スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コールドケース4 第10話 「相棒」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 20.2008 コールドケース 3 comments 0 trackback
ガンを宣告され余命わずかな老囚人が、1968年に起こった警官殺人についての情報提供を申し出る。被害者はスティルマンのアカデミーの先輩警官ショーン・クーパーだったが、彼の遺体のそばにはヘロインが置かれていたのだという。囚人は警察が到着する前にそれを持ち去っていたが、袋は当時一帯を仕切っていたテディ・バーク一味の扱っていたものだった。
クーパーが不正警官だったのかどうかが事件を動かす鍵になるということで再捜査を始めるが、クーパーの父は個人を侮辱するものだと再捜査を真っ向から否定する。
しかし同僚たちの証言によると、クーパーは逆に法律に忠実で、バークとトップまで癒着している警察の中で正義漢で通っていたのだという。そんな一本気なクーパーと相棒のジミーは深い友情で結ばれていたが、彼らの上司マクリーは、クーパーとジミーの妻が不倫関係にあったのだというが・・・

ヴェラは近所の少年とモメて、バスケットボールを取り上げて署に持ってきてしまう。それに対して少年アンドレの母が抗議に来るが・・・

---------------------------------------------------------------

クーパーのコールドケース箱は、4つもあった。相当さかのぼった事件だと、ファイルひとつしかなかったりすることもあるのに。
警官が、しかも父親も警官という身内中の身内が被害者になった事件ということで、どれだけ念入りに捜査されたかということが、4つもある箱が物語る。しかし当時箱4つ分調べたのにもかかわらず、犯人は署内の上司で、父親も関係していたのだから・・・丁寧に「犯人が見つからないように」捜査されていたのだから、解決するはずもない。
いつもなら割と事務的に処理している「箱を運んでくる人」が、今回はかなり陰鬱に表情を見せていたのも、仲間内の事件だからだろうか。
被害者も犯人も身内。その時代を知っているスティルマンの心中やいかに、といった感じだ。

クープとブルーノは「同性愛」だというよりはむしろ、一緒にいすぎて「相棒愛」が一線を越えてしまった感じだろうか。
40年近くたっても警察内での同性愛はいまだにタブーで、ヴェラが「誘われた」というのがやっとギャグにして語られる程度の進歩なのだから、当時の当事者の苦しみは相当なものだったろう。
コールドケースの中でも、歴史の中で同性愛への偏見と闘ったケースはいくつかあるが、それを理由にして、しかも父親から拒絶の意味で殺害指令が出たのは、やはり警察組織だからだろうか。
クープの「俺たちは幸せものだ」という言葉が胸を突いた。幸せものだと思えるような、「本物」の相手に出会えたと実感できる人生なんて、そうはない。
でも、黙って見守るしかなかったアイリーンの気持ち、息子を否定しなければいけなかったクーパーの気持ちなど、周囲の思いに目をやるとなかなかそれも悲しいものがある。

今回の映像は、まるで映画「シンドラーのリスト」のように、ところどころに色をつけたモノクロ効果になっていた。
アメリカ国旗やサイレンだけが赤く彩られ、68年という時代より、さらに古い時代に感じられた。禁酒法時代くらいに見えてもおかしくないような。
それはまるで古臭い警察組織を象徴するかのようなモノクローム。最後にやっと思いを解き放った現在のジミーが、クープの幻に再会して、やっと二人に色がついた。
やっと二人の思いがひとつのところに到達したかのような・・・。
ラストといえば、ボスがいつもの警察バーに行ってクープの写真を見つめるシーンもよかった。癒着が蔓延していた時代に、ボスが配属されていた分署はまだ清廉をたもっていたらしい。
そういう意味でボスの心にはいろんな思いが交錯していたことだろう。彼はきっと心で敬礼をしていたに違いない。

