スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コールドケース3 第4話 「バット」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 31.2007 コールドケース 2 comments 0 trackback
ジェフリーズは、妹が放置しがちな甥っ子のレナードをかわいがって、野球の試合を見に行くなどしていた。レナードに昔の黒人選手の活躍を語るうちに、1945年に殺害された名選手クライド・テイラーの事件が未解決で放置されてることをレナードからつっこまれ、ジェフリーズは再捜査を決意する。
テイラーは1945年、メジャーと黒人リーグの交流試合の後、ユニフォームを着たままバットで殴られて殺害されていたのだった。テイラーはその試合でホームランを打つなど大活躍しており、メジャーのスカウトからも注目されて、殺されていなかったらジャッキー・ロビンソンより前にメジャーに行く黒人になったのではないかといわれていた。
当時の捜査資料によると、彼のユニフォームには咬みタバコと見られるしみがついていたのだという。
テイラーは活躍するほどに、出場機会を奪われたチームメイトのブラウンから妬まれていた。また世話係をしていたクラムズによると、メジャー選手のタイラー・ケイジの息子トロイから人種差別されていたことがわかる・・・

---------------------------------------------------------------

やっぱり古い時代の話は好きだなぁ。音楽もこの時代のはシックで好き。

ピッチャーのタイラー・ケイジの息子トロイの現在版を演じているRon Deanおじちゃんは私の好きな俳優さんで、いつもうらぶれた労働者風の役柄にはまっている。
今回も、優秀な父親から凡人の子供として生まれ、父の憧れの影から脱することができなかった屈折した子供のその後、というのを物悲しく演じていた。
少年時代のトロイを見て、「うわ、嫌なガキだなー」と思うけれども、最後まで見ると非常に悲しくなってしまった。
タイラーはクライド・テイラーと対戦して、「こいつは本物だ」と実感したのだ。それは彼もまた「本物」だから、理解できたのだろう。
でも、トロイにはそれがわからない。父の威を借りてテイラーを差別してみたり、父の発言をゆがめて解釈してみたり。でもトロイは、父とテイラーの交歓を大人になっても理解できなかった。

彼は「本物」にはなれなかったのだ。別にそれはトロイのせいではないのかもしれないけど。
トロイだけじゃなくてやはりクラムズも「本物」にはなれないと早くに悟ってしまった一人。クラムズはテイラーの近くにいなければ、その輝きで目がくらむこともなかっただろうに。
彼らのうだつのあがらなかった人生も「センチメンタルジャーニー」で流されていくドラマの一本の糸。
そういう、事件に直接はからまない人々の人生の悲哀が垣間見られるのが、いい。

ジェフリーズには妹と甥っ子がいるらしい。
甥っ子レナードはなかなかかわいくていい子だが、母はいつか出てくることがあるのだろうか?
ジェフリーズは意外と身内に甘い一面があるので、ダメな妹でも叱れずに道を誤らせてしまったとかそういうのかな。ジェフリーズはこの間の妻の事故といい掘り下げが進んでいるのだが・・・

どうもリリーが見えない。内にこもってるかのようにほとんど内面を見せない演出が続いている。
リリーは一体何を考えているのか?そろそろ彼女の心の内側が見たい・・・

ラストの「センチメンタルジャーニー」のところで、ヴェラがサットンに「解決」の箱を手渡した場面。ヴェラはまだちょっと意識気味にサットンを見ていた。今回からんでないと思ったら、細かいところで経緯を見せてるから侮れない。
ヴェラはもう、小学生のように「好きだからいじめちゃう」路線になってきてるのでは?
ヴェラ、素直になれ!(違)

でもどうやらトラブルメイカー・サットンの本質が来週あたり遺憾なく発揮されるようで、スコッティとモメモメの予告が非常に気になる・・・
スコッティ、逃げて逃げてー!取り込まれちゃダメだー!


【 ト リ ビ ア 】

★「ニグロリーグ」の選手たち
「黒人リーグ」は1860年頃にアメリカで創設され、ジャッキー・ロビンソンがメジャー初の黒人選手として登録されて「カラーライン」が破られたことで黒人選手の流出が進んで1960年代に姿を消すまで、通算5つのリーグが存在していた。
今エピソード内、被害者のテイラーや顔に傷のあるムーディは創作された人物だが、ムーディがテイラーにからんで怪我させようとしたときに止めていたのは実在の選手サチェロ・ペイジ。ペイジは2000勝した(200勝すれば名球会入りだから、本当なら超人)といわれる伝説の名プレイヤーで、ノーヒットノーラン55試合達成などという現実離れした逸話の持ち主。
黒人リーグについては「黒人野球のヒーローたち―「ニグロ・リーグ」の興亡」などに詳しい。


ジャッキー・ロビンソン物語
リチャード スコット Richard Scott 国代 忠男
筑摩書房 (1997/01)
売り上げランキング: 140309


【 脇俳優チェック 】

◆タイラー・ケイジの息子トロイ45年版 .... Hunter Allan
「デスパレートな妻たち2」23話「過ぎ去りし日々」では、ブリーの息子アンドリューの幼少期役で登場していた。ヴァンデカンプ家が越してきたばかりの時、メアリー・アリスの家の石のカエルを取ってきて、ブリーが無理やり謝らせようとしたシーンでの出演。
「CSI:マイアミ3」19話「モンスターの復讐」では、容疑者で園芸屋ドーソンの息子ティモシー役を演じていた。ティモシーはドーソンの二男で、長男セスは「ハイスクールミュージカル」のザック・エフロンが演じていた。

