スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスパレートな妻たち3 第12話「守ってあげたい」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 23.2007 デスパレートな妻たち 5 comments 0 trackback
【マイク、ポール】
マイクは獄中で自分の身を守るために、歯ブラシを研いで武器にして持ち歩いていたが、それも空しく他の囚人からボコボコにされていた。
ところが、そこにポールが駆けつけて囚人らをやっつけて助けてくれた。ここ二年の記憶がないマイクはポールについても覚えていなかったため、感謝して彼に恩義を感じるのだった。
しかしそれはポールが金を払って囚人たちに襲わせたヤラセだった。それを目撃していた看守が見かねて教えてくれたため、マイクはポールへ警戒心を抱くようになる。

【ガブリエル】
独身生活を謳歌していたガブリエルだったが、夜に帰宅したところ、家の中にプレゼントと思しきドレスを着たマネキンが置かれていた。以前のバラの贈り主がストーカー化して自宅の中にまで入り込んだことで、おびえたガブリエルはカルロスに頼んで泊まりに来てもらう。
しかし怯えながらもドレスは捨てず、カルロスの甘い期待も打ち砕いてソファに寝させていた。
そして怪しい男がプレゼントを届けにきたので捕まえるが、プレゼントの主は彼のボスだと言う。そのボスに電話をかけさせるが、ガブリエルは美しいとおだてられて気をよくして、ついランチの約束をしてしまう。
電話の主の声に聞き覚えがあるのが気になりつつ出かけていったところ、なんとストーカーの正体はザックだった。ノアの遺産を受け継いで、いまや財界有数の若き富豪となったザックは、金回りもよく遊びなれた風に振舞うようになっていた。
しかしさすがにザックと付き合う気にはなれなかったガブリエルは、今後の付き合いを断ろうとするが、自分が周囲に「誰かがいないとやっていけない」と見られていた事を知ってショックを受ける。
そして今回の騒ぎを受けて、カルロスがついていようかと申し出るが、ガブリエルは「一人でやっていける女になりたい」とそれを断るのだった。

【スーザン】
ジュリーはコンドームでは避妊に不安があるからとピルを買おうと考えるが、ちょっとのことでパニクるスーザンには初体験を済ませたことすら言い出せず、嘘をついてしまう。そこでイーディに頼んで母親の役をやってもらうことにして入手する。
ガブリエルにジュリーのことを相談したスーザンは、ジュリーの部屋をガサ入れしてピルを発見してしまう。そこで「母親なしでピルを処方するなんて!」と担当医にねじ込むが、イーディが代わりについていったことに気づく。
激怒したスーザンに問い詰められたイーディは、「二人は愛し合ってるから」と擁護するが、そこでイーディの家で二人が見たのは、オースティンとダニエルが抱き合っている姿だった。
スーザンはジュリーに母としての心配な気持ちを、そしてオースティンが浮気したことを話す。ジュリーは初めての相手に裏切られて号泣するのだった・・・

【リネット】
トムのピザ屋のオープンまであとわずか、着々と準備は進んでいるようだが、トムはリネットに途中経過を見せようとしない。ミスを指摘されたら男としての沽券に関わると考えていたからだ。
そこでリネットはトムの不在を見はからって店をチェックしに行く。思ったより店は順調に仕上がっていたが、バイトで来ていたアンドリューから、アルコール類販売許可が周辺住民の反対で降りていないことを聞かされる。マクラスキーからは止められるが黙っているわけにも行かず、リネットは自分で許可をもらいに奔走する。
ところが、ガントという老人だけは頑として許可の書類にサインをしてくれない。ラスベガスに40年勤めていたので、酔っ払いの害を知り尽くしているからだという。
しかしガントはリネットに「ほんの一瞬胸を見せてくれたら」と言う。背に腹は変えられず、リネットはサインをゲットするのだった。
トムには「アンドリューがサインをもらってきた」ということにするが、やはりバレバレ。「自分で何でもやり遂げたかった!」とふくれるトムだったが、「私たち二人はチームなのだから」とリネットに言われ、あらためて二人でがんばっていこうと思うのだった。

【ブリー】
ブリーはアルマが元アップルワイト家をイーディから買ったことを知り、そんな状態は耐えられないと「出て行くように言って」とオーソンの尻を叩く。
オーソンはアルマに出て行くように説得するが、アルマは「あなたの気持ちに少しでも可能性があるうちは出て行かない、可能性がゼロだとわかったら、ブリーに全部秘密をしゃべる」と逆に脅しをかけてきて、遠くから見ているブリーに見せ付けるように親密そうに体を寄せた。戻ってきたオーソンは「何とかやり過ごすしかない」と煮え切らず、ブリーの怒りに油を注ぐことに。
そこで直接アルマに頼みに行くが、「オーソンからは何も言われていない」というアルマの嘘に動揺する。さらにアルマの飼っている鳥が「ブリーには言うな」と口真似をしたことがさらに疑惑を大きくした。
ところがブリーは、オーソンとモニークの2ショット写真とモニークの歯が、アルマの部屋の床下に隠されているのを発見する。ブリーは恐怖におののきながらも、その歯をこっそり持ち帰るのだった・・・