時々、今回のマーフィーみたいな、極端な男尊女卑とか人種差別で口も利かないみたいなオヤジが出てくるが、ミラーはまだ同じレベルで相手をしてしまうようで、まだまだやね。
その点リリーは一歩リード(勝負じゃないけど)。やはり経験の差だろうか。リリーのイケズぶりが輝いていたので、もう気持ちの上では吹っ切れたのかなぁといらぬ推測をしてしまったりして。

ヴェラは、バスケのボールを持ってきてしまったときには「お前~ガキじゃないんだからー」と思っていたが、急にロマンスの予感。
アンドレママ、いいんでしょうかあんなお子ちゃまで。ナースだからついつい弱ってる男に手を差し伸べてしまうのかもしれないけど、あのおっさん手がかかるのに。
「ナースの扱いうまいね」というスコッティのジョークがシャレでなくなってしまうような。むしろ、ナースのほうでヴェラのようなお子ちゃまおっさんの扱いに慣れてるんだろうなぁ。
それでも双方、傷ついて寄り添う相手を欲してる同士という感じで、お似合いはお似合いかもしれない。
問題は・・・アンドレかな。


【 脇俳優チェック 】

◆ジミー・ブルーノ現在版 .... Chad Everett
「メルローズプレイス」第6シーズンではレクシーの父トーマス役を演じている。ピーターとレクシーの仲を認めず、クープとの復縁を望んでいたが、ピーターに対して逆上しているうちに発作で死亡してしまう。
60年代から多くの作品に出演し、映画では「マルホランド・ドライブ」やリメイク版「サイコ」など。

◆ジミーの父現在版 .... Nicolas Coster
「サンタバーバラ」では、キャプウェル家とライバル関係にあったロックリッジ家の家長ライオネル役を演じてレギュラー。CCとは違ってビジネスより趣味人の性格が強く、何かたくらんでもすぐに失敗してしまう。シリーズ終盤では、息子のウォーレン(「メルローズプレイス」のピーター・バーンズ役のJack Wagner)が自分の息子ではなかったことを知って苦悩。長いシリーズのレギュラー陣で、「一人の俳優がひとつのキャラクター」を演じとおした数少ない一人。
「ビバリーヒルズ高校白書」第1シーズン18話「殺意の季節」では、ブランドンが取材した学校の先輩ロジャー(「フレンズ」のチャンドラー役のMatthew Perry)の父で、一代で財を築いた立志伝の人物ジョージ・アゼリアン役で登場。
「ドクタークイン 大西部の女医物語」第6シーズン16話「初めての法廷」では、バーチ保安官がエクスナーを撃った事件の裁判の判事役で登場。
映画「リトル・ダーリング」では、金持ち娘フェリス(Tatum O'Neal)の父で、ロールスロイスで娘をサマーキャンプに送り届けるような人物のホイットニー役を演じている。

◆ジミー・ブルーノ巡査68年版 .... Brian Hallisay
「CSI:NY3」16話「ガラスの心」では、アイドルのヒットメイカーとしてかつて一世を風靡した人物エメリー・ゲイブル役で登場。エメリーは部屋の熱帯魚の水槽などがめちゃくちゃに割られた状態の部屋で死亡して発見された。姉が不審者が侵入したのを目撃していたが、実はそこには悲しい真相が隠れていたのだった。
「BONES」第2シーズン20話「光る骨」では、殺害されたカリスマシェフカーリーの共同経営者アビーの夫で、州兵のベン役を演じていた。カーリーとは実はデキているという役回りで、その時ベンに妻を寝取られたカーリーの夫を演じていたのが「CSI:NY」でラボのアダム役の A.J. Buckley。
「FBI~失踪者を追え5」8話、「ミディアム」第4シーズン11話に登場予定。

