スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ホワイトハウス5 第18話「CJの1日」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 13.2008 ザ・ホワイトハウス 0 comments 0 trackback
「Access」というドキュメンタリー番組でCJの一日を密着取材することになった。CJと周辺の人々のインタビュー、広報部の人々の働きを通して「報道官」という仕事を浮き彫りにしようとしていた。
カメラの前に普段と変わりないいつもの一日が過ぎていったが、CJはふと、FBIのアーノルド長官が大統領に会いに来ていることに気づく。何か異変があったのではないかと予感しつつも、CJには情報が何も知らされない。
そうするうちに、サンファン諸島で武器密売容疑をかけられた男が自宅に立てこもり事件が発生したのだということが判明、ホワイトハウスは緊張に包まれる。
その事件は、かつてバートレット政権1年目に起こったケイシー・クリーク事件(FBIが容疑者の妻を誤って射殺した)を髣髴とさせた。当時は報道官の仕事に慣れていなかったCJは、情報を把握できずに翻弄されたのだった。
そして最悪なことにショーアイランドの現場では銃撃戦が発生し、それがマスコミの知るところになる・・・

-------------------------------------------------------------

こういう「企画もの」のエピソードは製作スタッフの底力が問われるというか、流れを切っても見る側にその価値があると思わせないといけないので、番外編なりの味を出せるかどうかなかなか難しい。
でもこれはなんとも本物のドキュメンタリー番組っぽいところがいい。
いつもはキャロル以外は出てこないCJの部下たちがいっぱい出てきたり、上級スタッフミーティングの様子が見られたり・・・まるで普段のエピソードは切り取られて見えない舞台裏を見せてもらっているような感じだった。
多分ジョシュはインタビューを撮影するのに、散々皮肉やジョークを飛ばしたんだろうなぁとか、トビーをカメラの前に引っ張り出すのはさぞかし大変だったんだろうとか、さらにそのドキュメンタリーの舞台裏が想像できてニヤニヤしてしまったり。
ドナが「CJは機敏で」と言った直後にボールを取り落とすCJの映像には爆笑したが、ドキュメンタリーの中で狙いすぎ。

山あり谷ありのバートレット政権だったが、まだ語られていなかった「ケイシー・クリーク事件」という汚点があったとは。カメラの前でおろおろしているCJは後からさぞかし叩かれたことだろう。でもCJもFBI長官もクビにはならなかったのだから、バートレットも相当心が広い。
でも容疑者の妻を誤って殺害、というようなことで政権の危機が引き起こされるのなら、「FBI~失踪者を追え」(15日からとうとう放送再開だー!)とかのFBI捜査官たちは、1年に1回ずつ政権を危険に陥れてることになりそうだ。ジャック・マローンは必ず捜査規律違反を起こしてるし、関係ない人間殺されてるし。
実際のところは、捜査官の勝手な判断や暴走は、ドラマのようにカッコイイものではなかったりするのだろう。組織だもんなぁ。

「報道官CJ」っていうスピンオフでも企画できそうなほど、CJの魅力あふれるエピソードで、Allison Janneyが2004年のエミー賞にノミネートされたのもうなずける。
仕事に悩み、私生活に悩み・・・父からの電話を切った後の苦悩あふれる様子は胸を突いた。もしこのドキュメンタリーが政権中に放送できていたら、バートレット政権支持率上昇に貢献できたんだろうに、とか思ってしまったりして。

しかしこのドキュメンタリーが放送されたのはバートレット政権が終わってからという設定を考えると、何か寂しいものを感じる。
ナレーションが最後にCJのことを「二期勤めた報道官」と言っていたが・・・この時点では「先」のことをまだ想定していなかったのだなぁ。
実際のところはCJは・・・(謎)


【 脇俳優チェック 】

◆ホワイトハウスの番記者 .... Hira Ambrosino
日本生まれ日本育ちで、音楽の勉強で留学したタカヤナギヒロコさんが、Paul Ambrosino氏と結婚してこの名前になったが、現在は離婚している。
「CSI:NY」第1シーズン12話「リサイクル」では、ドッグショーでの殺人事件で犯罪現場検証中とか知ったこっちゃないといったふぜいで、横柄に犬への投薬を優先させようとしたドッグオーナー。
「Dr.HOUSE」第2~3シーズンに、麻酔医役で4エピに出演している。
「デスパレートな妻たち」18話「迷える親ヒツジ」で、スーザンにスパでネイリングしていたアジア系女性役で登場。不運にもスーザンに鼻を蹴飛ばされて鼻血吹いていた。
「フレンズ 10」13話「ロスのセックス禁止令」で、レイチェルの父が心臓発作で倒れ、レイチェルとロスがかけつけた病院にいたナース役。
「名探偵モンク」ではTVのレポーター役で3エピに登場している。
「Shark」第1シーズン8話に登場予定。

◆国内担当の副報道官ジャック・ソーサ .... Wilson Cruz
「クローザー」第1シーズン8話「愛情の形」では、ゲイバーで殺人事件が起こったため、犯人を追ったりして客たちは協力するが、その中で凶器を拾ってきた客の役で登場している。
「アリーmyラブ」第1シーズン10話「無慈悲な天使」では、ストリートで体を売っていたのをアリーが裁判で助けてあげて仕事も世話してあげた矢先に殺害された女装の坊やステファニー役を演じていた。
「サンフランシスコの空の下」の第6シーズンにヴィクター役でサブレギュラー。
「ER ?」18話「空に輝くオリオン」では、グリーン先生最後の診察日に延命治療拒否の母親に付き添っていたジェフリー役で出ていた。ジェフリーはグリーン先生と話してわからないなりに自分で判断して延命治療をしてもらうのだが、弁護士の姉が後からやってきて治療は中止されてしまうのだった。
「NCIS」第4シーズン20話に登場予定。

