スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ホワイトハウス5 第17話「最高裁長官」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 03.2008 ザ・ホワイトハウス 1 comments 0 trackback
連邦最高裁副長官のブレイディが急死。バートレットとスタッフは共和党寄りだった彼の後任を探すことになるが、共和党からのプレッシャーを考慮しなければならず候補選定の段階から難航する。
穏健派のシェルトンが最有力候補にあがるが、当て馬候補でリベラルの女性判事ラングと面接したジョシュは、彼女の聡明さに心を動かされる。
次第に候補が絞られていく中で、ラングの過去の中絶の経験が判明しさらに選考は困難を極めるが・・・

そんな中、上下院の代表団が中東を訪問するのにイスラエルと接触しようとしていることがわかり、レオはトビーに対応を指示するが、その訪問団の代表はアンディだった・・・

-------------------------------------------------------------

ゲスト出演陣の顔ぶれを見ただけでおなかいっぱいというか、このエピどういうイベント発生でこうなったの?みたいな、とてつもないゴージャス感。
グレン・クローズだけでも充分豪華なのに、彼女とウィリアム・フィクナーが楽しげに議論してる様子を見ることができるなんて。
さらにピアース議員役がダマグレのエディで、酔っ払ってCJと歌ってみせたり、本当に最高だった!

このエピは演出がJessica Yuで、脚本がDebora Cahnなのだが、この二人は今「グレイズアナトミー」を作っているのだ。
そう言われてみるとなるほどなぁという感じが。
ドナママの猫の話からインスピレーションを得て最高裁長官をうまく決めるところとか、バートレットの怒鳴り声をドアの向こうに閉じ込めて聞かせ、フィダラーさんが無表情に音楽をかけるところとか・・・。
実にこのエピ、フィダラーさんの使い方が軽妙でうまい。ランディンハムさん以上の存在はもう二度と出てこないと思っていたのだが、フィダラーさんは別枠で突き抜けていったような気がする。あの無表情でジョシュにシューシューと水をかけるところのおかしいこと。
脚本と演出と女優の三位一体が実にうまく働いてることに感動する。

「あの人最高ですよ!靴の趣味もいいし」ってジョシュどこをチェックしてるんだ!女性の靴なんかチェックしちゃダメったら、ゲイのひとじゃないんだから(って、映画とかドラマでの偏ったイメージによる)。
でもジョシュに限らず、グレン・クローズのキレキレなキャラにうっとりしてしまった人は多かったことだろう。まるで脳内メイカーで「悪」の比率が低くなってるパティ・ヒューズ@ダメージって感じで。
マホーンvsパティの法律論争ですよ。美しいですね。(え?)
法律家同士の論争はクールに緻密に進行するが、政治家同士の論争は熱くコワレぎみに語られるものなのだな。
アシュランドとラング、そしてマルレディ、シェルトン・・・それぞれタイプは違うけれど「本物」のスゴミを感じさせられた。法というものをそれぞれに角度が違うところから掘り下げている違いはあるものの、それぞれに法の職人としての信念がある。チャーリーがマルレディに納得させられてしまうくだりには笑ってしまった。
しかし、一般にはあの布陣の持つ意味というものはなかなかわかりにくいかもしれない。マスコミがその意味を正しく理解して伝えなければ、悪意フィルターを持って見ると「左右にひよったバートレット」ということになりかねない。
だから最後の記者たちのスタンディングオベーションが「成熟したもの」を感じさせられてうらやましく思えた。
日本だとなぁ・・・真意がわかってても伝えなかったりするし、悪意フィルターがカッコイイと思ってるマスコミ多いからなー。

前回のピアースの遅刻理由は「フランスで自動車事故」だったらしい。なんじゃそりゃ。
しかしピアースもおバカに見えてすごく政治家向きなんだな。なんだかんだ言って、彼の工作は的を射ているから不思議。
それをうまく使えたら、ジョシュはすごい参謀を手に入れることになるが、ピアースって通常は普通におバカだからなぁ・・・「ドナは雑用に向いてるんです」って、ナチュラルに失礼だし。
すごく「要らない子」だったはずなのに、妙に気になるキャラに成長しつつある。

