スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSI:NY3 第2話「偽りのミイラ」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 16.2008 CSI:NY 0 comments 0 trackback
宝石店に、「ティファニーで朝食を」でヘプバーンが演じたホリー・ゴライトリーの扮装をした三人組が強盗に押し入った。なぜか自動的に展示ケースが割れ、宝石を持ち去ろうとしたところで防犯ベルが鳴った。
しかし防犯シャッターが降りた拍子に、犯人が置き忘れた銃を発射させたために、店の副支配人マイケル・ウィリスが不運にも死亡した。
犯人グループは換気ダクトに衣装を脱ぎ捨て、NYの地下の謎のトンネルへと逃亡していた。またダニーは現場のケースの破片の割れ目が普通と違うことに気づき、実験によって正弦波発生装置が犯行に使われたことを解析する。
トンネルや正弦波など、犯人たちは特殊な知識を使って犯行を行ったことがわかるが・・・

一方マックは、解体中のビルから発見されたミイラ化した遺体の事件を担当した。遺体の身元はレイバーン上院議員の行方不明中の妻ポーリーンとわかるが、ポーリーン殺害の疑惑をかけられた議員は、お揃いのプラダの指輪をマスコミにアピールして、無罪を印象付けようとしていた。
ポーリーンの検死を担当したペイトンは、心臓発作による自然死だと結論付けるが、マックは殺人説を主張。しかし部屋の証拠は解体作業によって破壊されていた。
マックは現場の部屋を再解析するために、部屋のデータすべてを読み取る作業を行うことに・・・

---------------------------------------------------

あんな格好の三人組が宝石店の前にいたら、「わーい」って写真撮影しようとする観光客が出てくると思うのだが。
どこで着替えて、どこからあの格好で歩いてきたんだろう。

このエピはダニーファンにとって大いに痛し痒しといった感じだろうか。
わんこエピで和ませておいて、ラストに地獄に落とされるという。
あぁそれにしてもあのわんこかわいい~!ほんとにダニーそっくりで。メガネかけてあげたい。
確かにダニーはむく犬系って感じだ。でもってホークス先生、笑いすぎ。
「お前って意外とゴツくないタイプだったんだな」って・・・今シーズンほんとにワンフレーズホークスになってる気がする。
いやしかし、ちゃんとワン!と鳴いてみせるわんこもかわいかったが、「お前はいい子ダナー」ってよしよしとたわむれるダニーはほんとにかわいかった。誰から借りてきたんだろう。
あれがドンちゃんだと、ちょっとしたすきに脱走されて、署内を壊しながら大追跡するとかしそうだ。ホークス先生だと、立派にしつけてそう。
マックは・・・1stで犬好きだけど扱えなかったシーンが思い出される。(エイデン・・・)
ちゃんと誉めてもらえなくて「犬だけですか」とスネるあたり、ダニーはほんとにわんこっぽい。
しかしあの実験は実際に犬をつれてくる必要があったのだろうか?再現という意味ではそうだろうけど。

Sサイズのひとー、と換気ダクトにリンジーを入らせたのはラストの囮捜査の伏線だったのか。
リンジーが囮になるというのは、通常の手順からいったらなさそうな感じだが。それを必死に止めようとするダニーがあっさり振り切られた時の表情の切なさ・・・
そして真っ先に現場に飛び込んでいくダニー。無事を確認して抱きしめるダニー・・・
おまいさん、惚れたね?
つーかダニーって彼女いなかったっけ。今シーズンダニーファンは受難の予感。
ホークス先生は・・・恋愛ネタないから。ほんとにないからなぁ。なんでだろう。

今回はペイトン先生を講師にお迎えして、「ご家庭で簡単にミイラを作るハウツー」と、「心臓の干物の戻し方」を・・・(違)
シドったら、ミイラで喜びすぎ。検死をコインで決めるって、ペイトンと二人でテンションあがってたんだろうなぁ。検死官ってなんでこうヘンタイなのだろうか。そこがよかったりするのだけど。
でも今回は、シドは「娘に似てる」とか珍しく遺体に感情移入するシーンがあったので驚いた。娘さんがいるのか。しかもあんな年頃の。シドっていくつだ??

マックはペイトンとモメムードになって、ヨシヨシとちょっと期待したのだが(あまり署内恋愛歓迎していないもんで)かえってお互いの才能を認め合うような流れになってしまって残念。
あのマックをして、平常心じゃなくて力が入ってるように見えてしまうのだから、恋愛のもたらす空気の変化って微妙だ。
指輪で愛情をアピールしたのに対して、指輪の痕から犯行が特定されるという皮肉。まるで死者がマックにメッセージを送るために、ミイラになって証拠を体に封じ込めたかのようだ。
検死官のペイトンでも読みきれなかったメッセージを、マックは遠回りしつつもちゃんとそこにたどり着いて読み取ることができるという、マックの執念と情熱を感じるエピだった。

