スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FBI~失踪者を追え! 第7話「暴走する母性」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 24.2005 FBI~失踪者を追え 0 comments 0 trackback
【 失踪者 : アビー・バックマン 】
通報者:ベビーシッターのローザ
FBI着手:失踪直後

ベビーシッターのローザがちょっと目を放した隙に、3歳の少女アビー・バックマンが公園の砂場から姿を消した。
アビーの父マシューはコロンビア大の教授で、母は、ジャックも何度か仕事で関わったことがある地方検事のアンジェラだったことから、騒動は大きく報道された。
アビーは、ジェシー・スティーブンスという同い年の少女と一緒にいて、ローザもジェシーのベビーシッターと一緒だった。ジェシーのシッターから水をもらったアビーは、その後ローザたちが公園にやってきた赤ん坊に気をとられている一瞬の隙にいなくなったのだ。
ジェシーには児童心理学者がついて、状況を聞きだそうとするが、失敗。他の目撃証言もあてにはならず、アビーらしき少女を見かけたという証言もあちこちからいくつも寄せられ、決め手を欠いた。
アンジェラは厳しい判決を求刑する検事であるためにしばしば恨みを買い、先週も20年の懲役をくらった被告の兄に、アビーと一緒にいるところを脅されたりもしていた。
そのアンジェラの性格の厳格さゆえに人間関係でトラブルを抱え、マスコミもアンジェラのキャリアウーマンであることを興味本位にバッシングしはじめる。
一方、ローザもアビーを大事にしてはいたが、アンジェラ以上を自負する愛情を注ぎ、しかもビザの切れる母親をアンジェラが助けてくれなかったことで恨みを抱いていた可能性も浮上。

アンジェラが次第に自分を責め始める状況で、実はマシューがかつて教え子と不倫関係に陥っていたことをビビアンに告白する。その教え子クラリス・ウォルターズとはアンジェラの妊娠がわかって別れたが、つい最近復学を求めて推薦してくれと付きまとっていたのだという。
状況が混沌とする最中、身代金の要求の電話が。そしてアンジェラを脅迫した被告の兄が行方不明であることも・・・・
誘拐はアンジェラに対する恨みか、それとも?


---------------------------

この回は白人富裕階級の、幼い少女の拉致事件、ということで発生から2時間以内の着手。しかもマスコミも大騒ぎ、捜査機関も報道機関も全力投球、みたいな。
次の回が黒人のある程度成長した少年の失踪なのと対照させてるような感じが。
ただいみじくも語られているが、人身売買のブラックマーケットでは「白い肌金髪碧眼少女」は高く売れるし、親が裕福だと身代金目的の誘拐に発展する恐れもあるし、また幼女嗜好の性犯罪も、ということでアビーのパターンは凶悪犯罪に結びつくケースが多いという意味も大いにある。
だから警察が力を入れる事情はわからないでもない。
マスコミが次の回で「黒人少年失踪のニュースバリュー」をいうのは間違ってると思うけど。

しかし、アメリカの世間は冷たいなぁ。働くためにベビーシッターに預けて誘拐されたら、「母親がキャリアウーマンだから」っていうバッシングが起こるのか。
日本でも時々芸能ニュースを見ていると、結婚会見とかで型どおりの「仕事は続けますか」「子供は何人くらい」っていう質問をするのが「働く女性」である女性レポーターだったりするからなー。
女の敵は女だな・・・・

今回は捜査スタッフの人生の裏がちらつくネタはそんなにはなかった。ビビアンの、母性あふれる説得がすばらしかったのと、その後にジャックが子供たちに会いたいけど会えない、みたいなあたりくらい。
しかし、さりげない伏線というか・・・・
ジャックが「既婚者と付き合ったからといって犯罪者とはいえない」と言った後、マーティンが「姦通罪は?」とぼそっと返し、それに対してサマンサがちろっという感じでにらんだのだ。
こういう台詞のない、表情だけで語る演出がこのドラマとっても多いので、画面から目が離せない上に二回以上見直さないとわからなかったり。ったく、マニア心をゆさぶるぜ。
初回にジャックとサマンサの怪しい感じが出てきていたが、その後の描写が出てきてない。細かくこんな感じで小出しにしているが、二人の過去の関係はいつ明るみにされるのだろうか。


今回の脇俳優さんでは、あまりひっかかりがない。
困ったことに、この回のデータがIMDBでは不完全なようで、ローザやゾーイのデータがないのだ。この二人の女優さんが気になったのに。
デリア・リバースという黒人の女性TVレポーターが、このシーズン中にもう一回出てくるのだが、彼女が「シカゴホープ」の第二シーズンにエリザベス・ハンコック役で出てた、くらい。

それにしてもNHKのつけた邦題は、ちょっとネタバレっぽくて。
「暴走する母性」じゃ、被告の兄のマイク・フォーリーの可能性はないな、とか予定調和で見るようになっちゃうし。犯人は女性限定ってことになるもんなぁ。
クラリッサがかつて妊娠していたか?とか考えてみたけど、まぁいい裏切り方してくれたからいいようなものの。
もう少し考えて邦題はつけてください。

関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/67-9e048f76

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。