スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスパレートな妻たち4 第6話「ハロウィーンの魔物」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 20.2009 デスパレートな妻たち 2 comments 0 trackback
【ガブリエル、イーディ】
カルロスとガブリエルはそれぞれ、半年後の再婚にむけ今の結婚を終わらせる努力を始める。
カルロスは突然イーディに別れを告げ、荷造りをして出て行こうとする。しかしあくまでもカルロスがガブリエルのことを隠そうとする態度にブチギレたイーディは、国税局に隠し口座を告発するが、すでにカルロスが手を回した後で何も発見されなかった。イーディはこのままでは終わらせないと復讐に燃えるのだった。
一方ガブリエルは、電話のメッセージに離婚の意志を残して家を出ようとする。ところがヴィクターの父ミルトンが、ヴィクターより先に知って、メッセージを破棄してガブリエルと交渉するためにやってきたのだった。ミルトンはヴィクターを州知事選挙にと考えており、その前の離婚は体裁が悪い。そこで13ヵ月後=選挙後に有効になる小切手を提示して引き止めにかかったのだった。
その破格の額に驚いたガブリエルは、カルロスに「半年後じゃなくて13ヶ月待とう」と言うが、カルロスは隠し口座の存在を明かし、金ならあるから離婚を延ばすのは止めろと説得しようとする。しかしガブリエルは、結婚していた時にカルロスが自分に口座の存在を伏せていたことを信じられないと詰り、喧嘩になってしまうのだった。
そんな時、ヴィクターがガブリエルが家を出たと知って追ってきて、「州知事選には出ない、僕の夢は君だ」と説得してきたため、ガブリエルはすっかりほだされてしまう。ところがイーディはヴィクターに、ガブリエルとカルロスの写真を見せる。イーディは自分を捨てたカルロスを破滅させるため、わざとガブリエルをかばって「誘ったのはカルロス」と言うが・・・

【ブリー】
ボブとリーが家でハロウィンパーティを開き、近隣住民を招待することに。しかし家に連れ帰ったダニエルを二人に目撃され、ブリーはアンドリューの仮装の準備だとごまかす。
そんな苦労も知らず、ダニエルは暢気にパーティに行きたがっていた。ブリーが間もなく近づく出産について「子供を手放すことは簡単じゃない」と話してもまったく意に介していない様子だった。
そしてパーティ当日、なんとダニエルがブリーの仮装でおなかをごまかしてパーティに乱入、ブリーの物まねをしてブリーを激怒させる。ところがダニエルは急に破水。急いで家に連れ帰るが、産まれそうなので急遽アダムを呼んで口止めをして子供を取り上げてもらうことに。ところがアダムは偽装妊娠について知っていた・・・?
結局無事に赤ちゃんは生まれ、ダニエルは我が子を抱いてみたことで初めて湧き上がる母性に涙ぐむが、子供を手放す決断をする・・・

【スーザン】
初産のジュリーのときとは違い、今度の妊娠は高齢出産になるため、スーザンとマイクは二人で遺伝カウンセラーを受けることに。ところがそこで、亡くなったと聞かされていたマイクの父が生きていて、実は殺人で服役していると聞かされる。大事なことを隠されていたことに憤りつつ、スーザンは会いに行くことに。
ところが、マイクの父ニックは、元ボスを殺害したことについてまったく悪びれておらず、反省のかけらも見られなかった。その血が我が子にも流れていると考えるといたたまれないスーザンは、再びニックに会いに行って思いのたけをぶつけてしまう。
するとニックは「人気者だったマイクを一夜で殺人者の息子にして人生を変えてしまったことを悔やんでいる」と語った。そのことでマイクは心に闇を抱えるようになってしまったのだと。
そして、ニックはスーザンに「あいつから目を離すな」と忠告するのだった・・・

【リネット】
リネットは化学療法後の検査結果待ちで落ち着かない。そんな時庭をフクロネズミに荒らされているのを発見する。
心優しいパーカーは退治しないでと言うが、家を侵入者に荒らされてなるものかと燃えるリネットは、ブリーに相談してエアライフルを入手、庭でずっと張り込みする始末。トムが心配してやめるように諭すが、「私は絶対に負けたりしない」と聞く耳を持たない。
そんな中、主治医が家を訪ねてきて、リネットの検査の結果、がん細胞は全部つぶせたと朗報をもたらした。リネットはがんにもフクロネズミにも勝ったのだ。
すべての問題が片付いて晴れ晴れとした気分のリネットだったが、ふと庭の隅に横たわる亡骸を見て、自分がフクロネズミという小さな命を奪ったことに気づき、わきあがる感情に泣き崩れるのだった・・・

