スポンサーサイト

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CSI:2 第3話「疑惑の転落死」

Posted by くまぷー(海外ドラマ) on 12.2005 未分類 4 comments 0 trackback
【CASE ヴァレンティ】
 現 場 :刑務所の工事現場
 死 因 :墜落死
 被害者 :工事現場の作業員
 関連人物:保安官、現場監督ハリス、同僚イアン・ウルフ
 担 当 :ギル・グリッソム、サラ・サイドル、ウォリック・ブラウン、ジム・ブラス
 背 景 :保安官とハリスは友人。工事の完成を早めることで市から報奨金が。
      ヴァレンティは現場労働者の組合活動でいざこざ。

工事を早く再開したいハリスとその意を受けた保安官は、自殺か事故で片付けようとするが、工具
に異常を発見したグリッソムは殺人を疑う。
イアン・ウルフがハリスとヴァレンティの組合の問題を密告し、グリッソムは疑いを濃くする。
しかし遺体には感電死の火傷の痕跡がなく、検死の結果も殺人を裏付けるものはなかった。
だがグリッソムは、遺体の血液に鉄分が多いことに着目。遺体の睾丸の萎縮や、靴の裏に細工され
た鉄釘によって感電の事実を突き止め、火傷も起こらないことを証明する。
そして、犯人を指し示したのは、鉄釘に残された指紋だった・・・

【CASE ディラン・バックリー】
 現 場 :分析医の自宅
 死 因 :頭部打撲
 被害者 :14歳の少年
 関連人物:分析医、ディランの母
 担 当 :ニック・ストークス、キャサリン・ウィロウズ、オライリー刑事
 背 景 :ディランの母は反抗的な息子に悩み、分析医にカウンセリングを依頼。
      分析医は過去にティーンエイジャーとの性行為で免許停止。

14歳の少年ディランが、分析医の自宅でカウンセリング中に急死。
分析医はディランがてんかんを患っており、その発作を抑えようとした時に頭を打ったと主張。
しかしニックは分析医の衣服についていた繊維に着目。捜索によってディランの下着にも同じ繊
維がついており、分析医の自宅のカシミアの毛布と一致する。
過去と同様、ディランにも性関係を強要したのではないかと疑うニック。
しかし毛布から発見された皮膚組織は、3人分のもの・・・・母親のものを含んでいた。



今回は「アドレナリン」に突き動かされて、止まらなくなってしまった人が約二名。

主任は、保安官が情実で事件を納めようとすることへの反感で、持ち前の粘り強い実験と考察で
真相を明らかにした。主任のチマチマした実験は地味だが、熱意に打たれる。
そして主任が実験してる時は、すっごい楽しそう。殺人の捜査してる感じじゃない。
でも・・・・結局なんで血中の鉄分が多くなったのか、の説明がなかったような?

もう一人はニック。
マッチョでお調子者なキャラのニックだが、この事件過剰に入れ込んで不審がられる。
それはニックが過去に「無条件に信用してしまう相手」に傷つけられ、そういうハラスメントを
絶対に許せないと思っているからだ・・・・と。
ニックが時折見せる熱い正義感や、思わぬところの脆さの原因がこんなところにあったとは。

この回はちょっと構成が低調だったが、それでもこのドラマ面白いなぁ・・・・

関連記事

▶ Comment

時々、「うーん、これは」っていうエピが入っちゃいますが、それでも全体的なレベルが高いから許せるんですよね(^_^;)
ニックの悲しい過去、痛ましいですよね。彼のムダな明るさとか、事件に対して入れ込んでしまうところとかが、この回に明らかになったことが背景になってるわけですね・・・
これから頑張ってください(^O^)
2006.09.08 00:06 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
くまぷーさん、こんにちは。
CSI:2もついに第3話まで書き終わりました。
スローもスロー。
最後まで行くのにどのくらい時間が掛かるものだか。
今話は、ちょ~っと、ネタ切れぎみの感じも否めませんが、まあいいでしょう、こんな日があっても。
ここでニックの悲しい過去が明らかになります。
こうやって少しずつキャラクター達の背景が判っていくのですね。
では、また…
2006.09.07 14:37 | URL | 小六 #79D/WHSg [edit]
うわー、HIKOさんおなつかしい!!
まさかHIKOさんがCSIでたどりついて、レスいただくだなんて(^_^;)
ネットの世界も広いんだか狭いんだかですね。
HIKOさんのはまりネタが24とCSIとは、嬉しいです!
血中鉄分についてはそういう帰結なんでしょうね。
「火傷なしの感電」が実証できたからと。
主任ならもうちょっとこだわって欲しかったような感じですけども(^_^;)
2005.01.15 01:31 | URL | くまぷー #79D/WHSg [edit]
くまぷーさん、お久しぶりです…って、覚えていらっしゃるかしらん。私もこのドラマ大好きです。
血中鉄分が多かった理由は、説明なかったですね。
鉄分が多かったのは手に火傷の跡が残らなかった理由であって、多くなくても感電はしたと思うので、そこまで追究する必要はなかったのかな、と思っています。
2005.01.14 14:02 | URL | HIKO #79D/WHSg [edit]

▶ Post comment


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://kumapdrama.blog77.fc2.com/tb.php/919-a695d6a2

プロフィール

くまぷー(海外ドラマ)

Author:くまぷー(海外ドラマ)
FC2ブログへようこそ!

くまぷーの海外ドラマblogの新館です。お引越しして心機一転、色んな海外ドラマの感想や情報について書いていこうと思います。 最近のお気に入りはパトリック・ジェーンのクシャ笑顔とゴーレン刑事のキレ芸。

メールフォーム

コメント以外のご指摘、ご連絡はこちらよりお願いいたします。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。