スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クローザー3」 第6話「ツイてない人々」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 15.2008 クローザー 4 comments 0 trackback
市内の駐車場で男性が絞殺される事件が発生した。本来なら殺人課の仕事だが、事件が多発していて手が回らないために特捜班が引き受けることに。
ところがガブリエルとポープの裏工作のため、特捜班のメンバーはテロ対策訓練の最中だった。訓練を受講しなければ予算が下りないため、プロベンザとブレンダ以外は訓練のために防護服をつけてオフィスから出られない。
駐車場係のケニーが通報者とわかるが、犯人の報復を恐れて口を閉ざすのだった。
被害者の胃の内容物から直前に被害者が行ったレストランを特定し、支払いに使われたカードからティファニー・ルイスという女性が浮上するが、彼女は人妻で被害者とは不倫関係だったのだ・・・

そんな中、ブレンダは発熱と吐き気などを訴えてフラフラの状態になってしまう。心配したフリッツが医者に連れて行こうとするが、他のメンバーが動けないためにブレンダ一人が奔走することに・・・

--------------------------

先週の「エバーウッド」で、ポープオヤジが予知能力を持った車の修理工という、「フェノミナン」のトラボルタみたいな温厚で天使のような役柄を演じていて笑ってしまった。まさに別人。
ポープオヤジはいろんな仮面を持っているのだなぁ。

あの「偽装人事異動」は、ガブちゃんとポープの間だけの内緒で決められたことで、結局ブレンダには伏せたままミッションが遂行されたのか。それは・・・バレたら怒るってちょっと考えたらわかるだろうに。
しかしドタバタになった時の特捜班って好きさ。最初はブレンダが体調悪いということで、「人命救助の実演をしないと」っていう話が出た時、ブレンダが倒れるのかな、ミエミエ?とか思っていたのだが・・・はるかにその予想を超えたドタバタの大茶番劇に。
最後の愁嘆場で、ドリフの場面転換の曲がエンドレスで頭の中で鳴り響いてしまったじゃないか。
そして全部おいしいところを持っていったバズ。
「養子」です、ってそっかぁ・・・って、んなわけがねぇぇ!!
バズもだんだん特捜班にはなくてはならない一員になってきたような。彼も早くレギュラーにしてあげてほしいものだ。

ところで、ブレンダが体調悪化してしまったようだが・・・
ただの風邪じゃないんだよ風な思わせぶりをテッカテカに漂わせて、どこまで引っ張るつもりなのかな?
普通に、視聴者の心の中に「漢字二文字」とか、「ひらがな4文字」とかのギワクが浮かんで消えてない状態だし。
・・・・でも多分違うんだろうなぁ。ブレンダ自身も「もしや」で不安になってるところに、ぎりぎりのところまで疑惑をひっぱって、「実は」「なーんだ」っていうどんでん返しのオチまでひねってひねってひねりまくるのでは。
だって・・・ねぇ。ブレンダが大きなお○で仕事するなんて、ちょっと考えにくいもんなぁ。

細かいところだけど、ティファニーが作り胸をぷりぷりさせながらブレンダのオフィスで事情を聞かれていた時、同席していたガブちゃんを、じーーーーーっと外からダニエルズが見守っていたのは・・・
ジェラシーストームっすか?
復帰のいきさつといい、ダニエルズにはもう尻にしかれっぱなしな感じのガブちゃんは、フリッツ並みのM男に育ちつつあるような・・・


【 脇俳優チェック 】

◆テレンス .... Bob Clendenin
オフィシャルサイトMyspaceあり。
初登場は第1シーズン10話「愛情の形」。その時にはブレンダをナンパするという怖いもの知らずなことをしていた。最初は救急隊員だったと思うのだが、いつの間にか検死官助手のような仕事をしている。
「マイネームイズアール」第2シーズン14、17話ではアールの知り合いの「のろまのロジャー」役で登場。アールが償いですることになった葬式にやってきていた。
「アグリーベティ」第1シーズン9話「思わぬチャンス」では、セレブカップルの赤ちゃん誕生独占企画の撮影を担当することになった、カメラマンのブルーノ役で登場。赤ちゃんに水をかけるの、メタリック素材の服を着せるのと無茶を言う。
「CSI:6」第1話では、カップル腐乱死体事件で、被害者の彼氏の方が働いていたドライブインシアターの管理人役。
「デスパレートな妻たち2」6話「妻として女として」では、ガブリエルがカルロスの弁護士として雇ったデヴィッドを恨んで襲撃しようとした男ルイス役で登場。デヴィッドによって恋人に接近禁止命令を出されたため、裁判所で彼を銃で撃とうとするが、説得されて断念。
「That '70s Show」では、レッドの部下としてスーパーで働いていたが、あまりに仕事が出来なくて遅刻ばかりしているのでクビにされてしまったアール役。後にファーストフードの店員として再会するが、そこでもまた使えずにクビになっていた。
「フェリシティの青春」では、第1シーズンではドミニク役だったが、第4シーズンにはノエルが進路を相談しに行ったところ、自分の後任になってくれとそのまま職を譲ってしまう進路カウンセラーのノーマン役で登場している。
「名探偵モンク3」12話(NHK放送順による)「警部 キレる」では、殺人事件の重要な目撃者ジェラルド役で登場していた。彼が唯一の目撃者だったのに、現場のゴタゴタのせいで行方をくらましてしまうのだった。
私生活では、彼の元妻Greer Shephardはこの「クローザー」と「NIP/TUCK」のエグゼクティブプロデューサー。