マイアミと続けて見てると、NYってほんとに「科学捜査」してるなぁと感心したりする。
その一方で、捜査官たちが各自突入とかもこなしている。今回、ホークス先生は初めて銃を持って現場に突入していたりするのだ。捜査官として着実に成長しているのだな。
グロくてエキセントリックな事件が多い中で、捜査官たちがバランスの取れたクールな仕事ぶりを見せるのがNY、という風に落ち着いてきてる感じだ。やっとNYとして安定した色を出せるようになってきて、これから面白くなってくるかな。


【 脇俳優チェック 】

◆ネックレスを現場から持ち去ったイブ・デミング .... Valerie Azlynn
「ジョーイ2」7話「新トリビアーニ誕生」に、ジョーイの新居のコーディネーターとして応募してきた、ミス・アメリカ出場経験者キャンディス役で登場している。当然ジョーイはコーディネートそっちのけで夢中になる。しかし、9話「Dear ジョーイ」でキャンディスのおばあちゃんの機嫌を取るために老人演劇まで演出するが、結局努力もむなしく振られてしまうのだった。
「コンスタンティン」「奥様は魔女(リメイク版)」などに出演。
どっきりリアリティショー「The Joe Schmo Show」というのがあるらしいのだが、それの2にレギュラー出演。

◆ランタナ地方検事 .... Steve Cell
ミイラ事件で自分の手柄のように最後に記者会見していた。
「FBI~失踪者を追え2」17話「兵士とフィアンセ」では、失踪者の負傷除隊兵ケビンの婚約者サラが、ケビンに隠れて浮気していた職場の上司ベイカー役を演じていた。
「CSI:マイアミ3」8話「孤独な女」で、マーカスを殴った犯人ジャック・ウェブスター役で登場していた。
「CSI:4」14話「標的の死角」で、フロマンスキー巡査と撃ち合いになった強盗の一味トッド・ハリキー役で登場。
他に「チャームド」「ザ・シールド」などにゲスト出演あり。

◆「ホリー」の一人ベス・ラーソン ....  Andrea Bogart
「名探偵モンク4」1話「もうひとりのモンク」では、モンクを題材にしたテレビ映画の中で、ディッシャー刑事を演じていた「女優」の役で登場していた。
「NIP/TUCK」第5シーズン1話に登場予定。

◆マックに説教されたブルームフィールド検事 .... Brad Schmidt
「ジョーイ2」3話「ジョーイのペンペンお仕置き法」では、わがまま子役ケニーにブチ切れてジョーイがお尻を叩いて怒ったところ、撮影スタッフが子供を叩くなんてとドン引きしてしまった。そのジョーイが挨拶しても無視した撮影スタッフ役で登場していた。

◆ミイラ事件のブロンドのレポーター ....  Mary Ann Hermansen
「NIP/TUCK」第3シーズン15話「クエンティン・コスタ」では、クエンティンが妹と幼い頃育った修道院のシスター役。クエンティンと妹バイオレットの幼少時貰い手が見つかって紹介したシーンに登場している。顔面形成不全症でうつむくバイオレットの顔を上げさせている。

◆ホリーのひとりダナ ....  Lisa Jay
ホリーの中では最後に縛られて人質になった女性。
オフィシャルサイトあり。出演シーン動画もある。
「ミディアム2」11話「狂気の芸術」では、アリソンが夢の中で犯人自身になった状態で、バーで声をかけて拉致監禁して切り刻んだ、バーのウェイトレスのパトリシア役デ登場していた。
ソープオペラ「Days of Our Lives」のレギュラーや「バフィ~恋する十字架」へのゲスト出演がある。
10代の頃に日本で、テレビやポスターのモデルなどをしていた経験があるらしい。

◆遺体を運ぶのを手伝ったサル・ボヴァド .... Justin Meloni
「コールドケース」第1シーズン15話「ダンス・パートナー」では、被害者のベニーにあこがれていた、ディスコオーナーチェイニーの息子ポール役で登場していた。

◆ミイラ事件の黒髪のレポーター .... Gina St. John
「ジョーイ2」5話「ボビーの怒り抑制セラピー」では、映画が決まってギャラがいっぱい入ってきたジョーイが家を買うことにして案内してもらった、不動産の仲介人スーザン役で登場。
他に映画「ブルース・オールマイティ」など。
なぜか「リポーター役」を演じることが多く、「アグリーベティ」第2シーズン8話、「FBI~失踪者を追え6」4話、「ミディアム3」22話に登場予定だが、リポーターやキャスター役ばかり。

◆銃の発射で死亡した副支配人マイケル・ウィリス .... Erik Aude
10代の頃からチョイ役だがちょこちょこたくさん出演していて、見た目も悪くないのに、今ひとつブレイクできないのはなぜかと思ったら・・・かなり早い時期から素行に問題があったのを、なんとか更正してやっていたのに、2003年にパキスタンでアヘン所持で捕まり、懲役7年の判決を受けて服役(早期出所)という経緯があったらしい。
それでも仕事が途切れないのは、母親がキャスティングディレクターとして働いている業界人だから、だったりして。
「コールドケース2」23話「森」に出演しているようだが、場面を確認できず。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/640-49944d83

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。