◆クープことショーン・クーパー巡査 .... Shane Johnson
「CSI:NY3」3話「愛が冷める時」では、ウォッカバーの氷の女王トーニャの恋人リアム・グリフィン役で登場。喧嘩しつつも長い付き合いで本気でトーニャとの結婚を考えていたが、トーニャの浮気を密告されて逆上、惨劇を引き起こす。
「BONES」第2シーズン2話「断ち切られた絆」では、失踪者扱いとされていたがあらためて遺体が発見された妊婦カーリーの、夫カイル役を演じていた。夫婦仲は以前から悪く、愛人もいたために妻殺しの最重要容疑者とされる。
「CSI:マイアミ6」17話に登場予定。

◆マクリー警部補現在版 .... William Lucking
「特攻野郎Aチーム」第1シーズンでは、Aチームを追いかけるMPのリンチ大佐役で登場。MPの中ではお笑い担当。

◆ マクリー警部補68年版 .... Charles Mesure
「BONES」第2シーズン9話「届かぬ地中の叫び」では、連続誘拐殺人犯「墓掘り人」(地中に被害者を生き埋めにして、身代金を払えば生めた場所を教えるという手口)についてFBIで担当していたサンダース元捜査官役。FBIは決して身代金を払わない基本原則を貫いていたため、被害者が後を絶たなかった。
「FBI~失踪者を追え3」23話「暗殺者の素顔」では、偽刑事ボーマンと名乗って失踪者ペイジの会社に来ていたエミール・ドーンバルド役で登場。エミールは実はマキーバの大使館職員だった。
「女検死医ジョーダン」の日本未放映の第5シーズン以降にサブレギュラー出演している。

◆クープの父68年版 .... Conor O'Farrell
「NCIS」第3シーズン16話「家族の秘密」では、炎上した救急車が搬送中だった遺体ダンフォース上等兵の父で、元海兵隊員のビル・ダンフォース役で登場。息子とその親友メリルの秘密と海軍を守るため、ギブスに捜査の原則を曲げさせることになる。
「ザ・ユニット」第1シーズン4話「金の亡者」に、国防省トップの将軍役で登場。メキシコの麻薬大臣暗殺を国防省側=ユニットが担当するようにホワイトハウスにかけあう。大佐に現場ではなくペンタゴンで働いてはどうかともちかけるが、ユニットでの仕事に生きがいを感じる大佐に断られてしまう。
「CSI:6」以降に、エクリーに代わるグリッソムの目の上のこぶとして副保安官役で登場。グリッソムに昇進をちらつかせて捜査を誘導しようとする。
「ボストンリーガル」第1シーズン17話「アランの叫び」では、アランが頼まれて死刑囚を救うためにテキサスに出向いた事件で、テキサス流をひけらかしてアランを鼻で笑ってみせる検事のジャクソン役で登場。
「ミディアム」ではアリソンを憎む弁護士ワット役。初登場は第1シーズン5話「訪れた危機」で、アリソンを証人席に呼び、霊能力者だとカミングアウトさせようとする。7話「リワインド・ドリーム」では息子が起こした事件をかばおうとして見破られ、以降デヴァロスとアリソンを目の敵にして絡んでくる役柄。
「FBI~失踪者を追え」では、ジャック・マローンの天敵で少年愛のド変態野郎スポルディング校長役で、第1シーズンと第2シーズンにそれぞれインパクトの強い存在感を示している。「NIP/TUCK」第2~3シーズンでも刑事役。第3シーズン1話「ママ・ブーン」では肥満で動けないママ・ブーンの切り離しのためにショーンとクリスチャンを呼び出して依頼してたり。正直それ整形外科を呼ぶ仕事か?と誰しもがツッコむ登場をしていた。
「ダークスカイ」のアルバノ役、「24 ?」で大統領の恋人アン・パッカード医師の元夫テッド・パッカード役。「CSI:マイアミ」第1シーズン2話「戦慄の首輪爆弾」では、元爆弾処理班の税関職員チャールズ・ベレンジャー役、「デスパレートな妻たち」ではフーバーさん殺害事件の担当刑事コープランド役で登場していた。

