スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コールドケース4 第2話 「義手」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 23.2008 コールドケース 0 comments 0 trackback
デラウエア川から義手が引き上げられ、身元は州兵としてイラクに派遣されたデイナ・テイラーのものと判明する。デイナは2004年に帰還していたが、敵の攻撃を受けた際に右腕を失って義手を使用していたのだ。その戦闘時に仲間の兵士を助けたことで勲章を受けた英雄だったが、帰還後失踪したままになっていたのだった。しかし義手が発見されたということはほぼデイナ自身も死亡していると考えられた。
デイナや、彼女が助けたトミーらは手足を失っただけではなく、心に深い傷を負ってPTSDに苦しんでいた。そして戻ってきた家庭もそのままではなく、夫のジェフはデイナとトミーが頻繁に連絡を取り合ってることで浮気を疑っていた。
またその戦闘の際に、同じ町の住民フランクは助けられずに命を落としたため、デイナは友人だったフランクの妻ブレンダからひどく責められていたのだった・・・

スコッティは、スティルマンに言われた件で兄のマイクのもとを訪ね、ボクシングのコーチに幼い頃性的虐待を受けたかどうかを聞く。しかし兄はそんな事実はなかったと否定するが・・・

---------------------------------------------------------------

色んなドラマで、角度や切り口を変えてイラク戦争を題材にしているのを見かける。
ちょっと前までは911だったが、あっという間に泥沼化してしまったのだな。
同じブラッカイマーものの中では、「FBI~失踪者を追え2」17話「兵士とフィアンセ」がすでに2004年にイラク復員兵たちの心の傷を扱ったエピソードを放送している。
そして時期的には今回の「義手」の同じ年の1ヶ月ほど後に「CSI:マイアミ5」10話「非情の戦場」が放送されて、ホレイショがイラクまでもが「俺の管轄だ」とやらかしている。

他との差別化というのでもないのだろうが、今回の場合は「州兵」の従軍にスポットを当てている。しかも女性兵士。
より「普通の人々」が駆り出されている現状が切実に感じられる。
このエピの原題は「The War at Home」なので、イラクで心身ともに傷ついた兵士たちによって、傷を癒すはずの場である家庭にまで戦争が飛び火しているということだろうか。
せっかく戦争から生きて帰ってきたのに、しかも命を助けた相手によって殺されてしまったというのはあまりに皮肉だ。
ラストの娘リンジーの敬礼姿が胸に痛い。最後は夫とも和解し、娘にも母が誇りを持って闘ったことを受け止めてもらえたのが救い・・・としか言いようがない。

スコッティの兄が登場。
一男一女の絵に描いたような穏やかで幸せなファミリー。そこに影を落とすようなことは言いたくなかったのに違いない。
しかしスコッティが3rd終盤に、小児性愛者に向けた過剰なほどの怒りと暴力性、そして今回のラスト近くの表情からすると、スコッティは兄の否定を額面どおりに受け取れない「何か」を知っているのだろう。
この先スコッティの抱える爆弾がどう爆発するのか、なかなか不安なところだ。
何しろブラッカイマーもので「メインキャストの弟に兄が登場」すると、今までWダニーで死亡フラグだったので・・・
ダニーじゃなくてスコッティなら平気?ってスコッティの中身はダニーさんだしなぁ。

リリーはやはりお料理できない系だったのか。そんな気はしていたが。
そんなリリーでも、ジョセフのためなら朝食も作るという。
惚れたな?ジョセフなら焦げ焦げの卵でも食べそうな勢いだ。
「やっぱり俺残るよ、最後になれるように」
ええい、カイトよ見るがいい!(そっちかい)リリーが幸せそうでいいなぁ・・・と思ったら。
来週また間の悪いタイミングでハーレイがやって来ちゃったり。ハーレイは不幸を連れてくる魔物だな。
あぁ、リリーの幸せがもう少し長く続きますように。


【 脇俳優チェック 】

◆スコッティの兄マイク .... Nestor Carbonell
「ブルック・シールズのハロー!スーザン」では、プエルトリコなまりが特徴的なカメラマンルイス・リヴェラ役でレギュラー。
「LOST」第3シーズンから、「年をとらない男」リチャード・アルパート役で登場している。
「Dr.HOUSE」第1シーズン13話「父と息子」では、患者の少年ゲイブの父ジェフリー役を演じている。息子愛が強く、息子がすべてだという情熱が空回りして、時に治療の邪魔になるほどに怒鳴りつけたり高圧的になる父親。彼がプライドのために隠し事をしていたせいで、病名の発見が遅れてしまう。
「アリーmyラブ」第5シーズン20話「敗者の美学」では、エレインが受けたオーディションの演出家マイルズ役で登場。落選した帰りに出会い一夜を過ごすが、翌日つれなくされたことでエレインは落ち込んでしまう。

