スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスパレートな妻たち3 第6話「甘いワナ」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 08.2007 デスパレートな妻たち 3 comments 0 trackback
【イーディー、マイク】
イーディのけなげなお見舞い作戦は功を奏し、マイクはイーディに次第に惹かれるようになり、そして二人は深い仲になっていった。
そんな時、身元不明の遺体の事件で、遺体の手にマイクの電話番号が書かれていた事から担当刑事が訪ねてきた。刑事は遺体の似顔絵を見せ、マイクの殺人の前科を掘り起こしたりとすっかり疑っている口ぶり。
しかし後からマイクの記憶の中に、その女性の姿がよみがえってきたのだ・・・

【ガブリエル】
双方弁護士を立てて財産分与の話し合いは泥仕合になっていた。しかしカルロスが突然「全部やる、早く決着したい」と言い出したことで、ガブリエルは何か裏があるのを感じる。
しばらく様子を観察していると、カルロスはなにやら書類を引き出しに入れていた様子。こっそりその書類を弁護士に送って見てもらうと、新しい仕事の雇用契約書で、離婚が成立してしまうとその仕事の報酬はガブリエルのものにはならないことがわかる。
本音ではガブリエルはまだカルロスのことを愛しているが、今更素直になれず、弁護士にお金がかかりすぎて引き返せなくなっていたのだった。
そこでカルロスを誘惑してよりを戻したように見せかけようと画策するが、ことが済んだ後、カルロスに全部お見通しの上で偽の書類を仕込んだことを暴露されてしまう。
激昂したガブリエルが勢いで突き飛ばしたところ、カルロスは二階の窓から落下。無事だったもののカルロスの怒りは爆発、ガブリエルへの復讐を誓ったのだった。

【スーザン】
イアンが訪ねてきて、紹介したい編集者がいるとパーティに誘うが、マイクとのことが停滞して落ち込んでいるスーザンは素直に「行く」と言えない。しかもイーディとマイクが病院のベッドでいちゃいちゃしているのを目撃してしまい、激しくショックを受ける。
気晴らしにリネットとガブリエルと一緒に飲んだくれたスーザンは、イアンとなら穏やかな幸せを得られる、彼にも愛はあると気づく。そして酔った勢いでイアンの家に行ったところ、そこでは誘われたパーティが開かれていて、編集者たちも来ていたのだった。
しかし飲みすぎたスーザンは客の前でゲロゲロ吐いてしまい、パーティを台無しにしてしまう。
翌朝スーザンはひどい状態で目覚めるが、イアンが連れ帰って付き添ってくれたことを知る。そしてあらためて彼の優しさに触れて、二人の関係をやり直すことに・・・

【リネット】
トムがピザパーラーを開く店の物件を見つけてきた。しかしあまりにオンボロでリネットはさらに反対の気持ちを強くする。ところがトムは相談なしにすでに借りてしまったと聞き大喧嘩。
それでトムが店に寝泊りしてるということをケイラがノーラに知らせたため、ノーラはトムのところに行って、夢のことを励ましつつ誘惑する。しかしトムは「妻を愛してる」と拒絶、自分の気持ちの整理がついてリネットのところに戻る。
トムからノーラの誘惑のことを聞かされたリネットは、ブチ切れてノーラのところに乗り込むが、ノーラはケイラを盾にして修羅場を逃れようとする。そこでリネットはケイラに聞こえないように「今後二度とうちの家族に関わるな」と耳元で脅しをかける。リネットの本気を察したノーラは黙ってそれを受け入れるしかなかった・・・

【ブリー】
かつてブリーに「オーソンは殺人者」と忠告してきたキャロリンが夫のハーベイとやってきて、ハーベイに促されて謝罪してきた。オーソンとハーベイは友人で、夫婦ぐるみで今後も付き合っていきたいという意向がはたらいたものだった。しかし表面上は許したものの、ブリーはキャロリンと付き合っていく気にはなれない。
ところがキャロリンと親しいティッシュに無視されたことから、ブリーはオーソンの疑惑がいまだ根強く周囲に残っていることを知る。そこでブリーはレストランの一番目立つ席に予約をいれ、ハーベイ夫婦との食事会を持ちかける。
これでうまくいくと思ったが、ブリーはお手洗いでこっそりキャロリンからオーソンの元妻アルマの写真を見せられる。それはオーソンのDVによってアザだらけになった悲惨な姿だった。キャロリンの忠告がただの中傷ではなかったと知ったブリーは暗澹たる気持ちになる。
妻二人が席をはずしている間、ハーベイはオーソンに不倫相手が行方不明で悩んでいることを打ち明ける。ハーベイの相手が身元不明の遺体の女性=モニークだと知ったオーソンは、警察に「遺体の身元はモニークであり、ハーベイと不倫していた」と匿名で告発する・・・