◆マーフィー巡査現在版 .... Leon Russom
「プリズンブレイク」第2シーズン以降、カンパニーの黒幕パッドマンこと閣下役で登場している。
「NCIS」第1シーズン18話「特殊部隊員の脱獄」では、脱獄した元特殊部隊員ジャック・カーティンの息子ケヴィンが、預けられて一緒に暮らしている祖父ドナルドソン役。
「エイリアス」第5シーズン1話「ヴォーンの真実」では、プロフェット5の発案者ジェームズ・レーマン役を演じている。
「ザ・ホワイトハウス3」19話「誰かが見ている」では、トビーが民主党大会の放送枠について打ち合わせた、四大ネットワークの社長の一人で登場。今までは四日間の開催すべてを放送していたのに、まとめて1時間しか取れないと申し入れてトビーを激怒させる。
「Xファイル」では第1シーズン1話「序章」に、モルダーとスカリーの最初の事件でUFOにアブダクトされたビリー・マイルズの父役で登場。第7シーズン22話「レクイエム」で再登場、今度は彼が失踪した事件についてビリーが二人に助けを求める。
「ボストンリーガル」第3シーズン22話、「BONES」第3シーズン8話に登場予定。
「大草原の小さな家」のキャロライン母さんで知られるKaren Grassleの最初の夫だったが、離婚している。

◆ジミーの妻アイリーン現在版 .... Toni Sawyer
映画「マイ・ライフ」では、ニコール・キッドマン演じるゲイルの母ドリス役を演じている。

◆ヴェラの近所のバスケ少年アンドレの母 .... Sonja Sohn
「The Wire」ではレズビアンの麻薬捜査班刑事キーマ・グレッグス役でレギュラー。バブルスを更正させようとするなど優しい一面も。
女優の前は詩人として本を出版するなどしていた。

◆ジミーの妻アイリーン68年版 .... Kristi Clainos
「CSI:7」12話「甘い死体」では、連続女性未解決殺人事件の99年のジェーン・ドー(氏名不詳)被害者として登場。99年の担当刑事が妻の出産などでろくろく調べなかったために、薬物検査もされないまま薬物の過剰摂取として処理されていた。しかし犯人が名前を明かすのを拒んだために、再びジェーン・ドーのまま葬られることに・・・
「デスパレートな妻たち」第4シーズン3話、「ラスベガス」第4シーズン13話に登場予定。
関連記事

▶ Comment

くまぷーさん こんにちは。
はじまりましたよ、シーズン6!
すでに数話が放送されてます。
ひとつひとつの話の出来は個人的にはちょっとまだイマイチな感じなんですが、でもでもさすが、見どころ満載ですよー。
シーズン4もケーブルでの放送をがんばって見てます(朝3時から3話連続でオンエアされたりするので、眠いんですよー。レコーダー持ってないのでオンエア一発勝負なんです。。)で、何度か見逃した末、ようやく今朝シーズン4の最終エピを見ました。これ、まだ日本では放映されていないでしょうか?もしまだだとしたら乞うご期待!! いやぁ、こんな展開になるとは思わなかった。でも私が一番じーんとしたのはリリーとスコティの絆です!見逃せないですよー
エピの更新もたのしみにしてますね~(っていうか、頼りにしてます!英語だけだとよくわかんないんですよー)

2008.10.23 04:48 | URL | ナツノソラ #79D/WHSg [edit]
わたしも、もっと書いていただきたいです。
特にこのシーズン4の15話には、大好きな俳優、ジェイミー・バンパーが出演しているので。

ぜひ、ぜひ!!!
2008.10.21 17:55 | URL | くーみん #79D/WHSg [edit]
コールドケース大好きです。
記事が少ないようですね。

お忙しいでしょうけど、もっと
書いてください。

WAT4のスパドラ放映嬉しいかぎりです。
AXNを見られないのでスパドラで良かった!
2008.10.21 07:03 | URL | maya #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/718-b6e9fa0c

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。