スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アグリーベティ」第19話「フェイの日記」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 16.2008 アグリー・ベティ 1 comments 0 trackback
アレクシスに出し抜かれたことで、ダニエルはすっかりやる気をなくし、連日飲んだくれては女性と遊び歩くという以前のような生活に逆戻りしてしまった。ベティは懸命にフォローしようとするがダニエルは聞く耳を持たない。
そこに以前からミード家について書きまくっている記者のクインシー・コームズが、モード編集部にまで入り込んでかぎまわるようになっていた。
ところが、アレクシスは逆にブラッドフォードを叩かせようとしてクインシーを呼びつけ、父との確執のネタを提供して記事にさせようとする。そこでクインシーから「フェイの日記」の存在を聞いたアレクシスは、続きがあるという「愛の隠れ家」の存在を探し始める。
ウィルミナは、ブラッドフォードを落として編集長の地位を獲得しようと決心するが、関心を持ってもらえない。そこでクインシーにブラッドフォードをたらしこむ秘密を「フェイの日記」からゲットしようとたくらむ。
そんなごたごたの中でもなんとかダニエルをフォローしようと一生懸命なべディだったが、自分がダニエルの依存症のようになっていることに気づき、クリスティーナと気晴らしに出かけることにするが、そこでもダニエルのことが気になって仕方ない・・・
一方、コンスタンスにまとわりつかれながらも、なんとかグリーンカード取得にこぎつけたいイグナシオだったが、やっと弁護士に会わせて貰えるというのでコンスタンスの家に行くことになる。しかし嫌な予感がするヒルダはイグナシオを止めるのだが・・・

---------------------------------------------------------------

米時間14日午後8時に「39th NAACP Image Awards」(全米有色人種地位向上協会の主催する各種文化賞)が発表になったが、コメディ部門の主演女優賞にベティのアメリカ・フェレーラが、コメディ部門助演女優賞にウィルミナのヴァネッサ・ウィリアムスがそれぞれ受賞!

二枚目の写真はウィルミナとイグナシオパパの呉越同舟なお写真。イグナシオは付け髭なんですね。
この賞は私の好きな「CSI:NY」のホークス先生ことヒル・ハーパーがノミネートされてたのでウォッチしていたのだけれど、受賞したのでベティ&ホークスという珍しい2ショットが実現したのだ~。
なかなかこのショットはレアかも。

クインシー・コムズは、ちょうど先週「ボストンリーガル」で殺されてしまったバーナードがベティにシフトしてきたみたいなタイミング。
バーナードは「ボストンリーガル」の字幕ではちゃんとした男言葉をしゃべらせられているのだが、元々ウィル&グレイスでも「男オバさん」な役だったので、今回の役のほうが結構しっくりくる。myspaceを見るとドぴんくなサイトになっているし、彼はやっぱし・・・Gなお方なのだな。
アレクシスのビフォーアフターを撮っておくウィルミナの悪趣味もびっくりだが、それをもらって気絶せんばかりに(個人的に)大喜びのクインシーもちょっと・・・

ウィルミナの悪巧みは、いくらなんでもブラッドフォードにはバレバレだと思ったのに、あっさり引っかかっちゃうなんて。いや、引っかかったふりだと言って欲しいくらいにダメオヤジだし。そんなオヤジだからダニエルもアレクシスもグレるんだよ!
アレクシスって、人のたくらみで動いてる分には力ワザでどんどこどんなんだが、人のいうことを何でも鵜呑みにしてしまうすごくお人よしな面を持ってるのが失敗の元という感じだ。
アマンダの言うことはいくらなんでも疑えよと・・・
しかし「クローゼットのもの何でも持っていっていいわよ」って言っていたが、アレクシスとアマンダは並んであれだけ身長差があるのに、服をもらっても着られるのだろうか?
特に・・・最後にホレボレとしていた靴!男サイズのアレクシスのを履けるのか~?
・・・あ、クリスティーナに「(アマンダは)ベティと靴のサイズが同じ」って言われて悔しがっていたのは、それだけデカい足だってことだった・・・とか?

あのクリスティーナとベティのプチファッションショーは、最後に元の服に戻って「じゃじゃーん」だったが、それはベティが「自分に似合う服を知ってる」ってことだったり・・・いやいやいや。
クリスティーナですらコーディネートできないベティという素材。わざと太く見える服を選んでるのか?という感じだったが、なんか途中で「油で揚げたらおいしそう」な感じの展開になってたような。
あの髪型と眉を何とかするだけでもずいぶん違うと思うんだけど、そういう方向にはいかないんだな。これでこの先、ダニエルがカード使ってプリティウーマンしてみたら、びっくりするほどベティがきれいになっちゃう、なんてことになったら、相当な才能が結集される、ミラクルな作業ってことだな。
だんだんダニエルへの入れ込みが「依存症」レベルになってきた。これでいつか「これって、恋?」って気づくみたいなことになるとか?
・・・・・うわぁ、まだまだ無理!
ダニエルは16歳に手をつけて脅されてお灸をすえられても、だからといって親身になってくれたベティに特別なものを感じるまでには、まだまだ道のりは遠そうだ・・・
しかし「実は母子」って、CSIにもあったなぁ。ああいう母子が結構いるってことなんだろうか。クワバラクワバラ。

