スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コールドケース4 第5話 「熱帯魚」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 12.2008 コールドケース 0 comments 0 trackback
ジョセフが養護施設で知り合った自閉症のブレントという少年を、リリーに紹介してきた。ブレントは3年前に両親を殺害されていたが、事件の話をすると数字の羅列を口にするので、ジョセフは何か事件に関連があるのではないかと思ったのだ。
調べてみたところ、その数字は両親が殺害時に乗っていた車のメーターの走行距離の数字だった。ブレントは事件の時に車に乗っていたのだ。
ブレントから情報を引き出すのは困難を極めたが、スコッティの粘り強い語りかけによって、犯人は特徴的な靴を履いていたことが判明し、ブレントをいじめていた生徒の存在が浮上するが・・・

一方、ジョセフに事件の協力をしてもらいながらも、リリーとジョセフの仲はギクシャクしていた。
リリーはレイへの思いに揺れながらも、自分が誰と向き合うべきか結論を出そうとするが・・・

---------------------------------------------------------------

前に「FBI~失踪者を追え3」13話「僕の好きな場所」でも自閉症の少年が失踪してしまったというエピがあって、あの時も自閉症を演じている子役の達者ぶりが光っていたが、今回のブレントを演じていた子も「演技」を感じさせないような熱演ですばらしかった。
他のキャストも印象的だったが、彼が最後の笑顔で全部持っていってしまうのだから、それはもう仕方がない。

スコッティがちゃんと勉強して、ちゃんとコミュニケーションがとれるようになったのは、やはりドラマならではのハッピーエンド、なのかもしれないが、それでもスコッティが久々に活躍を見せてくれたのは嬉しかった。
ラストシーン、ブレントの部屋に熱帯魚のペイントをしたのは、スコッティとヴェラでいじめっ子グレッグに「お前、絵が描けるならちょっと来てお詫びの印にちゃっちゃと描いてみろ」と脅して手伝わせたりしたのかも、とか想像してみた。
姉のルビーがどこまでも献身的な愛情あふれる様子なのが胸に迫る。そして、ルビーとダグのねじれてしまった関係が切ない。
ダグは、ついていけない事情があったにしても、なぜそこで殺人に走るという結論になってしまったのか・・・。ルビー以外、誰も彼の近くにいてたしなめたり悩みを聞いたりしなかったのだろう。
でも自分の世界はルビーしかいない、というダグが、事件後顔をあわせられなくなってルビーと離れ、結局一人になってしまった三年間・・・どういう気持ちでいたのだろう。その空白期間に彼が何を感じていたのかを聞いてみたいような気がした。

最近いいとこがなかったヴェラだったが、今回はちょっとかわいいところを見せてくれた。
ブレントのことを理解できず、またワルなポジションでふてくされモードかな?と思ったら、黄色のネクタイを・・・スコッティに言われていったんゴネたものの、しっかりはずしていた。
ヴェラはそういうナイーブなところを持ってるから、(リリーも前に言ってたっけ)憎めないんだなぁ。

リリーは二兎を追ったつもりはなかったのかもしれないが、レイもジョセフも両方失うことになってしまった。
レイへの情も、ジョセフに正直になったのも、全部裏目に出てしまった格好だが・・・リリーってなんであんなに恋愛ベタなのだろう。尋問してる時のキレが嘘のように後手後手で。
「行かないで」なんてすがる女になっちゃってるリリーはあまり見たくなかったなぁ。
レイもジョセフも、現時点ではこの先登場予定はなさそうなので、まさに「終わった」という状況。まだ始まって5話目なのに、残り全部どよ~んとしたリリーを見ることになってしまうのだろうか?それともまた運命の出会いが?

リリーがこんなボロボロになっちゃったのも・・・全部カイトのせいね(まだ言うか)。


【 脇俳優チェック 】

◆ルビーのBFダグ .... Jake Abel
ディズニーオリジナル映画の「Go!フィギュア」で、ヒロインにホッケーを教えるスペンサー役でデビュー。
「CSI:マイアミ6」9話に登場予定。

◆ブレントの父スティーブ ....  Andrew Borba
「名探偵モンク5」8話「一事不再理の壁」では、モンクがかつて刑務所に送った犯人マックス・バートンを釈放するかどうかの審査をしていた、仮釈放委員会の委員役。しかし委員会のさなか控訴審で無罪判決が出てしまい、マックスは釈放されてしまうのだった。
「CSI:マイアミ5」10話「非情の戦場」では、ホレイショに捜査担当の管轄権を持っていかれてしまったJAGのブレントン少佐役で登場。
「グレイズアナトミー2」23話「失う覚悟」では、子供6人がいて、さらに妊娠したローズの夫のティモシー役で登場。ローズはもう子供を育てるのは限界だと、ティモシーに伏せたまま卵管を縛ることをアディソンに依頼するのだった。
「HOUSE」第1シーズン14話「医師免許を賭けた嘘」では、風邪の子供を連れて来院した口のきけない父親役。足の手術をした後声を失ったのだが、ハウスはその原因を突き止め治療するが・・・
「NIP/TUCK」第2シーズン14話「トゥルーディ・ナイ」では、トゥルーディのDV夫スタン役を演じていた。一見人がよさそうなのだがトゥルーディの鼻を殴って破壊するほどの凶暴な男で、なのにトゥルーディは夫をかばって整形しようとするのだった。
「FBI~失踪者を追え4」7話に登場予定。

◆ノースベント学園のハーベイ .... Peter Mackenzie
「CSI:5]11話「落日のテロリスト」では、テロ組織とつながる女ソニア・バラクの、ピーター・キンケラの妻子誘拐裁判で、ソニアの弁護を担当したラッセル・タニンジャー役。タニンジャーは裁判所を出たところで狙撃され死亡してしまう。
「クリミナルマインド」第1シーズン13話「毒物混入」では冒頭、摂取した記憶のないLSDの作用で幻覚が見えて、一緒に車に乗っていた息子を知らないうちに殺害していたジャック・フィッシャー役で登場。
「CSI:2」16話「儚い人生」では、アマチュアホッケーチームのチームドクター役で登場。事情聴取だけの目立たない脇役かと思われたが、彼は実は女性ホッケー選手ジェーンの元恋人だったことが明らかになり、事件は思わぬ展開を見せる。
「ボストンリーガル」第3シーズン14話に登場予定。

◆自閉症の少年ブレント .... Cole Petersen
オフィシャルサイトあり。
「ER」第11シーズン9話「その夜のことだった」では、ひき逃げされてカウンティに運ばれた少年役で登場。母親がヒステリックに取り乱してスタッフを驚かせる。実は車に住んでいるような劣悪な生活をしている親子だった。
7歳の頃からデビューしており、他に「エイリアス」「アントラージュ オレたちのハリウッド」などに出演している。
「CSI:マイアミ6」9話に登場予定。

◆ブレントの姉ルビー ....  Saige Thompson
「CSI:7」8話「シンクロニシティ」では、同じ夜に死亡した双子の姉妹の実母ドーラが、後に結婚して生んだ娘ティファニー役で登場。精神不安定な母をサポートするため、異父姉から来た手紙に代わりに返事をしていた。しかし会いたくなってこっそり見に行って現場に吸殻を残したため、取調べを受けることになる。
「ER」第12シーズン11話「今でなければ」では、15歳でレイプされて妊娠した少女アマンダ役。両親が敬虔なクリスチャンであるため、彼女には中絶という選択肢は考えられずに悩むのだった。
「FBI~失踪者を追え5」11話に登場予定。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/699-78957b55

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。