スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマンサWho?2」第7話「養鶏場」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 27.2009 サマンサWho!? 0 comments 0 trackback
トッドの母親が部屋に来ることになり、ソファで寝ている状態とは言えないためサマンサは一日実家に帰ることに。
それを機会にオーウェンを両親に会わせることにするが、あの両親がエコマニアのオーウェンと会うことに不安を覚えたため、両親に「言ってはいけないこと」をまとめたNGカードを渡して言い含めようとする。しかしパパの仕事がオーウェンが嫌っている養鶏場だったため、その努力もパーに。
サマンサがなんとかパパの仕事を理解しようと養鶏場に見学に行くが、実情を目の当たりにしてかえってショックを受けてしまう。ところがサマンサの本音に気づかないパパは、娘が理解してくれたことに舞い上がって、「サマンサに養鶏場を相続させる」という長年の夢をぶち上げる・・・

ディーナは最近、仕事ばかりでチャップマンとまともに会えていないことに不満が爆発。会社に押しかけて社内会議を傍聴したものだから、チャップマンも大弱り・・・

--------------------------

パパの仕事はなんなのだろうとずっと疑問だったのだが、養鶏農場を経営していたのか!
今回やたらめったらニワトリグッズが家中にあふれている風に設定されていたが・・・今までもそうだっけ?つい前回までのニューリー家の中がどうだったか振り返ってみたくなる。
サラリーマンじゃなさそうとは思ってたのだが、なかなかハードルの高い設定だ。
サマンサが養鶏場で魂を抜かれた状態で帰ってきた時の、ママの無言の演技がステキ。目ですべてを語ってる・・・多分ママも色々と幽体離脱するような出来事を通り抜けて現在に至ったのかも、という想像がちゃんとできる演技。ママのそういうとこ好きだ。

オーウェンは、自分的には「顔はいいけどそれ以上ひっかからない」という感じで、笑いが全然生み出せない存在なのでイマイチ。
もしパパとママが芸達者じゃなかったら、ほんとこのエピ救われないという・・・ていうか、これの次の8話も低調で、オーウェンがからむとどうもね。

フランクとトッドはゲームに飽きるの早すぎ!
映画館でディーナに目撃されてたら、母親がカナダから来なかったことより、フランクとラブラブの一夜を過ごした(違)ことがバレてしまうのでは。
しかしトッドはカナダ人だったのだな。このところなぜかカナダネタをドラマで見かけることが多いのだが・・・
なぜかカナダ人は出身を伏せるが同胞の存在には敏感で、カナダ出身だということを突っ込まれるとなぜかムキになる、らしい。どこかアメリカに対して屈折した心理があるみたいな?
だから、トッドがサマンサに「へぇ、トッドってカナダ人だったんだ」と言われた時のトッドの妙なキョドり方と、サマンサの含み笑いをこらえてるような微妙な表情が、いろんなことを物語っているようでなかなか奥深い。
トッドがカナダ人設定ということ自体が、(中の人はアメリカ人)いじられ系というキャラ設定が付加されてる、みたいな感じなのだろうか。微妙に細かくて伝わりにくいニュアンスだが。
うーむ、ヘタリアのカナダさんがトッドに見えてくる・・・髪型はブライアンぽいのだが。


【 脇俳優チェック 】

◆チャップマンの部下の女性 .... Dana Sorman
初登場は第1シーズン2話「お仕事」。事故前に、彼女が巨乳を武器にサマンサの仕事を奪おうとしていたので、サマンサは豊胸手術を決意していたのだった。しかし事故で手術がうやむやになり、後から医者に会って思い出すことに。
「LOST」第5シーズン2話に登場予定。

関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/753-4a377c3a

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。