スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスパレートな妻たち5 第5話「鏡よ鏡」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 01.2010 デスパレートな妻たち 1 comments 0 trackback
【ガブリエル】
ガブリエルは生理が遅れてることでイライラ、初めての妊娠の時のことを思い出す・・・
流産後、もう二度とできないと産婦人科で宣告されたはずが妊娠、そして、二人目も。あの時にもう二度と妊娠しないようにとパイプカットしたはずなのに、実はカルロスは嘘をついていたのだった。
大喧嘩の挙句結局妊娠はしていなかったが、「もう一人、次はできれば息子が欲しかった」というカルロスの本心を知って、ガブリエルは心を動かされる。

【ブリー】
ブリーはオーソンのパートナー就任について、キャサリンに気を使って発表できない。なぜだとオーソンに問われて、オーソンが服役した頃のことを思い出す・・・
ブリーはオーソンが服役することの罪悪感に耐えられず、久々に酒に手を出してしまい、次第に溺れてケータリングの仕事も手につかなくなっていた。その時に喝を入れて立ち直らせてくれたのがキャサリンだったのだ。
しかしキャサリンから「オーソンがそれを知ったら罪悪感を抱く」と口止めされていたため、ブリーはオーソンに説明することができず、逆に解雇を言い渡されたオーソンは離婚を切り出す始末。
追いつめられたブリーはオーソンにすべてを打ち明け、氷解。まずはキャサリンに認められてからとパートナーではなく部下からのスタートに・・・

【スーザン】
ジャクソンから同棲を切り出されたスーザンは、ジャクソンとの出会いを思い出す・・・
マイクとの離婚が進行中だった頃、スーザンは気分を変えるためにマイクが塗った壁をすべて塗り替えようとジャクソンに頼んだのだが、彼が口説こうとしてると勘違いしたのだった。そしてマイクにやり直そうとすがりついたのに拒絶され、落ち込んで気晴らしに、ジャクソンと遊びでかまわないということで関係を持ったのだった。
しかし現在、本気のジャクソンが妬かせるためにキャサリンとキスしても、スーザンは「今のままでいい」と言ったため、ジャクソンは別れることに・・・

【リネット】
双子が「パパが死んだら」どっちが車をもらうかという喧嘩をしているのを見た末っ子のペニーが、トムの死を現実に考えて怯えているのを見て、リネットはトムが感電して死にかかった時のことを思い出した・・・
生死をさまよった夜を乗り越えた後、トムは「このままピザ屋で死ぬのは嫌だ」と思うようになり、リネットも「一緒に何かを探そう」と励ましたのだった。そして元気になったトムが買ってきたのがあの車だったのだ。
しかし現在のトムは、「何か」探しが行き過ぎて、店をたたんで子どもたちを休学させ、キャンピングカーで家族旅行をする計画を立てている。しかしリネットはそんなトムの気持を全否定するのだった・・・

【イーディー】
デイヴはイーディからマクラスキーの70歳の誕生日だと聞いて、サプライズパーティを開こうともちかける。
そこで前もってデイヴはマクラスキー宅に忍び込み、家の中のものの位置を変えておいた。それを見たマクラスキーは誰の仕業かを察してバットを持って怒鳴り込み、用意されたケーキをぶち壊してしまった。
マクラスキーは必死でデイヴの所業を訴えるが後の祭り、デイヴの筋書き通りに事が運び、マクラスキーは病院に運ばれてしまう。唯一自分の正体を見抜いた存在を排除したデイヴは、自分の人生を壊した男への復讐を始動させるのだった・・・

------------------------------------------------------------

今シーズンはスタートから「あれから5年」でぶっ飛ばしたため、「なんでこうなった?」が同時多発したわけだが、その「なんで?」を大雑把に埋める作業として今回のエピが。
なるほどねぇという感じでもあり、さらになんでやねんが膨らんだりも。