◆イラク帰還兵のデイナ・テイラー .... Lesley Fera
「CSI:マイアミ」では女医役で時々登場している。初登場は第2シーズン12話「全てを見ていた男」。第4シーズン1話「新たなる闘い」では逃走犯にレイプされたメイドを診察していた。第5シーズン15話「サラバ猛獣よ」ではデルコの担当に。
「ER」第10シーズン12話「新生児ICU」でアビーの担当していた新生児の母親コルバー夫人役で登場。コーデイが腸管壊死になった赤ん坊を手術するので急がせるが、アビーはちょっとだけ時間を取らせて、かけつけたコルバー夫妻に手を握らせたのだった。

◆デイナの夫ジェフ .... Tim DeKay
オフィシャルサイトあり。
「FBI~失踪者を追え2」22話「コーチの辞表」では、失踪したフットボールのコーチ、ジム・クーパー役。勝利最優先の腐敗しきった大学フットボール界に疑問を感じていたが、そこにかつての恋人が産んだ我が子がチームにやってきたため、学生たちの将来を考えたチーム運営にめざめ、チームは弱体化。大学からクビにされてしまう。
「4400」第4シーズン6話、11話では、世界的ソフト会社ユビエント社のCEOドリュー・イムロス役を演じている。未来人のしるしである耳に痣のある「刻印あるもの」の一人とみられるが・・・
「マイネームイズアール」第1シーズン14、17話では、アールの友達ハンク役。ハンクの誕生パーティでの発言がリスト入りしていたため、ハンクが強盗で刑務所に入る前の日に「いい日」を過ごしてもらおうとアールは奮闘するのだった。
「CSI:5」18話「生かされて」では、焼身自殺を図ったのに命を取りとめてしまったタラ・マシューズの夫、ニール役を演じていた。タラが自分の親友と関係してまで子供を作ろうとしたことにニールは激昂して、親友夫妻を殺害してしまうのだった。
「フレンズ8」23話「ママにプロポーズを Part1」では、レイチェルの病室が相部屋になっていたために一緒になってしまった最初の夫婦の夫マーク役。彼らは3人目の子供で慣れきっていたので、一人になりたいレイチェルをよそに記念撮影しまくっていた。彼らが入ってきたとき、ロスは例の「足を広げる機械」を試していて恥をかいた。
「アリーmyラブ5」11話「衝撃の事実」には、妻の頭がサッカーボールに見えて蹴り飛ばして死なせてしまった男、ケンドール役で登場していた。
「エバーウッド」では第1~2シーズンにエバーウッド教会のキーズ牧師役で登場。第1シーズン8話「愛を求める時」では妻(レディ・ヘザーことMelinda Clarke)とのいざこざで蕁麻疹に悩んでいたが、第1シーズン15話「週末の暗闇」では失明の危機に。第2シーズン6話に登場予定。
見世物小屋の一団を描いた異色ドラマ「Carnivale」(日本では未放映)で団長のジョーンズを演じてレギュラー。残念ながらこのドラマは第2シーズンでキャンセルになってしまった。
他に「サンフランシスコの空の下」で医師役など。

◆ジェフの浮気相手ポーラ .... Kristin Bauer
オフィシャルサイトあり。
「ボストンリーガル」第2シーズン8話「不安な眠り」では、唇にコラーゲンの代わりに患者の尻の脂肪を注入する整形手術を受けたところが、医者自身の脂肪を使用されたと知ってデニースに訴えてきた女性の一人トーリ役で登場。しかしクレイン&プール&シュミット事務所では医者のほうが顧客だったために、彼女らを敵に回すことに。
「CSI:6」6話「神の子」では、被害者のシングルマザーのクリスティーナが育てていた子供ジョーイの実母ケンリー・ジョンソン役。代理母のクリスティーナに子供を奪われ、子供を授からないまま夫も死亡していた。そんなケンリーを母が不憫に思い・・・
「デスパレートな妻たち2」17話「別れは突然に」では、リネットが会社にヘッドハンティングしたヴェロニカ役で登場。ヴェロニカは「授乳中」と言っていたが、実は子供は5歳だったので会社内に動揺が走る。見ていられなくなってリネットがヴェロニカの息子を「奥の手」で乳離れさせるのだった。
「ダーマ&グレッグ」第4シーズン15話「華麗なる一族」で、グレッグのいとこにあたるレズビアンのステファニー役で登場。グレッグの父エドの会社の実験を握ろうとあれこれ陰謀をめぐらせ嘘をついたので、ダーマは謎解きに興味シンシンになる。
「ザッツライフ~リディアの人生ゲーム」第1シーズン5話「ジャッキーの決断」では、ドタキャンしたリディアの代わりにヘアモデルになるキャンディ役で登場。しかしヘアーショーは大失敗してしまう。
「ダーク・エンジェル」第1シーズン1~2話ではリディア役を演じている。
「BONES」第3シーズン7話に登場予定。

