スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BONES2 第16話 「骨のない死体」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 21.2008 BONES 2 comments 0 trackback
トランクに入れられ水中に投棄されていた遺体が発見されるが、体内の骨はすべて抜き取られているという異常な状態だった。骨を取り出すために茹でて開かれたというものだったが、休暇中のテンペランスは骨がないならとサリーとの休暇に戻ってしまう。
しかし内心面白くないブースによって、骨が発見されたからとすぐに呼び戻されてしまう。
アンジェラの複顔によって被害者の身元は、花嫁紹介業者の仲介でアメリカにやってきたリー・リンファンという女性だと判明する。彼女の婚約者はハーパーという東洋趣味の男性だとわかるが、ブースの尋問に対して東洋武術を駆使して逃走してしまう。
骨を抜き取られていたことについては、専門家のシー教授によって「冥婚」目的でされたのではないかと推測され、冥婚目的のビジネスが裏にあるのではないかと考えられたが・・・

その頃テンペランスは、サリーから「ヨットを買うので、一年くらい休みを取って二人でカリブへ行こう」と言われていた。周囲も勧める中、仕事か恋愛かのはざ間でテンペランスの心は揺らぐが・・・

--------------------------

今回、未婚のまま亡くなった人間に相手をあてがう儀式「冥婚」というのが出てきたが、日本でも東北のほうに残っている風習だ。
とはいっても、今回のように骨を云々ということではなく、形代を奉納するというもので、絵だったり絵馬だったり人形だったりするようだ。私は山形県の「山寺」(芭蕉の句で有名なお寺)に行ったときに、そのための花嫁花婿の絵がいっぱい掛かっていたのを見たことがある。
中国や朝鮮半島ではまだ原型に近い物が残っているらしくて、それが在米の人たちに受け継がれているのだろう。儒教的な発想からの風習らしいが、日本に伝わって変化したようだ。そういう意味で、アンジェラが絵を描いたというのは、製作者がどれだけ理解してエピソードに盛り込んだのかはわからないが、なかなか興味深いと思った。
でも、殺した遺体を茹でて骨を取り出したのなら、あとの肉はバラバラにするとかすれば発覚しなかっただろうに、かえって信仰心とか風習が邪魔したのか、肉をバラせず事件発覚につながるというのも皮肉だ。

テンペランスの恋人でこんなに長続きしたのは初めてだったわけで。
ブースが一人一人挙げてみるまでもなく(4人くらい挙げてたけど、思い出せないのもあったなぁ)、ほんとにテンペランスは男運が悪くて、何らかの形で裏切られたり犯人だったりするケースがほとんどだった。だから「サリーはいつサイコ化するんだろう」とか内心ドキドキしていたのだが、いい人のまんま・・・といっても結構ヘンなやつだったが、テンペランスが仕事を選ぶという結末になってしまった。
アンジェラが「GO!」と何度繰り返しただろう。それでも思い切って飛び込むことができなかった心中の葛藤いかばかりか。NOの返事をしてしまった後で、アンジェラの絵を見て涙を流したテンペランスは、明らかに今回の恋で変化があったのだと思う。
以前は、両親のお墓の前ですら「語りかけるなんてヘン」とか言っていた彼女が、だ。絵を見て、「結ばれなかった自分」の恋に思いがあふれたのか、それとも今までは「研究対象」としか見ていなかった「骨」に、改めて違った感情が芽生えたのか・・・
その変化はテンペランスにとって、今後きっとプラスになると思う・・・けど、そのままのテンペランスでも面白かったんだよなぁとか贅沢なことを思ってしまう。

そしてブースは・・・楽しそうに邪魔してて、結局別れを見届けて嬉しそうだったりする。
イケズなやつめ。
よく「奥歯に手ぇ突っ込んでガタガタいわしたろか?」という脅し文句があるが、今回のブースのおし殺した嬉しさを見ると、「頭に風船入れてぷーぷー膨らましたろか?」と思ってしまった。
あの風船・・・アンジェラはともかく、カミーラまでドン引きするとは思わなかったけど。

ブースがしきりに何かというと「セラピーで」と言うようになり、何か「ゴードン教」の信者になっているのがおかしかった。極端な人だ。
「セラピーでテンペランスの話も出た」と言っていたが、ゴードンはブースの気持ちなんかお見通しだろうし、ゴードンとテンペランスが会ったらどうなるだろうか。
しかし実は次回がゴードンラストエピなのだな。どんな風に最後を飾ってくれるのか楽しみ半分、非常に惜しい気持ち半分だ。
あの別れでサリーも終わりだし・・・なんというか、惜しげもなくばっさばっさと投入しては消え、といった趣が。贅沢なキャラ使い?もうちょっと大事に使ってほしいような気がしないでもない。

