スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスパレートな妻たち3 第3話「週末旅行」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 19.2007 デスパレートな妻たち 2 comments 0 trackback
【リネット】
リネットはトムと子供たちをキャンプに送り込み、ガブリエルと二人でスパに気分転換の旅行に出かける。ところがトムがぎっくり腰で動けなくなってしまい、キャンプ場まで迎えに行くことに。
そこにノーラが「ケイラを迎えに行くから乗せていって」と便乗してくる。リネットは渋々乗せてあげるが、ノーラの態度にイライラが爆発。喧嘩になってノーラは「ヒッチハイクする!」と降りてしまう。
しばらくしてリネットは道端でしょんぼりしているノーラを拾ってしまう。結局リネットもほっておけないのだ。
しかし、ノーラから「トムは広告業界を嫌がっている」と聞かされショックを受ける。自分の知らない本音をノーラが知っていたことに愕然として、トムに対して「やりたかった夢を追いかけてみて」と優しく接してみるが・・・

【ガブリエル】
リネットがスパから帰ってしまい、ホテルで一人さびしくしていたところ、久しぶりにジョンと出会う。
ジョンは事業家になってすっかり大人の男になっていた。独身の気軽さから焼けぼっくいに火がついてしまうが、ジョンには実は婚約者がいた。婚約者の父親がこのホテルのオーナーで、仕事もその関係でもらっていたのだった。ガブリエルは関係が逆転したようにあわてて追い出されてしまう。
それでもガブリエルは「結婚しても関係を続けよう」と持ちかけるが、ジョンに「そういう結婚にはしたくない」と別れを告げられ、自分の結婚生活の空しさを思い返し落ち込んでしまうのだった。

【ブリー】
オーソンは完璧なハネムーンを計画していたが、出発直前ブリーが、テレビのインタビューに答えるホームレス姿のアンドリューを発見し、ハネムーンを中止してアンドリューを探すことに。
ブリーはオーソンには「アンドリューは家出していた」と言っていたが、実は自分が道端に置き去りにして捨てたのだと打ち明け、罪の意識から一生懸命探す。
すると、教会の食事の配給に並ぶアンドリューを発見。しかしアンドリューの気持ちはかたくなで、突っぱねられてしまう。
悲嘆にくれるブリーを見かねてオーソンはアンドリューに会いに行き、お金を与えて「戻って来い」と説得する。その場では拒絶するアンドリューだったが、やがてブリーの元に帰ってくる・・・

【スーザン】
スーザンはイアンと山荘に泊りがけの旅行に。お互い期待や下心を隠しつつ別室に入るが、荷物を取り違えて大量のコンドームとセクシーランジェリーを見つけてしまい、バレバレ。
次第にロマンティックなムードになるが、イアンが妻一筋で他に知らないのに、スーザンは過去11人の男性と関係があったことから、イアンが気にしてギクシャクしてしまう。
このままダメになってしまうかと思われたが、イアンのピアノに込められた思いにほだされて、結局スーザンはイアンと関係を深めてしまう。

【ジュリー、オースティン、イーディ】
ジュリーはスーザンの不在中、科学の課題をやっていて停電になり、オースティンに直してもらう。接近されてどぎまぎするジュリーを見たイーディは、内心察するところがあって「甥っ子には近寄らない方がいい」と忠告する。
イーディはマイクの病室に、スーザンが持っていったままのCDプレイヤーを取りに行くが、そこでマイクが覚醒したのを発見する・・・

------------------------------------------------------------

今日から、テンプレートのデザインを変えました。見づらかったらスミマセン。デザインの都合上タイトル変えてしまいました。唐突ですみませんすみません・・・
どうしても「過去の記事」が長くなるのが嫌で・・・gooブログはカスタマイズするの結構大変・・・。
この作業が終わったので、やっと落ち着いてほかの事に取り組めるかな。

それにしても・・・「週末旅行」というより、「終末旅行」の様相。

リネットの衝撃って、トムには「言わないと分からない」ことだったりするんだろう。
トム自身は繊細だけど鈍感だから、自分の傷の痛みで精一杯で、リネットが傷ついてることまで絶対気が回らない。リネットが限界まで我慢してトムを受け止めようとしているのに、本音の部分をよりによってノーラに打ち明けるってのは反則にもほどがある。
・・・まぁ、リネットが怖いのは事実だけど。自分で「一番怖い」ポジションを選んだのもリネットだけど。それでも、トムはノーラに愚痴こぼしたらいかんのだ。リネットにいえない本音をノーラに、だなんて論外。絶対やってはいけないことだ。そこら辺をトムが言われないとわからないってのがダメすぎる。
しかしノーラとトムってどこが合ったんだろうと思っていたが、ノーラはいざとなると母性のひとだったりするんだな。なんとなく今回ので分かったような気がする。

スーザンによって不幸にされた男が11人もいたのか・・・知らないメンズがあと9人も・・・
ロン先生は逃げられてラッキーだったということか。
やっぱりイアンとスーザンは似たもの同士のお似合いカップルだったと、あの荷物取り違えシーンでさらに納得。
あの大量のゴム製品は・・・初体験のティーンエイジャーじゃないんだから・・・
でもってやっぱりあのタイミングでマイクが目覚めたわけで。スーザンが裏切るというのがマイクの目覚めのトリガーになるというのはありがちすぎる王道だ。
それにしても・・・NHKのネタバレ予告に今更文句たれてもしょうがないけど、でもWATで一度騙されてるのであのままのオチじゃないはずと疑いたくもなるわけで。
「喪失」と見せかけて、なーんちゃって、冗談だよスーザン!という展開なんじゃないかと深読みしてみる。

