スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「glee」第4話「Preggers」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 05.2010 Glee 3 comments 0 trackback
【カートとアメフト部】
ゲイであることを父に伏せているカートはグリー部に入っていることなど正直に説明できない。そこでフットボール部に入ったと嘘をつくが、「デビュー戦を見に行く」と言われて墓穴を掘ってしまう。
そこでフィンに頼んで入部テストを受けることにするが、音楽に合わせてダンスするスタイルでのキッカーの才能をケン先生に認められて入部を許される。
フィンは負けてばかりのアメフト部をなんとかてこ入れするため、ダンスをアメフトに取り入れようとアメフト部とグリー部の相互交流を提案するが・・・

【フィンとクインの妊娠問題】
フィンはクインから妊娠を告げられる。セックスはしていないはずだが、二人でホットタブに入っていた時のコトだと言われると、知識の少ないフィンはそういうものだと思ってしまう。
どうしたらいいかわからなくなったフィンは、他に相談できずにウィルに打ち明ける。そのことを家でウィルから聞かされたテリは、ウィルを騙し通すために子供を自分が引き取ろうとクインに接近する。
しかしクインは、お腹の子の本当の父親がパックだということで悩みを募らせていた・・・

【レイチェルの脱退問題】
スー先生はTV番組にコーナーを持つことになり、底辺校の教師からの脱却を目指そうとする。ところが放送局のマックランから「チアからグリー部への移籍」が問題にされる。
そこで本格的にグリー部を潰すために、サンディと校長を懐柔して別の部活動を立ち上げてレイチェルの引き抜きをはかる。「ウェストサイド物語」のソロを任せてもらえなかったレイチェルはウィルに不満を抱えていたのだ・・・

---------------------------------------------------

ほっほっほ~ほっほっほ~♪
もう・・・なんという出落ち。
このエピの冒頭のシーンのせいで、日曜からずっと頭の中で「ほっほっほ~」とビヨンセが踊り続けているのをなんとかしてください。
冒頭の「踊ってみた」動画録画シーンにつきるな、と思っていたら・・・アメフト部の試合のダンスシーンでも笑いが止まらなくて、さらにエンドクレジットのあとに本家ほっほっほ~を流すとは!まったくもってFOXのいけず!
ダメ押しにダメ押しを繰り返して、エンドレスでほっほっほ~ほっほっほ~♪

それでもカートの父がわが子の本質をきちんと受け止めてくれる人でよかった。フィンに受け入れられず、それで父親にも拒絶されたら繊細なカートがかわいそうで。
三歳にしてハイヒールとは・・・まさに三つ子の魂百までという
カートのところは母親を早くに亡くしてるんだな。そういえばフィンのところは母子家庭で・・・もしやこの先・・・・ いやまさかそんな安易な設定はないか、ははははは。

しかしアメフト部はケン先生がアメフト好きじゃないのに顧問をやってるだけあって激弱だったのだな。
今回は究極の騙し手としてあのビヨンセ猫だましが成功したが、次からは通用しないと思うんだなー。ダンスの練習に力入れるのもリズム感アップとしてはいいかもしれないけど、根本的に何かが間違ってるような。
そして次々にグリー部に入ってきてさらにガタガタになっていくという・・・どうなるアメフト部?

クインの妊娠問題は・・・パックは熟女狙いじゃなかっただなんて!(そこ?問題はそこなの?)
クイン自身は泣いて困って見せてるけど、そこでものすごい冷徹な計算によってきちんと最善の答えが脳内ではじかれてるような。もし先に正直にパックに妊娠を打ち明けていたら、パックはビビって逃げ、フィンにも捨てられていただろう。フィンならなんだかんだいって自分の責任から逃げたりはしない、という読みは大正解。
しかしパックがいろんな要素(フィンに対するプライドとか、クインに対する本気度とか)で食い下がってくるところまでは予想外だったのかも。
そこにさらに予想外のテリが絡んできた、と。高校生カップルの妊娠した子供を先生夫婦が引き取るとか・・・なんかそれ「コールドケース」にあったなぁ。そのパターンだとフィンが被害者になってしまうのだけど(おい)。
テリのその計画は、無事に赤ちゃんゲットしたとしてもバレると思うし・・・フィンが優しくなってしまったから、子供は手放せないっていう方向に話がいってしまうのではないだろうか。いつバレるかもはや時間の問題・・・