------------------------------------------------------------

なんというザックの復活。
ザックが戻ってきたら、ジュリーがあんなになってて泣くかな、と思っていたのだが、まさかガブリエルのストーカーの正体だったとは。
すっかりヒルズ族風の若きセレブになっていたザックだが、ガブリエルを誘ったのは別に本気で好きになったとか好きだったとかじゃなくて、昔は手が届かなかった高嶺の花を「金で買えるようになった」から、その到達点を確認したくてやってる、ただのマーキングみたいだ。
オタク風味でさえない少年だった彼が使いきれないほどのお金を手にして、ちゃんとコントロールしてくれる存在もなく、明らかに間違った方向に歪んで成長してしまったようだ。
狂ったように「いい!自分でやるから!」と叫ぶ様子に、最近の彼の日常が垣間見えるような感じだが、彼もまた一人前に見せようとして必死なのかもしれない。

ガブリエルも海千山千だから、本気で惚れてくれてるわけじゃないことくらいバレバレなわけで・・・だからなおのこと、「お坊ちゃまが金で孤独な女に手を差し伸べた」扱いをされたことがショックだっただろう。
「誰かいないとやっていけない女」から「一人でやっていける女」という新しい方向性が見つかったガブリエル。でも、傍にいて守れる男でいたいカルロス・・・お互いほんとに微妙なところですれ違うのが悲しいなー。
ほんとのところはお互いが必要なくせに。いまやあの二人の掛け合い漫才が、殺伐としたドラマの中でオアシスになってる感じだもの。
「私、そんな女じゃないから」ってガビー・・・
自分を「乗りこなせない高級車」(原語だとフェラーリ。いやはや自信満々やな)にたとえていたが、新車じゃなくて前の持ち主の乗り癖がついてるから、他のドライバーじゃ乗りこなせないだけだったりして。

息子はセレブな青年実業家なのに、父親のポールは囚人生活・・・ポールはマイクに恩を売ってどうするつもりだったんだろうか。
やっぱりあれか、「オレのポッケの裾を掴め」だろうか。(それは別の檻の中の話)
マイクみたいな新入りはやっぱりかわい子ちゃん扱いだからなぁ・・・がんばれマイク、いろんな意味で。

リネットとトムは、力関係に逆らってトムがジタバタしても、実力差は歴然としているのだから、リネットの力をトムが素直な気持ちになってどううまく使っていくかに成功の鍵が隠されているようだ。
そうは言っても、男の沽券というのはそう簡単に折れられるものではないのだろうが。
「亭主を去勢して自分が男になるってことだよ」だなんて、マクラスキーさんはいつもうまいことを言う。
リネットはあれでも最大限トムをなんとか立ててやっているわけだし、あとはもうリネットというよりトムの気持ちの問題なのだが・・・
男の意地ってほんとにややこしい。

しかし・・・アンドリューがバイトだったのか。昔レックスが生きていた頃は、ファミレスの類を許さないブリーだったが、アンドリューをピザ屋でバイトさせるとは、彼女も丸くなったもんだ。

スーザンって、昔は成績優秀だったの?うっそ~ん。
それじゃジュリーも20年ほどだめんず生活を送っていたら、スーザンみたいになっちゃうってことか?
スーザンとスーザン母の負のDNAって強力なんだな・・・スーザンがスーザン母になるのは容易に想像がつくのに。
「あと胸のおなおししたら、あんたになっちゃう!」とイーディに対して言っていたスーザンだが、お直ししなくても、結局行き着く先はプチスーザンだ。
それにしても、ガブリエルのガサ入れテクはどこで磨かれたのだろうか。よほどカルロスに浮気疑惑が?でもないか。
「あなた、きっといいお母さんになる!」と言っていたが・・・ガサ入れが上手でしっかり管理できたとしても、いいママになれるかどうかは別問題・・・
いい探偵にはなれるかもしれないけど。ガブリエルもそれで起業してみればいいのに。

