に支配されていたのだった。




キャサリンの元夫エディは、「24」の2ndシーズンで最初に出てくるエリック・レイバーン。
まるっきり別人なので、ぱっと見全然気づかない。
エディが自堕落の末に死んでしまったのならまだしも、中途半端にマジメだったために、キャサリンとしてはなんとも気持ちのはけ口がないところだろう。
リンゼイも、大人になったらきっと理解してくれるよキャサリン・・・・。

で、今回のテーマは「男ってバカね」といったところだろうか。
ブラス警部もお色気にフラフラ、主任は・・・・レディヘザーと!
レディヘザーとぉぉぉ!!!

えーマジっすかぁぁぁ???とか思ってたらあっさり破局してしまったけど。
主任には虫がいるから大丈夫だ!!(おい)
レディ・ヘザーと主任の取り合わせ・・・・考えただけで脳が「ストップをかける」。

ウォリックはギャンブルだけでなくクラブ(棒読み)にも詳しいらしい。さすがヴェガスっ子。
あんな享楽の町にいては、まっすぐ育つのは難しいんだろうなー。
対照的に「興味ない」というサラは、ちょっとは遊んだほうが。少し人生に余裕がないと、彼氏が今頃・・・・

関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/54-d7666e37

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。