CJは結局あの後ベンとうまくいっているようで。
これでベンに死亡フラグが・・・(おい)


【 脇俳優チェック 】

◆女性初の最高裁長官エヴリン・ベイカー・ラング .... Glenn Close
アカデミー賞には5回ノミネート、ゴールデングローブ賞には9回ノミネートされて2回受賞、エミー賞でも9回ノミネートで2回の受賞という押しも押されぬ大女優。
「ダメージ」の、本音を見せない冷徹な弁護士パティ・ヒューズ役は当たり役となり、ゴールデングローブ賞とエミー賞で主演女優賞を獲得している。
「ザ・シールド」第4シーズンでは、新任の署長としてファーミントン署に着任したモニカ・ローリング役を演じている。ローリングは対ギャングチームを結成し、強気の策でギャング団制御を試みるが、逆に摩擦を引き起こして解任され、結果チームリーダーとなっていたヴィックがピンチに。
「ウィル&グレイス」第4シーズン23話ではセレブ写真家のファニー役で登場。ファニーはウィルとグレイス両方に唐突にキスを奪うなど、エキセントリックな言動で二人を唖然とさせる。
映画デビューは「ガープの世界」で、ロビン・ウィリアムズ演じるガープの母でフェミニストの旗手ジェニー・フィールズ役。
「危険な情事」ではマイケル・ダグラス演じる弁護士ダンと関係を持ったことから、ストーカーと化してダンを追い込んでいく雑誌編集者アレックスを怪演して話題になった。
「101」と続編「102」では「101匹わんちゃん」の実写版のクルエラ役をアニメさながらに演じている。
「エアフォース・ワン」では、ハリソン・フォード演じるマーシャル大統領搭乗の専用機がハイジャックされたことで、大統領の権限の剥奪を迫られる副大統領キャサリン・ベネット役を演じている。
「ステップフォード・ワイフ」では、ステップフォードの街の住民の中心になって完璧な街の「秘密」を守っている、クリストファー・ウォーケン演じるマイクの妻クレア役。
「ザ・シンプソンズ」では、ホーマーの母(ヒッピーのため生き別れになっている)モナ役で声の出演をしている。

◆最高裁副判事に就任したクリストファー・マルレディ .... William Fichtner
「プリズンブレイク」第2シーズン以降、FBI捜査官のアレクサンダー・マホーン役でレギュラー。集団脱獄の追跡のリーダーとしてマイケルを追い詰めるが、第2シーズンラストで罠にはまって第3シーズンではSONAに・・・。
「インベイジョン」では住民の信頼厚い保安官のトム・アンダーレイ役。ラッセルの元妻キーラの現在の夫で、子供たちにとっても義理の父という複雑な存在。ハリケーン後に街に発生した異常現象のカギを握る人物。
映画「アルマゲドン」では、スペースシャトル「フリーダム」の機長ウィリアム・シャープ大佐役。
「ブラックホークダウン」では、デルタフォースの隊員ジェフ・サンダーソン一等軍曹役。
「俺たちフィギュアスケーター」では、ジミーのスケートの才能を見出し養父となったダレン・マッケルロイ役。
他に「マルコムX」「クラッシュ」「ストレンジ・デイズ」「コンタクト」など。