それにしてもパパはいい人だ・・・
コンスタンスの心もちゃんと溶かしてあげるなんて、なかなかできることじゃない。あの偽結婚写真は、きっとコンスタンスの宝物になることだろう。
きっとコンスタンスもあのパワーがあれば、いい人が見つかると思うんだな、家庭的だし。あぁこれでコンスタンスのまん丸お目目とお別れかと思うと、ちょっとさびしい~。
コンスタンスの家に並んでたお料理はみんなおいしそうだったのになー(そこかよ)。
しかし、ジャスティンの「ズボンの裾のラインが崩れるから!」にはマイッタ。すでにジャスティンって本物だわ・・・


【 脇俳優チェック 】

◆姉妹モデルと見せかけた母親のほう .... Ivana Milicevic
「ザ・ユニット」第2シーズン8話「兵士の資格」では、ボブとミッションを共にしていたが、ロシアの奥地にヘリが墜落し怪我で動けなくなった通訳のイローナ役を演じていた。
「フレンズ」第9シーズン17話「間違いだらけの掲示板(BBS)」では、チャンドラーとロスと同じ大学だったコーリ・ウェストン役で登場。ロスが亡くなったという間違った情報を聞いてお悔やみに来てくれたが、彼女が「何度もデートに誘おうとした」と聞いたロスは飛び出してきて台無し。
弟はロックバンド30 Seconds to MarsのギターのTomo Milicevic。

◆赤い帽子のクインシー・コムズ .... Leslie Jordan
オフィシャルサイトmyspaceページあり。
「ボストンリーガル」では、母親を殴り殺した件でアランが弁護を担当した小さい人バーナード・フェリオン役を演じている。バーナードはアランの温情も聞かずその後も殺人を犯したため、アランに見捨てられてしまう。しかしアランのアシスタントのキャサリン・パイパーが情けをかけて付き合い続けたため、最悪の事態に。
デヴィッド・E・ケリーのお気に入りキャラなのか、「ボストンパブリック」でも第2シーズンに科学教師ベンジャミン・ハリス役でサブレギュラー。
「ウィル&グレイス」ではビバリー役で第3シーズンから登場しており、2006年のエミー賞ゲスト男優賞を受賞している。
「ダーマ&グレッグ」第1シーズン19話「雪のバレンタイン」では、ダーマとグレッグがロマンティックなバレンタインを過ごそうと予約したホテルが、実はおんぼろなトレーラーハウスで、そこを案内してくれたオーナーの息子ケニー役で登場。
飲酒運転で服役したことがあり、その時Robert Downey Jr.と同房になったらしい。

◆移民局の男 ....  Christopher Grove
オフィシャルサイトあり。
「CSI:NY2」6話「青い血」では、不動産王のキンジーと交際していた女子高生メラニーの父親役で登場。
「クリミナルマインド」第1シーズン15話「蘇ったシリアル・キラー」では、ライアン元捜査官がずっと追っているキーストーン・キラーではないかと疑われたスコット・ハービン役を演じてた。自宅に女性を監禁していたものの、キーストーン・キラー自身から「ハービンは違う」とメッセージが。
「ER」第9シーズンではウィーバーの股関節の担当医のクライン役で登場。第12シーズン16話「危うい状況」でも再登場。ウィーバーは仕事の多忙を言い訳にしてたびたびオペをキャンセルしてはクラインを怒らせている。
「シンプソンズ」のリサの声や、「ダーマ&グレッグ」でグレッグの怠け秘書マリーン役を演じているYeardley Smithと結婚していたが、2年ほどで離婚している。

◆16歳のモデルペトラ .... AnnaLynne McCord
映画「トランスポーター2」でカージャック犯の女役でデビューしている他は、日本での公開作は現在のところはほとんどないが、「コールドケース4」20話、「CSI:マイアミ5」23話、「NIP/TUCK」第5シーズンのサブレギュラーと、これから見る機会が増えるようだ。

◆クラブの男性ベン .... Eric Edelstein
ベティがクラブで一緒に踊ったデカい男。
「ジョーイ2」7話「新トリビアーニ誕生」では、ジョーイのスーツに血のりのダミーを仕込んでいた特殊効果の男性役で登場。2時間かけてやっと設置し終わって、「ボタンを押すな」と言おうとしたらジョーイは言われる前にボタンを押してしまって、2時間の苦労が台無しに。
関連記事

▶ Comment

Gの世界もLの世界も全然まとも、と思えるような「ああいう母子」はNIP/TUCKでも見たような、、、お近づきになりたくないです。
というかミード父ですよ。OCでもレディ・ヘザーにたらされてたしやっぱり駄目駄目だ、と思ってしまいました。「プールで溺れてたら見殺し」ってそれを意識した台詞でしょうか(笑)
あの隠し部屋尽きクローゼットはアレックスのオフィスについているモノ、なのでしょうか。つまりウィルミナの前はフェイのオフィスだったんでしたっけ?忘れてしまいました、、、。
2008.02.19 08:39 | URL | 美奈 #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/659-b89f0ac2

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。