スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アグリーベティ3」第5話「高校時代の悪夢」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 21.2009 アグリー・ベティ 2 comments 0 trackback
ダニエルとウィルミナの二人が二人で編集長をつとめることになり、モードは大混乱。お互いの意見が対立してまったく何も決まらないのだ。その分ベティの仕事が増えててんてこ舞いに。
そんな時キミーがモードにやってきて、ベティの言葉に煽られて仕事を辞めたが次のあてがなく、だからベティが責任を持ってここで雇ってくれと言い出す。
しかし断ろうとした時、ダニエルがOKを出してしまう。高校の時にキミーから色々嫌な思いをさせられたベティにとって、一緒に働くということは非常に不安の多いものだった。
ところが実際働いてみると、キミーは失敗ばかりでみんなに笑われているので、それを見たベティは「自分が育てます」と大見得を切ってしまう。

DJがフランスに去って以来、ダニエルは家族が欲しいという気持ちを抑えられなくなる。そこで結婚相談所に入会して、出会いを求めようと考える。
そして紹介された相手とクルーズディナーで会うことになるが、そのディナーにやってきた相手は・・・

ジャスティンはブロードウェイミュージカルのオーディションを受けることになる。しかしオーディションに学校でのいじめっ子が受けに来ているのを知って、お互いライバル心をメラメラに燃やすが・・・

---------------------------------------------------------------

私信ですが、メッセージ送ってくださった方、ありがとうございます。
メールアドレスがなかったのでお返事はできませんが、がんばってアップします。
無理やりPCに入れたWin7と、ハードに使い倒したDVDレコーダーがスネて私を惑わせる~という状態でして。でもなんとかやる気を奮い起こして・・・

今回脇チェックひっかかりなし。
ジャスティンのライバルの子は、「ハイスクールミュージカル3」にダンサーで出演しているらしいが、あのなんちゃってザック・エフロン風の容姿ではちょっと探してもわからなさそうだし。

「人は変われるか?そして過去を許せるか?」というテーマのオムニバスドラマのようなエピソードだった。
キミーとベティ、ジャスティンとライバル、そしてダニエルとウィルミナ。

キミーとベティみたいなエピソードは、結構多かれ少なかれ誰もが経験して「卒業」していくような気がする。
でも、往々にしていじめる側は覚えていないものだが、いじめられた側は絶対に忘れない。忘れようとしても忘れられないものだ。
だから・・・この先キミーの記憶に残るのは、ベティをいじめた記憶ではなく、ベティにスカート下げられた記憶だけだったりするんだろう。
まーねぇ、ベティもお人よしだから・・・キミーがどんなヤツかを忘れて安易にアドバイスとか人生語っちゃったりしたのが間違いだったわけで。「人生変えよう」「だったらお前が責任もって変えろ」←こんな発想する人間からは、全速力で逃げなきゃ一生たかられしゃぶられる。
ベティは一生お人よしで、キミーみたいなのはそういう善意に一生ぶら下がって生きるんだろう。
・・・でも、ハンバーガーショップでまだしも出世してたのはなんだったんだろう。キミー「でも」出世できるような世界だったということか?だとしたらパパが真剣にやったら社長になれちゃうかも?
キミーはこの先いい方向に変わるとかあるのかな・・・ないだろうな、うん。

ダニエルとウィルミナは、ちょっと意外な展開だった。えーまさかこのままうまくいくとか?ありえない~!とドキドキした人も多いかも?
そりゃ、この二人がくっつけば・・・一応設定的には丸く収まるというか、二人のニーズが満たされてこんな大団円はないのだけど。ダニエルは子供つきで家庭が持てるし、ウィルミナは無理しなくてもミードファミリーの一員になれる。
でも、人の性格ってそんなに簡単に変わらないしね。二人が恋に落ちたとして、じゃぁどっちが編集長の座から降りる?っていう命題を持ち出した瞬間に恋が終わるような。あのソフィアの時以上に悲劇的な破局になりそう。何よりも阻止のためにクレアが刃物持ち出しそうだし。
しかしウィルミナが出会い系を利用するとは・・・そんなことしなくても、パーティとか行けば出会いが転がってそうなのに。マークが散々楽しんでプロフィールを登録したのが見えるようだ。

ジャスティンはいいライバルにめぐり合えたようで。
あのライバルくんみたいに才能に恵まれながらも家庭で否定されているような子のほうが、ハングリーな気持ちで必死になるから、実は後から伸びるような気がする。
今回の挫折でめげずに、二人ともブロードウェイ目指してがんばって欲しいものだ。

・・・しかしジャスティンは今のところ「趣味が乙女系」、っていう範疇で周囲に温かく見守られているけど、この先・・・どうなるのかなぁ。初恋とか初恋とか初恋とか・・・・
女の子とつるんでいることが多いというのもまた・・・ねぇ。
この先それは避けて通れないような気がするが、そこに踏み込んで描いたドラマってあんまりないから、これからどう進んでいくのかお姉さんとっても心配。
デス妻のアンドリューでもすでに「済」でスタートしていたからなぁ・・・
関連記事

▶ Comment

このコメントは管理者の承認待ちです
2009.11.26 13:59 | | # [edit]
このコメントは管理者の承認待ちです
2009.11.22 13:53 | | # [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/839-27630a55

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。