------------------------------------------------------------

アンドリューのシェールが余りに似合いすぎて・・・なぜブリーの言うとおりにシェールコスをしたんだか、妙にそういうところはいい息子なんだよな、アンドリューって。
そういえば「BONES」でもアンジェラがシェールの仮装をしていたが、シェールの衣装はハロウィン仮装の定番なのだろうか?(普通の衣装がすでに仮装っていう?)
全員の仮装の元ネタがわかると面白かったのだろうけど、やはりダニエルの仮装がアイディアの勝利だな。お腹をカバーして、家にあるものを使って(カツラはどこから?)ウケを狙えるという。
そしてとうとう出産したのだが・・・ちょうどこの間の「プライベートプラクティス」でダニエルの女優さんが、アメリカの「赤ちゃんポスト」的なプロジェクトを使って、出産した「望まない子」を引き取ってもらうという役をやっていて、かぶっているなぁと思ったのだった。「プライベートプラクティス」では母親が出産に気づいて「孫を捨てるなんて!」と親子で赤ちゃんを取り戻しにきて、抱いて母としての自覚に目覚めていたけれど・・・
ダニエルの場合はすっぱり見切りをつけて、今後人生をリセットするつもりなのだろう。ブリーが本気で「産みなおし、育てなおし」を考えるのだったら、ダニエルから取り上げるんじゃなくて、ダニエルに母としての責任をとらせることなんじゃないかと思うけど、そこら辺はアメリカでの出産後の「選択肢」の感覚の違いがあるからなんともいえないかな。
それにしても、アダムはどこをどうして偽装妊娠を知ったのだろう。さすがダテにプロの産婦人科医(っていう言い方も変だけど)やってないわけだ。今後ブリー的には、「アダムに知られた」っていうのはキャサリンに知られた?っていう恐怖と屈辱の戦いだろうなぁ。

ガブリエルは策略家のようなイメージがあるけれど、なんだかんだいってイーディの怨念には勝てないような。
ヴィクターを前に、ガブリエルが悪いガブリエルがひどい、って訴えたら、ヴィクターの怒りがガブリエルに向くか、かえってガブリエルをかばうかで、イーディの思うようにはならない可能性が。そこで、「ガブリエルは悪くない、悪いのはカルロスよ」と言えば、ヴィクターは心置きなく怒りをカルロス一点に集中させるわけだ。それこそがイーディの復讐を確実に遂げさせるポイントなのだな。イーディを怒らせるとただじゃ済まないのに、カルロスも甘く見すぎ。
しかしガブリエルもなぁ。ヴィクターが「選挙には出ない」って言ったって、父親仕込みのその場しのぎのごまかしちゃうんかと思うのだが。前に同じ手で騙されてなかったっけ?
イーディの策略にはまり、ガブリエルには思わぬ形で裏切られ・・・カルロスはこれでヴィクターに命を狙われる最悪の状況に。カルロス女運悪すぎ。

リネットがフクロネズミと闘ったのは、病気とのわかりやすい代理戦争だったわけで。しかしそれで病気もねずみもやっつけてスッキリ!・・・で終わらないのがニクい。あれがブリーだったらもっとブラックな展開になっていただろう。撃ったのがアンドリューでした、とか。(おい)
それにしてもパーカー・・・チャロ助くんはしょうがないんだよ、おうちじゃ飼えないんだ・・・。
このところ双子ちゃんも成長したせいか割とおとなしめになってきたし、ケイラもいい影響を受けているのか普通の子になって、昔ほど子育てに追いまくられることのなくなったスカーヴォ家だが、その中でパーカーの心優しい性格というのは本当に癒される。マクラスキーさんもリネット母もお気に入りになってしまうマダムキラーのパーカーだが、あんまり「いい子」になるのを要求されて、どこかの段階でゆがんだりしないといいんだけど・・・

スーザンは・・・あんな祖父がいるからと心配するより、「スーザンが母親」だ、っていうこと自体がお腹の子にとっては最大の悲劇なわけで。ジュリーがいい子に育ったのは、本当に奇跡のワザだし。
これで、将来お腹の子が何かしでかしたら、「ホラ、やっぱり人殺しの血が入ってるから」って指差し続けるのだろうか。マイクも気の毒に。これで「あぁそうだよ、人殺しだよ!」ってマイクが開き直るまで、延々言い続けるんだろうなぁ・・・
「あいつから目を離すな」で完全に暗示がかかったわけで。マイクが心に闇を抱えていなくても、スーザン的には「マイクは心に闇なのよ、そうに決まってる!」ってことになってしまったので、スーザンはマイクが最後の崩壊のトリガーを引くまで、ちくちくとつつきまわし続けることだろう。
スーザンの大好きな「ワタシって不幸」モードに入れてよかったねということで。やれやれだ。

ところで、フジテレビ地上波(関東限定)の深夜で、来週25日から「Mad Men」の放送が始まる(関東以外の方ならCSのフジテレビNEXTで。こちらはすでに4月から始まっているけど)。デス妻でヴィクターを演じているJohn Slatteryや、「ザ・ホワイトハウス」の大統領の娘ゾーイ役を演じていたElisabeth Mossなどが出演している。
オヤジ好きな自分には結構ツボにはまる顔ぶれのようなので、とっても楽しみにしている。デス妻ファンにかぶるかどうかは微妙だけど、「ザ・ソプラノズ」のマシュー・ワイナーの脚本なので、絡み合う濃厚な人間模様が好き~という人にはたまらないらしい。とっても楽しみだ。