◆クーパーの愛人ティファニー・ルイス .... Lisa Arturo
「ラスベガス」第1シーズン22話「モンテシート爆発の危機」では、爆弾犯の男が会わせろと要求してきた、モンテシートのディーラーのナタリー役。
「CSI:科学捜査班」第1シーズン10話「死者の悲鳴」では、ニックが担当した事件の行方不明の女性シェリル・アップルトン役で登場。車だけが発見され、中に血痕の形跡があったために事件性アリと見られたが、実は汚した犬を運んだ時の血痕で、本人はモーテルで浮気の真っ最中だった。
「ジョーイ」第1シーズン20話「アレックスの一大決心」では、ストリップ嬢のシャーリーン役。
「NIP/TUCK」第5シーズン5話に登場予定。

◆ティファニーの夫ボブ・ルイス .... Richard Fancy
「ボストンリーガル」第2シーズン9話「ニセ捜査官」、10話「ゼロ金利の罠」に、デニスのハウスキーパーの息子誘拐事件の犯人の情報を隠していたライアン神父役で登場。デニスとブラッドは偽FBIに扮して神父を責め立て、勢いで指を切り落としてしまったことから騒動になってしまう。
「フレンズ」第4シーズン9話「モニカは夢の料理長!?」では、レイチェルの昇進のための面接の面接官役で登場。彼は好感触だったのだが、レイチェルの上司のジョアンナに邪魔されてしまうのだった。

◆WMDの係官コックス .... Paul Rae
「NCIS」第2シーズン21話「英雄の真実」ではスティーブ・ヘイガー
「デスパレートな妻たち」第1シーズン19話「孤独な旅人」では、スーザンの母ソフィーが色目を使った、町の広場で商売をしているアイスクリーム屋のヘクター役。
「ラスベガス」第1シーズン16話では、大金を手にした大家族ホールデン一家の家長ロイ役。みんなを喜ばせようと自分で仕切ろうとしたら、家族の大反発を買い、結局みんな帰ってしまったのだった。
「CSI:4」4話「灼かれて眠れ」で、猛暑のさなか自宅で座ったまま死亡していた巨漢男性ウェズリー・ジョーンズ役で・・・ほぼ死んでいた。
「ザ・ホワイトハウス」で第6~7シーズンに各1回ずつ登場するようだが、番記者かな?
「Dr.HOUSE」第4シーズン13話に登場予定。

◆ブレンダが行った病院の受付のナース .... Bonnie Burroughs
「デスパレートな妻たち」第1シーズン13話「大人の分別」では、レックスとの離婚で財産分与の話し合いのために立てたブリーの弁護士役で登場。
「CSI:2」23話「哀しい宿命」では、ラボの画像処理の仕事で一回だけ登場して担当していた。この時は被害者のずたずたにされた顔を元通りにして、モデルだったことを発見する役割。
「サンタバーバラ」でも精神科医として登場していた。

◆フリッツがブレンダのため家まで往診させたドクター .... Rick Scarry
オフィシャルサイトあり。
「コールドケース4」3話「ライター」では、かつての社長バートルマンの息子のサム役。父の非情なやり口を小さい頃から見て育ち、そこから経営者のノウハウを学んだ人物。
「デスパレートな妻たち3」5話「破壊の女神たち」では、ダニエルの自殺未遂やオーソンが垣間見せた精神的不安定さから、ヴァンデカンプ一家が受けた家族カウンセリングのカウンセラー役で登場。結局ダニエルがまったく聞く耳を持たないため、ムダ足に終わってしまった。
「Heroes」第1シーズン3話「大いなる跳躍」で、マットがふらっと入ったバーのバーテンダー役で登場。親切そうに話しかけられてマットは愚痴をこぼそうとするが、迷惑そうな心の声が聞こえてしまう。
「That's '70s show」第2シーズン6話「三角関係は蜜の味」では、キティが無職になったレッドを元気付けようと連れて行った職場(病院)のパーティにいたドクター役。
関連記事

▶ Comment

私も漢字三文字のX年Xではないかと思いました。
なぜなら先日私が受けた検査と同じですから。
でも、41歳では少々早いかな?
チーフという職務はストレスが多いのかもしれません。

脇の俳優さんたちの個性がすごく楽しいです。
それからガブちゃん、少々脇が甘いですね!(笑)
そのうちダニエルに捨てられそう?
でも彼にはその理由が全然わからないだろうなあ。
2008.09.22 10:43 | URL | ロシ #79D/WHSg [edit]
先日再放送見て、改めて思いました。
ひょっとして、**ではなくて、***・・・、
なんてオチかしら?なんて。

真ん中に「年」という字が入ります^^;。
微妙・・・・。
2008.09.21 17:54 | URL | くーみん #79D/WHSg [edit]
「クローザー」が好きで好きで
思わず書き込んじゃいました。

 結婚式(葬式?)と今回の訓練のドタバタ、
すっごく面白かったです。
こっそり覗き込んでるタオがかわいかったですね。
 
一番のお気に入りはプロベンザですが
フリンとタオの3人のコンビネーションが
ツボです。

脇俳優チェック、とっても重宝しています。
とっても詳しく書かれていて
「なるほどー。見たことあると思った!」
と感心しきり。
これからも見続けますので
よろしくお願いします。
2008.09.19 18:38 | URL | ゆみ #79D/WHSg [edit]
テイファニーと笑顔で話していたガブちゃんには、笑えました。
冒頭、倒れているブレンダに名指しされたガブちゃん。
やはりブレンダのヒスを受け止めるには、ガブちゃんなんですね!
ふたりの健全な関係(?)が戻ってきたようで、うれしかったです。

ダニエルズ、今回は女っぽいファッションが戻ってきましたが・・・、あのジト目線は・・・(笑)。

そしてブレンダのオバQリップも元通り。
さて次回はどんな展開になるんでしょうね。
まさか、まさかと思いますが!@@@@@
2008.09.19 04:03 | URL | くーみん #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/716-38e70f9d

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。