スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミディアム5 第1話「魂の交換」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 24.2010 ミディアム 0 comments 0 trackback
アリソンはデヴァロスの検事復帰によって復職、ジョーも仕事が軌道に乗りつつあり、デュボア家は安定を取り戻しつつあった。
そんなある日・・・デヴァロスに依頼されて、アリソンは半年前に発生して未解決の殺人事件の捜査を行うことに。被害者はガブリエルという女性の妹ロビンの殺人事件で、物証に乏しく容疑者すら特定されていなかった。
依頼主のガブリエルに会ったアリソンは、犯人の顔のビジョンを見て似顔絵を作成するが、それは二年前に死亡したガブリエルの夫ネイサンの顔だった。
アリソンは夢の中でネイサンがジョエルにひき殺されるのを見るが、ガブリエルによると、ジョエルは「自分はネイサンで、事故で魂が入れ替わったのだ」と言っており、二人しか知り得ないことまで細かく知っているのだという・・・

ブリジットが学校の授業でエンライト先生の裸の絵を描いたことが問題にされ、学校からはカウンセラーをつけるようにと進言されてしまう。
アリソンは問題ないからと様子を見ようとするが、ブリジットは「どうしても絵を描くのをやめられない」と泣くようになり、学校を休ませることに・・・

--------------------------

NHKとWOWOWが火曜と水曜の23時の枠でガチンコ勝負してしまったので、再放送のないNHKの放送が優先になり、「クリミナル・マインド」と「ミディアム」が土曜日に押し出されてしまった。
クリマイはここまで吹き替えで見ていたのが字幕版になってしまったが、ミディアムはここまで字幕で見てきたので、今シーズンからちょうど字幕が土曜日に回ったのがラッキー。
それでも夜だとなんだかんだとリアルタイムで見られるけれど、午前中に放送されると後回しにするようになって視聴スケジュールがぐだぐだになってしまっている。
更新もなかなか順調には行かないかもしれないが、なんとかこのシーズンも最後まで追いかけたいものだ。
NHKの春のドラマによってこのスケジュール変更を余儀なくされた人が結構いるようで・・・23時は海外ドラマの集中タイムなので、各局で調整してくれないかなぁとか無理なことを言ってみる。

さて、新シーズン。4thは何しろ、一家が路頭に迷うんじゃないかという不安定な状態で、夫婦間もモメモメで、アリソンが夢を見てもそれがどう捜査に結びつけられていくのかということが気になってなかなか落ち着かなかった。
それはそれで新味があってよかったというご意見もあるかもしれないが、やはりジョーがアリソンをどっしりと支えていて、アリソンが夢やビジョン見まくって、子供たちは相変わらずお茶目っていうのが一番安心する水戸黄門路線のようだ。他のことはともあれ、実在の人物を元に描いているだけに、夫婦仲は落ち着いていてほしいものなぁ・・・
ジョーが次第にベッドの暴れ牛アリソンをうまくいなして睡眠を確保できるテクに磨きがかかってきてるような。シーズンを追うごとに乗りこなしが鮮やかだ。
だいたい海外ドラマは1stはツカミで、2ndでキャラを掘り下げて、3rdで大きな事件があって、4thはそのショックのリハビリみたいなケースが。そこを乗り越えると100話超えが見えてくるから頑張れですよ!
ともあれ、今回はとっても「ミディアムらしい」ストーリーラインで久々に安心感が感じられたと思う。