アルマはだんだんヤバい感じになってきて、見れば見るほど笑顔がフェリシアに似てきていてサイコ度満点だ。
ブリーは、オフェンスに回ると最強なのだが、ディフェンスはめっきり弱い。根がまっすぐな人なので、アルマの攻撃をまともにくらって、全部ツボにはまっている。駄目すぎ。
オーソンは、ブリーに殺人の過去を知られたら夫婦の仲がおしまいだと思ってるのかもしれないが、ブリーだってジョージを殺したようなもんだし、その上アンドリューの殺人の隠蔽をした過去があるわけで(いまやかなりの確率で「なかったこと」扱いにされてる設定の上位にランクインしそうだが)、さっさとほんとのことを打ち明ければなんとかなるのかもしれないのに。
そう考えてみると、ブリーも相当な血塗られた人生を送ってきてるなー。確か他人に向かって発砲したことも一度ならずあったような記憶がうっすらと。
妻と元妻、両方と切れるのが難しいのだから、三人とも諦めて「二人妻状態に突入」してみてはいかがだろうか。火曜と水曜はアルマのとこ、とか。
・・・なんだか予定表とか作って仕切りそうなブリーが見えるような気がする・・・

しかしあの歯は・・・モニークを殺したのは結局オーソンなのだろうか?


【 脇俳優チェック 】

◆リネットと酒販について交渉したハリー・ガント .... Richard Herd
オフィシャルサイトあり。70年代はじめから活躍しているベテラン俳優。
「OC」第1シーズン20話「テレノベラ」では、キルスティンのおじにあたる?ショーンおじさんことビル・ショーネシー役で登場。ケイレブがサンディに彼のトラブルについて弁護を依頼するが・・・
「ER」第1シーズン22話「神は人間の画策を笑う」では、命じられてロス(17話で幼児虐待疑惑の父親を殴った)が診察を受けた精神科医マーフィー役で登場。しかし診断は「ただ感情を抑えられないだけ」とあっさりしたものだったのでロスは拍子抜け。
「スタートレック ヴォイジャー」ではトム・パリスの父オーエン・パリス提督役を演じている。
「シークエストDSV」では、ブリッジャーをシークエストに乗船させたUEOの幹部のノイス提督役。
「パトカー★アダム30」では、フッカーの勤務するロス市警のシェリダン署長役でレギュラー。(署長の娘ステイシーを演じていたのは「ダイナスティ」時代のヘザー・ロックリアー)
他に「となりのサインフェルド」「ドクタークイン 大西部の女医物語」「ダラス」などに出演している。
関連記事

▶ Comment

ザックの、あのヘアスタイルはかなり笑いました。う~ん、似合っているのかいないのか?(笑)大人にする必要があったんでしょうけど、ちょっとなぁ。

ブリーは、顔から下の迫力が段々出てきているみたいだし、ふっくらして目に輝きがありますね。
色々と手前に置いて隠しているのが大変そう!話はちょっと怖い方向に向っているのに、ブリーが光っています(笑)

最近イーディの出番が少なかったので、今回はちょっと出番が多くて良かったです。「大人のタテマエは終わり」とか。(笑)面白すぎ!

2007.12.24 22:37 | URL | スー #79D/WHSg [edit]
この前やったのはみんなの大好きな保健の先生モノです。先生が、机の上に置いてあった工口マンガに刺激されてオナムーを始めます。そこを生徒にバッチリ見られ、秘密にするとの約束で、生徒のティンコをパックンして馬乗りになってガンガン抜いてくれちゃいました。http://campus123.net/o/901" target=_blank>http://campus123.net/o/901
2007.12.23 21:05 | URL | milkcafe #79D/WHSg [edit]
リネット夫婦はなんだかんだで
うまくバランスがとれているような
気がします。
ガブリエルとカルロスも微妙なズレ
なんだけどなぁ…。
スーザンは………うーむ(笑)。
オウムだけじゃなくて、床の写真と歯も
モニークの作戦だったのかな…。
気になるところです。
2007.12.23 14:33 | URL | R #79D/WHSg [edit]
はじめまして。いつも必ず拝読してます。
アメリカでシーズン4の途中で撮影中止になっていること気になっています。ABC放送のホームページの動画をついみてしまったのですが、なんだか変な展開になるみたい。NHKでちゃんと放送してくれるのかもしんぱいです。 よいお年をお迎えください。  来年も絶対拝読します。 
2007.12.23 12:09 | URL | はちみつ #79D/WHSg [edit]
ガントという老人だけは頑として」にププッと吹き出してしまいました。
それにしてもみごたえのある回でしたね~。ザックには驚きましたが!お金持ちになったからメガネもコンタクトにしたんでしょーか?
そしてガブリエルの探偵事務所開設、私も賛成です!

それでは良いクリスマスを~
2007.12.23 10:46 | URL | オリーブ #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/624-b6d68061

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。