「クローザー」が終わってさびしかったが、BONESでタオに会えたのは嬉しいおまけだった。
なかなか今回のゲストは味があってよかったかも。シー教授としてまた出てくることがあるといいな。


【 脇俳優チェック 】

◆冥婚の専門家シー教授 .... Michael Paul Chan
「クローザー」では、鑑識出身の捜査官で、特捜班の中で科学捜査関係を一気に引き受けブレンダの信頼も厚いタオ役でレギュラー。タオは日本人の奥さんがいるという設定でちょっと謎の存在。
「ブル~ス一家は大暴走」第1~2シーズンには、一家の父ジョージの裁判の担当判事で登場。
「たどりつけばアラスカ」第1シーズン6話「ホリングの結婚」では、アラスカにリゾート計画のためにモリスが呼んだ、日本人の開発業者マスト役で登場。WOWOWでは吹き替えられていたが、字幕版では日本語の台詞をしゃべっていた(もちろん発音は意味不明)
「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」「インサイダー」「スタークリスタル」などに出演している。
「ラスベガス」第1シーズン9話に登場予定。

◆被害者のリー・リンファンの婚約者ハーパー .... John Paul Pitoc
「コールドケース」第1シーズン9話「サイン」では、愛しのシェリーにむしられた青年ジェームスが祖母と一緒に住んでいた家を、ヘンテコな家に改造してしまった今の住人ブラッド・メイヤー役で登場。
「CSI:3」1話「ギャンブラーの切り札」で、ストリートレースに使用されるカスタムカーのカリスマ整備士ミケランジェロ役を演じている。
「Six Feet Under」の第3シーズンでは、クレアが思いを寄せるフィル役で登場している。
「ボストンパブリック」第1シーズン14話では、セナトが学校で雇ってもらおうとして校長に紹介した失業中の友人レイモンド役で登場。

◆ピクチャーブライドの紹介業者バローズ .... Deborah Theaker
「デスパレートな妻たち2」16話「予期せぬ出来事」では、ガブリエルとカルロスが訪ねた養子斡旋所の担当者ローダ役。話をすすめようとした矢先、ローダの同僚でジョンの母ヘレンが勤めていることがわかり、斡旋所は使えなくなってしまうのだった。
ジム・キャリー主演の「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」で物語のキーマンとなる「ミスター・ポー」の妻ミセス・ポーを演じている。
「ジョーイ」第1シーズン23話「愛の壁はブ厚いっ!」では、マイケルの超年上の彼女ロレイン役を演じていた。実はロレインは、もっと年上の教授とマイケルを二股かけていたのだった。
「Six Feet Under」第2シーズン4話「感情」では、冒頭老人向けバスツアーのガイドのカレン役で登場。ツアーの客が最中に死亡したのを発見、「また死人が出た」とため息をついていた。

◆冥婚を行ったと見られた家の夫人 .... Lucille Soong
シー教授に連れて行ってもらった家で、ブースの顔をぷにぷに引っ張って見せた女性。
「デスパレートな妻たち」第1シーズンではガブリエルの家の家政婦ヤオリン役を演じていた。使用人には高慢なガブリエルにムカついていたが、カルロスの逮捕によって立場がかわる。
「HUFF」第1シーズン5話「父」、7話「亀裂」では、ハフの父ベンの長年の愛人役で登場。彼女の存在ゆえにハフの家族の中ではベンはほぼ死んだ扱いにされていて、ハフにとっても父が11人も子供を作る夢を見るほどストレスを感じてしまう。
「ダーマ&グレッグ」では3回ゲスト出演しているが、そのたび違う役を演じている。第1シーズン5話「ジェラシー撃退法」では声だけの出演で、キティご愛用の中華街で売っている特製美容クリームを扱っている店の妻の声でひとことだけ登場。
 第1シーズン20話では、ダーマたちが家族で食事しに入った中国料理店で、隣の席にいた中国人一家のおばあちゃん役で登場。一家はダーマとキティの喧嘩を観察したり、皿を勝手に持っていったりとマイペース。
 第4シーズン24話「ふたたび危機が・・・Part2」では、ダーマの友人で結婚式を挙げる台湾系のスーザンの母親役で、全然英語が分からず「はろーべりーまっち」と変な英語をしゃべっていた。
映画「フォーチュン・クッキー」では、ジェイミー・リー・カーティスとリンゼイ・ローハンが母子の体が入れ替わるが、そのきっかけになるクッキーを出した中華レストランのミセス・ペイペイの役で登場。