◆黒人リーグのオーナーダンドリッジ現在版 ....  Beau Billingslea
声優としての活動が多く、ジャパニメーションやゲームの吹き替えの仕事が多い。「サイボーグ009」では005ジェロニモだから、おじさん声か。「戦国無双」では上杉謙信、「三国無双」では典韋役など。

◆タイラー・ケイジの息子トロイ現在版 .... Ron Dean
「CSI:4」21話「残酷なスリル」で、遊園地のコースター整備職人のウッディ役で登場していた。実はウッディと主任は共にジェットコースターマニアで、二人でアツいコースター談義を繰り広げていたのだった。
「FBI~失踪者を追え2」18話「父と母と子」では、失踪者ジョージ・スタンリーが行きつけのバーのバーテンダーウィリー役で登場していた。ウィリーはジョージがよく妻ではない女性とのみに来ていたことを証言。
「NUMBERS」第1シーズン10話「盗まれた核廃棄物」では、核物質を盗んでテロを実行しようとする犯人グループの一人、ワトソンの父親役で登場していた。自慢の息子のはずが実はテロリストだったと知らされて、打ちのめされていたのだった。
「逃亡者」のケリー刑事役をはじめ、「依頼人」「カクテル」「刑事ニコ/法の死角」など、映画やドラマの味のある脇役としての出演作が多い。

◆レッグスことエスター現在版 .... Elinor Donahue
「ドクタークイン 大西部の女医物語」では、ミケーラの姉レベッカ役で第2~6シーズンに散発的に登場していた。
「フレンズ」第1シーズン8話「陽気なお葬式」では、ロスとモニカのおばリリアン役で登場していた。祖母が亡くなったので、ゲラー母と一緒にお葬式に着せる服だの靴だのとひっくり返して大騒ぎをやって、ロスは振り回されてしまうのだった。
40年代に子役から活躍している大ベテランで、他には映画「プリティウーマン」「エルム街の悪夢」など。

◆メジャーピッチャーのタイラー・ケイジ .... Mitchell Fink
オフィシャルサイトあり。
「CSI:NY2」9話「シークレット・ドール」では、人形病院のドクターラッセル・マッケイ役を演じていた。人形に録音されていた少女のメッセージを聞いて、ただごとではないと持主の母親に報告したため、命を落とす羽目になってしまった。
「CSI:6」では救急隊員役で3回登場がある。初登場の3話「天国への階段」では、階段で亡くなっていた妻の件で現場に急行し、家の中に足跡をつけてしまった隊員(職務として間違ってはいなかった)。

◆レッグスことエスター45年版 .... Christina Hendricks
「ER」第8シーズンで、アビーと同じアパートに住んでいたDV夫婦の妻ジョイスを演じていた。共依存ぎみのジョイスを救おうとして、アビーも暴力に巻き込まれてしまうのだった。
「トゥルーコーリング」9話「モルグ殺人事件」では、「助けて」した花嫁の元彼警官ジャスティンの、今の恋人アリーシャ役。ジャスティンの銃が犯行に使われたためジャスティンが疑われるが、実は犯人は・・・
「FBI~失踪者を追え4」17話に登場予定。

◆お世話係のクラムズ現在版 .... Thomas Kopache
「CSI:NY」第1シーズン3話「アメリカン・ドリーマーズ」では、少年センターの所長役で登場。
「ザ・ホワイトハウス」ではボブ・スラッタリー国務次官補として第3シーズンから出演。
「CSI:2」12話「閉ざされた人々」では、狩猟シーズンに林の中で銃によって死亡していた男性ジェームズ・キャスパー役。一見殺害と見られたが、捜査が進むにつれてその死の悲しい真実が明らかになるのだった。
「アリーmyラブ」第4シーズン16話「傷心旅行」では、リチャードを買春行為で摘発した検事のウープル役で裁判シーンに登場。

◆お世話係のクラムズ45年版 .... Eric Ladin
「CSI:マイアミ」第1シーズン20話「ヒトラーの子」では、かつてホレイショが逮捕した男ピート・ウィルソンがホレイショを見込んで行方を捜してくれと頼んだ息子ジェフ役。父は息子を信じていたが、実際は息子が誘惑に負けて罪を犯していたことを知り、自分の責任だとピートは罪をかぶるのだった。

◆顔に傷のあるムーディ・ブラウン45年版 ....  Don Wallace
「CSI:NY」第1シーズン20話「需要と供給」で、ニセブランド品にヤクを仕込んで取引していたが、間違ってヤク入りのバッグを女子大生ジョーダンに売ってしまったた売人役で登場していた。そのドラッグを取り返すため、ジョーダンのルームメイトのウィル・ノヴィックが巻き込まれて殺害されてしまう。
関連記事

▶ Comment

サットンのほうが目立ってますからねー。
リリーがヒロインであることを忘れますよね。
リリーらしさを取り戻すまでの準備期間なのかもしれませんが、それを前もって説明してもらっていても相当不満が溜まります。もし前ふりがなくて見ていたら、もっとぐだぐだ文句をたれてそうです。
いつこの悪循環から脱出するんでしょうかね。
2007.08.04 21:31 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
たーしかに、リリーが見えません。
だからか、なんかおもしろくないですよ。
リリーもS3のはじめはそうだって言っていたので、これからでしょうかね。
2007.08.02 22:59 | URL | やんくみ #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/561-db53e4d6

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。