------------------------------------------------------------

リネットこえぇ。
スーザンは絶対に味方にしない方がいいが、リネットは決して敵に回さないほうがいい。
ノーラも欲を出さないでいれば、何とか分け前には預かっていられただろうに。でもノーラのような人間にそれを我慢させるというのははなから無理な話なのかもしれない。
そしてケイラも・・・いたいけな子だと思っていたらやはりノーラの娘だったか。ちょっとしか年の違わない双子やパーカーたちはのほほんとして謀略とは無縁なのに・・・ケイラはあんな必死に人の顔色と空気読んで・・・。あの幼さにしてあのしたたかさというのが、かえって不憫な気がした。同情は禁物だが。
決してリネットに頭が上がらなくなってしまった(今までだって上がらなかったけど)トムだが、あのオンボロ店舗は、磨けば結構きれいな感じになりそうな気がする。
でも果たしてトムがピザ屋のおやじをまっとうできるのか、結構怪しい気がする。従業員のあしらいだって、結局リネットが出て行く羽目になりそうな予感。

ガブリエルとカルロスは、いい加減二人ともあんなに相性のいいカップルはいないわけで、知り尽くした同士なんとか元鞘になれればいいのに。
二人で手を組めば最高のカップルになれるだろうになぁ・・・って先週も似たようなこと言ってた気がするが。
お互い支配欲が強すぎて、愛していることを認めるのが負けになるって不毛のきわみ。でもお互い知りすぎたからかえってだめなのか。まぁね、自分の誘惑に裏がないように見せられると思ってるあたり、ガブリエル自身自己認識が超スィートですな。
それでも、周囲の人間をひどく巻き込んで傷つけるところまでいってないから、この二人はほっといてもなんとかなりそうだ。最後は結局お互いに戻りそうといか、そこに至る道筋が険しいだけというか。


逆に、もうその辺でやめといてーと言いたくなるのがスーザンたちご一行様。
スーザンはパーティクラッシャーだな。いや、壊すのはパーティに限らないけど。ただでさえ壊し屋なのに、そこに酒が加わると、破壊神のパワーのリミッターがはずれるのだな。
イーディとマイクがくっついて、スーザンとイアンがくっついて・・・はーいそのままストーップ!そのままでいきましょうね。思い出したりしないでねっ!
と言いたいところだが、またこれが絶妙のタイミングでマイクが記憶を取り戻すんだろうなぁ。そしてイアンとイーディが傷つくことになるのだろう。
あんなことされても仕事紹介するって、何でスーザンにまとわりつく男たちは基本いい人なんだろうなぁ。(カールはそうでもないかもしれないが)
「恋愛ってこんなにつらいのね」
えーっと。なんでこんな台詞でムカッとくるのでしょう。
アイダおばあちゃん、タクシー横取りされてかわいそうに・・・アイダおばあちゃんといい、マクラスキーさんといい、ウィステリア通りのおばあちゃんたちはいい味出してるなぁ。

オーソンがこの間言っていた「モニーク」の片鱗がやっと見えてきた。「ザ・ホワイトハウス」のアンディだったかー。回想シーンでしか出てこなさそうなのが残念だ。
モニークはかつてマイクと付き合っていて、でも死ぬ直前まではハーベイと付き合っていて、でもなぜかアルマじゃなくて彼女がオーソンによって殺害された・・・のか?
・・・まだまだ全然見えてないか。
オーソンがいまだに、ブリーにおとなしく従ってるかのように見せてるのが恐ろしい。ブリーがアルマのように従順なタイプでないのは、オーソンにとってはアリなんだろうか。
いつ抱えた爆弾に点火するか、その爆風の向かう先が誰なのか、まだまだ先は長そうだ。
オーソンに対して「おめでたすぎるっ」と鼻で笑うように言い切ったブリーだが、日々地雷の上でダンスしていることに気づくのはいつだろうか。今回で少なくとも、自分の家の中に地雷が埋まってるという自覚だけはしたようだが・・・
ブリー、幸せになって欲しいのに・・・

ところで・・・アメリカでは脚本家組合のストが激化して、製作への影響が出てきているようだ。
 ★『デスパレートな妻たち』、米脚本家組合のストライキで制作中止(AFP)
再放送で穴埋めしたり、他の作品で急場をしのいだりしているらしい。他にも続々と製作が中断されたり延期されたりしている作品が後を絶たないようで・・・
これのせいで思わぬヒットが出てきたり、作品の流れが変わったりと影響が出てきたりするのだろうが、なるべく早く解決してくれるように祈りたい。