それにしてもだんだん「レイチェルうざい派」が発生してきそうな気配。
レイチェルみたいな「私が私が」っていう押し出しが強い方がソロをとらせたらうまくいくのだろうが、クラブ活動だからみんなで楽しくの部分も必要だし、ティナが自信をもって堂々と歌えるようになったら部全体の底上げになるわけだし・・・
そこでレイチェルが譲れる曲であればまだしもだったのだろうけど。教師としてウィルの判断は柔軟性が足りないと見るべきか、それとも指導者として毅然とした態度は正しいと見るべきか。
どうかなぁ、レイチェルのことはテキトーに持ち上げつつティナには他に頑張りどころを見つけてあげればよかったんじゃないかな。辞められてしまっては元も子もない気も。
でもサンディは他のキャストメンバーをみつけてこれるのだろうか。スー先生の策略はプランAまではうまくいくのだが、その先まで考えてなさそうなのが微妙だ。
それでも、校長のムンバイ航空の動画を見つけてくるという情報収集力はただものではない。
それにしても校長・・・意外と足が綺麗・・・

1話目は安定、2話目は波乱、3話目は安定、そして今回は波乱で終わった。だからきっと次回はメデタシな終了をするに違いない・・・・ってそろそろ作り手の側もこのパターンを裏切るかな?


【 使用曲リスト 】

「Single Ladies (Put a Ring on It)」 by Beyonce (冒頭や、試合の場面)
「Taking Chances」 by Celine Dion (レイチェルのオーディション)
「Tonight」 from West Side Story (ティナが練習で歌った場面)


【 脇俳優チェック 】

◆カートの父 .... Mike O'Malley
「マイネームイズアール」では、アールに警官バッジを盗まれた(第1シーズン22話「バッジをなくした警官」)ことで人生が変わったスチュアート役。スチュアートの姉妹は全員警官で、母は警察署長という環境で常にダメ人間扱いされていた。「ブラザーフッド」でメアリーケイト役を演じていたKerry O'Malleyの兄弟。第3シーズン19話「カルマの導く愛」では、ビリーを車で轢いた犯人だったことが発覚。毎日彼女を見舞ううちに想いを寄せるようになる。

◆放送局のマックラング .... Kurt Fuller
「アグリー・ベティ」第2シーズン1話「悲しみを越えて」では、アマンダの養父役。アマンダはずっと養父母のことを実の両親だと思ってきたが、フェイの娘だったことを知って、思い切って両親にそのことをぶつけるために突然帰宅したところ、両親は4Pの最中でアマンダはショック。
「ボストンリーガル」第2シーズンでは、デニースの離婚裁判の夫側代理人となった牧師役。彼がやり手だったために、サラが牧師を誘惑するという奥の手を使う。
「マイネームイズアール」第2シーズン21話「悪ガキ母校に帰る」では、アールのいたずらをひきついだ生徒たちのせいでやる気をなくした教師の一人として登場している。
「HOUSE」第1シーズン8話「医療不信」で、梅毒のせいでハウスに萌え萌えになってしまったおばあさん患者ジョージアの息子役で登場していた。今までまじめだった母親がいきなり頭の中がピンク色にお花が咲いてしまったので頭を抱えていたのだった。ちなみにその時母親のジョージア役を演じていたのは、レックス母フィリス役のShirley Knight。
「デスパレートな妻たち」第2シーズンでは、レックスの死に不審を抱いた担当刑事役を演じている。
「名探偵Mr.モンク」第1シーズン8話(NHK放送順による)「同居人に文句あり」では、秘密が掘り返されるのを妨害するため事件を起こした市長補佐役で登場していた。
「エイリアス」第3シーズンではNSC(国家安全保障会議)の上層部リンゼイ役。
「ザ・ホワイトハウス3」ではシチュエーションルームでシャリーフ暗殺について話し合われているときのアドバイザーとして20、21話に登場している。
映画の出演作も多数で、「最終絶叫計画」の保安官役など様々な映画で脇を固めている
関連記事

▶ Comment

>安易な設定はないか
いや===、まさに、いま!

くまぷーさん、すごい予言でしたね!
2010.06.25 22:21 | URL | くーみん #79D/WHSg [edit]
わー!ご指摘ありがとうございました。訂正しました。
このドラマ見てると、次までの1週間、その歌ばかりが頭に残って困りますね。
今はQueenを歌ってる毎日ですが(爆)
とても元気が出るドラマなので、頑張ってフォローしていきたいです。4月からのドラマの取捨選択に悩むところなんですが・・・
2010.03.11 23:49 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
くまぷーさんたら、早くグリー第4話をアップしてくれないかなー、と思っていたら、題名が第3話になっていただけでした。
ほっほっほ~。最高です!海外ドラマ以外のテレビをみない私はビヨンセの元歌を知らないのですが、すっかり虜になり、思わず再放送まで見てしまいましたよ。
カートのお父さんも素敵でしたね。
アメフト部が踊るところも、「ありえないだろー。でも面白いからOK!」と爆笑してしまいました。お気に入りドラマです。くまぷーさん、これからもこのドラマのフォローをお願いしますね。
それにしてもフィン、知識なさすぎ・・・。
2010.03.09 11:20 | URL | Unknown #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/868-c68cb7ff

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。