◆外交担当の副報道官アンドリュー・ウェルツマン .... Michael Gallagher
「ブラザーズ&シスターズ」第1シーズン23話「それぞれの旅立ち」では、マネージャー
「緊急出動!L.A.Fighters」では、レニー・ローズ役でレギュラー。

◆FBI捜査官キャスパー .... Clark Gregg
第2シーズンからずっと重大事件についてホワイトハウスに報告・指揮する立場で登場している。過去の登場は、ダニエル・ゴールトの恩赦(2-16「父への思い」)、テネシー州教会脅迫事件(3-9「苦い過ち」)、ケニソン州立大爆破事件(4-3「正義と罪」)、ゾーイ拉致事件(4-23「孤高のリーダー」)。
「CSI:NY」第1シーズン17話「転落」では、ワインショップの強盗事件を担当した検事役で登場。フラックの元相棒のモラン巡査の息子で容疑者のヘクターは否認しており、マックたちも別の容疑者を疑うが、検事はヘクターの起訴を強行しようとする。
「Sex and the City2」の12話「恋愛における嘘」で、ミランダのデートのお相手ハリス・ブラガンとして登場、ERドクターと職業を偽ってたけど、ERドクターは女性にウケるのでしょうか?ドラマ見てると・・・なぁ。
現在は「となりのサインフェルド」のエレインことJulia Louis-Dreyfus主演のコメディ「The New Adventures of Old Christine」に出演しているようだ。
ハリソン・フォード主演の「ホワット・ライズ・ビニース」は彼の原案・脚本によるもの。
妻は女優のJennifer Grey。このひとは「フレンズ」でレイチェルの元ブライズメイドで、歯科医のバリーと結婚したミンディ役で第1シーズン20話「不誠実な婚約者」に登場している。ミンディは第2シーズンでバリーの結婚式にも花嫁姿で登場するが、その時は別の女優さんが演じている。

◆ドキュメンタリーの取材者(声) ....  Albie Selznick
「コールドケース」第2シーズン7話「写真」では、富豪で名士のカーン財団の長男ポール現在版役で登場。弟で被害者のジェフはゲイであることを隠さずに生きて勘当されていたが、ポールは父の望む息子として本心を押し隠して生きていた。それが兄弟として最悪の悲劇を招いてしまったのだった。
「デスパレートな妻たち」17話「届かない言葉」では、リネットのママ友で聾唖者のアリッサ(Marlee Matlin)の夫デニス役を演じていた。妻の耳が聞こえないことをいいことに、一緒にいるリネットたちに妻の愚痴悪口を聞かせるというひどい夫だった。
「CSI:NY」第1シーズン16話「口止め」では、SMクラブを夫婦で経営している、女主人ジェニファーの夫役で登場していた。
「CSI:科学捜査班」21話「悪魔に魅入られた女」の移動遊園地で少女が溺死した事件で、少女の母の恋人で弁護士のヤング役。
「CSI:マイアミ」8話「一家惨殺の怪」では、末娘と父親だけが生き残った一家惨殺事件の、一家の父親ジェイソン・キャプリン役を演じていた。殺害の順番をたどると真犯人は実は・・・・という話。
「ブルック・シールズのハロー!スーザン」では友人夫婦の夫ベン役で2~3シーズンにサブレギュラー。しかし子作りに励んでいたら腹上死させられるというかなりひどい退場を。
「FBI~失踪者を追え4」9話、「エバーウッド」第4シーズン、「Shark」第2シーズン1話に登場予定。

◆元報道官のマーティン・シェフィールド .... Paul Jenkins
「コールドケース」第2シーズン12話「リング」では、悪の道に走りそうになっている青年たちを救う活動をしていたCYOの神父役。
「アリーmyラブ」第1シーズン21話「刑事弁護士」では、デートした特許弁護士があまりに強引だったため、キレたレネがキックして首を折った件で逮捕しにきた刑事役で登場。

◆FBI長官アーノルド .... Michael Kagan
「シークレットアイドル ハンナ・モンタナ」では、ハンナが時々出演するトーク番組の司会者役を演じている。
「コールドケース」第2シーズン7話「写真」では、被害者のジェフが働いていたバスハウス(男性のハッテン場)のオーナーのバーニー役。
「フレンズ 7」4話「レイチェルのアシスタント」で、ジョーイにドレイク・ラモレーの双子役での復活を持ちかけた「愛の病院日誌」のプロデューサー、テリー役で登場していた。ジョーイはすぐに役が復活することが決定してるものと思っていたが、テリーは他の人と同じようにオーディションをやろうとしたため、ジョーイは話をけってしまう。
「アリーmyラブ」第3シーズン2話「未知の世界へ」では、セクシーすぎるからと同僚から訴えられた女性の件で、訴えた同僚側=原告側代理人役。

◆広報部のエリック・シェイファー .... Brian Poth
「CSI:マイアミ」第1~3シーズンには、映像担当のラボ職員タイラー役で登場していた。
「シックスフィートアンダー」第1シーズン12話「告白」では、殺害されたそのエピの「死人」のゲイのマーク役。デヴィッドの前に霊となって現れ、「俺たちはどうせ地獄に行くんだ」と語る。
「コールドケース」第5シーズン10話、「プリズンブレイク」第4シーズン6話、「CSI:NY5」4話に登場予定。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/741-2abd8e7d

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。