スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSI:4 第8話「殺さずにいられない」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 23.2005 CSI:科学捜査班 4 comments 0 trackback
【CASE ジュリー・ウォーターズ】
 被害者 :売り出し中のショーガール ジュリー・ウォターズ
 関連人物:写真家ハワード・デルホム、デルホムの弟ジェームズ
 担 当 :ウォリックを除く全員
 背 景 :TV出演するなど有名になり始めていたショーガールのジュリーが失踪6日目、
      彼女を撮影していたカメラマンのデルホム自ら「傷つける気はなかった」と911に
      通報があった。銃を所持していたため緊急逮捕、家宅捜索したがジュリーはいない。
      デルホムは酩酊状態にあった。
      家の中はジュリーについての新聞や雑誌が順番に並べられるなど異常な様相を見せて
      いたが、それらも失踪後に発行されたもので決め手を欠いた。
      ジュリーの失踪を通報したのは母で、金目のものもなくなっておらず洗面用具やピル
      もそのまま残されており、外泊予定はなかった模様だが、バッグが紛失している。
      テレビのプロデューサーと夕食の予定があった。
      そんな時デルホムが尋問の隙に自傷、「誰も傷つける気はなかった」と壁に血文字。
      他にも被害者が?と謎が深まる中、デルホムはキャサリンを気に入り、ご指名。


ジュリーの事件は初動からサラとニックが担当していたが、デルホムの供述を引き出すためにキャサリンが主導権をとることに。しかしデルホムはキャサリンの気をひこうとウソの「遺体のありか」を白状して捜査をかく乱する。
また、ジュリーが売れ始めていた矢先の事件でもあり、マスコミの注目が過剰に集まる。そこに保安官がスタンドプレイでマスコミに現場検分を実況させたため、失敗がカメラの前に晒されてしまった。
ニックとサラは自分のチャンスになるはずの事件をキャサリンに奪われた格好でおかんむり。
ギスギスした雰囲気の中で、キャサリンはグレッグに助手をさせて捜査を進めることに。デルホムのレシート類から足取りをたどったところ、ジュリー失踪の日に食べ物と「家庭用品」を買ったレシートが。また車を借りた書類が出てきた。
車のディーラーによるとデルホムに貸したマセラッティは撮影のためのもので、モデルは使わなかったという。キャサリンが車内を調べたところ、車内から毛髪と上皮組織が採取される。

ニックとサラはキャサリンへの対抗心を燃やし、失踪女性の線から事件を洗いなおすことに。
そこでここ2年間の失踪女性のうち、遺体で発見されたロビン・ナイトというモデルが、デルホムと仕事のため家を出てそのまま失踪した事実を発見する。
そしてマセラッティから採取した毛髪などのDNAがジュリーと一致。さらにデルホムが買った「家庭用品」はスコップだったことから、ジュリーはデルホムが食べ物を買った時点はもう死亡していたと考えられた。
デルホムの当日の足取りから推測して、ロビン・ナイトの遺体が発見されたファーネスクリークを捜索すると、ジュリーの遺体が発見される。

ジュリーの遺体は衣服の着こなしがおかしく、メイクが落とされていた。岩がいっぱいのせられていたのは、ロビン・ナイト事件のように雨で遺体が流出して発見されることのないように念を入れたものとみられた。しかし、ロビンの事件はデルホムと結びつく証拠がないため、メンバーはデルホムの証拠を挙げるための決意を固める。
しかし、デルホムはまったく動じることなく「車でバックしたらひいた」と供述。だが検死結果では外傷がなく、ウソだとわかる。死因は圧迫して窒息させたのだった。
ジュリーは殴られてピアスが飛び、耳に怪我をしていた。プロデューサーとの食事前だというのに血中アルコールの濃度が高く、子宮頚部は精液など残存していないのに傷だらけだった。

そこにデルホムの弟ジェームスが警察にやってきて、「兄から送られてきた」とフィルムを持ってくる。デルホムの筆跡で「もし俺が逮捕されたらこれで助けてくれ」というメモつきで。
また、デルホムの足取りの途中にあったゴミ箱に、ジュリーの顔写真や血とメイクをふき取った紙、スケジュール帳や着替えなど、ジュリーの持ち物が捨てられているのが発見された。デルホムは「ジュリーから顔写真がきれたので頼まれて撮影した」と言っていたことなど、供述がすべて嘘だとわかってくる。
証拠を元にキャサリンは犯行当時を再現しつつあった。ジェームスの持ってきた写真も、発見時と着衣が違っていたり、二重露光のものはジュリーではなかったり、明らかにかく乱目的のものだとわかる。
まだサラは態度を硬化したままだったが、キャサリンは「真相を知るためにデルホムを利用しただけ、あなたも私の立場なら同じことをした」と語る。わずかながらチームの軋みが溶けはじめようとしていた。

一方、デルホムを殺害に結びつける決定的な物証はまだ見つからなかった。犯行を再現していくと、子宮頚部に傷をつけたモノがなんだか判明していなかったのだ。
キャサリンとサラが現場にあったものをもう一度見直したところ、デルホムが逮捕時に持っていた銃が押収されたままだということに気づく。急遽ラボで分析したところ、銃からジュリーの子宮頚管の組織が検出され、これが決定打となる・・・・

