スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クローザー3」 第5話「忘れられた人々」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 11.2008 クローザー 2 comments 0 trackback
ある老人が「車椅子の友人を毒をもって殺害した」と自首してきた。しかも、同じ手口で7人を殺害したのだという。
しかし被害者のバーナード・キャプテンは心臓麻痺の所見があり、かつてプロベンザに逮捕されたことがあるというその老人は、決して自分の名前を名乗ろうとはしなかった。そこでバーナードの遺体を再調査したところ、確かに毒殺によって殺害されたものとわかった。
老人が殺害したという被害者たちは全員同じ老人ホームの入居者だったが、他の被害者はすでに火葬されていた。ようやく容疑者の老人の名前はドナルド・バクスターと判明し、彼は入居者の死因についてホームともめていたが、死亡証明書や薬を出した医師は連絡が取れないのだという。
さすがにブレンダが事件性を認めざるを得なくなったところ、バクスターは一転、自供を撤回したのだった・・・

--------------------------

今、ちょっとずつ読み進めているCSIのノベライズの最新刊「死の天使」でも、老人ホームの入居者が連続殺人?という事件が発生しているので、なんとなくデジャヴ。
あちらでは検死官のデヴィッドが呼ばれて検分を行っているうちに不審に思って通報していたのだが、こちらの事件のように医者を抱きこんで隠蔽したら、内部告発でも起こらないかぎり表ざたにはならない。
しかもただリークしただけでは、年寄りのたわごととかボケてるんじゃないかとかで片付けられる可能性がある。そこで自首&撤回というナイスな方法を考えたわけだ。撤回宣言をした時の「はぁ?」というブレンダの表情には笑ってしまった。
バクスターにしたら大真面目だったのだろうけど。
バクスターおじいちゃんとプロベンザの間に生まれた奇妙な友情がほほえましかった。あれで最後は「ドリスおばあちゃんに紹介してあげる」みたいなオチかなーと思ったのだが、さすがにそこまではいかなかったか。
プロベンザのほうが現役に見えない感じではあるが、それでも「見学ですか~」はないよな・・・

やはりこのエピは、ガブちゃんの復帰という「放蕩息子の帰還」かな。腹芸でプロベンザが呼べと指示したら、ダニエルズの動きが早っ!
それでも、物言いたげなガブちゃんを3回は無視するブレンダのツンデレぶりがイイ。もう・・・素直になれよっ!誰よりもガブちゃんの帰還を待っていたのはブレンダなんだなぁと思うような、お帰りなさいの微笑みが最高だった。
ガブちゃん、ブレンダの素直になれない気持ちを理解できただろうか、ちょっと怪しいけど。

やっといい家が見つかって見学までこぎつけたのに、ドリスおばあちゃんに売る気がないなんてフリッツもなんという不運な奴。
FAXはあちこちに送ってしまって、署内に家買うことバレまくり。よく考えてみたら、ブレンダにああいう事務作業させちゃダメでしょフリッツ(そっちか!)。
普段なら見るに見かねてガブちゃんが「僕がやっておきます」って言うところなんだろうけど。ブレンダって下っ端時代をどう乗り切ってきたやら・・・

ドリスおばあちゃんの女優さんは「NCIS」のダッキーのママだったので、いい感じの天然ボケがツボだった。きっとブレンダのママと仲良くなるに違いない。
しかしさりげなく両親を誘っていたが・・・フリッツ、ついに両親公認に??

そうそう、あの猫ちゃんが元気にブレンダにだっこされていた~!フリッツが多分面倒見てるんだろうなぁ。


【 脇俳優チェック 】

◆家を売ろうとしている老女ドリス .... Nina Foch
40年代から女優として活躍していて、「巴里のアメリカ人」ではジーン・ケリー演じるジェリーのパトロンになろうとするアメリカの富豪婦人ミロ役を演じている。
「NCIS」では、検視官ダッキーの母ヴィクトリア役を演じている。初登場は第2シーズン12話「過去からの復讐者」、第3シーズン20話「見えざる壁」にも登場。老いてボケボケになってしまっているが、周囲を振り回しつつもするどい洞察を見せることも。
「刑事コロンボ」では第1作目「殺人処方箋」で精神分析医フレミングの年上の妻キャロル役で登場、夫の浮気を責めて殺害され、コロンボシリーズ初の被害者になっている。
「ダーマ&グレッグ」第2シーズン13話「おばあさんのバイオリン」では、グレッグの祖母(エディの母)ベアトリス役で登場。余命わずかのため周囲は気を使って「死ぬ」という話題を避けるが、ダーマはむしろお葬式のことなどをストレートに話して気に入られ、死後ストラディバリウスを相続することに。
実生活では3回結婚して3回離婚しているが、最初の結婚は「アクターズ・スタジオ」で有名なJames Lipton。

