スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSI:マイアミ5 第10話「非情の戦場」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 15.2007 CSI:マイアミ 3 comments 0 trackback
射撃場で二人の青年が、的の向こう側に人が倒れているのを発見する。マシュー・バトラとデリック・ペリーの二人は自分たちが誤って撃ってしまったのかと思って通報したのだが、撃たれたのはすでに死亡した後で、死因は頭を強打したためだとわかる。
被害者は、海兵隊の勧誘員ヒックス軍曹で、勲章を授与されたこともある経験豊富な英雄だった。しかし手には縛られ引きずられた痕があり、鼻の穴にはケタミンの白い粉末があった。
ケタミンは猫の麻酔に使用されるため、獣医である妻に何らかの関与が疑われるが、ヒックスの自宅には数日前に泥棒が入っていて、勧誘の書類が盗まれていたことがわかる。
また、ヒックスには脅迫の手紙が送られてきたことで悩んでいたことがわかるが、送り主のケビン・カービー伍長は「自分は戦場で弟のパトリックを殺した」と発言、事件は思わぬ方向に向かう・・・

------------------------------------------------------------

「今は、俺の・・・管轄だ!」
とうとうイラクまでホレイショの管轄に・・・
そのうち月や火星まで管轄にするんじゃないかと気が気ではない。いや、時間の問題かもしれないが。「CSI:銀河系」・・・ちょっとかっこいいか?

JAGといえばスーパードラマTVで放送中の「犯罪捜査官ネイビーファイル」。それのスピンオフでFOXで放送中の「NCIS」には、ホレイショもまっつぁおの鬼上司ギブスがいるのだが、NCIS視聴者なら正直今回の事件は「NCISの管轄じゃないか?」と思うに違いない。
ヒックス軍曹の事件は少なくともNCIS管轄だろう。そしてケビンの事件はいくら提携してるといってもJAGの管轄だと思うし。
兵士の死は、捜査状況によっては軍内部の機密に関わる問題を扱うことにもなるし、軍の人間しか入れないところにも立ち入る必要があるわけで、だから専用の捜査機関が設けられてるのに、そんなの関係ねぇとばかりにホレイショが普通に捜査してるのにはバリバリ違和感。
ケビンが脅迫状を出したから、って接点それだけなのにパトリックの遺体を再鑑定させるためにあっさり引き渡させるし。結果オーライといってもそんなんアリか?
それだけならばまだいいが、勧誘名簿を出せといわれてホイホイ出してよかったのか?でもって窃盗犯のデリックがイラクに行かされちゃってたのはアリなのか?罰なのか?
かなりありえない感満載のエピ・・・
ぜひギブスとホレイショのガチのタイマンを見てみたい、なんて怖いことを思ってみたりする。(絶対気が合わなさそう・・・)
そんなことを言ってると「どこかおでかけかぁ?」と、行き先に先回りで、待ち伏せされそうだ。ホレイショって物理とか次元とか時空間すら超えるよなー。

また、久しぶりにホレイショの負けず嫌いを見た。
ナタリアにブラッド・ホフマンについて「知ってますか」と聞かれて、
「 今 か ら 、 知 る 」
・・・知らないって正直に言えばいいのに。「疑ってごめんなさい、間違いでした」とか「知らない、わからない」とか、絶対に素直に言わないホレイショ・・・

「戦争は虚構だが、殺人は現実だ」
いや、戦争も現実だけど、ってそういう意味じゃなくて。
今回は珍しく社会派な路線を打ち出してきたマイアミ。今までも移民差別問題とか、たまーにさらっと社会派な素材を盛り込んでくる。今回はイラクの派兵についてバランスを保ちつつも、反戦・追悼色を打ち出していた。
けっこう兵士募集に応募する青年たちって、「いいもの食えるって」「女の子にモテる」とか、軽いノリで応募してるものなんだな。でも女の子にモテるってのはまぁわからないでもない。
カリーですら、検死局に行って「軍服の男の人・・・」って言った時の語尾に、微妙にハートマークがついていたもの。JAGのハーモン・ラブが今回の担当でマイアミのラボに来たら、カリーもナタリアもアレックスも萌え萌えになったことだろう。ヴァレーラもニックのデートをOKしたりはしなかっただろうに(涙)。

「挑戦は気を引き締める。 それがCSI式」
って、ウルフ何様?いつからお前が「CSI式」とか語れるようになったんだ?んん?・・・と、あの大き目の耳をきりきりと吊り上げてやりたい衝動に駆られる。
ウルフはホレイショの悪いとこばっかり真似するんだからなぁ・・・レイノルズ軍曹に「リーダータイプ」って言われてた時には「オレサマタイプって意味じゃ」とつっこんでしまった。
ウルフには「夜郎自大」ってタトゥーシールでも作って、おでこにぺったり貼ってやりたい。

そういえばこの間、脇チェックで1stの録画を見直すことがあったのだけど、ホレイショがなんと・・・
鑑識キットの入った例の四角いケースを持って現場にやってくる、というシーンがあったのだった。
いや、CSIの捜査官なら当たり前のシーンなのだが、ホレイショはもはやそんな場面を見ることはほとんどないので、「わー、珍しい」とか思ってしまった。
ホレイショは今や、現場には銃とグラサンと携帯とバッジ以外は持っていかない男になってしまったのね。