◆最高裁長官ロイ・アシュランド .... Milo O'Shea
今シーズン7話「激化する対立」では突然倒れて意識不明になるが持ち直した。トビーがジョーにやらせた引退勧告のためにバートレットに直接面会し、勧告を拒絶。
映画「バーバレラ」で、ジェーン・フォンダ演じるヒロインバーバレラを捕らえて、エッチな拷問を施す宰相役を演じている。しかし彼の正体はバーバレラが求めているはずのデュランデュラン博士だったのだ。
ポール・ニューマン主演の「評決」では、医療過誤裁判の担当判事ホイル役。
オリビア・ハッセーがジュリエット役の「ロミオとジュリエット」では、ロレンス神父役を演じている。
医師や神父の役が多く、ドラマでも「Oz/オズ」ではドクター役で登場。「そりゃないぜ!?フレイジャー」第3シーズン2話「精神科医のセラピスト」ではフレイジャーと同じ階に住む精神科医役で登場している。

◆ラング就任を伝えるTVのキャスター .... Saida Pagan
レポーターやキャスター役が多い。
「CSI:5」15話「王様の秘密」では冒頭でカジノ王の死をレポート。
「ミディアム」では第1シーズン4話「新しい友達」で、ラスト近く空港での逃走劇の結果、犯人ウルフが逮捕された事についてレポート、第2シーズン5話「旅立ちの日」では、アリソンの旧友ライラが人生をリセットして教師として生きていたところ、彼女の善行をTVで取り上げるなど4エピに登場。
他に「ボストンリーガル」「インベイジョン」などでレポーター役を演じている。

◆穏健派ブラッドフォード・シェルトン ....  Robert Picardo
オフィシャルサイトあり。
「コールドケース」第4シーズン12話「ファイトクラブ」では、被害者のジェームズを挑発してファイトクラブの仲間に入れたタナーの父で、大富豪のレノックス役。レノックスは息子を守ろうとして一線を越えた行為に及んだのだった。
「クローザー」第3シーズン3話「それぞれの素顔」では、フリンのかつての相棒レイの葬儀を執り行った葬儀屋シェフィールド役を演じている。「別人のように美しく」仕上げるのがモットー。
「スタートレック/ヴォイジャー」では、緊急医療ホログラムが人格を持ったというドクター(ジマーマン博士)役でレギュラー。
「スターゲイト SG-1」第7シーズン以降に、NIDのエージェントでSGCの内務監査が任務のリチャード・ウールジー役で登場。「スターゲイト アトランティス」でも同じウールジー役でサブレギュラー。
「デッドゾーン」第2シーズン13話「嵐」では、嵐で動けなくなったジョニーたちをヒッチハイクで乗せてくれた一家の主人、ミッチー役を演じている。
「4400」第2シーズン3話「奇跡を売る男」では、自分の唾液を劇的にやせられる薬として売り出した4400のひとりであるセールスマントレント・アップルバウム役。
「CSI:NY4」6話に登場予定。

◆ピアース上院議員 .... Mitch Ryan
「ダーマ&グレッグ」のグレッグの父エディことエドワード・モンゴメリー役でおなじみ。
「サンタバーバラ」ではキャプウェル家とサンタバーバラの平穏を脅かすマフィア組織の親玉アンソニー・トネル役を演じていた。
映画「ライアーライアー」では、ジム・キャリー演じるフレッチャーが本音トークで暴言炸裂させたのにもかかわらず、その正直さを気に入ってしまう法律事務所のアラン理事長役。
「リーサル・ウェポン」では、マートフとリッグスが担当した事件の黒幕で、ベトナム戦争の特殊部隊を使った麻薬密輸を行っていたマカリスター将軍役。
「ダーティハリー2」では、キャラハンの酒びたりの同僚チャーリー・マッコイ役。キャラハンは連続殺人の容疑者としてチャーリーに目をつけるが、チャーリーは事件に巻き込まれ命を落とす。
他に「ホットショット2」「さらば荒野」など。
関連記事

▶ Comment

いいですね。ジョシュがラング判事に一目惚れしてしまった表情がなんともおかしい。そう言えばナシュアでバートレットを初めて見た時もあんな表情をしていたと思います。
残念ながら副長官というのは誤訳でしょう。associate justiceは長官以外の8人の陪席のことです。
2009.08.01 21:04 | URL | そもそも #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/737-973af56d

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。