◆連続殺人を自首してきた男ドナルド・バクスター .... Orson Bean
「コールドケース2」8話「リスト」では、共産主義活動家ハーランド・シーリー役。理想を語って人々を煽っていたが実際は口だけの薄っぺらい人間で、恋愛その他の嫉妬から凶行に及ぶのだった。
「アリーmyラブ3」12話「面影のダンス」で、リンの親友で老人ホームで暮らすマーティ役を演じていた。彼はドラゴンやモンスターが実在するという話しをホーム仲間にして好かれていたが、あまりにリアルに話すのでみんながそれを信じてしまい、ホームを追い出されようとしていた。リンはそれに対抗して訴訟を起こす。結局敗訴してしまいリンは彼と同居しようとするが・・・。
「ドクタークイン 大西部の女医物語」では雑貨屋の主人ローレン・ブレイ役でレギュラー出演。第1シーズン2話「家族のきずな」で、シリーズ始まって早々に妻モードを失ってしまう。
映画では「サッカー・ドッグ ヨーロッパ選手権」で市長役。「マルコヴィッチの穴」では主人公クレイグの勤めるレスター社社長のドクターレスター役。
50年代からテレビや映画、舞台で幅広く活躍してきたベテラン俳優。「The Tonight Show」には200回以上ゲスト出演し、クイズ番組「To Tell the Truth」では7年間パネラーをつとめるなど、マルチタレントぶりを発揮している。
書籍も↓この「25 Ways to Cook a Mouse for the Gourmet Cat」をはじめ3冊出版するなど多才だ。しかし「グルメ猫がネズミを料理する25の方法」って・・・どういう本だろう。お料理本ではないだろうけど。
25 Ways to Cook a Mouse for the Gourmet Cat
私生活では3回結婚しているが、現在は「ドクタークイン」で共演したミケーラの姉マージョリー役のAlley Millsが妻。

◆不動産屋のゲイリー .... French Stewart
「BONES」第2シーズン13話「沼に沈んだ青春」では、神の声教団を名乗る男アイザック・ホーン役。実際は婦女暴行の常習犯で教団から追放されており、アダルトサイト王モンテの周辺に群がる女を狙って悪事を重ねていた。
「CSI:5」1話「ラスベガス狂気の夜」では、プレスリー牧師役で登場。エイリアン牧師が亡くなっていると思って、以前から言っていたエリア51周辺に埋めてあげた親切な男だったが、実は彼のその善意が仇になったのだった。
「アリーmyラブ5」9話「風に吹かれて」で、勝手に妻の名義で借金をして妻を破産させてしまった男、マイケル・ウォーカー役で登場。
日本では未放映だがエミー賞常連だった「3rd Rock from the Sun」ではエイリアンの一人ハリー役でレギュラー出演して人気を博した。
妻はKatherine La Nasa(「CSI:マイアミ3」13話「分かれ道」で犯罪女子高生ミッシーをかばう母役や、「CSI:3」18話「機械じかけの殺意」でロボットバトルの倉庫オーナージンジャー役など。Dennis Hopperの4番目の妻だった)。

◆老人ホームの支配人のホエーリー .... Jim Ortlieb
「CSI:マイアミ4」24話「止まった時間 前篇」では、凶弾に襲われたマリソルの担当医役で登場。
「BONES」第1シーズン9話「過去からのプレゼント」では、ラボ内部が生物汚染されて閉じ込められたテンペランスたちに、サンタさんの扮装で事後の指示を行った担当官役で登場。
「CSI:NY」第1シーズン15話「死が二人を分かつまで」では、死者の棺からブランド物の衣装を盗んで古着屋に転売した葬儀屋役で登場していた。彼が転売した衣装にしみこんでいたホルマリンのせいで、その衣装を着た花嫁が結婚式の最中に中毒死した。
「CSI:科学捜査班」4話「不倫の果て DNAの証言」では、被害者ウェンディの不倫の事実に感情的に肩入れしてしまったキャサリンが被害者夫にその事実を告げてしまったため、不倫相手を殺して死体を増やしてしまうことになった、ウェンディの夫のウィンストン役を演じていた。
「ロズウェル 星の恋人たち」第1シーズンでは、テスの父親ということにして表向き生活しているナセドの、エド・ハーディング役を演じていた。
「フェリシティの青春」第4シーズンでは、医学コースのホッジス教授役を演じていた。想定外の問題を出題してベンを落第させたりしていた。「FBI~失踪者を追え3」では前後編7~8話に登場予定。