ふと思ったが、ホレイショが軍の勧誘やってたら・・・断れないだろうな。
「いい身体してるな。
  お前は、自衛隊に入るんだ。わかったな」
・・・・あああああ。


【 使 用 楽 曲 】
全編通して使用されているのは、ジョニー・キャッシュの「Like a Soldier」。(歌詞
B000WS4OZ2American Recordings
Johnny Cash
Universal 2007-11-13

by G-Tools


【 脇俳優チェック 】

◆イラクからの復員兵ケビン・カービー .... Charles Duckworth
「CSI:6」20話「クレイジーストリート」では、対立するストリートチームで「ドル」側のチームメンバーのベン役。ホッピングカーを運転したい軽い気持ちでついていったら犯行に巻き込まれてしまったのだった。
「グレイズアナトミー2」26~27話には、部長の姪っ子カミールのBF役で登場。大事な姪っ子がプロムでセックスしたら出血が止まらなくなったという状況に部長は大激怒し彼をびびらせる。
「BONES」第1シーズン6話「壁の中の逃走」の冒頭、テンペランスとアンジェラが息抜きに出かけて喧嘩を起こしたクラブで、DJをやっていたルールズ役で登場。
「ER」第11シーズン10話「重症患者」で、銃創で運び込まれた青年マイキー役。レイに「ヒップホップを踊って見せろよ」と執拗につっかかったもので、イラついたレイは勢いでトランスジェンダーの患者に妊娠宣告を行ってしまう。
「コールドケース」第1シーズン6話「ハレー彗星」では、「いい人」のウィル・ハレルのトランザムを買って乗っていた青年役。金曜日にパーティに行くからそれまでに車を返してくれる?とジェフリーズに食い下がるが、車の中でルミノール反応が出てしまったので彼の願いはかなわなかった。

◆ケビンとパトリックの幼馴染ブラッド・ホフマン .... Robert Hoffman
オフィシャルサイトあり。
「5つ子はティーンエイジャー」では、ピアースの友達のマット役で3エピに登場。
FOX CRIMEで放送の「失踪-Vanished」にアダム役でサブレギュラー出演している。

◆ケビンとパトリックの母 .... Monnae Michaell
「FBI~失踪者を追え3」8話「家族の日々」では、冒頭に失踪者のロージーと「後ろから足音を忍ばせるのは禁止」と語り合っていた、ロージーの郵便局の同僚役。
「ミディアム2」8話「誤解と混乱」では、デヴァロス検事がかつて扱った事件の犯人で、再び疑いをかけられることをアリソンの夢で予言された青年クライドの、母親役で登場していた。
「BONES」第1シーズン21話「英雄の秘密」では、アーリントン墓地で発見された元兵士マーシャルの母親役で登場。
「NIP/TUCK」第3シーズン2話「キキ」では、エイドリアンの死を捜査しに来た刑事役で登場していた。
「コールドケース」第1シーズン17話「脅迫電話」では、天才バスケプレイヤーのハーマン・レスターの恋人ターニャの現在版を演じていた。ターニャはハーマンの子どもを宿しながらハーマンが殺害されてしまったために、シングルマザーとして息子のレイを育てたのだった。
「CSI:2」第15話「残酷な悪戯」で、慢性的性的虐待を受けていた女の子の診断をする女医役で登場していた。今回の役は短い髪だが、CSIの時は女医らしからぬ長いみつあみを複雑に巻いたヘアスタイルだった。
他に「ザ・シールド」の第2~3シーズンにバネッサ役で7回ほどゲスト出演している。

◆射撃場でヒックスの死体を撃ったマシュー・バトラ ....  Michael Trevino
「BONES」第2シーズン10話「眠れぬ森の魔女」では、被害者のグレアム・ヘイスティングス役で登場。「ブレアウィッチプロジェクト」よろしく森の魔女マギーの謎を解くために森に入ったはいいが、呪いにかかったかのように斧でクビを切り落とされて殺害された。
「FBI~失踪者を追え4」23話、「コールドケース4」1話に登場予定。

◆マシューの友人デリック・ペリー .... Chuck Hittinger
「コールドケース3」1話「娘」では、陸上のエースで奨学金をとって大学進学をめざしていたが、GFのクインとの間に子供ができて、出産直後に殺害されていた被害者ジミー・テイト役を演じていた。
「FBI~失踪者を追え5」18話に登場予定。
関連記事

▶ Comment

再放送で見ていたCSIラスベガスのとある回に出ていて、キャサリン元ダンナがプロデュースしていた歌手(パンク?ロック系・笑)だったかなー?
なんか、おぉ!アビーが出ていたか。と感慨深いものが・・・色々ドラマ見ていると、すっかり忘れていた過去の作品に、今現在見ているドラマの人が出演していたりしてやっぱり面白いですよねー。
アレに出て、コレに出演して・・・へー、コレで売れたんだ!とか勝手に思ったりして(笑)

最近一番ビックリしたのはかなり昔見ていた「サンフランシスコの空の下」のお兄ちゃんがLOSTのお医者さんだったことです。
くまぷーさんのオドロキは何かありますか?
2007.12.20 23:19 | URL | スー #79D/WHSg [edit]
ほんとにそう思います>ご都合主義

WATの始まったころは、「その事件、どうしてFBIが?」って突っ込んでばかりでした。
FBIと市警の線引きはどの辺に?
その辺はっきりしてるはずのNCISの管轄に、バリバリ土足で入ってくるホレイショ・・・

NCIS見てますよ~。
カテゴリ無くても見てるものいっぱいありますが、むしろ好きなので、メモとか取らずに気楽に見たいっていう分類でもあったり(爆)
2007.12.20 18:15 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
あっちの捜査物ドラマで必ずまずどこの管轄?って話になるけど、ドラマによってホントご都合主義ですよね。

くまぷーさん、やっぱNCISも観てたのですね。
カテゴリがないから意外に思ってたんです。
2007.12.20 00:03 | URL | mow #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/619-e1c8ac4b

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。