---------------------------------------

このところ、モメっぱなしな感じ。
交代でお休みをとっているせいか、先週メインで活躍したウォリックは今週はお休み。
もしウォリックが休んでいなかったら、グレッグが投入されることもなかっただろう。でも、もしそうなったら溝はさらに深くなったかも。グレッグだったからニックは「まぁ・・・・グレッグのためにもなるし」とひよってしまったが、ウォリック相手ならサラ並みにジェラシーストームだったろうから。
そんな状態でも主任は放置プレイ。まぁヘタに介入してもどっちつかずになっただろうけど。
なんのかんの不満をたれていても、主任以上のまとめ方ができる人材が下にいないしなぁ。

しかし、今回の話はいろんなこと詰め込みすぎな感じが。
リアルタイムで流して見ていると、「えーと結局この人が犯人なのね」で終わってしまいそう。まとめるために何回か見ても、「これってどういう意味?」ってわからなかったり、消化できてない要素がけっこうあるような気がする。
最初から犯人が捕まっていたり、色々と意欲的な試みはされてるようなのだが、何しろやりたいことを全部こなすのに時間が足りていない。思い切って弟の話は削ってしまってもよかったんじゃないかとさえ思える。

邦題「殺さずにいられない」は、キャサリンの被害者分析「パパにかわいい賢いと言われて、そう思い込んで育つと暴走する」という話がサラにも投影され、最後に被害者のインタビューにもかぶってる話なのだが、これもちょっと消化不良。
なまじ邦題につけて強調したもんだから、その意味を掘り下げたくなるし。
これがちゃんと消化されてれば、うまい邦題のつけかただなーという話になるのに。
それにしても、キャサリン姐さんの人間薀蓄は「響く」なぁ・・・・

グレッグは、「ラボ爆発事件」以来ちょっとおとなしくなっちゃった感じ。
もっと頑張れ!

今回、「血中のアルコール濃度」の話が出てきた。逮捕時のデルホムが0.21%で、検死時のジュリーが0.15だっけ。
それがどの程度だかわからなかったので、『アルコール血中濃度と酔いの状態』というページを見てみた。
なるほど、二人とも酔っぱらいだな。


【 脇俳優チェック 】

◆サイコな容疑者デルホム .... Martin Donovan
映画「インソムニア」でアルパチーノの相棒役をやってたり、「ある貴婦人の肖像」でニコール・キッドマンのいとこ役などに出演の、気鋭の性格俳優。
泥酔からさめてきた時の目の鬼気迫る演技など、全体的に彼の演技に「持ってかれた」感じ。

◆被害者ジュリー・ウォーターズ .... Jaime Ray Newman
人気シリーズ「General Hospital」のレギュラーで(Kristina Carter Cassadine役)で二年間出てたり、「Catch Me If You Can 」でディカプリオとからんだりと、まさに役を地でいく「ただいま売り出し中」の女優さん。
公式サイトによると、音楽活動などもやっているらしい。一緒に組んでるメンツがけっこうゴージャスなのだが、意外に今後ブレイクするかも?

◆ニュースキャスター .... Paula Francis
実際のラスベガスのローカルテレビ局のアンカーウーマン。今回に限らず、ニュース画面では彼女が大抵出てくる。日本のドラマでも実在のキャスターを使ったりするけれど、さらにローカルのキャスター使用というあたりが面白い。
関連記事

▶ Comment

Musical Baton、巡回しているblogのあちこちで見かけてたので、なんだろうと思ってました。
いざ自分で答えてみるとむずかしいですねー。

こっちのblog↓でやってみました。
http://blog.livedoor.jp/kumap00h/" target=_blank>http://blog.livedoor.jp/kumap00h/
がろとさんのほうにTBさせていただきましたが、いつもと違うblogがいきなり出てきてびっくりされるかもしれませんが、すみません。
2005.06.28 01:37 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
遅ればせながらリンクさせていただきました。
そしてリンクもありがとうございます♪

ウォリックはあの緑の瞳に吸い込まれまして&吹替え声の山野井さんのファンなので、つい思い入れが強くなってしまいます。

そしてこちらにもMusical Batonをお届けに参りました。
もうどちらからか届いていましたか?
そしてもし音楽に興味がありましたら、受け取ってくださいませ。
中身はこちら
http://d.hatena.ne.jp/keyword/Musical%20Baton" target=_blank>http://d.hatena.ne.jp/keyword/Musical%20Baton
私の答えは
http://garoto.blog7.fc2.com/blog-entry-98.html" target=_blank>http://garoto.blog7.fc2.com/blog-entry-98.html
本当にいきなりで申し訳ないです(汗)
2005.06.27 21:06 | URL | がろと #79D/WHSg [edit]
彼は、いい人からサイコな役まで幅広くできる俳優さんのようですね。私は「ある貴婦人の肖像」を見ましたが、これまた全然違う感じだし。

がろとさんはウォリック好きですか?
好きなキャラが休みだとがっくりきますよね。

リンクの件、了解です。こちらからもよろしくお願いします。

他にも相互リンクの方いらしたらよろしくお願いします>ALL
2005.06.26 21:32 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
Martin Donovanは私が観ていた「Pasadena」というドラマではとりあえず一家の主だったので(かなり問題ありのオヤジでしたが)こんなストーカー?なカメラマン役は意外でした。

今回はウォリックがお休みなので観ていてあまり気合が入らなかったんだけど、45分でドラマをまとめるのってちょっと物足りないかなって思いました。

☆ところでくまぷーさんのBlog、うちのBlogとリンクさせていただいてもよろしいでしょうか?
2005.06.26 11:27 | URL | がろと #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/84-c86be027

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。