ブリーがコワレてしまったので、1stの頃の完璧なぺかぺかの輝きをいまやオーソンに求める時代。完璧なハネムーン・・・ご一緒したいものだ。でも、気を抜くと粛清されてしまうわけだが。
息子がホームレスになってるのを発見しても、それでも新婚旅行へGO、というオーソンもコワレてることにかけては負けていない。オーソンって、ねじが何本か抜けた状態で完璧に組み立てられたロボット、という感じがする。
それにしてもアンドリューはどういうつもりで帰ってきたのだろうか。お金ももらったばかりだし、飢えて食うに事欠いてというわけでもなさそうだし。オーソンに説得されたからほだされて帰る気になった、なんて、アンドリューがそんな殊勝なわけがないからなぁ。
何かたくらんでいるような気がする。オーソンの正体を暴くことで、ブリーを今度こそ立ち直れなくしてやりたいとか、そういうのかな。
ブリーが幸せを積み上げると片っ端から壊していく、アンドリューは賽の河原の鬼か。鬼vs鬼子母神の対決・・・壮絶だな。
しかし、完全に人生投げてる感じのダニエルも結構怖いかも。アンドリューはなんだかんだいって、ブリーに関わり続けようとするだけ、憎悪と紙一重の愛情を感じるもの。

久々のジョンの登場・・・だけどこれで退場。(今のところはね)
ダニエルとガブリエルとのライトな二股を通して女を見る目は養われなかったのか、いかにも典型的なパーティーガールな小娘選んじゃって。あんなのと結婚したら、実家を鼻にかけられ続け、妻の放蕩と整形に会社の金は持っていかれ、妻パパの弁護士にむしられることにおびえて離婚することもできずという、最悪な人生が見えるのに。
それに気づいてないのがジョンだけというか、あのタイプの女の子相手に「愛で結ばれた幸せな結婚生活」を夢見てるって、どんだけぬるい男なんだジョン。
ああ、カルロスがまだしもイイ男に見えてきた・・・
それにしても、ガブリエルよくあのバッグの中に入れたなぁ。・・・あ、ヨガか!
1stからずっとやり続けていたヨガはこれのための伏線だったんだ!(違)

ジョンに比べて格段に異性を見る目が磨かれてる、イーディからのジュリーへのアドバイスは重かった・・・あぁ、かわいいイイ子のジュリーが、やはり母親のだめんずなDNAのマイナスの吸引力からは抗いがたいのだろうか。
ジュリーはまっとうに育ってほしい・・・けど、過去ログがザックだけだしなぁ。
イーディも駄目押しで「うちの甥っ子に引っかかったら、あなたのママみたいになるわよ」って言ってやってほしいものだが。


【 脇俳優チェック 】

◆ジョンの婚約者タミー・シンクレア .... Michelle Pierce
「5つ子はティーンエイジャー」14話「カナダでオッパイ見物」では、パットンとパーカーとピアースが「カナダの女子大の寮では初雪が降るとトップレスで踊る」と聞いて出かけていったところ、途中で女子大生に声をかけられ誘われたうちの一人リサ役で登場していた。
「CSI:NY3」3話、「クリミナルマインド2」3話に登場予定。

◆アンドリューにインタビューしたレポーター .... Christine Clayburg
http://www.christineclayburg.com/
女優の傍らキャスターやレポーターなどの仕事が多い。お天気お姉さんなどもやっているようだ。

◆ブリーがアンドリューの事を聞いたゲイのひと .... Ralph Cole Jr.
実際にオネエさんなので、出演動画を見ると、他の作品でもトランスジェンダーの役柄を演じることが多いようだ。
「コールドケース4」9話に登場予定。
関連記事

▶ Comment

WATっぽいですか?>デザイン
イメージとしては「CSI:NY」の1stシーズン、っていう風に考えたので、「暗いNY」という意味では非常にスーさんの見方はするどいです(爆)

ブリーが殺されなかった、っていうの、私も「あれ?」と思いました。逆らわれ方に許せるラインとか一定のルールがあるんでしょうね。
逃げるのはNG、とか。
ジュリー逃げて逃げてーですよね、ほんとに。
2007.10.23 23:17 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
ブログのデザインが『FBI~失踪者を探せ~』的な感じになっていてビックリしました(笑)!
お疲れ様です。メンテも結構大変そうですね・・・。

オーソンの完璧主義(新婚旅行)を、ある意味ブリーが「そんな場合じゃない!」と言って すっぱり打ち切ったのに・・・ブリーは殺されなかったので(←おい!)、お~!ブリーの方が上か。などと 不謹慎なことを考えてしまいました(笑)
何というか あの、アンドリューとの間の緊張感(同士っぽい?)雰囲気からして、またまた色々起こりそうですね。

それにしても、ジュリーたんが心配です。 イーディの言うとおりよ~! 逃げて~~~(笑)
2007.10.20 16:34 | URL | スー #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/568-94aa0775

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。