【 脇俳優チェック 】

◆リネットの主治医 .... George Wyner
「チャーリー・シーンのハーパー★ボーイズ」第1シーズン10話「感謝できない感謝祭」では、アランの元妻ジュディスの父シェルドン役。ジュディスは離婚原因が自分のレズビアンのせいだとカミングアウトしておらず、なのにチャーリーの母エヴリンがバラしてしまったためシェルドンはショックを受ける。
「ジャーニーマン」3話では、ダンの新聞社のコラムニスト役。ダンがタイムトラベルで関わることになった弁護士アラン・プラットについて、ギャンブル依存のダメな人生を送りサンフランシスコ大地震の後自殺したことを教えてくれた。
「ザ・ホワイトハウス」第4シーズン19話「天使の気まぐれ」では、再選の危うい共和党議員が提案した法案に協力しているジョシュを批判したシメル議員役。
「FBI~失踪者を追え」第3シーズン9話「陪審員の過去」では、少女殺害事件裁判の担当判事役。
「ヒルストリートブルース」では第2シーズンからバーンスタイン検事補役でサブレギュラー。

◆ヴィクターの父ミルトン ....  Mike Farrell
初登場は第3シーズン最終話の23話「二人の花嫁」。ヴィクターを州知事選にかり出そうという野心があり、ガブリエルを「ヒスパニックの票田を引っ張れる嫁」としか思っていない。
60年代から活躍しているベテラン俳優。オフィシャルサイトあり。
朝鮮戦争の野戦病院を舞台にしたシットコム「M*A*S*H」で、第4シーズンから外科医のB.J.ハニカット大尉でレギュラー出演し、人気を博した。11シーズン続いたこのドラマの最終話のアメリカのテレビ史上最高視聴率記録(1億600万人視聴で77%!)は、いまだ破られていない。
「プロビデンス」では、ヒロインのシドニー(「CSI:NY」のステラ役のMelina Kanakaredes)の父で、獣医のジム・ハンセン役を演じている。
90年代にリメイクされたアニメ版「スーパーマン」(Superman: the Animated Series)と2006年の「Superman: Brainiac Attacks」(「スーパーマン・リターンズ」にあわせて製作されたアニメDVD)では、クラークの養父ジョナサン・ケントの声を演じている。
その時クラークの養母マーサ役で共演しているShelley Fabares(シットコム「うちのママは世界一」の子役、ヒット曲「Johnny Angel」で有名)は、83年に再婚した二番目の妻。
早くから演出や製作にもたずさわっており、映画「パッチ・アダムス」の製作にも名を連ねている。

◆マイクの父 .... Robert Forster
オフィシャルサイトあり。
名脇役として、多くの作品に出演しているベテラン俳優。
「NUMBERS」第2シーズン16話「追憶」では、徴兵事務所前爆破事件の捜査に突然参加してきたトーマス・ローソン元捜査官役。ローソンは35年前の同様の事件以来、容疑者のスターリングを追い続けていたのだった。
「HUFF」第1シーズンではハフの父ベン役。離婚して、現在は中国人のツーシーとアジアかぶれの生活を送っている。
「ザ・グリッド」1、2話では米の元国務次官補ジェイ・アルドリッチ役。Julianna Margulies演じるマレンの恩師的存在。
タランティーノが彼をリスペクトして起用した映画「ジャッキー・ブラウン」で、保険屋のマックス・チェリー役を演じて、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。
「Heroes」第3シーズンから、ピーターとネイサンの祖父アーサー・ペトレリ役で登場予定。

◆ヴィクターの家のメイド .... Soledad St. Hilaire
初登場は第3シーズン17話「素顔のままで」。今回のエピでは、イーディを案内してきたシーンで遠目に登場しているだけ。
オフィシャルサイトあり。HPによると不動産ビジネスなども行っているようだ。
「Weeds~ママの秘密」第1シーズン5話「売人が転職を考える時」では、セリアの家の家政婦ブランカ役。夫の浮気や自分のガン、飛行機貨物の炭酸飲料が家に落下してきたことなどで虚無的になったセリアは、ブランカに衣服を全部あげると言い出すのだった。
「ラスベガス」第1シーズン14話では冒頭、ホテルの清掃中に洗面所に遺書を発見してダニーに報告した清掃係役。
「グレイズアナトミー2」22話「親子の絆」では、フィンの動物病院の受付役で登場していた。
関連記事

▶ Comment

アダムは、あの野外パーティーから気づいていたのでは?
アイダが、腹に突き刺さったフォークを見てあわわわわわってなってたところから気づいたのかなーっておもってます。
あれでごまかされるほど医者は甘くないですよね!
2009.05.21 22:41 | URL | riko #79D/WHSg [edit]
デス妻、スキです。
今シーズンは、いろいろあったシーズンですね。
脇役情報楽しく拝見しています☆
2009.05.21 17:52 | URL | siruku #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/750-9b850826

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。