スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスパレートな妻たち4 第12話「自虐の迷路」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 09.2009 デスパレートな妻たち 0 comments 0 trackback
【ガブリエル】
財産を失い、カルロスの世話もしなければいけないガブリエルは、イライラしてひそかにカルロスに意地悪をして気晴らしをしていた。
今までは行ったことのない格安スーパーで買い物するようになり、ヒールで広い駐車場を歩くことに疲れ果てていたところ、リネットがカルロスの視覚障害で障害者スペースを使えるかも、と教えてくれた。
障害者証明をとったガブリエルは、障害者スペースに駐車して快適に買い物ができるようになった。しかしそれを車椅子の男性に見とがめられ、通報されそうになって突き飛ばして逃げてしまう。
そこでガブリエルは学習して、カルロスを連れて買い物に行くことにする。しかし自分の目のことを利用して障害者スペースを使っていることを知ったカルロスは激怒。大喧嘩になるが、ガブリエルが自分の世話で追い詰められた気持ちになっていると知り、カルロスはあらためて感謝の気持ちを・・・

【スーザン、オーソン】
オーソンはマイクに突然リハビリ施設に呼び出された。まさか過去のひき逃げのことを持ち出されるのではとおののくが、マイクは「処方箋を書かせたりして悪かった」と逆に謝ってきたのだった。
思わぬ展開にオーソンはほっとしたものの、本当は罪悪感が次第に彼の心を蝕んでいたのだった。
そんなある夜、スーザンは台所で全裸で何事かをつぶやくオーソンを見てぎょっとする。しかしそれをオーソンとブリーに話しても、自分が夢を見たのでは?と逆に笑われてしまう始末。
しかしスーザンはその後も夜中に全裸でうろつくオーソンを発見、彼が夢遊病状態だということに気づき、ひっぱたいて目を覚まさせる。マイクのことを何かつぶやいていたと聞いたオーソンは、自分が陥っている状態にやっと気づくのだった。
そして晩餐会の後、深夜帰宅したジュリーが見たのは夢遊病状態のオーソンだった。そして彼が「マイク、ひき逃げしてごめん」と言うのをはっきりと聞いてしまい、ジュリーは愕然とする・・・

【リネット】
ある日、トムの店に元シェフのリックが姿を現し、すぐ近くに開店するのだという。リックはシェフとしての才能はずば抜けており、このままでは店が危機に陥ることは間違いなかった。苛立ちを爆発させたトムはその夜遅くに帰宅した。
翌日警官がスカーヴォ家にやってきて、リックの店のガラスが割られる事件があったという。ところがリネットが驚いたことに、トムは警官の質問に帰宅時間を偽って答えたのだった。
問い詰めるリネットに、トムは不倫未遂のことを持ち出して逆に責める始末。その様子を子供たちは不安げに見守っていた。
そして晩餐会の途中、リネットはアンドリューからの電話を受けるが、リックの店が火事だという。しかしその時トムは席をはずしていた・・・

【ブリー、キャサリン】
恒例のチャリティ晩餐会を行うことになり、ブリーはいつもの通り仕切ろうとするが、キャサリンがお手伝いさせてと言い出す。他のメンバーは不安に思うが、二人は竜巻で仲良くなったから大丈夫だという。そんな母親に対し、ディランは参加に今ひとつ乗り気ではない。しかし毎回参加しているジュリーに「楽しいよ」と煽られて参加を決意する。
ところがいざ準備を始めてみると、キャサリンは自分のセンスを前面に押し出し分担を無視してくるので、次第にブリーはイライラを募らせる。そしてこれだけは譲れないという、表彰式の授与役をキャサリンがやることになっていると知ってブリーは爆発、失敗して客には出せないディップをわざとキャサリンに食べさせ、腹を下させる。
それでもキャサリンは意地になって表彰者を勤めたが、実は授与者はブリーだったのだ。キャサリンのサプライズだったのかと思いつつ賞を受け取ろうとしたブリーだったが、キャサリンに「毒を盛ったの知ってるわよ」とささやかれてどっきり。
晩餐会の後ブリーはキャサリンに問い詰められ、お互いにキャラかぶりでどうしたらいいかわからなかった、と胸のうちを打ち明け、前よりも少し本音で語り合えるようになっていた。そして思ったよりも晩餐会を楽しんだディランもまた、キャサリンのことを許し受け入れる気持ちになって、みんなで記念写真を撮ったのだった。

翌朝、その記念写真が新聞の社交欄を飾っていたが、何者かがその写真のディランをチェックしていた・・・

------------------------------------------------------------

・ガブリエル
  「これで決まり!ワタシ地獄行きだ」って・・・
  今までも地獄に行くようなネタはてんこ盛りだったと思うのだけど、
  まだ天国にいけるつもりだったのかガブリエル!

