スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アグリーベティ」第20話「表紙モデルの陰謀」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 21.2008 アグリー・ベティ 0 comments 0 trackback
ベティは色々怒っていた。ダニエルはアシスタントとしての自分の意見を聞かずにないがしろにするし、クリスティーナは自分を裏切ってウィルミナに通じていたし、それに、ヘンリー・・・。
ダニエルやクリスティーナ、ヘンリーも、ベティと仲直りしようとしてくるが、ベティは一切耳を貸そうとはしない。そんな様子を見て、ヒルダは「心が狭い」と昔からのことを持ち出して批判する。
ダニエルはペトラ母子から、ペトラを「モード」の表紙にするか、未成年との淫行で告発かと脅迫されていた。なんとか表紙モデルに押し込もうと画策するが、すっかり編集長の実験を握ったアレクシスに断られ、窮地に陥る。
一方アレクシスはブラッドフォードから1000万ドルの小切手を渡され、編集長を辞任するように迫られるが、激怒して拒絶。そんなアレクシスに、モードブラジルのエグゼクティブディレクターのロドリゴが、元男と知った上でモーションをかけてきた。アレクシスは舞い上がってしまうが、実はそれには隠れた思惑があったのだった・・・
アマンダはタバレスというゲイのデザイナーと知り合い、服を貰って彼がウィルミナに売り込もうとしているのを協力しようとするが、実はタバレスには隠された一面があったのだった。
ヒルダはサントスと寄りを戻していたが、イグナシオはかつて裏切られて泣いていた娘を思い、「空しい期待をさせるな」とサントスに説教をする。考えたサントスはヒルダにプロポーズするが・・・

---------------------------------------------------------------

「いい男~!
 アタシが死んだら灰を彼の身体にまいて~!」
ってどういう。遺灰をまかれるほうの身になってみろと。マークとアマンダが別口で言ってるのには笑ってしまった。アマンダ、もしやゲイ思考になってないか?

毎週濃い~キャラが次々と登場する「ベティ」だが、今週は偽ゲイのタバレス!
ムキムキでテラテラしててオネエで、身体だけで言ったらマークの好みど真ん中なのではないだろうか。ベビーオイル塗りたくりたぁい!みたいな。
しかし、アマンダも明らかに「ウィルミナに取り入るための踏み台」に利用されるだけの関係なのに、いいのかなー先がなさそうなのに。またマークに泣きつく結果になりそう。
でもちょっとだけタバレスはかわいいかなーと思ってしまった自分がいる。ただ、いくらオネエだといっても、あんなムキムキの人の前で「女の子同士なんだしぃ」ってスパっと脱ぐアマンダほどサバけた気持ちには・・・やはり普段からの慣れが必要?

ベティのプロム姿を見て思ったのだが・・・ベティはあれでも、高校時代から見たら「きれいになった」のだな・・・。その頃からは恋愛も経験してるわけだし。
トリーナと見ていた映画がキャリーというあたり、なんという容赦のなさ。豚の血ドバーのシーン再現のところで、「ベティ・スーサイド」とか頭に思い浮かんだ私は「CSI:NY」の見過ぎだが。
誘ってくれる人がいないのなら完全に諦めてしまえばいいものを、二人ともドレス姿っていうとこに、一抹の「もしや」とか「あわよくば」の片鱗が感じられてちょっぴり物悲しくなったりして。
でもベティも、意地だけで仲たがいした友達と復縁できてよかった。普段は頼りないところもあるヒルダだが、さすが姐さんといった感じだ。

そのヒルダのプロポーズの流れがまるでソープオペラで、そういえば最近テレノベラがなかったことにようやく気づいたりして。
YESとなかなか言えなくて、サントスが去ってしまってから「待って!愛してる!」と追っていったらドアの外にサントス、抱き合う二人・・・ベタだ。あまりにもベタだ。
サントスも、そのままヒルダが悲しみにくれて寝室に戻ってしまったらどうするつもりだったんだろう。寒い屋外でぽつーんと・・・いやいや、そんなリアリティはさておき、ヒルダおめでとう~。
とはいっても、多分サントスはすぐに裏切りそうな。ジャスティンを理解してくれて、歴代トニー賞まで詳しくなったサントスはいじらしいくらいだが、ヒルダ姐さんとジャスティンは二人で強く生きていくっていう設定ははずせないからなぁ。
パパもビザを再取得するための一時的強制送還は免れないようだし、ベティ一家は当分落ち着かないことになりそうだ。

アレクシスにやっと春が・・・と思ったら、ブラッドフォードの(というかウィルミナの)策略だったとは。
もしそれがバレたら、今度こそ親子関係が取り返しつかなさそうだ。
ブラッドフォードはどこまでウィルミナに本気で入れ込んでいるのだろう。なんとなく・・・アレクシスを追い出すために利用するだけ利用して、ダニエルの敵を減らしたらウィルミナもポイしてしまいそうな。ていうかそうでなかったらブラッドフォードじゃないし。
本気でただのエロエロでメロメロなオヤジだったらいやだー!(オヤジ好きの叫び)

それにしてもチャーリー、気づくの遅すぎ。
自分への裏切りには厳しいベティだが、実はチャーリーに対してはさらにひどい裏切りをしているわけで。
そろそろシーズン終わりなので、ヘンリーをめぐる三角関係にも決着がつくのだろうが、ヘンリーとめでたしめでたしになるのかなぁ。
ベティとヘンリーとダニエルのチームプレイはなかなか絶妙だったので、そこにクリスティーナを加えて、そろそろダニエル陣営のスカっとくる反撃も見せて欲しいものだ。
「アグリーベティ」の面々は2ndも賞レースに途切れずに登場しているので、おそらく次シーズンもクオリティは下がっていないままなのだろうと想像できるのだが、今ある問題が1stで片付いたとして、次どんな問題が待ち受けているのか想像がつかないんだなー。
終盤になって、元ネタの「ベティ」とは遥か遠く離れたところに来てしまった気がするので、最終ゴールはダニエルとのゴールインとは限らないのだろうけど。

ところで。「アグリーベティ」は4月からスーパードラマTVで放送が決定したようだ。
・・・早っ! 最近NHK、里子に出すの早すぎません?
それだけ視聴機会が増えてファンも拡大するから、悪いことじゃないけど。「ベティ」はやっぱり本家を抱えてるスパドラに行くのは順当だから驚きはないが・・・
でも、早っ!


【 脇俳優チェック 】

◆モードブラジルのロドリゴ・ベローソ .... Cristian de la Fuente
「CSI:マイアミ」の第2~3シーズンに、ラボの分析官サム・ベルモンテス役で6エピほど登場していた。
映画「ドリヴン」では、シルベスター・スタローン演じるジョーのチームメートのメモ・モレノ役を演じている。モレノはジョーの元妻キャシーの再婚相手で、チームメイトであると同時にいろんな面でライバルという役割。

◆アマンダの彼氏で偽ゲイデザイナーのタバレス ....  Mykel Shannon Jenkins
オフィシャルサイトあり。
「CSI:マイアミ5」14話「心停止11分」では、冒頭の押収品の銃輸送中に襲われ、もみ合ううちに射殺された警官役で登場。
「CSI:7」18話に登場予定。

◆ベティの昔の親友トリーナ .... Rachel Style
「HUFF」第2シーズン9~13話に、ハフの患者ケイト役で登場。あと2年で失明する目の病気を抱えて捨て鉢な心境だが、周囲に気遣われるのもかえって傷つくというナーバスな状態。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/663-a3d07e9b

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。