◆遺体現場のヒゲ警官 .... Eric Stonestreet
「CSI:科学捜査班」では紙専門の分析官ロニー・リトル役で第1~5シーズンに登場していた。紙関係の分析になると登場して筆跡鑑定などもやっていたのだが、第6シーズン以降は登場していない。

◆未婚のまま亡くなったウィリアム・チャンの母 ....  Alice Lo
「コールドケース3」22話「ポーカー」では、被害者のグラント医師に夫を治してもらって、感謝でお礼をしようとしていたリー夫人の現在版を演じていた。グラントの事件の捜査で思わぬキーパーソンとなる。
「グレイズアナトミー」第1シーズン2話「越えられないライン」では、イジーが薬を持ち出して無断診療してあげた、言葉が通じない中国人母子の母親役。
「デスパレートな妻たち」第1シーズン18話「迷える親ヒツジ」では、スーザンと母ソフィーが行ったスパでソフィーを担当したネイリスト役で登場。スーザンを担当した方のネイリストはスーザンに蹴られて鼻血吹いたのだった。
「Dr.HOUSE」第2シーズン18話「睡眠不足」では、娘に連れられてきた英語のできない中国系の母親役。娘は「母は生理痛がひどいので経口ピルを処方して」と言うが、本当は娘が避妊薬を欲しいのに、言葉がわからない母親を利用してると判断、北京語で「娘さんは妊娠してる」と告げて母子喧嘩を勃発させる。
「ER」第8シーズン22話「閉鎖」でも、英語が話せない患者役で登場し、ジンメイが通訳してあげていたなど、「英語が話せない在米中国人」という役を割り当てられることが多い。

◆葬儀社の経営者ハン .... James Hong
オフィシャルサイトあり。50年代から映画やテレビに出演してアジア系の役を幅広く演じてきたベテラン俳優。
「ザ・ホワイトハウス」では中国大使役で登場。第1シーズン11話「紛争調停」ではインドとパキスタンの問題にからみ大統領と会談。第3シーズンでは14話「一触即発」で発生した米中関係の問題に絡んで15話「大統領夫人の決断」似出演している。
「フレンズ」第3シーズン24話「格闘技は男の美学」では、モニカの彼で富豪のピートが突然チャレンジを宣言した格闘技の、トレーナーのホシ役で登場している。
映画では「ゴーストハンターズ」でカート・ラッセル演じるジャックの恋人ミャオをさらって復活しようとする、伝説の幽霊ロー・パン役。他に「ブレードランナー」「ゴールデンチャイルド」など、出演作多数。
「ムーラン」では皇帝の側近チ・フーの声を担当するなど、アニメーションの吹き替えも多い。
関連記事

▶ Comment

つかず離れず、恋愛は控えめに・・・っていうのがベストだと思うのですが、どのドラマでも2ndってキャラの掘り下げに走るあまり、恋愛ネタ投入しますよね。
BONESの場合、あの二人がくっつかないところに意味があるので、手も握らない&自覚もないままにじらしプレイでいって欲しいのですが・・・

NCIS、あれはないですよねー。
久々に「何かうらまれるようなことでも?」と思うような退場の仕方でした。3の女性上司、正直いって要らなさそう・・・
2008.02.02 01:22 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
いつも楽しく拝見させて頂いてます。どの番組もつっこみが楽しくて。

BONESもシリーズ1の頃とずいぶん変わりましたよね
骨で勝負してほしいヮ、ミステリーファンとしては

ブースが「職場恋愛?は危険が伴うから良くない」、と言っている横でボーンズは複雑な目つきでブースを眺めてたでしょ
今回はしょっちゅうボートに帰るボーンズを、ブースが眺めてましたよね、それで次回の展開かい!
宗教オタクと揶揄されるブースとの関係は、それぞれが成長して理解できるまでお預け、ということでしょうか


あちらのサイトでシリーズ3の終了時までの写真を見たけど、向こうのファンも二人の関係にやきもきしてるようで
「ヤドリギの下」という設定に、「これこそファンの願いでした!」なんて投稿がありまして、

本来の骨中心のストーリーに戻り、豚のジャスパーをプレゼントする、ほのぼのコンビを見たい、と思うこの頃です

ついでに
NCIS2終わりましたよね、3からは新メンバーでスタートと聞いてたけど、あんな終わり方するとは思わなかった


2008.01.28 11:18 | URL | emi #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/644-d52ce48c

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。