ガブリエルの妊娠は一番の謎だったのだが、「神様の気まぐれ」ってことだったらしい・・・ホワニータについては。
しかしセリアの妊娠に関しては神様+カルロスの故意が。なんか前にもこんなことがあったような気がするが、あれはガブリエルがピルを飲んでなかった事件だったっけ?結局似た者夫婦なのかな。
視力を失ってしまってからのカルロスは、過去が嘘のように人柄が丸くなってしまったので、ガブリエルもなんだかんだで前ほどはいきり立って怒ったりはしなくなったようだ。
この「神様の気まぐれ」がカルロスに働いて、視力が回復してしまったらどうなるだろう。きっと今のような優しさがなくなってしまって、簡単に絆が壊れてしまったりするような気が・・・

ブリーの依存症の話なんてほんとに忘れていたなぁ。よくあそこから復活したものだ。
料理していれば酒は使うし、台所にひとりでいればアルコールと向い合って止めるものがいないのに、意志の力なのかなと思っていたが、オーソンの服役のプレッシャーであっという間に決壊してしまったところを見ると、常にぎりぎりだったのかもしれない。
そしてそれを支えたのがキャサリンというのが意外。ブリーにとって一番暗部までさらけ出して付き合える相手は今までの4人の友情ではなかったのか。やはりキャサリンだとお互い似たもの同士でわかり合うものがあるのかもしれない。
キャサリンはブリーとキャラかぶりだから、もったいないけど早々に退場かなと思っていたのに結構粘っている。延命のコツは、キャサリンとブリーがライバルだけどお互いを補完しあう貴重な親友同士だから、というなかなか難しいポジションで存在しているからだろうか。しかしそんなんだったら、レシピパクったりとかなくてもよかったのに。

スーザンは・・・あぁ、ジャクソンは捕まっちゃったんだね・・・
年上のおねいさまにパクっと食われちゃった、というのが正解。そしてピュアなジャクソンくんは徐々にマジになっていったと。チョロい、チョロすぎるよ・・・
しかしここに来てチャンス到来!ジャクソン逃げてー逃げて逃げてー!!全速力で地球の果てまで逃げちゃって~!!!
・・・逃げられないんだろうなー。スーザンと付き合った男は、彼女から恨まれるようにならないと一生取り憑かれて命が危ないのに。

今シーズンに入ってトムがあのコンバーチブルに乗っているのを見て、あぁピザ屋は起動に乗ったんだな、色々あったけどよかったよねーと思っていたら、生死をさまよった事件の果てにキレたためだったのか。
トムも極端だよなぁ・・・ちょっと安定するとすぐにいい気になって、「俺はもっとやればできる子」幻想にとりつかれて、今あるものをオールインしてしまうという悪い癖・・・専業主夫させてた頃のリネットなら一刀両断で瞬殺だっただろうに、トムを男として一家の主として立ててきた果てがこれだよ、っていう。
でもトムは、わが子がもうオヤジの思いつきにワーイって飛びつく年頃でもないっていうことにも気付いてないのだろうか。あの提案を本気でやったとして、双子は「あ、俺たちパスね」って親を追い出して悪いことし放題~だろうに。まだ子育てに気を抜ける時期ではないのに、「もっと刺激的に生きたい」とか自分探しやってる場合じゃないよトム。

そしてデイヴがマクラスキーさんに仕掛けた罠がとうとう発動。なんてことするんだ・・・他の人を陥れるならまだしも、マクラスキーさんに手をだすのは許せない感じが。
彼の人生を壊したのは「男」らしいので、やっぱりマイクなのかな。どういう話なのか徐々に明らかになっていくのだろうが。
しかしその復讐の相手もだが、復讐のために利用されたイーディだってこの先危険な気がするんだな。
相変わらずウィステリア通りは一触即発。そうじゃなかったことが珍しいとも言う。