◆老人ホームの職員タウンゼント .... Kathryn Joosten
「デスパレートな妻たち」では、リネットの隣人のマクラスキーさん役を演じてサブレギュラー。最初は子育てに文句をつける天敵だったが、次第におばあちゃん的存在に。夫殺しの疑いをかけられたこともあったが、容疑が晴れた現在はスカヴォ家にとってなくてはならない人物。この役の演技でエミー賞ゲスト女優賞を授賞。
「ザ・ホワイトハウス」でバートレット大統領の秘書ランディンハムさん役を演じていたが、第2シーズンで役が事故死で降板。愛すべきキャラクターでその死は多くのTWWファンに惜しまれた。
「マイネームイズアール」第1シーズン2話「禁煙:3日で2年を取り戻せ」では、昔アールの代わりに逮捕されたドニーの母役。ドニーの逮捕が身代わりだったと知って激怒したママに謝罪するため、アールはママと一緒に禁煙することに。
「グレイズアナトミー」第1シーズン5話「大人のメリット、デメリット」では、5年前のオペの際に体内にタオルを置き去りにされたことが発覚したドレイク夫人役で登場。
「アリーmyラブ」第4シーズン15話「愛の苦い果実」では、アリーの妄想の中に登場するシスター役。ラリーに会いに行くアリーに「安全なセックスとは」と説教をたれる。
「ダーマ&グレッグ」ではサンフランシスコ総合自由教育センターの「高齢者セックス」を教える講師クレア役、と「ちょっとヘンテコなおばあちゃん」役で異彩を放つことが多い。

◆バクスターの息子 .... David Andrews
「CSI:マイアミ4」18話「実験殺人」では、死体なき殺人の被害者メリッサの父親ボウマン氏役。娘婿のスティーブンの有罪を確信するあまり、スティーブンの愛人を助けようと必死になるのだった。
「CSI:4」2話「狂気の仕置き人」と14話「標的の死角」に、グリッソムの天敵フロマンスキー巡査役で登場している。
トム・ハンクスのミニシリーズ「人類月に立つ」では、アポロ8号の宇宙飛行士フランク・ボーマン役だが、映画「アポロ13」ではアポロ12号のピート・コンラッド飛行士役で出演。
映画「ターミネーター3」ではケイトの父でスカイネットを構築する米軍のおえら方ロバート・ブリュースターを演じている。
「ハンニバル」ではクラリスのFBIの上司ピアソール捜査官役だった。

◆新検死官 .... Jonathan Del Arco
今シーズン2話まではドクタークリッペンが地味に検死官役を演じていたが、今回が初登場のこの若手ドクターに交代するようで、今後は彼がずっと出演している。
「NIP/TUCK」第1シーズンでは、性同一性障害に悩むトランスジェンダーのソフィア・ロペス役で登場。のど仏の手術の失敗からクリニックにかかわることになり、性転換手術を行うことになるが、リズと一夜の関係を持って自分のアイデンティティを見つめ直すことに。
「新スタートレック」では、ボーグのヒュー(日本語吹き替え版ではブルー)を演じている。

◆老人ホームの受付ナース ....  Debra Azar
プロベンザに「見学ですか?」と聞いて気まずい雰囲気に。
「フレンズ」第9シーズン21話「不妊検査にドッキドキ」では、レイチェルが割引券をもらってでかけたマッサージスパの受付嬢役で登場。フィービーはレイチェルに「商売敵だから行っちゃダメ」と言いながらそこで働いていたために、レイチェルが来たと知って彼女相手に文句たらたら。
関連記事

▶ Comment

はじめまして。
コールドケースにはまった挙句、レンタル屋でクローザーを見つけ、”似たような話かな?でも主役はケビン・ベーコンの奥さんかぁ~”と借りたところ、すっかり夢中になってしまった者です。
初回からオヤジ共のイケズぶりに笑ってしまいましたが、なによりも、昔ポリス・アカデミーでオバカでイケズでマヌケなハリス警部を演じていたGWベイリー氏が出ていたこと!!
髪は真っ白になってましたが、いい年の取り方をしてはる感じです。
今回は、老人ホームの見学者と間違われたり、孤独老人の悲哀も見せつつ、でも職場での自分の存在をアピールして、なんだかとても可愛いらしい!!
ポリアカの間抜けっぷりも憎めず笑ってしまいましたが、これからも老人パワー爆裂でがんばってほしいものです。
2008.09.14 22:25 | URL | ロシ #79D/WHSg [edit]
あっ、あのおばあさん、ダッキー・ママだったんですね!
年取っても上品で、お美しいですよね。
素敵だわ。

ガブちゃんは・・・、
でも最後の取調べのときの、ブレンダとの息の合い方といったら!
少しほっとしました。

ダニエルズ、いい奥さん振りですね(違
2008.09.12 15:50 | URL | くーみん #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/714-7dfec81f

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。