1話目全くアリエルが出てこなかったのは「アレ?」だったけど、その分ブリジーの大活躍からのスタートで嬉しかった!
ブリジーの能力は、本人の気持ちはまだついていっていないようだがどんどん進化しているようだ。一番アリソンに似ているのはやはりブリジーなんじゃないだろうか。
人間の未来の為に、医学界はブリジーのクローンを大量生産して、
「一家に一人ブリジー」
これを実現するべきなんじゃなかろうか。
その副作用として、地球規模のエンゲル係数の増加で食糧不足を覚悟しないといけないかもしれないが。
ブリジーが自分の力をコントロールすることができなくて泣く日が来るなんて。ほんとに色んな意味で大きくなったなブリジー。
しかしマリーちゃんがちょっと前まではだっこされてた赤ちゃんだったのに、学校に通うのについていってるし・・・親戚のおばちゃんモードになってしまう。
三姉妹がそれぞれの能力とどう折り合いをつけていくかの成長も、今シーズンの見所になるのだろうか。


【 脇俳優チェック 】

◆ジョエルの妻ガブリエル .... Marisa Coughlan
「BONES」第4シーズンでは、FBI捜査官ペロッタ役でブースとして捜査を担当。初登場の13話で、ホッケーの乱闘でブースが殴った対戦相手が遺体で発見され、ブースに容疑がかかって捜査からはずれたことからブースの代わりになった。
「ボストン・リーガル」第2~3シーズンでは、アランのアシスタントメリッサ役。カードの浪費でローン会社の窓を壊したり、税金を滞納して逮捕されたりするたび、アランの奇策弁護で乗り切った。

◆ガブリエルの二番目の夫ジョエル .... Max Casella
「天才少年ドギー・ハウザー」では、ドギーの親友ビニー役でレギュラー。ドギーは14歳で天才医師として活躍するが、お隣に住むお調子者ビニーは逆に子供らしさ担当だった。
「ザ・ソプラノズ」では、ソプラノファミリーの手下のベニー役でサブレギュラー。
映画「エド・ウッド」でパトリシア・アークエットと共演している。
ブロードウェイミュージカル「ライオンキング」では、ティモン役を97年の初演当時からオリジナルキャストとして演じた。
「LAW & ORDER:犯罪心理捜査班」第2シーズン9話に登場予定。

◆ガブリエルの妹ロビン .... Kelly Overton
「CSI:マイアミ7」22話「花嫁は誰だ」では、勝ち抜きリアリティショーで決勝に残って、ターゲットのプロポーズを競ったが敗退したケイトリン役。捜査が進むうち、彼女の過去が事件に大きく関わっていることが判明する。
「NUMBERS」第4シーズン2話では、人気俳優のバスルームで全裸で死亡していた被害者アンドレア・バートン役。実は彼女の真の身元はトレイシー・ミードで、アンドレアそっくりに整形されていたのだった。
「CSI:NY2」12話「幻惑」では、フラックのところに殺人を自白しに来た余命僅かの男ポールの妻役。
「コールドケース4」15話「爆弾」では、81年にガス爆発事故で夫ジャックとともに死亡したとされていた企業弁護士のジョハナ役。
「FBI~失踪者を追え」第1シーズン15話「さらわれた花嫁」で、失踪した花嫁のオードリー・ローズ役を演じていた。オードリーは乱れた若い頃や複雑な過去を振り払うために結婚を決意するが、それを阻もうとする影によってさらわれてしまったのだった。
映画「TEKKEN」ではクリスティ役。他にハリウッド版「リング2」に出演。

◆ブリジーの図工の先生 .... James Urbaniak
「LAW & ORDER: 性犯罪特捜班」第5シーズン25話「 脳の被害者 」では、特殊カメラでトイレの盗撮を行ったウェイド役。彼が自分の罪を逃れるために、司法取引として少年がレイプされた映像を提供したことから別件の事件の存在が浮上する。
「NUMBERS」第4シーズン7話では、バーチャルゲームアックスブッチャーの主催者ムーア役。
「CSI:マイアミ7」9話「刑事(デカ)の魂」では、類似事件で容疑者とされたために刑事レジーに執拗に追い詰められ、他の事件をでっちあげてまで犯人にされそうになった眼科医ポールソン役。
関連記事

▶ Comment

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/880-16c40941

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。