◆イラク帰還兵のトミー .... Brian Gross
「BONES」第1シーズン16話「地下の住民たち」では、ドキュメンタリー映画監督のマーニーという女性が地下にもぐるため、クライミングを教わっていたコーチの一人カイル役で登場。マーニーには婚約者がいたが、カイルと浮気していた。
「CSI:マイアミ」第1シーズン21話「毒牙の餌食」では、ホテルのプールで死亡していた男と一緒に3人でホテルに宿泊しドラッグパーティをやっていたマット役。
「ジョーイ」第2シーズン3話「ジョーイのペンペンお仕置き法」では、ジーナがアレックスのために嘘のオーディションを開いてイイ男を見つけようとするが、モンティパイソンおたくだったために不合格になった男の役で登場。
「ラスベガス」第3シーズン以降に数エピに登場予定。

◆夫フランクが戦死したブレンダ .... Kathrine Narducci
「FBI~失踪者を追え3」11話「16歳の誤算」では、ERの入り口に赤ん坊を抱いて座り込んでいた16歳の少女タラを見かけて、ただならぬ事情を察してあれこれ話しかけたナース役で登場。結局彼女の説得を振り切ってタラは姿を消してしまう。
「ザ・ソプラノズ」ではシリーズを通して、トニーの友人でレストラン経営のアーティの妻シャーメイン役を演じている。マフィアが自分の店に出入りするのを嫌がっているが、かつてトニーとは親密な関係だった。
「サードウォッチ」では第1シーズン当初はドクのパートナーだった元救急隊員ジェリーの、妻ジェイミー役で第3シーズンに登場している。

◆スコッティの兄の妻 .... Camillia Sanes
「ザ・シールド」第1~4シーズンで、アセベダ署長の妻オーロラ役を演じている。アセベダが一人悩みを抱え込んだことで、夫婦仲がこじれたこともあった。

◆男尊女卑の退役軍人コズロースキー .... Michael Wiseman
「ボストンリーガル」第1シーズン11話「シュミット参上」では、バーニーが母親を撲殺した件での担当検事役で登場。
「CSI:6」23話「ブラス警部の運命」では、カジノの防犯カメラの監視係役。ウォリックが犯人を捜索するために映像を監視していてティーナを発見した場面に登場。
「CSI:マイアミ3」18話「配達された悪意」では、元AV女優のクッキーことサラの家の窓を修理した時、彼女の正体に気づいて部屋からテープを盗んだ窓修理業者コナー・ミード役。
「Xファイル 終章」5話「蝿の王」にブロンジーノ博士役で登場。「NYPDブルー」第5シーズンに3エピソードほどゲスト出演など、細かく多数の作品に出演。
「クローザー」第3シーズン12、13話に登場予定。

◆デイナの娘リンジー .... Gigi Goff、Lily Goff
2004年のリンジー役と現在のリンジー役を演じているのは、実の姉妹の二人。
妹のGigiは、「マイネームイズアール」でジョーイの幼い頃を演じている。第1シーズン6話「芝刈り機に乗ったお姫様」ではミスコン出場シーンで、その時Jaime Presslyとの2ショット写真がある。他に第2シーズン16話「カルマ様の奴隷」の回想シーンでも登場。

◆戦争集会で質問した少年 .... Malik Kirkwood
デイナに「人を殺しましたか?」と無邪気に尋ねた少年。
「NCIS」第3シーズン6話「殺人ビデオ」で、妻が行方不明になった海兵隊員夫妻の、その妻との不倫を疑われた隣人が自宅でやっていたガレージセールから、物をガメようと虎視眈々と狙っていた少年たちの一人として登場。

◆スコッティの甥っ子エミリオ .... Aramis Knight
「ボストンリーガル」第2シーズン9、10話で、デニースの目の前で誘拐された、家政婦ヘレナの息子ティト役で登場。FBIが表立って動けないため、ティト救出のためにデニースとブラッドは偽FBI捜査官になるのだった。

◆リンジーの学校の校長 .... Saundra McClain
「サードウォッチ」第2~6シーズンに、ナースのプロクター役でサブレギュラー的に出演している。
「ミディアム3」16話に登場予定。

◆コズロースキーの妻 ....  Bitsie Tulloch
日本で2004年に放送されていた日産CUBEのCM「彼女の好み」篇(パンク趣味の女性と、キャリアウーマン風の女性と、助手席に座る彼女に合わせて自分の洋服や車内インテリアを替えるが、音楽替え忘れてバレる、という)で、キャリアウーマン風の方で出演していたのが彼女。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/689-5dbd8e16

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。