・スーザン
  あぁ、カイル・マクラクランのギリギリショット(爆)。
  SATCでもあそこまで脱いでなさそうな気が・・・
  いいなぁスーザン(おい)

・リネット
  普段は鈍いトムが、ことリネットの「終わってない気持ち」に関しては
  やたらに鋭い洞察を見せるところが、愛なのか、または男のプライドか。
  トムはこの先捕まらないで済むのだろうか?捕まったら・・・終わるよなぁ。

・ブリーとキャサリン
  この二人が仕切ったパーティはさぞかしゴージャス!
  まぁキャラはかぶりまくっているわけで・・・ハブとマングースの決着は
  共食いでしか終われないような気がする。
  最大のライバルは最高の友人たりえるか?ん~難しそう・・・


【 脇俳優チェック 】

◆凄腕シェフのリック .... Jason Gedrick
初登場は第3シーズン18話「ジェラシーの功罪」。腰を痛めたトムの代わりにピザパーラーのシェフとして採用したが、あまりの腕のよさに店の格が本格イタリアンに変わってしまうほど。ドラッグ中毒の過去に目をつぶって採用したリネットだったが、彼に惹かれてしまい、リックからも思いを打ち明けられて泣く泣くクビに。
映画「アイアン・イーグル」で、父を救出するために戦闘機に乗って敵地に乗り込む主人公の少年ダグを演じて人気を博す。その後「プロミスト・ランド」でバスケのスターから夢破れて小さな町の警官となったデイヴィ役で、キーファー・サザーランドやメグ・ライアンと共演している。
「ゴースト」第2シーズン8話「出会った夜」では、中華料理店の火災で死亡しゴーストとして彷徨うウォルターの共同経営者ジェシー役。ウォルターの妻だったリリーは現在ジェシーと恋人同士になっていたが、実は店の経営を保険で立て直すためにジェシーが店に火をつけたのだった。
「Windfall~運命のいたずら」では、大学教授のキャメロン・ウォルシュ役でレギュラー。地位も美しい妻も手にしながら、大学時代の恋人ニーナと不倫関係にある。
「アリーmyラブ3」1話「大胆な目覚め」では、アリーが洗車機の中で衝動的にセックスしてしまった相手ジョエル役で登場。ジョエルはアリーのクライアントのリサの婚約者で、アリーが結婚をぶちこわしてしまったため、4話「情熱を燃やして」ではアリーがリサから訴えられる。ジョエルとアリーは「動物的な引力」でひかれあってしまうが、なんとかジョエルとリサを元鞘にすることで訴訟を回避。
「スーパーナチュラル」第2シーズン7話「容疑者」では、弁護士の妻の殺害事件の担当刑事シェリダン役で登場している。シェリダンの同僚刑事バラードを演じているのは「エクソシスト」のリンダ・ブレアなので、70年代と80年代の子役の共演になっている。
他に「バックドラフト」など。

◆ガブリエルに抗議した車椅子の男 .... Mitch Longley
オフィシャルサイトあり。
1983年18歳の時に自動車事故に遭い、実生活でも車椅子。しかしそれをバネに、事故後に俳優としてデビュー。「Joan of Arcadia」など多くの作品に出演している。
「ラスベガス」ではコントロールルームのミッチ役でサブレギュラー出演。
「BONES」第1シーズン21話「英雄の秘密」では、ブースの戦友ハンク役。ブースに「誰かに過去を話せ」と勧める。

◆後からやってきた車椅子の男 .... Eddie McGee
オフィシャルサイトあり。
がんで片足を失っている。
「サバイバー」的な生き残りリアリティショー「Big Brother」の第1シーズンの優勝者。

◆チャリティ晩餐会の司会のダウニング夫人 .... Jodi Carlisle
「コールドケース」第4シーズン14話「8時3分」では、治安の悪いノースフィリー地区の高校の女性教師ボイド役。事件当時、ノースフィリー側の高校で殺害された少年スキルを訪ねて高級住宅街側の少年が来ていたことを証言する。
「ミディアム」第3シーズン3話「パラドックス」では、ホイットマン判事の秘書役。壁にかかった肖像画がホイットマンだとアリソンに教えてくれた。
「CSI:5」3話「天使の生き血」では、被害者の少女アリシアが思いを寄せていた少年ジミーの母親役で登場。

◆トムの店の客 .... Steven Lee Allen
リックのことを覚えていた客。
「CSI:4」13話「牙を持つ人々」では、カジノ主催で行われた日本の骨董品展示会で、泥棒によって縛り上げられた警備員ブランドン・ミラー役。しかし捜査が進むにつれミラーをはじめ事件の被害者と見られた人々すべての正体が明らかに・・・

◆ガブリエルの障害者パーキング使用を責めた老人 .... Charles Hutchins
「CSI:NY」第1シーズン9話「想い出のブルー」では、セントラルパークを警邏中に騎馬警官が射殺された事件で、騎馬警官を呼び寄せるために犯人の一人がわざと公園で殴りかかったイギリスから来た観光客役。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/778-3b00c954

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。