【 脇俳優チェック 】

◆キャロリンの夫ハーベイ .... Brian Kerwin
「ミディアム2」8話(WOWOW放送順による)「誤解と混乱」では、デヴァロスの検事選挙の対立候補ブラッドリー役で登場。アリソンにはデヴァロス不利、ブラッドリー有利な夢しか見えず、不安になるのだった。
「ボストンリーガル」第1シーズン6話では、市長選挙の候補者フレミング役を演じている。フレミングの妻サマンサがアランの学生時代の友人だったため、相手陣営の中傷CMの差し止めを依頼してくるが、そこでフレミングの浮気が発覚する。
「グレイズアナトミー2」9話「感謝祭の夜に…」では、16年間の植物状態から復活したホールデン役。彼の植物状態の間に、妻はほかの男性と結婚して妊娠中、生まれたばかりだった息子は思春期になって父親を受け入れられないという悲惨なデッドゾーン状態になっていた。
「名探偵モンク4」9話(NHK放送順による)「再会」では、モンクの父ジャックの務めている運送会社の上司ベン・グレイザー役で登場していた。グレイザーは自分の犯した殺害の証拠を隠滅するため、ジャックに不自然な工程で配達をさせようとしたのだった。
「NIP/TUCK」第3シーズンでは、マットが付き合った同級生アリエルの父親で、白人至上主義で極端なレイシストのアルダーマン役を演じていた。妻に黒人の血が入っているのを認めず、娘にも過激なナチズムに似た思考を強要してきたことで、マットにも被害が及ぶ。
ロビン・ウィリアムス主演の「ジャック」で、通常の四倍の速度で成長するわが子を見守る父親ブライアン役を演じている。
ブルック・シールズ主演の「青い誘惑」では、ブルック演じるローラの恋人ベン役で、サンタ・クルズ号に積まれた黄金をめぐる宝探しの旅に。
「FBI~失踪者を追え5」1話に登場予定。

◆ハーベイの不倫相手モニーク .... Kathleen York
オフィシャルサイトあり。
「ザ・ホワイトハウス」では、広報部部長トビーの元妻で下院議員のアンドレア・ワイアット役を演じていた。初登場は第1シーズン20話だが当時すでに離婚済み。しかし夫婦ではいられないものの子供は欲しいと、離婚後にトビーとの間に人工授精で子供を妊娠・出産。しかも妊娠を伏せて当選したために支持者から批判を浴びる。
「OC」第2シーズンでは、ケイレブとかつて関係のあった女性レネー・ウィーラーで登場。レネーの証言によってケイレブの無実が証明されることに。
「ザ・プラクティス」第2シーズン14話「気高き選択」では、ボビーの高校時代のGFだったシャロン役。シャロンは現在は二児のいるシングルマザーだが、生活のための売春で逮捕されボビーに助けを求めてくる。子供のために表ざたにしたくないシャロンの弱みに付け込んで、刑事が身体と引き換えに取り引きを申し出てきたことでボビーのノスタルジックな想いも打ち砕かれる。
「Dr.HOUSE」第4シーズン3話、「NCIS」第5シーズン3話に登場予定。
Bird Yorkの名で音楽活動もしており、ドラマや映画などの音楽も多数手がけている。映画「クラッシュ」の主題歌「In The Deep」はアカデミー賞主題歌賞にノミネートされた。
Wicked Little HighBird Yorkcrash オリジナル・サウンドトラックCrash [Original Motion Picture Soundtrack]

◆カルロス側の弁護士 .... Michael Bofshever
「ザ・プラクティス」第2シーズン3話「安らかな眠りを」では、末期ガンだった妻を安楽死させることを了承した夫のクルソン氏役を演じている。家族も本人も納得していたが、ナースの告発によって医師が第二級謀殺に問われボビーが弁護したのだった。第7シーズンではまた別のキャラクターで登場している。
「アリー・myラブ」第1シーズン6話「婚約」では、巨漢弁護士ハリー・ピピンとアリーが対峙したアイスクリームチェーンの訴訟の判事役で登場。
「CSI:7」7話、「コールドケース4」12話、「ボストンリーガル3」20話に登場予定。
関連記事

▶ Comment

ごめんなさい。エックハートじゃなくて、エッガードでしたよね。失礼しました。
2007.11.09 21:46 | URL | ダンボ #79D/WHSg [edit]
楽しみに拝見しています。
脇役に知った顔がいると嬉しいですよね。
モニークがトビーの元妻だったのにもにやり。
そういえば、リネットもトビーと親しい間柄でしたっけ。

で、なにかと気になるクーパー捜査官もといオーソン・ホッジですが、ついにツイン・ピークスをレンタルして見直しました。なにしろ、10年以上も前に真夜中にテレビ放映したのを見たっきりだったので。

そして、ジョシーの(自称)所有者エックハートの秘書室長はメアリー・アリスだったんですねぇ。

クーバー捜査官は年相応に老けていますが、メアリー・アリスは昔も今も綺麗です。
2007.11.09 21:39 | URL | ダンボ #79D/WHSg [edit]
スカッとしたのが今週はリネットだけかな・・・
ノーラ阿保すぎ。

スーザン・・・かわいいと思っているのでしょうか?
何で次から次へと男が寄ってくるんだ。
マイク逃げてーーー
そのマイクは、いつモニークと出会ったのでしょう。二股?

アメリカ脚本家のスト、徐々に深刻になってきましたね。
24は無期延期みたいですね。
前回88年の時は22週スト、5億ドルの損害とか。
日本放送の時は時期ずれませんように。

2007.11.09 13:24 | URL | はてな #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/586-d3d5d213

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。