【 脇俳優チェック 】

◆ガブリエルに最初と二度目の妊娠を告げた医師 .... Tim Bagley
オフィシャルサイトあり。
「名探偵モンク」では、モンクの主治医クローガー先生の患者同士で、先生の寵愛を競っていた一種のライバル、ハロルド・クレンショー役。モンクとは何かと張り合う間柄。
「プッシングデイジー」第2シーズン8話「勃発!料理バトル」では、フライドチキンの名人で、自らが揚げられて死んだカーネル役。レシピを秘したまま殺されたことで料理コンテストは大騒ぎに。
「ジョーイ」第2シーズン5話「ボビーの怒り抑制セラピー」では、ボビーがかかった怒り抑制セラピーのセラピスト役。ボビーだけではなくアレックスのことも見透かしてしまったことから、アレックスはジョーイの引越しで募っていたいらいらを爆発させることに。
「ダーマ&グレッグ」第5シーズン9話「アンラッキー感謝祭」では、ダーマとグレッグがバハマに行くのになかなかチケットをとってくれないカウンターの職員役。グレッグが彼を怒らせてすねさせてしまったため、ダーマがなんとかなだめてチケットをゲットする。

◆トムの主治医 .... Michael Holden
「THE MENTALIST/メンタリストの捜査ファイル」第1シーズン1話「レッド・ジョンの影」では、プロゴルファーのプライスとその弟の弁護士役。二人が利益相反状態に陥ったのにオロオロして役に立たない。
「NCIS」第3シーズン16話「家族の秘密」では、海軍兵士遺体を搬送中の救急車が爆発炎上した事件で、被害者ダンフォースを搬送前に死亡確認したドクター役。顔がひどく打撲していて判別は無理だったが、親友の証言で断定した。
「CSI:5」23話「死体たちの運命」では、リアリティショー撮影のためヘリから出演者ケビンを突き落とし、亡くなったので逃げた男タッカーが、後からビデオを持って警察に同伴してきた弁護士役で登場。
「24」第2シーズンでは、核爆発のことを知って報道しようとしたジャーナリストのロン・ウィーランド役で登場。報道によるパニックを恐れたパーマー大統領から拘束されるが、何者かによって解放され、拘束について暴露報道を行いパーマーを危機に陥れる。
「ザ・ホワイトハウス3」19話「誰かが見ている」では、トビーが民主党大会の打ち合わせのために呼んだTVの四大ネットワーク社長の一人で登場。党大会は関心が薄いからと枠の縮小を申し入れてトビーにショックを与える。

◆スーザンとマイクの離婚弁護士 .... Nick Toth
「フェリシティの青春」第3シーズン10話「あらたな一歩」では、フェリシティが履修を取り消したはずなのにミーガンのポカで取り消されていなかった「西洋哲学概論」の担当教官ボイドン教授役。

◆デイヴから説明を受けた黒人救急隊員 .... William Christian
「FBI~失踪者を終え」第2シーズン1話「消えたスクールバス」では、13人の生徒たちと一緒にスクールバスで姿を消したドライバーのバーナード役。事件発生当初、彼に問題がなかったかどうかが疑われた。
「シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ」第2シーズン29話「デートを落札」では、ロキシーがロビーと結婚したと嘘の見栄をはったクラリスの夫エドワード役。
関連記事

▶ Comment

【哲】0的確定論

『或質的な面が物理的に確定する場合の確定要素は【0】である。』

 【0特性】
◇絶対性
『拡がりが無い,』

◇不可分性
『分けられない,』

◇識物性
『存在の1の認識が可能, 即ち考えるもとの全てが【0】より生ずる, 但し質的な変化に対し絶対保存できない,』

◇変化性
『物による逆の確定が不可能な変化 (可能性の確立), 即ち存在の【1】を超越して変化する。』

【0特性】が真理であるならば, 時間平面的な視野は物的ではなく, 質的に変化していることになる。その根拠が【0∞1】, 有限的無限性を有する物による質の確定が不可能であること, そもそも確定する質が何かを知り得ない以上, 物理的確定論は絶対的ではなく類似事的な確定であること, である。

【零的確定論】では, 一つの時間平面が, 拡がり無き【時(とき)の間(はざま)】に確定していると考える。同様に空間を捉え, 【空の間】に空間を置き, 絶対的変化を与える【質】を流し込む。つまり時間平面は, この表裏不可分の裏側の【絶対無】により0的に確定されることになる。

△無は有を含む。

2010.06.02 00:19 | URL | Unknown #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/892-4e0183f9

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。